あざみ野からのメッセージ

あざみ野からのメッセージ2019(23)

遅くなってすみません。
新しい問題集の原稿に追われ続けてました。いや今も追われてます。

<Sさん>
授業をうけるたびに先生のノートに感動していました。私の日本史は先生のノートがあったから、ずっと苦手科目を補えました。
先生の授業を受けられて本当に良かったです。

<石黒>
いやはやありがとうございます。日本史が苦手だったというなら良かったです。

<Fさん>
今まで本当にありがとうございました!先生のノート位置覚えは最強です。赤本解いてもっともっとがんばります。
冬期講習楽しみにしてます。

<石黒>
実感してもらえましたか。問題を解くことでより記憶が強化されます。時間のあるかぎり過去問に取り組んでください。

<Aさん>
1年間ありがとうございました。
体験授業で石黒先生のノートを見て感動したのを今日また思い出しました。ノートの復元頑張ります。

<石黒>
あの体験授業にいたんですね。実は、この一周回って戻ってくる感じを楽しんでます。

<Oさん>
一年間ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Nさん>
1年間すごくあっという間でした!!ありがとうございました。冬期総合もとるのでよろしくお願いします。
年内で40面ノート通しで復元めざしてがんばります。

<石黒>
すばらしい目標ですね。年明けは短時間復元をめざしていきましょう。

<Kさん>
1年間ありがとうございました。毎回毎回すばらしい授業受けれて良かったです。
残り2か月ひたすらノートの復習して合格できるように頑張ります。

<石黒>
ほめすぎです(笑)。でもありがとうございます。

<Oさん>
1年間ありがとうございました。
この前学校の授業で奝然の清凉寺をやって、おっ!と思ったのですが、先生が清涼寺と書いてて、苦笑いでした。笑
冬もがんばります!!合格しますー!!

<石黒>
見逃してあげてください。もうOさんは、先生のレベルを超えてるんですよ。

<Iさん>
4月から今までありがとうございました!冬期も引き続き宜しくお願いします。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。講習がんばりましょう。

<Mさん>
1学期、夏講、2学期全てお世話になり、ありがとうございました。冬講もよろしくお願い致します。

<石黒>
こちらこそありがとうございます。

<Mさん>
二学期もありがとうございました。受験のためだけではなく、歴史から学べることもたくさんあることを学ばせていただきました。
冬講も宜しくお願いします。

<石黒>
歴史から学ぶ、過去から学ぶって、日常生活をすごす際にですら大事なことだと思うんですよ。50歳、60歳になってから気づくんじゃもったいないと思ってます。

<Mさん>
1学期2学期とありがとうございました!冬期講習もよろしくお願いします。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Tさん>
ありがとうございました。ノート、がんばります。冬季も、よろしくお願いいたします。

<石黒>
こちらこそ。ノートがんばりましょう。

<Mさん>
授業ありがとうございました!冬も楽しみです!!

<石黒>
ありがとうございます。冬期ではまだまだ話したいことがあります。

<Tさん>
5月から石黒先生の授業を受けて受験に対しての意識が変わりました!日本史は石黒先生しか信じていないので最後まであきらめず40面ノート覚えます!
ありがとうございました!冬期も楽しみにしています!

<石黒>
そうです。最後まであきらめないことってすごく大事です。
こちらこそありがとうございました。

<Iさん>
冬期講習の発展をとれていないのですが、どのように補えばよいですか…(汗)

<石黒>
経済史と外交史については『でる日講義-経済・外交史(近現代)-』がおすすめです。沖縄史・北海道史・女性史・地図問題については『でる日講義-アラカルト-』でやっています。

<Yさん>
24講ありがとうございました。聞き逃しだったら悪いのですが、九原則の5個目を早稲田で解答するコツは何ですか?
あと、冬期の前に神大の入試があるのですが特徴があったら教えてください。お願いします。

<石黒>
インフレの抑制と経済の自立が大根本にあるとわかっていれば判断できます。神奈川大学はふつうに学習していれば問題ありませんよ。

でる日講義-経済・外交史(近現代)-

あざみ野からのメッセージ2019(22)

<Kさん>
石黒先生の授業を受けると、赤本やりたくなります!!まだ全然8割いけないので、ノート復習がんばります!!

