この夏にやるべき、早慶上智対策教材(2)

河合塾でレギュラー授業を受講している、早稲田受験生からの質問を紹介します。

<Fさん>
遅れてしまいましたが、文化史・資料史の勉強を始めようと思い、先生の どこでも資料問題 は購入することに決めたのですが、 とことん文化史 を購入するには金銭面で両親に相談しにくく、そのことで今回質問をさせていただこうと思い今に至ります。授業中にいただいている文化史のプリントの内容理解(もちろん問題集は解くつもりですが)だけで入試問題には対応できるでしょうか?志望大学は早稲田の商学部です。よろしくお願いします。

<石黒>
文化史プリントにはA~Dランク用語がだいたい入っているので、早稲田なら対応できます。ただし、細かい字のプリントでは頻出のA・Bランク用語しか説明していないため、内容理解については甘く考えないほうが良いと思います。C・Dランク用語は、用語集や資料集(図説)などで理解を深める必要があるからです。夏期講習の「早慶大日本史」を取っていたなら、その大変さがわかるのではないでしょうか。

みなさん、文化史対策に悩まされているようですね。『でる日講義−とことん文化史−』では、文字媒体の簡単な解説だけでは踏み込みきれない内容まで、丁寧に解説しています。こちらのサンプル映像を見れば、「文化史=単純暗記」という考えが吹き飛ぶんじゃないでしょうか。


(携帯でごらんの方はこちらからどうぞ。)

でる日講義−とことん文化史−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事