2018年度の冬期・直前講習のお知らせ

※しばらくこのエントリーを上位におきます。最新エントリーはこの下です。

河合塾の冬期・直前講習の日程をお知らせします。

(1)早慶上智MARCH向けのテーマ史理解講座「総合日本史演習(発展)」
(2)早慶大受験者向けのハイレベル問題の解き方を知る「早慶大日本史」
(3)上智・青学の出題傾向を知る「上智・青山学院大日本史テスト」
(4)早慶大対策の最終チェックを行う「早慶大日本史テスト」

早慶大志望の人には(1)(2)(4)ともにお薦めします。各講座で通年授業で扱えなかったハイレベル用語を追加します。(1)では沖縄・北海道史と女性史が含まれています。これは早稲田では絶対はずせないテーマです。(4)では本番さながらの問題演習と未見史料や正誤問題の正解へのプロセスを知るとともに、石黒オリジナルの早慶大あるある問題でパワーアップをはかります。

各講座の詳しい内容は、でるとこサイトをごらんください。

藤沢現役館 12/26(水)~30(日)10:50~12:20 総合日本史演習(発展)
藤沢現役館 12/26(水)~30(日)13:20~14:50 早慶大日本史
藤沢現役館 1/22(火)・23(水)17:00~20:20 早慶大日本史テスト
藤沢現役館 1/23(水)13:20~16:40 上智・青山学院大日本史テスト

あざみ野館 12/26(水)~30(日)17:00~18:30 総合日本史演習(発展)
あざみ野館 12/26(水)~30(日)18:50~20:20 早慶大日本史
あざみ野館 1/28(月)・29(火)13:20~16:40 早慶大日本史テスト
あざみ野館 1/29(火)17:00~20:20 上智・青山学院大日本史テスト


関連記事

あざみ野からのメッセージ2018(22)

<Iさん・Mさん・Nさん>
1年間ありがとうございました!

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Sさん>
1年間ありがとうございました!冬期もよろしくお願いします!!

<石黒>
クリスマス明けからですね。がんばりましょう。

<Kさん>
冬期もよろしくお願いします。

<石黒>
例によって結構ハードになると思います。がんばりましょう。

<Hさん>
ありがとうございました!

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Kさん>
祖母が8人兄弟で満州へ逃げて奇跡的に全員無事に帰ってこれたそうです。
冬期もよろしくお願いします。

<石黒>
満州で終戦だったんですね。それは相当大変だったはずですよ。お話を聞けるのでしたらぜひ聞いてみてほしいです。

<Nさん>
24講ありがとうございました。冬期も直前もあるのでまだお別れではないですが教わったことを活かして頑張ります。
お世話になりました!

<石黒>
すべて出席できたのでしょうか。おつかれさま。ここからが勝負です!

<Aさん>
今まで日本史が嫌いでしたが、約1年間石黒先生の授業を受けてきて、歴史の見方・考え方がガラっと変わりました。
ありがとうございました!絶対合格します。

<石黒>
そんなことを言われるとくすぐったいですが、とりあえず良かったです。僕もよく各国の歴史や文明の発展段階などを考えます。今の状況しか見ないのは浅はかですよね。

<Yさん>
先生のおかげで日本史が大得意になれました!ありがとうございました。冬期講習も頑張ります!

<石黒>
それは良かったです。本番が楽しみですね。

<Aさん>
先生の授業をうけて日本史が暗記ではなくストーリーのある楽しい科目だと感じました。薬子の変の説明が1番好きです。
「大宰府だけには点うつな!」急におもいだしたりします。1年間楽しい授業をどうもありがとうございました。

<石黒>
そこですか(笑)。薬子の変はなかなか説明が難しいんですけどね。うれしい感想です。格言暗記も使ってもらえて良かったです。

<Nさん>
一年間本当にありがとうございました!効率のいい覚え方を教えていただいたおかげで、日本史の暗記の時間をグッと減らすことができました。つくった替え歌も、何曲になることやら…。
最後に笑って終われるように、これからも本気でノート復習と過去問に取り組みます。

<石黒>
なんと! 替え歌つくってるんですか。それはすばらしい。終わったらどの部分を替え歌にしたのか、何の曲を使ったのか教えてください。これは笑って終えられそうですよ。

<Nさん>
石黒先生の授業を1年間受けられてよかったです。現役の間に出会えて感謝でした!!
冬休みはノート暗記と過去問の虫になって、大隈先生の学校に入れるようにがんばりたいと思います。本当にありがとうございました。

