2018年度の夏期講習のお知らせ

※しばらくこのエントリーを上位におきます。最新エントリーはこの下です。

河合塾の夏期講習の日程をお知らせします。講座は2種類。

(1)早慶上智MARCH向けのテーマ史理解講座「総合日本史演習(発展)」
(2)早慶大受験者向けのハイレベル問題の解き方を知る「早慶大日本史」

早慶大志望の人には両方とることをお薦めします。(1)ではテーマ史を講義しながら通年授業で扱えなかったハイレベル用語を追加します。(2)でもさらに追加をしますがこちらは早慶ならではの難しめの問題をどう解くかを見てもらいます。正解にたどり着くプロセスを知ってほしいのです。過去の偉人からいただいた入試問題を紹介しながら、彼らがどう高得点を獲ってきたかも紹介します。MARCH志望の人は(1)のみの受講で結構です。

各講座の詳しい内容は、でるとこサイトをごらんください。

藤沢館 7/23(月)~27(金) 9:00~10:30 総合日本史演習(発展)
藤沢館 7/23(月)~27(金)10:50~12:20 早慶大日本史

あざみ野館 7/23(月)~27(金)15:10~16:40 早慶大日本史
あざみ野館 7/23(月)~27(金)17:00~18:30 総合日本史演習(発展)

今年度は「日本史集中講義(近現代)」を担当しません。これは複雑な近現代史でつまづかないように先取り学習する講座です。今年はスケジュールの都合がつきませんでした。かわりに『でる日講義-つながる近現代-』を利用するか、『2時間でおさらいできる日本史 近・現代史篇』を読むなどして骨組みを習得しておいてください。近現代は「骨組みをつかむ」→「肉付けする」の2段階で挑みましょう。2学期にしくじると挽回できませんから。

でる日講義-つながる近現代-

関連記事

あざみ野からのメッセージ2018(9)

<Aさん>
ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Hさん>
今日もありがとうございました。

<石黒>
いいえこちらこそ。

<Mさん>
ガンバロー!!

<石黒>
江戸時代が始まったので乗り遅れずに!

<Oさん>
幕末につながる話もあったので楽しみです。

<石黒>
授業では紹介できないおもしろい話はいくらでもあるんですけどね。いつももどかしい気持ちでいます。

<Kさん>
学校の授業でスッキリしなかったのが一気につながりました!

<石黒>
やっぱりね……。できるだけそういう点を解消したいと思っています。

<Kさん>
修学旅行で原城に行きましたが、あまり理解せずに行ったため、ただの芝生の小高い山としか感じませんでしたが、今理解しました。

<石黒>
「ただの芝生!」(笑)。それは幸せですね。僕は霊感なんてないにもかかわらずゾワゾワしましたよ。

<Nさん>
本百姓体制の説明が分かりやすかったです。

<石黒>
時間をとって説明したかいがありました。

<Uさん>
御三家の中で水戸藩だけ江戸常駐なんですか?

<石黒>
そうです。

<Nさん>
のち、家茂と結婚した和宮が天皇家の娘として出て来ますが、天皇家の娘は『和○』と言う名前で続いていくのですか。

<石黒>
ええと、和子は天皇家の娘ではありませんよ。徳川秀忠の娘です。

<Nさん>
関ケ原の時に前田利家は動かなかったと言っておりましたが利家が1599年に亡くなったので出れなかったのではないでしょうか。
あと東軍が小山でひき返すなどは出ないですか?

<石黒>
鋭いですね。すでに前田利長に代替わりしてますね。その細かさが入試では問われないために「前田は」とぼかしたつもりですが、もしかしたら「利家」まで口走っていたかもしれません。だとしたらすみません。
「小山評定」までよく知ってますね。はい、出題されません。

<Yさん>
どうして家康は大垣城?を素通りしたのでしょうか。目指したのは秀頼のいる大阪城ということですか?

