2017年度の冬期・直前講習のお知らせ

※しばらくこのエントリーを上位におきます。最新エントリーはこの下です。

河合塾の冬期・直前講習の日程をお知らせします。

(1)早慶上智MARCH向けのテーマ史理解講座「総合日本史演習(発展)」
(2)早慶大受験者向けのハイレベル問題の解き方を知る「早慶大日本史」
(3)上智・青学の出題傾向を知る「上智・青山学院大日本史テスト」
(4)立教・学習院の出題傾向を知る「立教・学習院大日本史テスト」
(5)早慶大対策の最終チェックを行う「早慶大日本史テスト」

早慶大志望の人には(1)(2)(5)ともにお薦めします。各講座で通年授業で扱えなかったハイレベル用語を追加します。(1)では沖縄・北海道史と女性史が含まれています。これは早稲田では絶対はずせないテーマです。(5)では本番さながらの問題演習と未見史料や正誤問題の正解へのプロセスを知るとともに、石黒オリジナルの早慶大あるある問題でパワーアップをはかります。

各講座の詳しい内容は、でるとこサイトをごらんください。

藤沢現役館 12/18(月)~22(金)17:00~18:30 総合日本史演習(発展)→締め切り
藤沢現役館 12/18(月)~22(金)18:50~20:20 早慶大日本史
藤沢現役館 1/23(火)・24(水)17:00~20:20 早慶大日本史テスト→締め切り
藤沢現役館 1/24(火)13:20~16:40 上智・青山学院大日本史テスト

南浦和役館 12/26(火)~30(土)9:00~10:30 早慶大日本史
南浦和役館 12/26(火)~30(土)10:50~12:20 総合日本史演習(発展)
南浦和役館 1/18(木)・19(金)13:20~16:40 早慶大日本史テスト
南浦和役館 1/18(木)17:00~20:20 立教・学習院大日本史テスト
南浦和役館 1/19(金)17:00~20:20 上智・青山学院大日本史テスト

あざみ野館 12/26(火)~30(土)15:10~16:40 早慶大日本史
あざみ野館 12/26(火)~30(土)17:00~18:30 総合日本史演習(発展)→締め切り
あざみ野館 1/25(木)9:00~12:20 上智・青山学院大日本史テスト
あざみ野館 1/25(木)・26(金)13:20~16:40 早慶大日本史テスト


関連記事

あざみ野からのメッセージ2017(18)

<Hさん・Nさん>
ありがとうございました。

<石黒>
いえこちらこそ。

<Gさん>
高島炭坑の件なのですが、学校で「鉱」と習った為用語集を見たところ「鉱」が先に載っていました。「坑」にしておいた方が良いですか?

<石黒>
授業でもお伝えしたとおりどちらでもかまいません。以前は「高島炭坑」と表記していました。

<Hさん>
・極東の憲兵は褒めていても極東で何かけなされている感じがします
・安倍さんの解散の理由納得しました

<石黒>
「極東の憲兵」は「極東」ってところでどうこうは思いませんが、基本的に上から目線ではあるでしょうね。

<Kさん>
私の学校の友達が尾崎行雄の子孫です。

<石黒>
なんと! すごいですね。やっぱり神奈川にいるんですか。

<Iさん>
「地租上げていいですか?」「いいよ!!」がツボです。

<石黒>
演出過剰ですみません(笑)

<Kさん>
授業を受けるたびに学校でゴミひろいすぎたー!!って思います(笑)

<石黒>
学校の先生は楽しそうですね。受験を無視して好きなことをしゃべってるわけですから。

<Yさん>
論述向けの話をもっと教えてほしいです!

<石黒>
国公立受験ということでしょうか。もうしわけありませんが講座の趣旨が私立難関大向けなので、国公立二次試験対策としては冬期講習の論述対策講座を受講することをおすすめします。現段階では論述対策問題集を解いてください。

<Tさん>
体験の時の密航の話が気になっていたので聞けてよかったです。
あと北清事変の8カ国が、中国を分割した国として出てきた国に足りないですが2国は覚えなくて良いということですか?