<石黒>
現役合格できそうな勢いですね。頼もしいかぎりです。

授業後に「一緒に写真を」と言われて撮りました。全員合意の上でのアップです。ぜひとも合格してほしいものです。


法政大の正誤問題

正誤問題が要領よくラクに解けるようになるには、良い問題集が不可欠です。誤文の誤り箇所を指摘してくれない問題集なんて論外です。かといって何でもかんでも説明してあれば良いわけでもありません。めったに問われない些末な誤文だったら、逆に「これは覚える必要はありません」と書いてほしくないですか? どこの問題集とは言えませんが、よけいな辞書的情報を書き連ねているものがあるんですよ。それってやっぱりゴミ情報ですよね? 文字による解説だとそうしたニュアンスが伝わりにくいかと思って、derutoko.comでは音声解説をたっぷり付けた問題集を作ったことがあります。『どこでも史料問題-問題編-』です。

先日、2017年の法政大の正誤問題について質問がありました。
受験生の方は、一度解いてみてからその先をお読みください。

問 1947年制定の教育基本法,学校教育法に関して,正しい記述はどれか。以下のア~オのなかから一つ選びなさい,
ア 女性が正規の学校教員になれるようになった。
イ 義務教育年限を高等小学校までの8年から中学校までの9年に延長した。
ウ 教育委員が公選制から任命制になった。
エ 高校女子について家庭科が必修とされた。
オ 男女共学が原則とされた。

<Nさん>
河合塾藤沢館で石黒先生の授業を受けていたNと申します。
2017年の法政大学の国際文化学部の問題で、腑に落ちない部分があったので質問させていただきます。(赤本の解説に載ってませんでした。)

教育基本法、学校教育法の関連の問題で、「義務教育年限を高等小学校までの8年から中学校までの9年間に延長した。」という選択肢(誤答)があったのですが、義務教育は国民学校令では8年、学校教育法では9年なはずです。
はっきりとした誤答の原因がわかっていないのでもやもやしています。

稚拙な質問ではございますが、ご回答の方よろしくお願いします。

<石黒>
まず「誤答」じゃなくて「誤文」ですよね?
この問題は「オ 男女共学が原則とされた。」が非常に短い文で、誤り箇所を見つけようがありません。これが正文だと簡単に判断できるはずです。
いっぽう「イ 義務教育年限を高等小学校までの8年から中学校までの9年に延長した。」は「8年から中学校までの9年に延長」は正しいので、「高等小学校までの」というところに誤りがあるかもしれないと考えるべきです。国民学校令によって、それまでの尋常小学校と高等小学校が一つになって国民学校と変わってますから、やはり誤文です。ちなみに「国民学校」は頻出用語です。

どこでも史料問題

関連記事

光明子を嫁がせたのは藤原不比等?

正誤問題を解いていると、自分が思っていたのとは異なる内容が「正文」となっていることがありませんか? また細かすぎる点をツッコんで不正解になったなんてこともよくあります。どういうわけか入試では、細かすぎるツッコミは不要だという「暗黙のルール」みたいなものがあるんです。センター試験がまさにそうですね。いっぽう上智大のように、年代の1年ズレを見破らなければならないオニ問題を出す大学もあります。できるだけ多くの過去問を解いてそのあたりのモノサシをつかんでおくべきです。

先月こんな質問をいただきました。

<Nさん>
河合塾藤沢館現役生のNです。先日学校の授業で自分は受けないんですが国士舘大学の過去問をやったんですけど、その時の正誤問題で「藤原不比等が自分の娘光明子を聖武天皇に嫁がせて、外戚となった。」が正解だったんですが、この時は不比等の子供の藤原四家が妹の光明子を立后させたんじゃないんですか?

<石黒>
藤原不比等は716年に皇太子であった首皇子(のちの聖武天皇)に光明子を嫁がせました。その後、不比等は720年に亡くなり、729年の長屋王の変後に光明子は聖武天皇の皇后となりました。授業では最後の部分だけを切り取って説明したので「藤原四兄弟が立后させた」と話したのです。結婚と立后はタイミングが違うわけです。
さて国士舘大のこの文は、「聖武天皇」となっている点が厳密には誤文と言えます。まだ天皇になっていませんから。ただし、足利高氏→足利尊氏とか、羽柴秀吉→豊臣秀吉などのように名が変わってもいちいち書き分けないことを考えると、この文を正文とみなすことも可能です。