<石黒>
いちおう大坂城を目指したということになってますが、もしかしたら三成たちを大垣城から引きずり出すためにわざと素通りするフリをしただけかもしれません。
ちなみに「大阪」という字は明治時代になってから使いましょう。それまでは「大坂」です。

<Nさん>
予習復習がいかに大事が改めて感じました。今日は先生の問いかけにたくさんうなずけて、とても楽しかったです。
もう前の話なのですが、上杉謙信と武田信玄の戦いは入試にどのくらいでますか?

<石黒>
川中島の戦いという名前だけ覚えておいてください。以前はまったくと言っていいほど出ませんでしたが、最近ちらほら見かけます。

2時間でおさらいできる戦国史

あざみ野からのメッセージ2018(8)

<Oさん>
楽しかったです。

<石黒>
戦国好きでした?

<Oさん>
ツイッターフォローしました。

<石黒>
ありがとうございます。過去のブログ記事で役に立つものが読めますよ。

<Nさん>
若干、土地制度史が弱いのでがんばってついていきたいと思っています。

<石黒>
荘園制はこれで終わりました。土地制度は一段落です。

<Uさん>
鎌倉~の土地政策がごちゃごちゃしてくる。

<石黒>
夏期講習の「発展」で整理しましょう。

<Hさん>
スタッフさんへ プリントを多めにコピー・配布してほしいです。

<石黒>
だそうです、スタッフさん。

<Nさん>
兵農分離と検地の関係性がだいたい分かった。復元でもう一度ちゃんと確認したい。

<石黒>
問題を解いてみてくださいね。

<Sさん>
ありがとうございました!今日は板書写すのと話を聞くのを同時にするのが難しくて苦戦しました。

<石黒>
ちょっと量が多めでしたね。すみません。

<Kさん>
明日は先生の誕生日ですね(^^)実は僕も6/14が誕生日なんです(笑)おかげ様で犬上御田鍬をすんなり覚えられました。

<石黒>
なんと(笑)。来週1614年ネタが出てきますよ。そっちのほうが価値があります。お楽しみに。

<Nさん>
史料対策を一刻も早く始めなくては!!と思いました。今日からはじめます・・・

<石黒>
やっぱりね……。今年はスロースターターが多いかもしれません。

<Kさん>
カトリックの学校にかよっていて、先日上智大学の「聖イグナチオ教会」に行ったので、イグナチオ=ロヨラが授業で出てきたとき、少し得した気分になりました。

<石黒>
そういう名前の教会があるんですか。なるほど納得です。上智では「コンクラーベ」まで出題されたことがありますからね。相当です。

<Hさん>
次の予習をどこまでやったらいいか教えて欲しいです。

<石黒>
そうですね。お伝えした方がいいですね。とりあえず次回は江戸幕府の農民統制までいきます。

<Mさん>
今日興味アル人のみ聞いてください的なことを何回かおっしゃられていましたがアレは入試にでないのですか?

<石黒>
早稲田などでの正誤問題を意識しての説明でした。ただしごく一部はまったく出ません。ナゾに感じている人が多そうなところは話しました。すっきりしてもらったほうが良いかと思って、です。

<Nさん>
鉄砲を生産し始めた場所として雑賀は必要ですか。

<石黒>
覚えるにこしたことはありません。来週登場します。

<Tさん>
模試で書かされた人物でノートにない人は拾う必要ないですか?

<石黒>
そんな人物ありました? どの問題をさしているのかわかりませんでした。

どこでも史料問題

あざみ野からのメッセージ2018(7)

<Uさん>
分国法を考えると、早稲田の恐ろしさを改めて感じた。

<石黒>
ほんとにエグい問題出してくるんですよ。夏期講習でぜひとも紹介したいと思っています。史料対策を万全に!

<Hさん>
学校でやっていることよりもすごくくわしくてわかりやすいです。

<石黒>
よかったです。詳しいといっても入試に必要な詳しさですからね。習得してください。

<Nさん>
室町の前半はややこしい部分もあったが後半は楽しかった。

<石黒>
その「ややこしい部分」で落とさないよう願います。

<Oさん>
めちゃくちゃわかりやすかったです。

<石黒>
それはすばらしい。予習してましたね?

<Mさん>
ガンバロー!!

<石黒>
ぜひ!

