2020年度の夏期講習のお知らせ

※しばらくこのエントリーを上位におきます。最新エントリーはこの下です。

河合塾の夏期講習の日程をお知らせします。講座は3種類。

(1)早慶上智MARCH向けのテーマ史理解講座「総合日本史演習(発展)」
(2)早慶大受験者向けのハイレベル問題の解き方を知る「早慶大日本史」
(3)早慶上智MARCH向けの文化史理解講座「テーマ日本文化史演習」

早慶大志望の人にはいずれも受講することをお薦めします。(1)ではテーマ史を講義しながら通年授業で扱えなかったハイレベル用語を追加します。(2)でもさらに追加をしますがこちらは早慶ならではの難しめの問題をどう解くかを見てもらいます。正解にたどり着くプロセスを知ってほしいのです。過去の偉人からいただいた入試問題を紹介しながら、彼らがどう高得点を獲ってきたかも紹介します。そして(3)では室町時代までの文化史をテーマ別プリントで完全講義します。多くの受講生のリクエストでついにあざみ野館での設置が実現しました。

(1)(2)の講座内容は、でるとこサイトに詳しく出ています。ごらんください。

あざみ野館 8/3(月)~7(金)10:50~12:20 テーマ日本文化史演習
あざみ野館 8/3(月)~7(金)13:20~14:50 総合日本史演習(発展)
あざみ野館 8/3(月)~7(金)15:10~16:40 早慶大日本史

今年度も「日本史集中講義(近現代)」は担当しません。これは複雑な近現代史でつまづかないように先取り学習する講座です。今年はスケジュールの都合がつきませんでした。かわりに『でる日講義-つながる近現代-』を利用するか、『2時間でおさらいできる日本史 近・現代史篇』を読むなどして骨組みを習得しておいてください。近現代は「骨組みをつかむ」→「肉付けする」の2段階で挑みましょう。2学期にしくじると挽回できませんから。

でる日講義-つながる近現代-

関連記事

あざみ野からのメッセージ2020(8)

<Nさん>
ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Sさん>
お疲れ様でした。

<石黒>
ありがとう。

<Mさん・Aさん>
今日はとても内容の濃い授業でした。

<石黒>
近現代は全編こんな感じです。というよりもっと濃いことのほうが多いです。序の口と考えてください。

<Sさん>
今日も分かりやすい説明をありがとうございました。

<石黒>
それは良かったです。ありがとうございました。

<Hさん>
はやく復習して、定着させます!!

<石黒>
ぜひ!

<Oさん>
できごとの順番や人がごちゃごちゃになりやすそうなので、しっかりノートに復元できるようにします。

<石黒>
よくわかりましたね。26番ページはできごとの順番が非常に大切です。とりわけ1862年、1863年、1864年の各年はできごとが多いので、『日本史でるとこ攻略法』に出ているゴロを使うと覚えやすいです。

<Tさん>
分かりやすくて、自分の中で整理することができました。

<石黒>
よかったです。

<Tさん>
展開がいろいろあっておもしろかったです。

<石黒>
二転三転するのを楽しめたなら素晴らしいですね。

<Kさん>
私の志望する大学は半分以上が近現代なので前期の授業受けられなかった所をとり返すような気持ちで進めていきたいです!
授業ありがとうございました!

<石黒>
それはお役に立てそうです。ぜひ高得点を取ってください。

<Kさん>
予習してるとすごく楽しく感じる!
全ての出来事に理由があるから、年号も含めて頭に入りやすい!

<石黒>
すばらしいサイクルですね。その調子で続けてください。

<Oさん>
尊王攘夷運動の周りの一連の流れがやっと理解できました。

<石黒>
わかりにくい箇所がいくつもありますよね。みなさんが抱く疑問をできるだけ解消していきたいと思っています。

<Fさん>
参考書読んでもわからない範囲だったので授業きいて納得できてよかったです!

