未分類

あざみ野からのメッセージ2020(16)

<Sさん>
お疲れ様でした。

<石黒>
おつかれさまでした。

<Nさん>
ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Tさん>
流れをしっかりおさえながら復習がんばります。

<石黒>
ノートでうまく追いかけてください。

<Iさん>
超キツかったけどこの1週間で絶対にマスターする!!

<石黒>
その意気で!

<Hさん>
近衛を叱りたい・・・。

<石黒>
あははは。次回は少しましな近衛が出てきますよ。

<Sさん>
明治時代が苦手なので頑張りたいと思います。

<石黒>
テーマごとにストーリーを理解しつつ、内閣プリントで時期をつかみ直すことがポイントです。

<Nさん>
近衛~米内までの年代別の流れがすごくわかりやすかったです。

<石黒>
それは良かったです。

<Aさん>
近衛1から米内にかけてやった政策や事件が今まで全然覚えられなかったのですが、37、39年と区切られるのを知って感動しました。

<石黒>
あのまとめ方だとより覚えやすいはずです。

<Oさん>
予習で分からなかった各出来事の理由が分かった。

<石黒>
うまくハマって良かったです。

<Kさん>
張学良の賢さがあってこそ、2001年まで長生きできたと思います。

<石黒>
すごい人生ですよね。

<Tさん>
この頃の日本は怖いなと思いました。

<石黒>
まったくです。

<Mさん>
このあたりの日本なんかとても残念だなと思いました。

<石黒>
次回はもっと残念というか、虚しいことになります。

<Kさん>
日本は政治と軍事の意見がかみ合わないからうまくひとつになれず、戦争にも負けたのか、と思いました。

<石黒>
「統帥権の独立」とかがアダとなってしまってますね。といっても戦争に勝つのは無理だったでしょうね。

<Kさん>
中間内閣での大臣があまり変わってなくて覚えられそうです。国家・自由/社会・資本の考え方がすごく分かりやすかったです。

<石黒>
座標で理解できましたか。良かったです。

<Oさん>
皇道派の流れはなんというかあわれで笑えました。
南京大虐殺の話は痛々しい上に戦時中の悲惨さ、盲目さみたいなのを感じました。

<石黒>
皇道派の思い込みぶりはさすがに引きますよね。

<Tさん>
南京大虐殺の話が興味深く、考えさせられました。

<石黒>
機会があったら調べてみてください。

<Yさん>
南京大虐殺で人の殺し方をなんで日記に書くのか疑問です。

<石黒>
記録しておきたかったんでしょうね。世間には記録魔は意外といるものです。今はブログやTwitterなどなど方法は多様化してますが。

<Kさん>
今回も内容が盛りだくさんですね!
流れを意識しながら頭にたたきこんでいきたいです!授業ありがとうございました!

<石黒>
36番ページはノートの配置を強く意識して用語を覚えておけば、かなり得点できてしまいます。意外とラクですよ。

<Aさん>
日本が戦争をしていたということが想像しづらいのですが、事実だと受け入れて少しでも理解できるようにしていきたいと思いました。

<石黒>
うわあ、「想像しづらい」ですか。世代差を感じさせられます。機会があったら戦争を扱った映画など、映像を見てください。受け入れるも何も、そこに現実がありますから。

<Oさん>
日本の統一の無さと失敗の連鎖がひどくて逆にすごいなと思いました。

<石黒>
まだ序の口です。1945年に向かって事態はひどくなる一方ですから。

<Sさん>
わかりやすかったし、予習でわからなかった所を理解できた。

<石黒>
良かったです。

<Hさん>
日本が右傾化していく流れがよく分かりました。日本の首相がヘタレだったというのは知らなかったです。

<石黒>
東条英機のことですね。潔くない軍人はもっとひどいのがいますよ。入試に出ないので話しませんが、ほんとにびっくりするくらい無責任なやつらがいます。

<Oさん>
人物ごとの性格や世の中の流れが分かってきた。過去問演習を通して力をつけたい。

<石黒>
いい感じですね。がんばりましょう。

<Kさん>
このあたりの範囲の並び替え問題が苦手なので、よく復習します。

<石黒>
ノートの配置を覚えてしまえばちょろいです。

<Tさん>
軍部大臣現役武官制の威力の大きさ、恐ろしさがよく分かりました。

<石黒>
そうなんです。まだ続編がありますよ。

<Iさん>
共通テストでの点数が上がってよかったです。
今回はややこしい所が多かったので、復習をがんばりたいです。

<石黒>
共通テストは蓋を開けてみるまでわかりませんね。あまり模試の結果に一喜一憂せずに地道に学習を進めましょう。

<Fさん>
戦争の部分がごちゃごちゃになりやすいのでがんばります。

<石黒>
まだまだ戦争は続きますので、ぜひ!