<石黒>
イタリアとオーストリアですね。早稲田を受験するなら覚える価値はありますが、他の大学ではまず出ません。

<Sさん>
そろそろ史料問題を本格的にやりたいのですが、おすすめの問題集、もしくは勉強法はありますか?

<石黒>
これからですか。ずいぶん余裕な発言ですね。『どこでも史料問題』をおすすめしています。あざみ野館では使っている人が結構いるはずですよ。

<Xさん>
地租改正完了の年が40面ノートや読むだけ日本史には80年と書いてあるのですが、教科書等には81年となっています。終了の年なので重要視する必要はないかと思ったのですが、年号に×印をつけていなかったので不安になりました。80年で大丈夫でしょうか?

<石黒>
以前の教科書では1880年となっていましたが、いつの間にか変わったようですね。上智大以外では年代が細かく問われることはありませんので気にしなくて結構です。「×」印はつけそびれました。

<Wさん>
福沢諭吉(中略)過去問や授業で見た福沢諭吉関係をまとめてみたのですが足りなかったり、いらなかったりしますか。

<石黒>
せっかく苦労して集めた情報でしょうから、ここに明記するのはやめました。正直いらないものもありますが、慶應を受験するなら覚えてしまっても良いのではないでしょうか。

どこでも史料問題

あざみ野からのメッセージ2017(17)

<Kさん>
夏休みから聴くだけ日本史で先生との勝負を楽しんでます(笑)

<石黒>
動き早いですね(笑)。あれを作った時、レコーディングもですが、内閣シートのデザインを試行錯誤するのが楽しかったのをよく覚えています。

<Gさん>
この前の期末で星亨やらかしたので悔しくて覚えました。

<石黒>
「星享」とやってしまったわけですね。ご愁傷様です。

<Iさん>
政治・経済部門がすこぶる苦手なので頑張ります。内閣の表も!

<石黒>
えええ? ということは得意なのは外交と文化史なんですか? 珍しいですね。

<Mさん>
今日もすごいスッキリ分かって近現代楽しいです。先生の読むだけ日本史の写真、けいたいの待受にしたので女工に負けない位、勉強がんばります。

<石黒>
だ、だいぶ前の写真ですね(汗)。1つ上の女性の友人に「何あの奇跡の一枚」って言われました。でも僕を予備校講師に引き込んだ人なので頭が上がりません。

<Nさん>
来週でテスト範囲に追いつきそうなので、40面ノートで勉強できて嬉しいです。ありがとうございました。

<石黒>
ぜひ高得点を取ってください。

<Hさん>
近現代から始まってる学校の授業に追いついた達成感を感じてます。学校の授業で復習ができるので効率がよく、40面ノートを頭に浮かべながらなので整理できてうれしいです。

<石黒>
それは良かったです。でも予習をしてきてくださいね。

<Hさん>
1882に153行の民間の銀行で発行禁止にしたときは政府も不換紙幣の発行を止めたのですか?

<石黒>
1881年から緊縮モードに入ってます。

<Mさん>
内閣別の出来事が書いてあるプリントはどこかにはったほうがいいですか。

<石黒>
どちらでもかまいません。肝心なのは授業で話したとおり携帯してしょっちゅう見ることです。

聴くだけ日本史-内閣編-

あざみ野からのメッセージ2017(16)

<Kさん>
近現代死ぬほど楽しいです…鎌倉室町あたりの苦手をはやくとり去ります…

<石黒>
いい感じですね。近現代ほどは「つながり」はありませんが、鎌倉・室町時代にもできごとの関連性はあります。今さらながらそれを見つけて習得してください。

<Hさん>
わざわざ藤沢まで出むいて良かったです。

<石黒>
よかったです。

<Tさん>
色々と複雑になってきました…しっかり復習します。

<石黒>
まだまだ複雑なのはこれからですよー。

<Hさん>
どこでも資料問題使ってます。

<石黒>
ありがとうございます。

<Mさん>
この前、用事があって南浦和まで振替しに行ったおかげで、今日の授業がスムーズに分かってよかったです。
今日の授業で、めっちゃ大久保が嫌いになったので学校のあざとい奴を“大久保”って心の中で呼んで絶対覚えてやります。

<石黒>
神奈川から埼玉までおつかれさまでした。穴があいてしまうとさっぱりわからなくなるので良かったです。大久保は人気ないですね……。

<Mさん>
讒・くろひうさぎ・クロ比兎が覚えやすいです!!