<Sさん>
私のみょうじは○○(編注:伏せさせていただきます)なので一揆のところはよりがんばって覚えたいです!

<石黒>
今後、ほとんど登場しない名前なのが残念ですね。

<Kさん>
土地制度がグチャグチャに・・・

<石黒>
なりますよね……。夏期講習の「発展」で土地制度史をたどりますので、そこで仕上げてください。

<Kさん>
学校で江戸までを2年かけてやったので流れを忘れたりして、覚えられていなかったが、この授業は分かりやすくさくさく進むのでしっかり理解できます。

<石黒>
必要以上に時間をかけたり詳しくやったりしても、入試には関係ないんですよね。ほどよい加減が大切です。

でる日講義-経済・外交史(前近代)-

あざみ野からのメッセージ2018(6)

<Oさん>
有難うございました(^^)

<石黒>
こちらこそありがとうございます。

<Kさん>
文化史が追いついていけません。

<石黒>
よくがんばっているほうですよ。夏休みに追いつけば大丈夫です。

<Uさん>
定期テストとの両立はきついです。

<石黒>
指定校推薦を考えているのでしょうか。逃れられないハードルです。がんばりましょう。

<Mさん>
今ちょうど定期試験なのですが、範囲が義教からなので、1週間早ければ・・・と少し残念です・・・。

<石黒>
あー、それは残念です。次のテストのときには追い抜けると思います。

<Nさん>
石黒先生のノートで確かな点をとれるようになりました!

<石黒>
それは良かったです。

<Mさん>
貼るプリント・地図を最後に言ってもらうととてもありがたいです。

<石黒>
「最後に」ですか? すでに話したことを重複して言うことは難しいです。

<Kさん>
文化史を少しずつやっていますが、政治史とつなげるとまあまあ面白いです。

<石黒>
おおー、よくがんばっていますね。政治史との関連性は近現代になるともっとおもしろいですよ。

<Oさん>
石黒先生に言われたやり方でやったら前とは比較にならないぐらい内容が頭に入って覚えられるようになりました!
この調子で頑張ります!

<石黒>
素直な方ですね。これからも合格への最短コースを伝えていきます。

<Oさん>
プリントの太字が何色かわからない部分があります・・・
(授業で言ってくれたところと、自力で調べたらわかる部分もあるのですが)

<石黒>
板書での色使いとあわせてみてください。わからないところは色は自分で決めていいですよ。シリーズものを緑にしているところがわかりにくいかもしれません。

<Aさん>
音読のコツがいまいちつかめていないのですが、音読の方法が知りたいです。

<石黒>
単純なのは予習のときに歴史用語だけを声に出すことです。次のステップは復習のときに他人に説明するかのようにストーリーをしゃべることです。最終段階はノートの端から端まで、何も見ずに用語だけしゃべることです。

<Nさん>
普段は土日に予習しているのですが授業の何日前にやる方が良いかなどありますか?

<石黒>
いや土日で良いと思います。前日だと何かトラブルでできなくなることもあるでしょうから。

<Oさん>
平安京に一部だけ羅城があるんですか?

<石黒>
平城京でも平安京でも羅城門の両脇だけには少し作ったようです。

<Aさん>
・やっと昨日天皇のうたを全部覚えました。漢字まで書けるようになると復習するときにそれだけで分かる問題が増えました。
・執権・将軍が(の名前、代)があやふやで覚えきれません。もうこれはムリヤリ覚えるしかないですか?

<石黒>
執権はゴロがありますよ。「まさによいときやすいとき、ときよりむねがさだかでない」とか。ゴロを使うのは嫌いですか? 『日本史でるとこ攻略法』をお勧めしています。

<Mさん>
10番ページの日大で出た平忠盛の役職は何ですか?大宰府は役所であって役職ではないですよね?