<Tさん>
しっかり暗記できるように復習がんばります。

<石黒>
がんばりましょう。

<Nさん>
戦争の流れが戦争中の政府の中、外との関係よくわかりました。

<石黒>
良かったです。

<Sさん>
戦争のことを学ぶと今の社会問題について知ることができるので、解説をたくさん聞くことができてよかったです。
ありがとうございます。

<石黒>
こちらこそありがとうございます。

<Sさん>
首相と物事が一目でわかった。
対日禁輸で航空機用ガソリンは出ないのですか。

<石黒>
そこまで細かいことは必要ありません。

<Nさん>
A級の人で6/7が軍人なのに、1人だけ一般民だというのが、びっくりだった。
近衛文麿、公家だからかもしれないけどけっこうヘタレだと思った。
青学史学科の論述は國學院のB日程で、対策すればいいですか?

<石黒>
「一般民」というより「文官」ですね。近衛文麿は出自が最上級ですから、お坊ちゃんであることは避けられないでしょうね。論述問題は文字数が非常に多いので、それくらいではなくふつうに論述問題集に手を出すべきです。

<Fさん>
「腹切り問答」が用語集になく、いまいち理解できません。

<石黒>
すみません。掲載されてませんね。冬期・直前講習の「早慶大」講座をお待ちください。キーワードは寺内寿一、浜田国松です。

あざみ野からのメッセージ2020(15)

<Sさん>
お疲れ様でした。

<石黒>
おつかれさま。

<Nさん>
ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Tさん>
復習がんばります。

<石黒>
ぜひ!

<Sさん>
いつも分かりやすいプリントありがとうございます。

<石黒>
いえいえよかったです。

<Oさん>
政党と財閥のつながりや与党野党の政策の違いが面白かった。覚えやすくなった。

<石黒>
きちんと整理して理解すると抜けにくくなりますね。

<Oさん>
金解禁政策を学校の授業でやった時流れがつかめてなかったので理解できてよかったです。

<石黒>
教える側としては、ここは説明しがいのある部分ですね。

<Hさん>
金の絡まったかけひきが面白かったです。

<石黒>
経済分野は理解できるとおもしろいですね。

<Nさん>
政党の変わるタイミングがすぐにわかりやすかったです。内閣と政党の関係も整理できました。

<石黒>
すばらしい!

<Sさん>
政党の覚えをはやくしたい。

<石黒>
かなり基本部分なので……。

<Mさん>
指されて気がひきしまりました。
気持ちがまっくろでそれは農民いらつくだろうなと思いました。

<石黒>
あーごめんなさい。集中できていない人はその後ろの席の人でした。でも結果よかったかもですね(笑)。

<Tさん>
三井のドル買いの仕組みが分かって超すっきりしました!

<石黒>
わかってしまえば簡単なんですが、びっくりするくらい理解できてない人が多い部分ですね。

<Iさん>
今までで1番内容が濃かった。記憶が残っているうちにはやく復習したい。

<石黒>
でしたねー。なかなか気合いのいる回です。

<Fさん>
時代の流れで、内閣総理大臣と政党がある程度分かったが、外務大臣と大蔵大臣も分かったのが良かったです。

<石黒>
わかってしまえば簡単ですよね。

<Nさん>
井上準之助の金輸出解禁までの緊縮と産業合理化すごい!と思ったけど、それとは逆に失業だったり政治って難しいと思った。

<石黒>
いやほんと難しいと思います。バランスというか、舵取りというか。

<Tさん>
井上準之助の財政政策が松方と似ていると気が付いた時、スッキリしました。

<石黒>
デフレ政策は戦後にも出てきます。

<Kさん>
関東軍はただの目先のことしか考えないバカだと思ってたけど一応スジが通ることがわかった。

<石黒>
両面がありますね。

<Aさん>
浜口さんみたいに先のことを想定している人もいるときいて、おもしろいと思った。
けど、世界にまで目を向けられていなかったのは残念だと思いました。

<石黒>
世界恐慌を予測するのは難しかったと思います。ただ、金解禁を旧平価にこだわったのは失敗だったかもしれません。石橋湛山はもっと円安な新平価での解禁を主張していました。