<石黒>
兎と免(点がつきます)は、字が違うことに注意してください。

<Nさん>
小学校高学年くらいのときに、えた・非人のことを調べたら東京の俳優が自分が差別身分の部族だったことをカミングアウトしてる記事を日経新聞で見つけたことを今日の先生の話を聞いていて思い出しました。

<石黒>
へーえ。それはすごい俳優さんですね。

<Hさん>
明日の学校の試験をハンイが丸かぶりでとてもラッキーでした!ありがとうございました。

<石黒>
いえこちらこそ。

<Aさん>
大宰府と太宰府どっちが役職か忘れてしまいました。

<石黒>
ツッコミどころ満載なんですが大丈夫ですか? 大宰府は役所ですよ。大宰権帥とかなら役職ですが。そして「太宰府」は受験では絶対書いてはいけない漢字です。1学期の授業を受講していない場合はかなりハンデを背負っていると思った方が良いです。逆に受講していたとしたら……それは考えないでおきます(笑)。

<Wさん>
御目見と御目見得はどっちでもいいのでしょうか。
過去問で銀行史が出てきたのですが授業で出てきますか。

<石黒>
「御目見」と書くこともありますが「御目見得」もしくは「御目見え」のほうが安心かもです。
銀行史はとくにやりませんが、ノートの各所に出てくる銀行名に注意してください。冬期講習の「総合日本史演習(発展)」でもさらに銀行を紹介します。

<Fさん>
過去問以外に問題集とかはしたほうがいいですか?

<石黒>
過去問だけではヌケが多いので、すべての範囲を網羅した問題集もやるべきです。何冊かやればより安心です。

<Iさん>
相互的最恵国待偶があったら自然と税権回復できるものじゃないんですか。

<石黒>
できないですね。それと漢字間違ってますよ。「待遇」です。

<Mさん>
「倒幕」と「討幕」にちがいはありますか?使い分ける必要はありますか?

<石黒>
使い分けの必要はありません。一応ノートでは幕府を「武力で討つ」という時に「討幕」、広い意味で幕府を「倒す」という時に「倒幕」と書いています。

<Iさん>
変な知識持ってて良かったです。伊藤博文密航のタイミングっていつですか?

<石黒>
幕末です。四国艦隊下関砲撃事件の前だと覚えていれば十分です。

マンガ 幕末は「論争」でわかる

あざみ野からのメッセージ2017(15)

<Wさん>
予習で分からなかった所が解決できて良かったです。

<石黒>
ピタリとはまってよかったです。

<Tさん>
ありがとうございました。過去問やらないと…。

<石黒>
過去問をやらずにモチベーションを上げるのは難しい気がします。

Oさん>
わかりやすい説明ありがとうございます。夏期講習に藤沢で近現代取っていたので、さらに深められました。

<石黒>
ですよね。今後も先読みをしながら受講してください。

<Iさん>
開陽丸と音戸の瀬戸の「うごけなぁい」がおもしろいです。

<石黒>
よく覚えてましたね。驚きました。

<Kさん>
夏期講習の時のノート横においてやってます!2度理解でたすかります。

<石黒>
夏の上を行っている部分を聞き逃さないでくださいね。

<Iさん>
問題集で過去問にふれていたのですが、志望大学の過去問を丸々解くということはしてなかったのですぐにとりかかろうと思います。

<石黒>
もちろんです。問題集に掲載されているのは簡単な問題だったりします。

<Nさん>
今回の範囲が前回の学校のテストで理解するのに苦戦したところでしたが、今日ですっきり理解できました!ありがとうございました。

<石黒>
今後も経済分野を中心にそういうのが多くなるはずです。

<Tさん>
金銀複本位制のことですが、金と銀どちらも1.5gを1円とする、ということで合ってますか?