<石黒>
役職名が出たのは清盛の方です。「大宰大弐」。でも授業で話したとおり「大宰府で仕事をしていた」くらいの知識で正解できますよ。

<Iさん>
・復元をする時裏紙などにやっているのですが、ノートなどに書いて、残しておいた方がいいですか?
・年代ゴロ合わせの本でおすすめなどありますか。

<石黒>
わざわざノートでやる必要はありませんよ。授業で話したとおり罫線のないものを使った方がいいですから。残しておくと「これだけやったんだ」という満足感には浸れますね。
年代ゴロ合わせ本はIさんの感覚にフィットすることが一番大切なので、本屋で見比べて適当に選んでください。そしてノートに登場した年代だけ覚えてください。たいていの本には覚える必要のない年代ゴロまで載っています。そこでゴミ拾いすることはありません。


あざみ野からのメッセージ2018(5)

<Aさん>
次の模試で頑張る。

<石黒>
既習範囲の正解率を9割にしましょう。

<Uさん>
名主とかの流れを覚える(理解する)のが大変。

<石黒>
あの図を頼りに追いかけていくだけですよ。覚えなければいけない単語は少ないので他のページよりラクとも言えます。

<Oさん>
ありがとうございました。分からない範囲だったので理解できて嬉しいです!!

<石黒>
良かったです。

<Mさん>
学校の授業でわからなかったところがわかりました!覚え方分かりやすいです!!

<石黒>
うまくハマってくれましたか。良かったです。

<Mさん>
ガンバロー!!

<石黒>
ぜひ!

<Nさん>
土地制度がやなりややこしいと感じました。ノートでまとめられたことで整理し直します。

<石黒>
これからややこしいのが普通になっていきます。

<Mさん>
先日学校で担任の先生と面談をした時にこの1か月半での目まぐるしい伸びに目を丸くして驚いていて内心とても嬉しかったです。
これからも夏に伸けて更に伸ばせるよう、がんばります。

<石黒>
おおお。それはすばらしいですね。たぶんまだまだ上を狙えると思います。

<Hさん>
平氏のこと大河ドラマで見ていたので流れは頭に入っていて良かったです。

<石黒>
あー、それなら各人物のキャラも立っていていいですね。

<Sさん>
ありがとうございました!学校の授業で日清戦争あたり、演習授業で鎌倉をやっているので日本史にとても時間がかかってしまいます。

<石黒>
演習授業のほうにはすぐ追いつきそうですね。というか追い抜いたら学校で復習できてよさそうです。

<Nさん>
友人と学校の黒板で復元をしたら、ものすごく覚えられました!最近天皇の歌が頭から離れません笑

<石黒>
それ、すごくいいですね。「黒板」って自由に書いたり消したりできますしね。友達となんてさらに楽しそうです。うらやましいくらいです。

<Kさん>
僕の第1志望が慶應・法で兄が慶應法に現役合格したので触発され受けることにしました。
厳しい性格なので嬉しいアドバイスはもらえませんが…

<石黒>
うわー身近にすごい刺激材料がありますね。ちょうど授業で話していた同性兄弟のパターンですし(笑)。がんばってください。

<Iさん>
日本史の問題集、1問1答は良くない、と言っていましたが、何かオススメはありますでしょうか。
8ページの「→自身は荘官としての□を確保」の穴うめききのがしたみたいなのですが。

<石黒>
derutoko.comで販売していた問題集は品切れになってしまったので、市販の何かをお使いください。過去問を利用したもので解説がそれなりについているものを選んでください。
その空欄は「職」ですが、そこは問いかけ箇所だったのに聞きそびれたのですか??? ちなみに黒板に書かなかったのはわざとです。みなさんが集中して聞いているかどうかを確かめました。

<Iさん>
歴史のストーリーを理解して頭に入れるのが苦手なのですが、コツはありますか。

<石黒>
なによりも先に骨組みたる用語(天皇とか政権とか、藤原氏や源氏の歴代など)を、替え歌や『日本史でるとこ攻略法』のゴロを使って覚えてください。その後、『きめる! センター日本史』であらましを理解しましょう。この本でも難しいようでしたら、歴史マンガを読むのも良いかと思います。そのうえで授業を聞きながらメモをとり、授業後にはノートを見ながらストーリーをしゃべってみてください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

あざみ野からのメッセージ2018(4)

<Uさん>
天皇の名前をはやく覚えなきゃと思った。

<石黒>
それ、まっさきにやることです……。

<Sさん>
今日が今までで一番集中できて、メモを取ることができた。

<石黒>
すばらしい! その調子で。

<Oさん>
復習がんばります。

<石黒>
ぜひ!