<Kさん>
西園寺がまだ元老を続けていたことにビックリした。

<石黒>
数回前の授業で「90歳こえても生きて首相を選んでいた」と話しました。次回、西園寺が最後に選んだ首相が誰なのかも出てきます。

<Oさん>
軍と政党、財閥と政党などのそれぞれの関係性を軸に考えると整理しやすかったです。

<石黒>
ですね。次回はその組み合わせが変化します。

<Kさん>
円高・円安のしくみをあらかじめ予習していたので授業についていけましたが、家でもしっかり復習したいです。
ありがとうございました!

<石黒>
素晴らしい!準備万端ですね。

<Fさん>
内容濃かったのでがんばって復習します。

<石黒>
ぜひどうぞ。

<Kさん>
政党の与党・野党の流れがすごく分かりやすかったです。

<石黒>
よかったです。

<Tさん>
浜口内閣以降が特に面白かったです。丁寧に復習します。

<石黒>
絡み合い具合が尋常じゃなかったですね。

<Tさん>
当たり前のことですが、多くの人の支持を得て財政も良くすることの難しさを実感しました。

<石黒>
ほんとにそうですね。

<Kさん>
石原莞爾の「世界最終戦論」で未来をあてられてしまうのがすごいと思いました。
実際に敵と戦う軍人の方が内閣よりも世界をみれていたのかなとも思いました。

<石黒>
軍人の方が……ということはないと思います。どんな人もポジショントークをしがちなものです。

<Tさん>
円高・円安のしくみを理解することができました。
野党なども覚えられるようにがんばります。

<石黒>
どちらも理解できればいけるはずです。

<Yさん>
ありがとうございました。
三井が原因で正貨がたくさん流失してしまったことに驚きました。

<石黒>
三井は自分たちの利益しか考えてませんね。

<Sさん>
経済のしくみを少し知ることができて面白かったです!
ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Nさん>
今まで単純暗記だったものが全て流れが頭に入ってきました。特になぜ井上はデフレで緊縮財政なのかなど理解しやすかったです。

<石黒>
単純暗記がいかにつまらないかがわかると思います。

<Hさん>
幣原外交が、国際情勢に反してのんびりしていた政策だったということに驚きました。金輸出のところがよく分かりました。

<石黒>
幣原外交は良さそうに見えて、逆の面もあるわけです。ものごとの両面を見ることが大切だとわかるかと思います。

<Sさん>
金本位制、景気の流れがわかりました。
長野の八十二銀行?も国立銀行に関係するのでしょうか。おもしろかったです。

<石黒>
名前に数字が入っている銀行は、いずれも国立銀行に源流をもつ銀行です。結構たくさんありますよ。

<Iさん>
理解するのが大変な回でしたが、理解してつながった時、とてもすっきりしました。
とても楽しい回だったので、復習をがんばりたいです。

<石黒>
おもしろい回でしたよね。この後は暗くなっていくんですが……。

<Kさん>
共通テストでなかなか9割をとれないどころか成績が落ち始めました。
どのような対策(勉強法)をすれば良いですか?

<石黒>
共通テストの模試ですか? まだ試行問題(それは当然解きましたよね?)しか存在しないため、本当の共通テストがどうなるかもまだ謎です。模試もどれだけ本物に近いかもわかりません。あまり気にせず、本命の私大一般入試対策に専念しても良いかもしれません。

でる日講義-経済・外交史(近現代)-

あざみ野からのメッセージ2020(14)

<Sさん>
お疲れ様でした。

<石黒>
ありがとうございます。

<Nさん>
ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Tさん>
ありがとうございました。
久々の授業で気がひきしまりました。推せんで落ちても良いようにまた頑張ろうとおもいます。

<石黒>
そろそろ決まる頃でしょうか。なかなか落ち着かないでしょうね。

<Fさん>
久しぶり授業がうけれてよかったです!