<石黒>
カンタン大学の教科書のまんまの問題じゃつまらないですが、ハイレベル大学のひねった問題だと楽しめますよ。ノートと過去問を行ったり来たりしてください。

<Iさん>
大川周明はもう忘れません 笑

<石黒>
なんともねえ。1957年に71歳で死んだようです。東条英機が絞首刑となってから9年と1日後のことです。

ところで大河ドラマが変なことで話題になってきたみたいですね。そのおかげか『2時間でおさらいできる戦国史』が増刷となりました。オビが「麒麟がくる」バージョンに変わるそうです。よろしかったらお手に取ってみてください。陶芸展が終わってからひたすら新作問題集の原稿を書いていますが、まさに今、明智光秀が出てくるところです。

2時間でおさらいできる戦国史

あざみ野からのメッセージ2019(21)

<Yさん>
書き取りの単語を言っていただいてありがとうございます。
(早稲商の最後の書き取り対策に非常に役立ちます)

<石黒>
あの第六問は、意外と変な用語が問われて焦らされることがあります。試験が始まったら真っ先に解くのが良いという偉人がいましたよ。

<Hさん>
ありがとうございました。
頭脳が一番大切なはずの軍部が正常な判断力を失ったことへの苛立ちを力に換えて復習に励みます。

<石黒>
戦争中のことを知れば知るほど苛立つできごとに遭遇します。反面教師の最たるものですね。

<なまえなしさん>
過去問は同じ問題をとくべきですか?

<石黒>
解くと良いことありますか? 時間は限られているので、新しい問題を解くことと天秤にかけて、自分にとって効果の高いことが何かを考えるといいと思います。

<Iさん>
・すみません。よく分からなかったのですが、真崎甚三郎が教育総監を罷免されて陸軍内の皇道派が弱まり、その弱まった瞬間に皇道派が二・二六事件を起こすというのがどうも理解できません。
(そもそもこの流れで合っていますか?)
・私は、先生のおっしゃった部分をできるだけノートに(かなりツメツメで)メモするのですが、それを書くのにすごく時間がかかってしまいます。理解しながら、確認しながらストーリーを組んで書くから
余計に時間がかかるのですが…今更ですがやめるべきですか…。

<石黒>
二・二六事件はクーデターですよ。クーデターは劣勢の立場にある者が一発逆転をはかって行なうことでしたよね? 二・二六事件には陸軍内の主導権を握ろうとした側面もあるのです。
そのメモはたぶん詳しすぎですね。肝心な用語だけをノートに転記するだけで良いと思います。詳しい内容は授業中にとったなぐり書きを保存しておけば、また見返せますから。

<Iさん>
近衛はお家柄だけ良い残念ピープルですね
P.S.文化史講習とてもよかったです!ありがとうございました!

<石黒>
近衛はやっぱり若すぎましたよね。その反省があったせいか、1945年には天皇に終戦を勧める近衛上奏文を提出しています。
文化史はあの深さを意識して、他の分野も取り組んでください。

<Mさん>
法政の80字論述がぜんぜんできません。赤本の論述問題だけをまとめて解くというのは意味がありますか?法政の論述の問題は過去に重複してたりはするのでしょうか?

<石黒>
いや、意味はありますよ。ただし同じ問題がもう一度出ることは期待できません。解きにくい問題もありますが、単に歴史用語を説明させるだけの問題なら8割得点が可能です。教科書を読んで言い回しを習得するなどの鍛錬をしてください。ノートをそのまま覚えていたら文章化できます。

でる日講義-とことん文化史-

あざみ野からのメッセージ2019(20)

<Iさん>
学校で経済の授業を受けているので、すごく理解できました。
今日の収穫、とても大きいです!
文化史を流れで覚えたいのですが、どうしても単純暗記になってしまって、すぐ忘れてしまいますー。

<石黒>
今日の経済話はかなり複雑でしたが、理解できたのなら良かったです。
文化史は流れがあるのですが、どうしても暗記要素が多くて大変です。用語を口にすることで、できるだけ慣れて身体で(口で)覚えてください。

<Yさん>
法政の経営学部の記述は年によって年代もジャンルも多様なのですが、どう対策するのが良いでしょうか?