本物の問題を見ないとなんとも言えませんが、たぶん消去法もしくは比較法で正解を選べる問題になっていただろうと思います。

あるある正誤問題

関連記事

薪で焼いたうつわ

先日、「のぼり窯」でやきものを焼いてきました。

日本では5世紀に須恵器が作られるようになりましたが、その特徴としてよく言われるのが「朝鮮から伝わった」とか「灰色」ってことです。しかし他にも「ろくろ」を利用して作ったとか、「のぼり窯」で焼いたという点もあるのです。
現在では燃料の薪も高いし、その薪を60時間以上くべ続けるのも大変なので、「のぼり窯」で焼く人はかなり少なくなっています。しかし僕自身は桃山時代のやきものに大変興味があり、炎の思いがけない効果にも驚かされるので、この年に1度の「のぼり窯」が非常に楽しみになっています。

今回は器を34個も焼きました。その一部をごらんください。


ここまで4つは萩焼です。


これは肥前の唐津焼。肥前と言えば有田焼が有名ですが、唐津焼というのもあるんです。

来年4月末に新宿京王百貨店でおこなわれる陶芸展には数十点を出品する予定です。直接ごらんいただけたらうれしく思います。……って気が早すぎますか。


関連記事

あざみ野からのメッセージ2018(21)

<Nさん>
関東特種演習は、テストで関特演と略して書いても丸になりますか。

<石黒>
「3文字で書きなさい」という指定がないかぎり、やめたほうがいいです。

<Nさん>
沖縄への修学旅行がひかえめだったの初めてききました。楽しんできました。

<石黒>
飛行機で修学旅行なんてうらやましいです。行けてよかったですね。そういえば修学旅行が韓国だったなんて話を聞いたことがありますが、もう今はほとんどなくなったでしょうね。

<Kさん>
最後まで気を抜かずに頑張ります。

<石黒>
ラスト1週です。がんばりましょう。

<Kさん>
現在の政党の考えと戦前からの政党の考えはベースは変わらないものなのですか?
例)強硬外交など

<石黒>
強硬外交と協調外交の2タイプがあるとか、積極財政と緊縮財政の2タイプがあるとかですか? それなりにはあるとは思いますが、現在は自由民主党が強すぎて二大政党制になっていませんし、そもそも自由民主党の議員の中に2タイプがいるとも言えます。

<Uさん>
日本に原爆をつくれる余裕があったとは思えないのですが・・・?

<石黒>
はい。ありませんよ。でもまったくチャレンジしなかったわけではないんです。

<Nさん>
財閥解体の理由が良くわかりました!

<石黒>
コメントだいぶ遅れてすみません。GHQは財閥と寄生地主制が軍国主義の基盤だと考えていました。

上智対策コンプリート・ミッション

あざみ野からのメッセージ2018(20)

<名前なしさん>
この時期におすすめな参考書は何かありますか。

<石黒>
「この時期に」というのはどういう意味でしょうか。
すでに学習が進んでいるという意味なら、『難関大用語集解』でハイレベル用語をつかむと良いかと思います。また、いよいよ近現代に入って内閣チェックをしてみたいというのでしたら『聴くだけ日本史-内閣編-』が良いでしょう。あ、これは参考書とは言えませんか。逆に近現代が複雑でわかりにくいというのでしたら、『2時間でおさらいできる日本史 近・現代史篇』でストーリーを追うのが良いかもしれません。
ちなみに河合塾での僕が担当している授業を全般的に見渡して言うなら、弱点となっているのは圧倒的に文化史です。そういう意味では『でる日講義-とことん文化史-』が一番おすすめです。

<Nさん>
学校の同級生が「よくこの量でまとめたな~すげぇ~」と言ってました。あらためて見返すとすごいです笑。

<石黒>
あはははは。ありがとうございます。

<Kさん>
慶應・法で「竹槍でちょいとつき出す二分五厘」が正答だったのですがそんなのアリですか?

<石黒>
そんな表現初めて見ました。一般的には「竹槍でドンと突き出す二分五厘」です。

<Yさん>
早稲田の商学部の誤りを2個指摘する問題は完答ですか?

<石黒>
完答です。配点が60点であることと小問数を考えればわかるかと思います。

でる日講義-とことん文化史-

あざみ野からのメッセージ2018(19)

<Mさん>
今日の学校の定期テストでやったところがまるまるでました!約3年間でやったところが半年で追いつきました!

