高卒生の伸びしろ

先週、高卒生向けの通年授業が始まりました。
早稲田予備校=ワセヨビでの授業です。
高卒生の場合、それまでの学習法にとらわれてしまって、
僕の提案する方法に乗れない人の割合が高いのが心配です。
まだ未開発の学習法があるということは、
すなわち成績の「伸びしろ」があるということなのに、
実にもったいない話です。

今日は、その逆の、
レールに乗っていけそうな方からのメールを紹介します。

<Tさん>
(前略)レギュラーの授業は始めてだったので、たくさんの刺激を受けました。それと同時に、自分にはまだノビシロが沢山あり、昨年度までは受験生ゴッコをやっていた”なんちゃって受験生”だったことに気づき、恥ずかしくなりました。こんな情けない自分ですが、先生の提示してくださるものを全て吸収して頑張って行こうと思うので、1年間よろしくお願いします。(さっそく、昨年度受けていた××(編注:予備校名が入ります)のテキストとY先生とI先生のプリントはビリビリに破いて捨てちゃいました(笑))最後に1つ質問なんですが…第一講が始まったばっかりですがderutoko.comの会員専用ページは登録することは出来ますか?よろしくお願いします。

<石黒>
T君、もちろん覚えていますよ。
今年こそ背水の陣で勉強していきましょう。
今までのやり方にとらわれることなく、
柔軟な姿勢で臨んでほしいと思います。
健闘を祈ります。
会員登録は、すでに受け付けています。
こちらのページからどうぞ。
(パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ。)

<Tさん>
お返事ありがとうございました。さっそく、登録させて頂きました♪全然話は違うのですが、「おめでとうなみなさん」に載っていて、藤沢現役館でチューターをしている早稲田政治経済学部のYは、高校時代同じクラスでした!!他にも高校の友達や知り合いが先生の授業を受けて志望校に合格しているので、自分も死ぬ気で頑張ります!!!一年間どうぞ宜しくお願いします。それでは、失礼します。

<石黒>
なんと! Y君は去年、僕のクラスの担当でしたよ。
彼は僕の言う学習法が、かなりわかっている人です。
何かあったら聞いてみると良いですよ。


関連記事