<Hさん>
今日、初めてだったのでついていくのに必死でした。

<石黒>
それは大変でしたね。早く慣れてください。

<Nさん>
※授業とは関係ないです。上智志望の者です。
この前、さらっと赤本を解いてみた時に先生の仰る通りに年代をチェックしといて助かる部分があったので、授業中に上智が頻出する事についても、もっと喋ってくださると嬉しいです。

<石黒>
上智大「だけ」が何度も出す用語というのがたくさんあるんです。大まかなテーマとか用語群とかなら授業内で言えるのですが、用語を一つ一つあげつらうのはとても時間が足りません。よかったら『上智対策コンプリート・ミッション』をご利用ください。問題形式ですべて挙げてあります。

<Iさん>
“日本史でるとこ攻略法”買って読んでいます。おもしろいので覚えやすいです。ノートとこれを使って覚えていきたいと思います。

<石黒>
おもしろいと言ってもらえるとホッとします。出題データ的には自信があるのですが、センスとなると世代差もあるので不安なんです。

<Kさん>
模試で石黒先生に習ったところは一問ミス(史料)でした。悔しいので次は絶対に満点とります。

<石黒>
「満点」を目標にするとはツワモノですね。授業では史料対策が足りていないのでフォローをお願いします。

<Nさん>
先生のノートで日本史の点が上がりました!!

<石黒>
良かったです。

<Mさん>
石黒先生の授業を受け始めてから、今までひたすら大量のプリントを覚えるだけだと思っていて、苦痛だった日本史が本当に楽しくなりました。
模試を解いていても「先生がそういえば言ってたなと思う所が本当に多く、親にもびっくりされた位、日本史が大きく伸ばす事が出来ました。これからもよろしくお願いします。

<石黒>
そんなにですか。僕もうれしく思います。その調子なら得意科目になりそうですね。

<Oさん>
時系列を基本として知識を定着させていくことが何より基本だと思いました。ノート、一問一答、教科書のバランスよく学習していきたいです。

<石黒>
がんばってください。

<Yさん>
文化史を自分で勉強するときに気をつけたほうがいいことやコツはありますか?自分でまとめたりするといいのでしょうか?

<石黒>
えーと、まとめは配布している文化史プリントで良いのではないでしょうか。文化史の学習法はこのブログのカテゴリーに「勉強法-文化史」があるので読みあさってみてください。

<Nさん>
先輩からもらった古い参考書(※2012に出たやつ)を使用しているのですが、最新のものを使った方が良いのか教えてください。

<石黒>
古いかどうかより、その参考書が(1)出題データに基づいていること、(2)わかりやすいこと、の二つが肝心です。

<Sさん>
学校の先生に歴代の総理大臣を全員覚えるように言われました。覚える必要はあるのでしょうか?覚え方などはありますか?

<石黒>
あります。覚え方は『日本史でるとこ攻略法』をごらんください。

<Yさん>
「芸亭(草かんむり離れてる)」は記述ででたら「芸亭」この草かんむりで良いのですか?

<石黒>
はい。ふつうのくさかんむりではなく、「++」と離して書いてください。

<Mさん>
先生は用語をABCDEと分けていらっしゃいますがケイオウぐらいだとどういった割合でABCDEはでますか?やはりレベルが高いためCDが多いのでしょうか?

<石黒>
割合はなんとも言えません。商学部だとラクですが、法学部は難しくなりますし。割合うんぬんより、慶應ならCランク用語はすべて正解して当然で、Dランク用語も授業で出てきたものはすべて正解するつもりでいてください。つまりノート・プリントにある用語はすべて正解すべきってことです。さらに講習で追加した用語もほとんど正解してほしいと思っています。

<Hさん>
他の授業では授業プリント2枚配っているので、先生も配れるのではないでしょうか。

<石黒>
あら、そんな先生がいらっしゃるんですね。きっとエライ先生なのでしょう。

<Eさん>
冬嗣以降は北家ばかりだとおっしゃっていましたが、道長や頼通も北家ですか?それともこの頃には北家や式家などという概念はないのでしょうか?

