「とことん文化史」は最新の入試に対応できますか?

『でる日講義−とことん文化史−』について、質問をいただきました。

<Hさん>
(前略)現在は宅浪をしていて、文化史対策のために『とことん文化史』を買おうと思っています。ちなみに今年は明治・法政・立教の法学部を受けるつもりです。両親を説得して、買ってもらうことは許してもらえたのですが、気になることがあるということでメールさせていただきました。
『とことん文化史』が販売されたのは結構前なので、販売当初と用語のランクが変わっていないのか?最新の入試問題にちゃんと対応できるのか?
今年中に『とことん文化史』が改訂される予定はあるのか?もし、改訂されたとして、それ以前の『とことん文化史』を買ってしまった場合、アフターフォローはあるのか?
この2点です。お忙しいと思いますが返信よろしくお願いします。長文・駄文失礼いたしました。

<石黒>
『でる日講義−とことん文化史−』につきまして、お問い合わせありがとうございます。
ご指摘のとおり、当教材販売後に出題カウントが増え、新たに習得すべき用語がいくつか出てきています。そのため、補足解説プリントを差し挟んだり、ご購入いただいた方にメールを差し上げるなどして、個別にお伝えしています。というわけで、最新の出題状況には万全の対応をしておりますので、ご心配なさらずとも大丈夫です。どうぞ安心して視聴してください。よって、教材の全面改訂の予定は、当分の間ございません。

教材をご購入いただいた方には、最新の入試問題を見ながら、「こっちの用語も拾ってほしい」「最近出題されたこの問題を解いてみてください」といった情報を、随時メールでお届けしています。こんなめんどうなこと普通の出版社じゃできませんが、小回りの利くのが derutoko.com です。サポートメールにも、必ず目を通してください。
時々、携帯のメールアドレスにメールをお送りできないことがありますので、迷惑メール対策の設定をされている方は、指定受信リストへ mail address をご登録ください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事