<石黒>
いやー対策はなかなかやりづらいんですよ。とりあえず文学部や法学部にも論述問題があるので、それを解いてみてください。


京王百貨店での陶芸展は盛況のうちに終わりました。お越しくださった方々に感謝いたします。ありがとうございました。

あざみ野からのメッセージ2019(19)

<Iさん>
2週間、有効に使います。文化史と、内閣プリントがんばります。

<石黒>
そうですね。文化史がありましたね。僕もちょうど問題集の文化史部分を書くところです。

<Kさん>
立教出題されるところいっぱい言ってくださりありがとうございます。

<石黒>
次回もすごい数字が問われていることを紹介します。

<Sさん>
先日は質問に答えて下さりありがとうございました。
先生に質問していなかったらヤマをはるような勉強の仕方をしていたと思うので、本当に助かりました。
復習を頑張っていきます!

<石黒>
年に一度しかない入試なのにヤマをはるなんてありえないですよ。ヤマをはるのは何度失敗してもかまわないゲームとかだけにしましょう。

この投稿をInstagramで見る

今日から始まった陶芸教室の作品展。成城学園前駅近くの緑陰館で10月30日までやってます。いずれも京王百貨店で販売します。 #器 #手びねり #陶器 #陶芸 #粉引 #京王 #京王百貨店 #新宿 #Keio #shinjuku

Hirochika Ishiguro(@hirochikaishiguro)がシェアした投稿 –

あざみ野からのメッセージ2019(18)

遅くなってすみません。

<Yさん>
学校で戦後史を習っているのですが戦後(とくに宇野宗佑~)の内閣の順番がおぼえられないです。

<石黒>
日本の首相は頻繁に変わりすぎなんですよね。ここは僕もゴロを作っていません。何かあみだしてください。

<Iさん>
復習がんばります。

<石黒>
がんばって。

<Sさん>
明治の過去問を見ると、戦後や近現代のところが主に出題されており、去年学校で世界恐慌以降の内容は終わったのですがまだ理解が完全でなく、苦戦しています。
そこで質問なのですが、近現代の範囲を集中的に対策するべきか、石黒先生の授業で今まで教わってきた32番ページまでの復習を頑張るか、どちらが今やるべきことなのでしょうか…。

<石黒>
「集中的」にやるってことは「ヤマをはる」のに近くないですか? それはワンチャン狙い=不合格コースだと思います。ふつうに授業に合わせて復習していくのが王道です。

連日深夜まで展示会の準備をしています。

このカップでコーヒーを飲むと集中力が高まりますよ!

あざみ野からのメッセージ2019(17)

<Iさん>
やっぱり早慶とMARCHは1段ちがいますね~。頑張るしか~です。

<石黒>
気づきましたか? 結構大きな溝なんですよ。がんばりましょう。

<Kさん>
韓国併合の説明わかりやすかったです。立教の出題箇所もう少し授業で言ってもらえると嬉しいです。

<石黒>
まさにその韓国併合がらみこそ、立教で注意するべきところですよ。

<Aさん>
体験授業で出てきた内容とつながりました。

<石黒>
思い出しましたか? あれからだいぶ経ちましたね。

<Mさん>
内閣プリントの第4次伊藤の枠の中に、(1901社会民主党)とありますが、どうして( )なのですか?

<石黒>
えーと、結構めんどくさい話です。社会民主党が結成されたのが1901年5月18日で、その2日後に治安警察法によって禁止されました。入試では社会民主党の結成を「第4次伊藤博文内閣」と答えさせる形で出題されているのですが、厳密に言うと違うのです。実は伊藤博文が5月2日に単独で首相を辞任しており、西園寺公望が臨時首相となっていた時に社会民主党は結成されたのです。でも入試ではそんなことまで覚える必要ありません。

<Yさん>
MARCHの過去問で答えが「贄」という問題に出会いました。これは拾った方がいい用語ですか?(律令下の税制の分野です)

<石黒>
選択問題ならまだしも、記述させる大学がたしかにありますね。MARCHレベルでしたら捨てても良い気がします。

前回紹介したYさんからこんな写真が送られてきました。なんでも「あの人絵になるなと撮影した」1枚に偶然写っていたそうです。自分で書いてて恥ずかしくなりますね。

長谷川ピークに立つ石黒

あざみ野からのメッセージ2019(16)

<Hさん>
ありがとうございました。気にするなといわれればそれまでですが、書名・作品名を記述で答える際に鍵括弧を付け忘れると減点対象になりますか。

<石黒>
なりません。大丈夫です。

<Kさん>
赤本何年前までさかのぼりますか?