<石黒>
休講失礼しました。

<Mさん>
ぬり絵してみようと思いました。

<石黒>
色分けしたあと色の配置を覚えてみてください。

<Tさん>
効率良く覚えられるように頑張ります。

<石黒>
そうしてください。

<Kさん>
流れが分かりやすくて今まで単純暗記してた所はもう忘れなさそうです。

<石黒>
次回の35番ページも展開がおもしろいですよ。

<Sさん>
学問が頭の中でごちゃごちゃになってしまったので、でるとこ攻略法を買いました!
面白くてずっと読んでいます。ありがとうございます!!

<石黒>
ありがとうございます。ゴロは声に出して言った方が定着しやすいですよ。

<Kさん>
内容盛りだくさんでしたね・・・
政党の流れをつかむのにしゃべった方が良いと改めて思いました。
授業ありがとうございました!

<石黒>
今回も多かったですね。次回は濃密な回になります。

<Oさん>
内閣プリントと40面ノートの絡みをしっかり理解する。

<石黒>
がんばりましょう。

<Oさん>
首相の出身政党から覚えると、その内閣の特徴が捉えやすくて覚えやすいと思いました。

<石黒>
その通りです。次回は二大政党制の時代なので、よけいにそうなりますよ。

<Sさん>
内閣ごとの整理プリントが分かりやすかったです。

<石黒>
使いこなしてますね。すばらしいです。

<Nさん>
学校の方が今二次大戦後まで進んでいるので、よい復習になっています。
政党のうつりかわりはけっこう頭に入っているので流れとかみあわせてかためていきたいです。

<石黒>
順調ですね。あとは過去問で正解率を確認するのが良いですね。

<Nさん>
政党のへんせんがどうしても握みづらかったけれど、今回の授業で言っていたボスを覚えたり首相になった時にどの政党だったのかを追って覚えていきたいと思います。

<石黒>
そうしてみてください。

<Aさん>
政党の変遷が人のつながりを意識すると分かりやすいことに気づくことができたのでよかったです。

<石黒>
同じ人物が何度も登場するのでやりやすいですよね。

<Tさん>
政党の変遷を全然覚えていないので、覚えられるようにがんばります。

<石黒>
それはヤバイですね。授業で話した作戦を使ってください。

<Kさん>
政党のへんせんはもはやテーマ史?

<石黒>
とも言えますね。大きな変遷図の穴埋め問題などもありますよ。

<Tさん>
暗記してしまいがちだった政党が頭の中でつながって覚えやすくなりました。

<石黒>
よかったです。

<Mさん>
政党を覚えるのが苦手ですが、頑張ろうと思いました。

<石黒>
政党は似た名前が多くてゴロを使えないのが難点です。慣れるしかありません。

<Sさん>
政党を覚えないとまずいなと思いました。

<石黒>
まずいです。

<Tさん>
政党の動きの理解はゴロがたしかに役に立つなと改めて思いました。

<石黒>
二度の護憲運動で中心になった人物と政党がポイントですね。

<Yさん>
政党をもっと深く覚えようと思います。

<石黒>
そうしてください。

<Nさん>
山県有朋の仲間たちが多すぎ。学校で護憲派の人たちは仲がよいとやったけど、(最初)やっぱり誰かが目立って、誰かが目立たなくなると、分裂してしまうのだと思った。
もっと効率よくやりたい。

<石黒>
山県有朋はその通りですね。でもどれだけ慕われていたのかは疑問ですね。護憲派がどうこうというより、世間一般に1位と2位は仲良くなりにくいものだと思います。

<Kさん>
浅沼刺殺の動画を学校の授業でみました!