<石黒>
金と銀の価値が違うのですからそれはないでしょう。でも銀の重量は出題されません。

<Kさん>
今までの塾講師人生で1番の逆点早大合格エピソードを教えてください。
私の先輩が10月末まで日本史の偏差値が43だったのに早大に合格されたので、もっとすごいエピソードがあればと思いました(笑)

<石黒>
その先輩の出遅れぶりはすごいですね。偏差値で言うならもっと低いところから早稲田に受かった人は何人もいますよ。でも10月末時点ではありませんね。「出遅れ」で競うなら、年明けに地理受験を日本史受験に切り替えて東大に受かった人がいます。もっともこれは僕の友達です。

<Hさん>
入会地の官有地化でなぜ農民は苦しむのですか?
ありがとうございました!

<石黒>
入会地は刈敷や草木灰などの時給肥料を得る場所だからです。

<Fさん>
明学の先生が雪舟の絵をみつけたらしいです。入試に出ることはありますか?

<石黒>
らしいですね。見つかった絵そのものが問われることはありません。ただし明治学院大を受けるなら、その教授が問題を作ることはありえます。これで専門分野がわかって良かったですね。

聴くだけ日本史-美術史編-

授業中のメモはノートのどこに?

近現代に入ると板書内容以外に話を聞いて理解しておくことが急激に増えます。それを授業中にメモしてもらうことをお願いしています。もちろん予習などで理解・習得していることならメモする必要はありません。このメモを「40面ノート」のどこに入れるかの質問をいただきました。

<Yさん>
自分は他の紙とかにメモすると覚えられないのでノートに全てメモを書き込んでるのですがそれはいいのでしょうか?一応それで覚えられてるし模試などでも点を取れています

<石黒>
模試ではなく過去問の正解率はいかがでしょうか。8割を越えているならそれで良いかもしれません。
早慶上智を第一志望としている人にはノート(板書部分のみ)の復元をめざすべきです。そのためにはまとめ部分はシンプルで、かつ行がそろっているほうが良いです。それゆえメモはノートの上下左右の余白に書にお勧めしています。

40面ノートはノートを見開き1面で一つの単元として整理しています。ワクを使った整理なので隣り合ったワクの行がそろっていると、ノートを見ずに復元するのがやりやすくなります。また板書内容なのか自分のメモなのかは区別しておいたほうが優先順位がはっきりして良いです。たとえば過去問を解いた時に出てきた難しい内容なども、授業以外で得た知識だということがわかると「あ、これはあまり出ないことなんだ」とわかって良いわけです。早慶上智レベルをめざす人は要領よく受験知識を習得していきましょう。

でる日講義-つながる近現代-

関連記事

三大改革チェックテストに挑戦!

2学期の第一週の授業分の復習はもう終わりましたね?
でるとこサイトでは、三大改革の各政策がいつのものかをチェックできるコンテンツ「三大改革チェックテスト」を公開しています。学習を終えた人は、ぜひ試してみてください。ただし、残念なことに昔つくったコンテンツであるためパソコンなら見えるのですがスマホでは文字化けしてしまうようです。

実際の入試では、三大改革の政策やできごとは史料で出題されることが多いです。いくつもの史料が並べられて時期が問われることもしばしばです。史料問題対策もがんばりましょう。

ちなみに授業で紹介していた幕末の論争を描いたマンガはこちら↓↓↓です。本屋さんではなかなか見つからないかもしれません。電子書籍だとちょっと安くなってます。よかったらどうぞ!