<石黒>
うまくハマったようでよかったです。

<Nさん>
細かいつながりがわかることで流れはつかめていたけれど、しっかり頭に入りました。

<石黒>
26番ページはまず事件名を連続で言えるようにしておくことをお勧めします。

<Tさん>
討幕の流れ、特に薩長の考え方の対立について、すごく良く分かって面白かったです。

<石黒>
薩摩藩がわかりにくいんですよね。わかってもらえてよかったです。

<Kさん>
本当にふくざつで覚えずらいです。

<石黒>
黄信号が灯ってますねー。これからもっと複雑になりますよ。

<Nさん>
プリントの表がめっちゃわかりやすいなと思った。
私が受ける学部は17C以降の歴史出題なので、しっかりやっていきたいです。

<石黒>
ばっちり対応します。

<Aさん>
近代に入って流れを理解できるかが大切だと感じたので年表をうまく使っていきたいです。

<石黒>
1862年からの3年間はとりわけ順序を意識して覚えてください。

<Iさん>
大まかな流れや結果などは知っていたのですが、そこにいたった経緯が抜けていたりかんちがいをしていたりしてたので、複雑に思っていた所が少しわかり易くなりました。

<石黒>
勘違いに気づかないままで間違いが染みついてしまうと、その間違いは容易に引き剥がせなくなります。

<Kさん>
先生の参考書がもう少しで1周しそうなので、2周目はもっと細かく丁寧に解いていきます。

<石黒>
どの本のことかわかりませんが、うまく活用してください。

<Nさん>
プリントで名称の変化や流れがよくわかりました。

<石黒>
良かったです。

<Mさん>
段々とテンポがちょうど良いと感じるようになって来た。
予習によって先生の話をうなずきながら聞けた。

<石黒>
ゆっくり説明している時間がないのでそれは助かります。

<Sさん>
薩長と公議政体論の矛盾が理解出来ました。

<石黒>
良かったです。

<Hさん>
学校でやったときは、各藩の考え方などは丸暗記してしまっていたのですが、それらの藩が裏で何を考えていたのかが分かり、とてもおもしろかったですう。

<石黒>
丸暗記はつまんないですよね。近現代は理解をすることを重視してください。

<Fさん>
薩摩藩の代表は、一橋派の動きに大きく左右されていることを知り、薩長同盟までの流れがよく分かりました。

<石黒>
良かったです。

<Oさん>
流れがわかりやすかった。薩長同盟は深い。

<石黒>
徐々に理解の度合いを深めていきましょう。

<Sさん>
どのように先に勉強すればいいですか。

<石黒>
「日本史学習法」というプリントに書いてあるので読んでください。またこのブログの過去記事にもいっぱい出ています。こちらにも整理されています。

<Kさん>
日露和親条約は、1855年と用語集に書いてあったのですが、1853年から保留したのは米・露共に1年ではなかったということで大丈夫ですか?

<石黒>
その1855年は太陽暦での年代で、日本で当時使われていた太陰太陽暦では1854年です。こちらを覚えてください。

<Tさん>
いま、総合型と公募の推せん直前で一般の勉強をする時間がほぼないのですが、そういう中でも、短い時間で効率良く勉強する方法や、ここだけでもやるべき分野など教えていただきたいです。

<石黒>
いやーそう簡単な方法はありません。とりあえず予習・復習の際にしゃべり勉強を取り入れるなど、できるだけ時間を短縮化させてください。ある意味それらを要領よくこなせる人が、推薦合格できる人ともいえます。がんばってください。

2時間でおさらいできる日本史 近・現代史篇

あざみ野からのメッセージ2020(7)

<Tさん・Nさん・Sさん>
ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Sさん>
お疲れ様でした。

<石黒>
ありがとうございます。久しぶりで疲れましたね。

<Tさん・Nさん>
わかりやすかったです。

<石黒>
ありがとうございます。それはよかったです。

<Sさん>
今回も丁寧な説明ありがとうございました。
2学期も引き続き頑張りたいと思います。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。がんばりましょう。

<Oさん>
外交だけの流れでやっていたので改革との時代の照合ができてよかった。

<石黒>
ああいう時期で区切ったまとめにするとわかりやすいと思います。

<Hさん>
復元しっかりやります!

<石黒>
ぜひ!