<石黒>
道長も頼通も北家です。他の家は大学受験ではもう出てきません。むしろ鎌倉時代になると北家の摂関家の中が5つに分裂します。「五摂家」と言います。

<Oさん>
覚えきる前に過去問を問いてとおっしゃっていましたが、石黒先生の授業を受けた範囲の部分だけ解けば良いのですか?(~年度の2のみなど)

<石黒>
そうです。未習部分には手をつけないでください。

<Nさん>
昔の人は近い血筋の人と結婚していますが近親相姦にならなかったんですか?

<石黒>
いや近親相姦ですよ。ただ現代と違って違法ではありませんから「アリ」です。

でる日講義-とことん文化史-

あざみ野からのメッセージ2018(3)

<Sさん>
歴史書は本当に信用できないですね。色々なことをゴロで覚えるのが楽しいです。

<石黒>
歴史書でウソをつく人がこれだけいたということは、その後も同じことがたくさんあったと推測できますよね? 今の世の中でも変わらない気がします。
ゴロで覚えるのは用語の「シリーズ」というか「グループ」を意識しているという意味でも非常に良いことです。

<Hさん>
荘園の話になるとすごく不安です。

<石黒>
次々回の授業から本格的にスタートします。黒板に絵を描いたりするので、それも含めてメモしていけば大丈夫ですよ。

<Uさん>
5/20まで、部活が~18:30なので、遅刻します。

<石黒>
大変ですね。予習をできるだけしてきてください。

<Sさん>
最近、ようやく集中力が続くようになった。たくさんの情報をどんどん吸収していこうと思う。

<石黒>
いい感じですね。成長の速度がうらやましいです。

<Aさん>
学校で入試問題を問いた時にノートの内容がたくさん出てて驚きました。模試にも活用しようと思います。

<石黒>
そりゃそうですよ。出題データをもとに授業・板書をしているのですから(笑)。模試どころか本番で活用できますよ。

<Oさん>
先生のブログのメッセージ返答を見て、自分と同じ大学学部を志望している人がたくさんいるってわかった。負けないようにがんばろうと思いました。

<石黒>
同じ教室内にそういう人がいるって思うとちょっと意識が高まりませんか?

<Kさん>
奈良時代が学校で一番テキトウだったので一から覚え直します。

<石黒>
意外と情報量が多いんですよ。次回も続きます。

<Kさん>
白紙からノート復げんを完ぺきにやるのはやはり時間がかかりますね。がんばります。

<石黒>
そうなんです。でも早慶上智を考えているならやるべきです。

<Aさん>
小テストをこの前学校でうけた時にこの40面ノートで位置を思い出して遺跡を答えられました。
今の段階ではまだ覚える量や内容の複雑さも少ないですがこれからもやっていきます。

<石黒>
もっと貪欲に!

<Sさん>
志望校をそろそろ本当に決めないとなとあせってきました。今日はたくさんメモをとったので、はやくまとめたいと思います!
ありがとうございました。

<石黒>
志望校は後で変わっても良いので、とにかく決めないと過去問にも触れないままとなってしまいます。入試の本当のレベルをつかまないままの勉強は危険です。

<Hさん>
赤本をはやめにといていて、受験直前期にやれるのがない、みたいなことにはなりませんか。
友達に、一問一答と教をやれば早稲田でも大丈夫と自信まんまんに言われて不安になりました。どうなんでしょうか。

<石黒>
過去問がなくなるのが心配なら特定の年度の問題を1つ封印しておいてください。ちなみに同じ大学の別の学部の問題も解きますし、第二志望、第三志望の問題も解くことを考えるとそんなになくなりはしません。最近は赤本に掲載されている過去問の年数が少ないのが残念ですが。
あれだけ授業で一問一答と教科書学習のリスクを説明してもわかりませんか? 心配ならそれもやると良いと思います。寝る時間が減りますが(笑)。

<Iさん>
斉蔵・内蔵・大蔵をノート検索して「03左」とでたのですが見つからないです。
見つからない場合は聞き逃しているということでしょうか・・・?

