宅浪生からのアツいメッセージ

『でる日講義−とことん文化史−』をお求めいただいた方には、
個別にアドバイスメールをお送りしているのですが、
当教材を使ってくださっている方から、
こんなメッセージをいただきました。

<Oさん>
こんばんは石黒先生、先日とことん文化史、聞くだけ日本史を買わせてもらったOです。志望校は早稲田ですが、経済的な問題で予備校には通わずバイトをしながらいわゆる宅浪をしています。ある程度学習してから感想メールを送ろうと思っていたのですが先程補足メールが届いたので、この機会にと思って送らせてもらいました。一般の参考書ではこのようなフォローはないのですごく驚きました。
映像教材は授業もプリントも予想以上に濃い内容でこれはすごいと思いながら受けさせてもらっています。何だかほとんど暗記だと思っていた文化史にもいろいろとつながりがあり面白いと思えるようになりました。また問題も付録の一問一答も同時に購入した聞くだけ日本史も、経済的にあまり余裕のない私でもこれほどの内容の濃さならもう少し値段が高くてもちょっとくらい無理してでも買ってるなと思えるくらい満足しています。そして文化史に限らず石黒先生の教材を使えば「これで足りるのかな」とか「これ本当にでるのかな」という心配を全くしなくてすむという点が非常にいいと思います。何が出題されるかわからない受験生にとっては余分なものに手を出す必要も無くなり、やるべきことがはっきりしてくるのでこの点が一番うれしいです。今後も余裕があれば時期に合わせて他の教材も買わせてもらおうと思っているのでその時はまたよろしくお願いします。
またでるとこblogも作成時からの記事をほとんど読ませていただいて、受験日本史に対する取り組み方から様々な情報まで非常に参考になっています。確かに志望校が必要としているレベルに達しているかを常に確認するためには問題集だけでなく早い段階から実際の過去問を解かなければならないと思いました。そしてできるだけ効率的に勉強したいと思っている私にとって出題率にそっていて、うそはったりのない石黒先生のやり方がベストだと思い、まずは日本史のなかでも差がつきやすい文化史の映像教材を買わせてもらいました。また市販で手に入る石黒先生の読むだけ日本史、いっきによめる日本の歴史、でるとこ攻略法を併用させてもらい、blogにあるような勉強法を利用しています。独学はかなり大変であるとblogにもありましたが他に選択肢がないためしっかりと今の状況を受け止めてできるかぎりのことをやっていきたいと思っています。
これから通年授業や講習などでまた忙しい一年が始まると思いますが、お体に気をつけて下さい。わからない問題などがあったときにまたメールをさせていただこうと思っています。お忙しい中長文失礼いたしました。

いろいろとお誉めの言葉をいただき恐縮です。
僕が提唱していることの根本をわかっていただけているようで、
うれしい限りです。
ブログ読破というのもすごいですね。
そして、「まずは日本史のなかでも差がつきやすい文化史」から
取り組んでいったという選択の抜け目なさからも、
O君の今後が楽しみです。

やむを得ない事情により満足な環境で勉強できない方にも、
このブログやサイトで
‘受験日本史の真髄’をお伝えできればと思っています。


関連記事