<Kさん>
江戸時代苦手なので、先生の話を聞きながら復習になりました。知らないことがあって勉強になりました。

<石黒>
江戸時代って結構長いから、苦手意識がついてしまうと辛いですね。時代とかテーマとか一つ一つクリアしていきましょう。

<Kさん>
林羅山が日本に弾圧されたのが今の中国と一緒だなと感じた。

<石黒>
林子平のことですね。これから明治・大正・昭和(戦前)とたくさん弾圧の話が出てきますよ。

<Nさん>
江戸時代の三大改革の区別ができた。あいまいで誰の行った改革かわからなくなりがちだったものもつながりで理解できた。

<石黒>
あとは定着させるだけですね。

<Oさん>
改革ごとに方針をかえたり参考にしたりしていて、今と同じだと思った。

<石黒>
そこに「今」を感じるとは驚きました。

<Oさん>
史料をしっかりと読む。

<石黒>
ぜひどうぞ。今回はかなりたくさんありますよ。

<Mさん>
久しぶりだったのでついていくのがつらかった。

<石黒>
これからどんどん複雑で密になっていくので心して授業に挑んでください。

<Fさん>
ノート復元のすごさを思い知りました…。
問題見た瞬間答えがうかぶことが多くなりました!

<石黒>
おおお。できてるわけですね。問題を解く時間も速まりますよね。

<Kさん>
今回配られた化政文化のところは覚えるところが異常に多いのでがんばりたい。

<石黒>
そうなんです。化政文化は2枚もあって「文化史の壁」になります。

<Yさん>
文化史が今の時代においつくようにすすめます!!
2期もよろしくお願いします。

<石黒>
すばらしい意気込みですね。がんばりましょう。

<Tさん>
今回も、とにかく枠を意識して覚えたいと思います。

<石黒>
ノートで枠を太線で書くと印象が強まりますよ。

<Iさん>
学校の授業などでは、改革は結構バラバラでならっていたので、いっきにまとめて学べてよかったです。
2期もよろしくお願いします!

<石黒>
それはよかったです。全体を見通しながら頭に入れていくことが大事です。

<Tさん>
三大改革をちゃんと理解することができました。

<石黒>
よかったです。

<Kさん>
今日は内容盛りだくさんで久々の授業で熱がこもってて楽しかったです!量が多いけどノート復元して覚えます!
授業ありがとうございました!

<石黒>
出題率の高さと説明しがいがある内容の多さとで、つい力が入ってしまいました。大変重要なページなのでばっちり習得してください。

<Aさん>
久しぶりのスピーディーな授業でしたが、ついていけました。

<石黒>
すばらしい!

<Aさん>
今期から受講なのですが、前期のノートも作るべきでしょうか?
話の流れが一気につかめる感じがしました。

<石黒>
自分でノートを作るのは、手間と時間がかかるのでお勧めしていません。

<Hさん>
それぞれの改革のつながりが見えてよかったです。
Ⅱ期も「いつ」を意識して学習していくようにしたいです。

<石黒>
ぜひそれでいきましょう。

<Fさん>
受験期後半、気を引き締めてがんばります!

<石黒>
世間の嫌な風潮に流されずがんばりましょう。

<Nさん>
暗記が苦手なので覚えることがたくさんあって大変ですが、説明が分かりやすいので覚えやすくなりました!!

<石黒>
暗記では単に書いて覚えるだけでなく、声に出して耳に聞かせることもしていますか? また、短時間で大量に覚えた後、すぐに問題を解いて頭から引き出すことが大事ですよ。

<Fさん>
縦のつながりをよく意識していたが、横のつながりも大切とわかりよかったです。

<石黒>
近代はそういう「つながり」がいっそう重要な時代になりますよ。

<Sさん>
時代の流れがわかりやすかったです。

<石黒>
それはよかったです。

<Nさん>
いつもより史料の頻出度が高いと思った。寛政異学の禁の内容を勘違いしていたから、間違いを知れて良かった。

<石黒>
史料の出題率が高いのはその通りです。すぐに問題で確認してください。

<Kさん>
センターの赤本とかいつまでにどれくらいおわらせるべきですか?