<石黒>
すみません。以前は「斎蔵・内蔵・大蔵」を説明していましたが、出題がほとんどないので授業から外しました。それを「40面ノート検索」に反映しそびれていました。ご指摘ありがとうございます。先ほどプログラムを修正しました。

<Yさん>
音楽を聞きながら勉強するのは有効だと思いますか?

<石黒>
ノリノリの曲は気分を高揚させるのには良いのですが、そこに日本語歌詞がついていると脳の邪魔になります。脳科学的にはなぜかモーツァルトが良いことがわかっています。

<Iさん>
中央大学が第一志望なのですが、テーマ別のだけとった方がいいでしょうか。
早慶大日本史はとらない方が良いと言っていたので。

<石黒>
そうです。「総合日本史演習(発展)」だけとったほうがいいです。

<Iさん>
学校で、夏休みごろまでに通史をやっておけと言われたのですが、江戸時代以降はどのように勉強するのがいいですか。

<石黒>
1学期の授業で江戸幕府7代将軍のところまで進みます。8代将軍の享保の改革以降、とくに開国から戦後の近現代を夏休みに予習してください。細かいところまで独学しすぎてまちがった理解が染みついてしまうのも危険なので、骨組み学習レベルでかまいません。当方の映像教材『でる日講義-つながる近現代-』を見るのが一番効率が良いですが、『2時間でおさらいできる日本史 近・現代史篇』を読む手もあります。いずれにしても近現代は複雑でできごとの関係性がわかりづらいので気をつけましょう。

2時間でおさらいできる日本史 近・現代史篇

あざみ野からのメッセージ2018(2)つづき

前回のつづきです。

<Sさん>
集中力が持続できなかった。なので、復習をしっかりと工夫して取り組もうと思う。

<石黒>
あらら。授業では、教科書や参考書には書かれていない、もしくは書かれていてもわかりにくいことを話しているつもりです。それに気づくのが遅いと「のこったのはノートだけ」という残念なことになってしまいます。

<Tさん>
復習用におすすめの問題集は何ですか。

<石黒>
具体的にコレと言えるものはないのですが、過去問を利用したもので、解説のしっかりしたものを選んでください。

<Iさん>
暗記の仕方がもっとくわしく聞きたいです。あと、自分の志望校の出題傾向は聞きに行ってもいいのでしょうか?

<石黒>
出題傾向はまだ始まったばかりの今聞いても理解できないと思います。授業内でかなり話していくのでそれをメモするのがベストです。
暗記の仕方はブログの「勉強法-政治史」というカテゴリーを見るといろいろ書いてあります。ここを見てもらうとかなり参考になるはずです。

<Hさん>
赤本は、自分の受けたい大学の学部を解くべきですか?希望は、早稲田の商です。

<石黒>
もちろんです。

<Sさん>
史料問題の対策はいつからはじめるべきですか?

<石黒>
今です。授業にそってやるのがもっとも効率がいいです。

<Tさん>
ノートの右スペースにはどのような写真を貼るのがおすすめでしょうか。色々な候補があってつい迷ってしまいます。

<石黒>
1番ページのことですよね? 打製石器・磨製石器・縄文土器・弥生土器・農具あたりです。

<Mさん>
一問一答集は買った方がいいですか?

<石黒>
いりません。

<Nさん>
暗記は、声で発声する他に良い方法はありますか?

<石黒>
なぐり書きするのも良いですが、頭の中に文字を書くのもアリです。

<Hさん>
古墳時代から先の飛鳥時代などはどこからかというのを区別するのは必要ですか?(何の出来事からかなど)
飛鳥と奈良の間など、予習をしていてもどこからなのか分かりません。

<石黒>
古墳時代と飛鳥時代は重複するので区切れ目がわかりにくいですね。しかし問題を解く際に区切れ目がわかっていないと解けないことはあります。飛鳥と奈良の間はそれはもう710年ですよ。

<Nさん>
ありがとうございました!小さい頃「日本の歴史」の漫画をよく読んでいたのですが(一番有名?なものです)、今日の授業でちがうところがやはりありました。
今でている漫画なども、いいものはあまりないですかね?