<石黒>
予備校は進度が速いですからね。学校ではゆっくりやる分、深く掘り込んでいろいろ考えさせる授業なのでしょうか。

<Sさん>
授業と関係なくてすみません。私の学校の日本史の授業プリントA4で458ページでした。(笑)

<石黒>
うあぁぁ。それならもう何もかもが書いてありますね。授業で話すことなかったりして(笑)。

<Nさん>
最近先生の授業中の質問に正解することが多くて嬉しいです。

<石黒>
おおお。それは素晴らしい。

<Kさん>
WWⅠの年を「行く人死んだ(1914)」で覚えていたので、その後世界的デモクラシーの風潮で乱暴な風潮からお行儀の良い風潮になったというのと関連させることができて少しうれしかったです。

<石黒>
なんともすごい覚え方ですね。

<Iさん>
11月3日の文化史の講座のためにもらった教材は解いておくかんじですか?

<石黒>
どちらでもかまいません。

<Nさん>
農民労働党は即日禁止されたのに、労働農民党はなぜ活動できたのですか?

<石黒>
農民労働党よりはおとなしくなったからです。もっとも1928年にはやっぱり結社禁止となりました。

<なまえなしさん>
・内閣の四角く区切られたプリントの有効的な活用法を教えてください。
・センター試験の点の(「の」になっていた)あげるにはなにをすれば良いですか?
・テキストの後ろの年表に書いてある事は全て覚えた方が良いですか?

<石黒>
内閣プリントは使い方を授業で説明しました。プリントを見ながらストーリーを語るというやつです。もっともその後のチェックが重要なのですが。問題を出し合える友達がいない場合は『聴くだけ日本史-内閣編-』をどうぞ。
センター試験のためだけでしたら『きめる! センター日本史』をやれば9割は取れます。ただし私大一般入試はそうはいきません。ふつうにノートを覚えてください。それをすればテキストを覚える必要はありません。

<Oさん>
大名の出現の替え歌で、石黒先生が歌っているVerはありますか?(YouTubeに上がってますか?)
天皇替え歌が、覚えやすくてとても助かったので、もし良い替え歌があったら教えて欲しいです!!

<石黒>
戦国大名の替え歌ですか。僕は作ってません。戦国時代好きの少年だったので必要なかったんですよ。すみません。

<Nさん>
記憶が抜けてしまった部分はまた白紙復元するべきですか?

<石黒>
えーっと、それをしない場合は何をするのでしょうか。

<Nさん>
1.受験にあまり関係無いと思うんですけど牧野伸顕って、大久保の娘と結婚したと学校の先生から聞いたのですが違うんですか。
2.初の政党内閣は隈板内閣ですが、原内閣が本格的と言われる理由は、隈板内閣があまり機能しなかった事も含めて書いた方が良いですか。

<石黒>
牧野伸顕は大久保利通の次男です。どういう勘違いですかねえ……。
隈板内閣の短命ぶりなどはとくに書く必要はありません。ポイントがずれてますし。

<Iさん>
米騒動のような貧困層の暴動を防ぐために原敬を首相にしたにもかかわらず、原は貧困層をないがしろにしたのは大丈夫なのですか。
ロシア革命のようなことが日本で起きる可能性はなかったのでしょうか。

<石黒>
いや大丈夫じゃなかったから暗殺されたのでしょう。またその頃から社会運動もかなり盛り上がっていきました。そうした影響もあって「普選断行」を掲げる第二次護憲運動がおこったともいえます。
日本版ロシア革命みたいなことは、当時は起こるかもしれないと考えた人たちもいたようです。もっとも、太平洋戦争の後でさえ天皇の戦争責任を問わなかったことから推測すると、日本人はそうした革命を起こしそうにありませんね。

聴くだけ日本史-内閣編-

あざみ野からのメッセージ2018(18)

<Nさん>
近現代史長くて濃いです・・・。

<石黒>
まだまだ続きますよー。

<Sさん>
先日の記述模試で選択で志苔館遺跡を選ばせる問題があり、40面ノートには書いてなかったのですが、覚える必要はありますか?

<石黒>
あります。1月にある直前講習で配るプリントに登場します。お待ちください。

<Aさん>
3つある天津条約はどうやって区別したら良いですか?

<石黒>
3つ? 入試に必要なのは2つだけです。区別は簡単ですよ。時期、国、内容が違います。

<Oさん>
日英間で、米を敵にしない(代わりに独)ことを決めたのに、なんで二十一カ条要求のとき、日本は米に強気でいられたんですか?