<石黒>
共通テストに変わってしまうので、大量にやってもあまり意味はありません。先に共通テストの試行問題を解くべきです。それは今すぐやるのでかまいません。その後にセンターの過去問を2~4年分くらいやるといいと思います。既習範囲だけ解いてください。

<Sさん>
分量がとても多く驚きました。がんばります。
定信は田沼に飛ばされたと聞いたのですが本当ですか。

<石黒>
定信の失脚の時点の話なら間違っています。

<Mさん>
予習、復習をどのように行うと良いか、教えて欲しいです。

<石黒>
新規受講生の方ですよね? 「日本史学習法」というプリントに書いてあるので読んでください。またこのブログの過去記事にもいっぱい出ています。こちらにも整理されています。

次回からいよいよ近代に入ります。幕末の興味深い論争はぜひマンガでどうぞ。

マンガ 幕末は「論争」でわかる

保護中: 「テーマ日本文化史演習」を受講したみなさんへ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

あざみ野からのメッセージ2020(6)

今回は補講でした。質問にお答えする時間を取っておいたのですが、やっぱり授業内での質問はハードルが高いようですね。

<Nさん>
ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Nさん>
知らない事があった。

<石黒>
そりゃそうでしょう(笑)。

<Hさん>
春期講習とっておいてよかったです…笑

<石黒>
はからずも重要でしたね。

<Sさん>
今日もすごく分かりやすかったです!

<石黒>
ありがとうございます。

<Tさん>
理解してからノートを見て、より理解を深めたいと思います。

<石黒>
全部説明できないのがもどかしいです。

<Sさん>
今日も丁寧な解説ありがとうございました。土地制度史もしっかりやっていこうと思います。
8/24にやってもらえるとありがたいです。

<石黒>
土地制度史は夏期講習でやってしまうのでごめんなさい。

<Oさん>
近現代のポイントをやっていただきたいです。

<石黒>
それも一案なんですが、2学期の授業でやることと重複するので時間がもったいない気がします。

<Tさん>
2レベル定着トレーニング買ったのでやろうと思います。

<石黒>
ありがとうございます。ぜひ本気で取り組んでください。確実に過去問正解率が上がるはずです。

<Oさん>
守護・地頭の所、全くわかってなかったので助かりました。

<石黒>
それはよかったです。狙い通りでした。

<Fさん>
守護・地頭の説明がとってもわかりやすかったです。

<石黒>
ありがとうございます。

<Oさん>
地頭の説明のところがすごくわかりやすかったです。

<石黒>
込み入ってる話なのでぜひ説明したい部分でした。

<Sさん>
清和源氏の系図で混乱していたのがスッキリしました。
ありがとうございました。

<石黒>
心が折れますよね。でも最初に代々の源氏をゴロで覚えてしまえば後は相当ラクです。

<Yさん>
平氏と源氏のあたりは名前や戦いに参加した人の名前が図で横にまとめられていてとても分かりやすかったです。
学校のプリントがとてもくわしいので、このプリントを元にいらないところをけずってノートまとめをしようと思いました。

<石黒>
いやいやノートを別に作っちゃだめです。時間の無駄ですから。40面ノートをそのまま使うんですよ。危険ですね……。

<Nさん>
保元の乱と平治の乱の覚えがあまりできてなかったので、覚え方を教えてくれてありがたかったです。

<石黒>
要領よく片付けてしまいましょう。

<Yさん>
土地制度や源平の争乱あたりをまた受けたいです。

<石黒>
土地制度史は「総合日本史演習(発展)」をどうぞ。

<Kさん>
藤原の家系は今まで詳しく見てなかった。荘園あたりの話はムズかしい。

<石黒>
荘園は1学期の授業で一番つまづきやすいところです。

<Kさん>
頼朝が1192年に、征夷大将軍になったのは、1192年に後白河天皇が死んだからだと覚えていました。
(存命時には自由のきかない右近衛大将とセットで…)

<石黒>
それで合ってますよ。ただその背景には朝廷内で頼朝が評価されている必要