<石黒>
うーん、今さらマンガはどうかと思います。あくまでもイメージを描きやすくするための道具ですから。

<Kさん>
一橋志望の者です。日本史は慶応の商学部で使う予定なのですが、慶応商学部の日本史を満点とるには、先生のノートだけで可能でしょうか?

<石黒>
それはさすがに無理です。9割で十分ではないですか?

<Fさん>
学校で、聖徳太子は(家が)蘇我系の人物だったため暗殺されてなかったと習いましたがそれは違いますか?

<石黒>
それは安易な理解かと思います。歴史上、同族同士が殺し合うのは枚挙に暇がありませんから。

<Kさん>
慶応大が好むのは推古朝近ぺんと歴史書以外になにがありますか?

<石黒>
え゛、それをここで公開しろと言うのですか?(笑)

難関大用語集解

あざみ野からのメッセージ2018(2)

<Aさん・Oさん>
ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Mさん>
ガンバロー!!

<石黒>
がんばりましょう。

<Nさん>
早慶につながるヒントをたくさんおっしゃってたので良かった。

<石黒>
よく聞いていましたね。

<Mさん>
蘇我氏と聖徳太子は対立していると思っていたので協力していてびっくりです。

<石黒>
どうしてそういう思い込みが生まれてしまうのでしょうね? これからも誤解したままのところがないように気をつけましょう。

<Oさん>
今日の授業もとても分かりやすかったです!!ギターにびっくりしました(笑)!!

<石黒>
ありがとうございます。3曲目はサイトで聴いてください。

<Kさん>
毎週先生の授業うける度にモチベーション上がります!

<石黒>
それはうれしい感想です。

<Eさん>
大事なところが分かりやすくてありがたいです。

<石黒>
そうですか。わかってもらえてよかったです。

<Hさん>
先生の授業はわかりやすくて、おもしろくてすごく勉強になります。

<石黒>
ありがとうございます。

<Kさん>
1日で進む量が多いので頑張って復習します。

<石黒>
そうなんです。次回はもう奈良時代の半分まで進むのでぬかりなく予習をお願いします。

<Tさん>
氏姓制度の名前を区別しておぼえるようにしたいです。

<石黒>
ここにゴロがありますよ。

でるとこ攻略日本史 derutoko.comのFacebookページにはほかにもたくさんゴロが出ています。縄文時代の遺跡とかまとめて覚えられたらラクだと思いませんか? どうぞごらんください。

<Kさん>
しゃべり勉強が効果的面で今までほとんどわからなかった過去問集がスラスラ解けて、とても楽しいです。

<石黒>
すごい! もう取り組み始めたわけですね? しかもすでに効果を実感しているところがよりスゴイです。ちなみに「こうかてきめん」の漢字は「効果覿面」ですね。こんな字は書けないし読めもしないので、ふつうは「効果てきめん」と書きます。

<Nさん>
氏人と部民の違いが良くわからなかったのですが、氏人は氏人の中に含まれる別格の位の人達で部民は本当の普通の一般人と言う認識で大丈夫でしょうか。

<石黒>
部民の認識はよさそうですが、氏人はちがいます。豪族がつくる氏という集団のメンバーです。

<Fさん>
1講目のプリントできたら下さい。

<石黒>
受付に頼んでみてください。

<Iさん>
復習が足りないと感じました。気合いれてやります。

<石黒>
がんばってください。

<Sさん>
先生がギターをひいた時、思わず笑ってしまいました!笑
天皇の名前覚えてきます!

<石黒>
「おいおい」って感じでしたでしょうか。でも天皇の名前をまっさきに覚えておくことは大切です。次回の授業でさっそく実感するはずです。

メッセージはまだまだあります。次回につづきます。


こちらには僕がつくったゴロが豊富にありますよ。