上智CM 史料対策!(2)

一昨日の上智の史料問題の話の続きです。

2005年の上智大で、こんな史料問題が出されました。
問 次にあげる史料a~eともっとも関係の深い事柄について記しているものを前の文章(A)~(I)の中から選びなさい。ただし該当するものがない場合は×欄を選びなさい。
(編注:前の文章を挙げるのは大変なので、ここでは各史料が何について書かれたものかを考えてください。)
a.武家の人への御はからひのためはかりに候。これによりて,京都の御沙汰,律令のおきて,聊もあらたまるへきにあらす候。
b.入眼の条珍重に候。三種神器帰座あるべきの上は御譲国の儀たるべきの旨,其の意を得候。自今以後,(中略)御流相代々御譲位治定せしめ候ひ畢ぬ。
c.能々思案を廻すに,今度の乱は併て仏法・王法・公家滅亡の基也。(中略)近来諸大名諸国々人等武威の号を以て,寺社本所領等,雅意に任せて押領す。
d.ナンデウ朝家ノ事ヲノミ身グルシク思ゾ,タダ坂東ニカクテアランニ,誰カハ引ハタラカン
e.六波羅殿の御一家の君達といひてしかば,花族も栄耀も面をむかへ肩をならぶる人なし。(中略)此の一門にあらざむ人は皆人非人なるべし。

この先に解答・解説がありますので、解いてからごらんください。

(さらに…)

関連記事