<石黒>
できるだけさかのぼるのが良いのですが、一つの目安は最新の赤本分です。ただそれだと上智大などは2年分しか解けません。そんな少ない年数では繰り返し出題も期待できないし、傾向もつかめないでしょうね。学校などに古い赤本があるなら、時間の許す限り複数年、そして全学部の問題を解くのがベターです。

陶芸展に向けての作陶が一段落したので北アルプスに行ってきました。みごとな紅葉と夕焼けに出会えました。ごらんください。

槍ヶ岳と天狗池

大キレット。左下にいる赤いウェアのYさんは大変気持ちの良い方でした。

穂高岳山荘からの夕焼け

あざみ野からのメッセージ2019(15)

<Iさん>
馬場辰猪めっちゃ動物っぽい名前ですね。
通史しゃべり勉強で文化史おいつきます。

<石黒>
おもしろい見方をしますね。たしかに漢字が動物だらけです(笑)。
文化史はしゃべるとかなり効果ありますよ。

<Yさん>
大隈重信が国会を即時開設しようとした際に使おうと考えた憲法草案は実際にどのくらいの質だったのでしょうか?
入試には出ないかもしれないですが、国会開設につながるほどのものだったのか知りたくなったので教えてください。

<石黒>
入試に出ない領域に踏み込むということでしたら僕のざっくり説明ではいけませんのでこちらをごらんください。早稲田大学文学学術院教授大日方純夫(おびなた すみお)先生の講演録です。

<Iさん>
清が「台湾は清のものではない」と主張してしまったというのも、日本が台湾出兵を決行した要因ですよね…(?)日本側としては、台湾も統治下にいれようともくろんでいたのでしょうか?
上智の新聞学科志望で、TEAPも受けます。記述は近代中心に対策をした方がBESTですか?
近代以前と近代との記述対策をどのような比でやるか迷っています。

<石黒>
清国側が台湾の現地住民は「化外の民」だとした話ですね。それも出兵の理由です。しかし台湾を統治下に置くことまでは考えてなかったと思います。日清戦争後には領有することになるわけですが。
TEAPの論述対策は非常に難しいです。年によって問題が違うし、そもそも一般的な日本史論述問題ではありませんし。というわけで何をすれば良いのかさっぱりわかりません。TEAPでの合格より一般入試での合格を狙った方が順当だと思います。

上智対策コンプリート・ミッション

あざみ野からのメッセージ2019(14)

<Iさん>
文化史が追いついていないです…。がんばります。

<石黒>
あざみ野では夏期講習で文化史をやらなかったので、後れを取らないようにしてください。

<Iさん>
まさか次男がそんなにいないとは思いませんでした。

<石黒>
ホントですね。僕も「まさか!」でした。

<Hさん>
ありがとうございました。米価が上がっていくと地主の手元に残る米が増えて収入も増加していくところまでは分かったのですが、
全国で同時多発的に地主が米を売っても、そんなにトントン拍子に地主の収入は増えるものですか?

<石黒>
単純に、値段の高いものを持っているのだから、それを売ったら儲かると考えてください。

<Oさん>
上智大学・文学部を第1志望にしているのですが、冬期講習で「早慶日本史」を受講した方が良いですか?(“発展”の方は受講する予定です)

<石黒>
受講しない方がいいです。

<Kさん>
ノートの復元を行っています。それとは別に、年代を覚えるべきですか?

<石黒>
復元の際に年代が書ければそれでかまいません。

<Aさん>
1週間にどのくらい過去問を解いたらよいでしょうか?

<石黒>
やりたいだけやればいいと思います。残りの日数とやるべき過去問の量を考えたら、見えてくるんじゃないでしょうか。

<Yさん>
11/10の早大オープンまでにどのあたりまで進む予定か目安を教えていただけるとありがたいです。(ノートの番号でも大丈夫です)

<石黒>
34番ページの予定です。かといってその先を独学で進めても意味はないと思いますよ。予習レベルならかまいませんが。

<Oさん>
28番ページの(図解で説明)ここって何か入りますか?

<石黒>
入りません。

マンガ 幕末は「論争」でわかる