マンガ 幕末は「論争」でわかる

あざみ野からのメッセージ2017(14)

<Tさん>
覚えることたくさんです…しゃべります。

<石黒>
ゴロなど使いつつ要領よく覚えてください。

<Yさん>
学校の授業で理解できなかった所が理解できたのでよかったです。

<石黒>
それは良かったです。これからどんどんそういう部分が増えていくと思います。

<Tさん>
今までにないメモの量になりました…忘れないうちにメモをまとめなおします。

<石黒>
簡潔なメモにしておくといいですね。

<Kさん>
今回の範囲は得意だったのでさらに知識が深まりました。

<石黒>
幕末好きでしたか。あっけなかったかもしれませんね。

<Wさん>
予習はしてきていましたが、まだまだ浅かったと思いました。次回は十分な状態で授業を受けます!

<石黒>
近現代は複雑なので、早慶上智レベルをいきなり理解するのは厳しいです。あらましをつかんできてください。

<Kさん>
学校でやった範囲なのに知らないことだらけでびっくりしました。メモだらけでページ内にうつしきれるか不安です(笑)

<石黒>
簡潔なカタチにして写しておいてください。これからもどんどんハイレベルな授業でいきますよ。

<Hさん>
始めて「学校で近現代からやっててよかったかも」と思いました。

<石黒>
それなら2学期はラクになりそうですね。これで復習も短時間で済ませられたら、1学期の部分の見直しができますね。

<Kさん>
藤沢行っといてよかったです。メモが細かい所までとれてます!

<石黒>
夏に近現代の講座を取っていたんですね。だいぶトクできるはずですよ。

<Iさん>
藤沢行ったものですが、先生とすごい目があってハラハラしました。行ってよかったです。

<石黒>
夏の近現代ですね。あのときに話したかと思いますが、授業中にぜひ先読みしてください。

<Iさん>
近現代の講座をうけてたのですが、細かくてビックリです。がんばります。

<石黒>
それはそうですよ。そんなカンタンに近現代はマスターできません。

<Nさん>
過去問に全く手をつけていないのですが、もう始めた方がいいですか?まだ問題集と資料問題集だけでもいいのでしょうか?

<石黒>
「もう」も何も過去問は6月からやるべきでした。本物のレベルを知りながらでなければ入試をナメてしまって、合格レベルまで習得する気になりませんから。また、ふつうの問題集も史料問題集も授業進度に合わせてやるのが一番効率がいいです。脳がそういうふうにできているのです。

<Sさん>
初見の資料問題は、長い文章であった場合全文読んだ方がいいでしょうか?(過去問です)
それとも穴埋め部分や問題になっているものだけでよいのでしょうか…。

<石黒>
ふつうは全文を読む必要はありません。時間がもったいないです。でも難しい問題になると読む必要が出てきます。早慶上智あたりだとそういう問題がままありますね。

<Hさん>
ありがとうございました!日本史の早慶の過去問はいつから本格的にとくべきでしょうか。

<石黒>
6月です。すでに3ヶ月遅れているので急いでください。まずはこの記事を読むと良いかと思います。

どこでも史料問題

あざみ野からのメッセージ2017(13)

<W・Tさん>
二学期もよろしくお願いします!

<石黒>
こちらこそよろしくお願いします。

<Hさん>
2学期もよろしくお願いします。公募推薦準備と同時進行ですが頑張ります。

<石黒>
それは大変ですね。時間をうまく使ってください。

<Nさん>
ありがとうございました!!2学期もよろしくお願いします!

<石黒>
いえこちらこそ。一緒にがんばりましょう。

<Kさん>
指定校で行けるM学院大をあきらめて本当に行きたい早大商をねらいます!間に合うように頑張ります!