<石黒>
おもしろい授業ですね。

<Hさん>
話がどんどんつながっていって興奮しました。

<石黒>
それは良かったです。次回もお楽しみに。

<Kさん>
弾圧されても共産主義派はかくしきれていないが、無産政党として活動していることがすごいと思いました。

<石黒>
なんかおもしろいですよね。

<Kさん>
先週に、お試し受験で防衛大を受験した時に、外国との貿易や条約や戦争の問題ばかりで予想通りで面白かったです。
大学ごとの傾向はやはり大事だなと感じました。

<石黒>
それはいい練習になりましたね。防衛大はかなり特徴ある問題を出しますね。

<Iさん>
社会運動の表がめっちゃキツそう。

<石黒>
ですねー。がんばりましょう。

<Fさん>
労働・社会主義・婦人・農民が1つの表になっていたので分かりやすかったです。
この形を頭の中で思い出せるようにしていこうと思いました。

<石黒>
語句の配置を意識すれば、もだいたいの時期は頭に残ると思います。

<Oさん>
天皇機関説について理解ができてよかったです。

<石黒>
なかなかおもしろい理屈ですよね。

<Sさん>
社会運動がとても細かくて、驚きました。
外交の話が勝手でおもしろかったです。

<石黒>
細かいですが、これが入試レベルです。がんばりましょう。

<Iさん>
年代問題や流れに関する正誤問題の正率がぐんとあがりました!
原は平民宰相の名前から下の人のことを考えてくれる人だと思っていたので、逆でとてもおどろきました。

<石黒>
おおおお。すばらしいですね。原敬にかぎらず、ほとんどの政治家は自分の立場からものごとを考えます。

<Hさん>
原敬が意外に黒かったので驚きました。
首相が死んでしまった後に同じ政党から出すのは(死んでいませんが)今と少し似ていると思いました。

<石黒>
わかってると思いますが、今は制度がそうなってるんですよね。戦前はあくまでも元老がそうしていただけにすぎません。

聴くだけ日本史-内閣編-

あざみ野からのメッセージ2020(4)

<Nさん>
ありがとうございました。

<石黒>
こちらこそありがとうございました。

<Sさん>
今日もわかりやすく丁寧な説明ありがとうございました。

<石黒>
いえいえ、こちらこそありがとうございました。

<Aさん>
学校の期末テストはんいにはいったのもあって、授業がよく理解できました。

<石黒>
こちらの授業がテストに追いついているといいんですが。

<Hさん>
今日はなかなかハードでした。復元できるよう頑張ります。

<石黒>
左ページは複雑なので完全に復元できなくてもかまいませんが、年代を丁寧に覚えるべきですね。

<Sさん>
前の授業で学んだこととのつながりが見えて面白かったです。
ありがとうございました!

<石黒>
ほんとは1番ページからやってたら、もっといろいろつなげて話せるんですが……。残念です。

<Tさん>
ありがとうございました。覚える事がたくさんで大変だなと思いました。

<石黒>
これでまだまだ序の口なんですよ。

<Fさん>
たくさん得た情報を早くインプットするようにします!

<石黒>
ぜひ!

<Fさん>
田畑永代売買の禁止の理由がわかるようになり頭に入りやすくなりました!