<石黒>
確かにイギリスと連れだってアメリカと戦うことはできませんね。でもイギリスをパートナーとしているだけで、国際関係上は強いです。入試で細かい理由が出るわけではないので、それくらいの理解でとどめておいてください。

<Kさん>
学習院の「~について書け」の記述問題の対策方法はありますか。

<石黒>
配点が20点の論述問題のことですね? 基本的に何かについて説明するだけの問題なので、ノートにある用語を使いながら正しく説明すれば合格点に達します。そういう意味ではわりと簡単です。ただし文字数が多いのである程度練習しておく必要があります。自分で適当にテーマを決めて200~250字で説明してみるのも良いと思います。問題集としては河合出版の論述問題集が使いやすいです。

でる日講義-経済・外交史(近現代)-

あざみ野からのメッセージ2018(17)

<Kさん>
明治の流れを理解したら教科書読んでいてもチンプンカンプンということがだいぶ少なくなりました!

<石黒>
授業を受けたかいがありましたか。よかったです。

<Nさん>
聞くだけ日本史が欲しくなりました。

<石黒>
ぜひ、どうぞ。

<Oさん>
頼家の将軍就任と13人の合議制はどちらが先ですか?

<石黒>
13人の合議制が先です。

<Yさん>
早稲田大学法学部2013(□1)(3)で出題されていた「酒船石遺跡」ってひろうべき単語ですか?

<石黒>
めったに出題されません。記述問題でしたからどうしようもありませんでしたね。

<なまえなしさん>
ノート14の戦国大名の出現を、全部丸暗記した方が良いですか?あと、もし良い覚え方があったら教えて欲しいです・・・。(早慶受けます)

<石黒>
早慶レベルでしたらノートにあるものはすべて覚えるんですよ? そこは替え歌化するのが良いと思います。

<Nさん>
30番ページの右で日露で止まっているコーナーBがあるのですがそれでいいんですか?

<石黒>
え? そこは僕がしゃべったのを書いてもらったんですが……。フリーズしてました? ってことは他にも聞き逃しがたくさんありそうですよ。

<Sさん>
日露戦争の借金は結局どうしたんですか?

<石黒>
意外と出るプリントに書いてある「外債」というのがその借金です。その利払いが大変で、第一次世界大戦での大戦景気まで苦しむことになりました。

<Sさん>
明治大学経営学部の過去問を見たらほぼ近現代史だったのですがそういう傾向だと言い切れるのでしょうか?

<石黒>
江戸時代が出ることもありますが、毎年基本的にそういう傾向です。

聴くだけ日本史-内閣編-

あざみ野からのメッセージ2018(16)

<Nさん>
公と侯の公をハムって覚えるのが同じでニヤけました。

<石黒>
漢字分解覚えですね。

<Mさん>
ガンバロー!!

<石黒>
がんばりましょう。

<Mさん>
黒ペンで40面ノートを隠そうとしたらすけてみえてしまいました(油性ペンでも水性ペンでも)復元+緑ペンでかくすのが効率いいかもしれないです!
頑張ります!

<石黒>
あらら。コピーのトナーが黒マジックの下でも光っちゃう感じですか。すみません。うまくやってください。

<Nさん>
小野梓の出題カウントってどうなんでしょうか。

<石黒>
あまり出ませんが、あの大学だけは要注意です。この質問をするくらいですからわかりますよね?

<Mさん>
スーツ変えましたね!
次の模試が全範囲なんですけど、全部終わらせたほうがいいですか?10月28日です。

<石黒>
いつもと感じが違いましたか? 似てるのばかり着てますが、いちおう毎週違うのを着てます(笑)。もっとも先週のは4月末にも着てました。
模試の範囲なんて気にしない方がいいですよ。予習レベルならやってもかまいませんが。効率の良さを最優先しましょう。

<Oさん>
国会、天皇、内閣のどこに責任があるかという内容にとても混乱してしまったのですが、この範囲はどれほど深く出題されるのでしょうか。
統帥権の独立を理解できればよいのでしょうか。GMARCH志望です。

<石黒>
さすがに統帥権の独立だけではまずいですよ(笑)。大日本帝国憲法体制が多頭的であることはわかったのではないでしょうか。それでかまいません。あとは憲法の条文を読んでください。

<Kさん>
明六社とはどのような立場のグループなのですか?

<石黒>
欧米の新しい考え方を広める団体だったのですが、福沢諭吉以外のメンバーが官僚であったため、政府が民権運動を弾圧しはじめるとジレンマに陥りました。啓蒙している思想の一つ天賦人権主義が民権運動を支える考え方だからです。それゆえ『明六雑誌』をみずから廃刊しました。

<Iさん>
「らんけいどうりゅう」などの「けい」が辞書だと渓だったのですが、どっちの方が好ましいとかありますか?

<石黒>
難しい漢字の「溪」で書く方が無難です。漢字に迷った時は電子辞書などではなく、山川出版の用語集を見てください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!