<石黒>
「あきらめて」って(笑)。気がかりなら一般受験してみればいいわけですし、そんなところで手を打って小さくまとまらない方がいいと思いますよ。

<Iさん>
学校のテスト対策用に先生チックにまとめてみて、今日授業を受けてみて色まで、一緒だったので、「あ、病気だな」(良い意味で)と思いました。

<石黒>
へーえ。25番ページでしょうか。おもしろいですね。

<Hさん>
マイクはいってました?はいってたらすいません。

<石黒>
あ、やっぱりヘンでしたよね。今回は別の教室用のマイクを渡されました。周波数を合わせてあるとのことでしたが、ミスっていた可能性が高いです。申しわけありません。

<Gさん>
今学期もよろしくお願いします。
ところで夏休みに気付いたのですが、『日本史でるとこ攻略法』の73ページ「百姓の持たる国…」が「待ちたる国」になっていました。ホームページの訂正にもなかったと思うので
念のためお伝えしておきます。

<石黒>
なんと! 気づきませんでした。よく見つけてくださいました。ありがとうございます。次回の増刷の際に修正します。サイトのほうも訂正を追記しました。

<Sさん>
二学期初めです。圧倒的成長を目指します。

<石黒>
すばらしい意気込みですね。本気で取り組むとすぐに伸びますよ。

<Aさん>
夏休みの復習もあって、すっきり理解できることが多くなりました。ノート復元がんばります。

<石黒>
飲み込みが速くなってきたんですね。いよいよ次回から近現代です。予習をお願いします。

<Yさん>
先生の演技あんまりウケてはないですけど自分はめっちゃおもしろいと思います!

<石黒>
いや、あまりウケなくていいんですよ。わかりやすいことが一番なので。

<Kさん>
初めてだったけど分かりやすかったです。

<石黒>
よかったです。

<Iさん>
・近現代の講座とったので近づくにつれてワクワクしてます。
・文化史が足をひっぱっているのでしっかりと勉強しておきます!!

<石黒>
いよいよ次回からです! 楽しみですね。自分の弱点も把握できていていいですね。

<Kさん>
今までやった部分の所はほぼ完璧になりました。

<石黒>
おおお、すごいですね。あとは過去問で試してみてください。

<Hさん>
・旧里帰農令で農村に帰った人は1人と聞いたんですが本当ですか??
・2学期からめんどくさくなったので、最初から本番ノートで記述するようにしました!!

<石黒>
1人??? 初めて聞きました。ギャグじゃありませんか?

<Hさん>
人足寄場にあつめられた人と旧里帰農令で帰る対象になった人々の違いがよくわかりません(>_<) <石黒> どちらの人もいたわけですが、違いはわからなくてかまいません。

<Mさん>
資料問題に弱いのですが日本女子大の資料を解く以外になにか対策があったら教えてほしいです。文化史は単純にチェックペン暗記で大丈夫なのでしょうか。

<石黒>
史料対策問題集は使っているんですよね? それを繰り返すと良いと思います。ただし多くの問題集は、実際の入試で問われている箇所のすべては問われていません。他の部分が問われる可能性を気づかう必要があります。
また文化史についてはチェックペン勉強でかまいませんが、語句の理解が必要です。

どこでも史料問題

後期から授業を取った方がいいですか?

夏期講習が終わった後にこんな質問をいただいていました。

<Oさん>
こんばんは。わたしは高3生なのですが、今まであまり日本史に手をつけずにここまできてしまい…さすがにまずいと思い8月の初めくらいから勉強し始めやっと中世を終わらせたくらいなのですが、後期から先生の授業を取った方がいいですか?ついていけますか?…そして夏休みが終わるまでになにをやるべきでしょうか?よかったら教えていただけたら嬉しいです。

<石黒>
ついていけるかどうかは、その人その人の能力によるのでなんとも言えません。とりあえず近現代に入るとスピードが速くなるので、すべての生徒に夏休みに予習をすることをお薦めしています。そのため先日の講習でも「日本史集中講義(近現代)」を受講している人が多くいました。
夏休みは上記の近現代の予習と近世部分の学習を進めてください。古代~近世の範囲については、入試レベルに達しているかどうかを常に過去問で確かめるようにしてください。達していない場合、再び頭からやり直す必要が生じます。時間がないので合理的な学習をするよう心がけましょう。

でる日講義-つながる近現代-

関連記事