<石黒>
「本百姓体制の維持」は江戸時代の農政の基本でした。

<Tさん>
貨幣改鋳がなぜだめだったのか、どういう順序でそうなったのか、流れがよく分かりました。

<石黒>
わかってしまえば簡単ですよね。

<Nさん>
鎖国前後の流れがよくつかめました。また、貨幣経済の変化もわかりやすかったです。

<石黒>
江戸初期の外交は各国との関係が同時進行で展開するので、年代覚えが欠かせませんよ。

<Oさん>
今回は数字の変化などが色々でて覚えないといけないと感じた。

<石黒>
細かい数字は出題率が低いので、覚える優先度を下げてもかまいません。

<Nさん>
小判のお金の比率の大学の問題にびっくりした。
84%と56%は、すごく細かいと思いました。わかりやすいです。

<石黒>
56じゃなくて57%です。すごい問題ですよね。

<Mさん>
田んぼって勝手に増やしていいのかな?と思いました。

<石黒>
もちろん幕領なら幕府の許可が必要です。

<Iさん>
新井白石に対して、少し良いイメージを持っていたので、意外と性格がひんまがっているのに驚きました。

<石黒>
あはははは。すみません。ちょっと悪く言い過ぎたでしょうか。

<Oさん>
生類憐みの令の背景に驚きました。

<石黒>
実はこの政策はもっと深い意味もあって、授業の説明ほど単純ではありません。山川の教科書に少し書いてあります。読んでみてください。

<Kさん>
末期養子の禁が理不尽すぎてびっくりしました。

<石黒>
いや、ほんとこれ、厳しかったと思います。

<Tさん>
江戸~明治は複雑ですが、授業で学んだことを思い出しながらしっかり復習しようと思います。

<石黒>
その先にも十分すごいのが待っているので、慣れていってください。

<Iさん>
江戸時代のいろいろな政策が、大名の反乱を恐れていないことを示すためだ、というのが分かって、すっきりした。

<石黒>
「反乱を恐れていない」というより、秩序を安定させることで反乱を起こさせないようにしたのです。

<Oさん>
しっかり考えられた制度などが多いなと感じました。

<石黒>
だと思います。

<Nさん>
頭の良い人は情報戦と仲間につける人で勝負ができると思いました。

<石黒>
まったくその通りです。

<Yさん>
共通テストの日本史がそこまで難しいことに驚きました。
ノートの配置を覚える感じで勉強すると出来事の順番が分かってきたきがします。パッと頭の中にでるようになるくらい頑張ります!

<石黒>
共通テストは試行問題を見るかぎり、今までとはだいぶ形式が異なります。どういう結果になるでしょうね。

<Kさん>
時代の因果も背景もどんな感じで出題されるのかも教えてもらえてとても勉強になります。
映像授業分のプリントの講座ありがとうございます!!

<石黒>
プリント作成がんばります……。

<Hさん>
授業前は質問に答えて下さりありがとうございました。本当にもっと前から先生の授業を受けたかったし、夏期講習もとりたかったです…。
過去問頑張ります。

<石黒>
今年は大変なことになってしまいましたね。歯がゆい思いです。しかも夏休みも短縮されてしまうとは……。映像教材でよろしかったら『でる日講義』シリーズがあります。

<Sさん>
早稲田志望(第3)で、この前過去問を解いたら自分の知識の浅さを知りました。
これから頑張ります。

<石黒>
いいですねえ。それを早い時期に知ることが大切でした。

<Kさん>
殉死で死んでしまう→背いたから罪になるが誰が罪を負うのですか?
かなり前から埋めたてができたことに驚いた。

<石黒>
殉死をした人の家(藩)が処罰されます。

でる日講義-経済・外交史(前近代)-

早稲田大学政治経済学部に進学します!

大変すばらしい合格報告が届いています。ご紹介します。

<K.Hさん>
 突然の連絡失礼します。前年度あざみ野館でお世話になった者です。この度早稲田大学政治経済学部政治学科に合格し、進学することとなったので報告致します。早慶大日本史の受講当初、右も左も分からなかった僕は先生のおっしゃる所の「バカ正直になる」状態で必死に食らいつこうと努め、夏休み明けには車のナンバープレートに書かれた数字を見ると「〇〇年、〇〇」と反射的に口が動き、同時にノートの配置が頭に浮かぶようになりました(手前味噌ながら紛れもない実話です)。ここまで熱中できたのは、ひとえに先生がデータに基づき要点が的確に示された授業を展開され、「この人を信じてみよう」と思わせて下さったお陰です。信じられたから全力で打ち込めた、全力で打ち込めたから成績が伸びた、成績が伸びたから自信がついた、自信がついたから本番どっしりと構えられた、というプロセスが合格に繋がったと考えています。これらは総じて先生の授業が無ければ成し得なかったことです。この場で感謝を伝えさせて下さい。また40面ノートは、今度は歴史検定の参考書として長く使おうと思っています。
 本来であれば合格が決まってすぐに直接報告したかった所ですが、暫く先生の元へ伺う見通しが立たないと判断しこのような形となった旨、ご理解頂ければ幸いです。今後ともお体にお気を付けください。

追伸 その他の入試結果です。よろしければご覧下さい。
早稲田大学:法学部…合格
      文学部…合格
      文化構想学部…合格
上智大学:法学部国際関係法学科…補欠不合格
     法学部法律学科…合格

<石黒>
おめでとうございます。受かりまくりですね。すごすぎます。これだけ受かってるともう他教科もさぞや好成績だったんだろうなと思います。みごとです。ナンバープレートからその年のできごとに頭が行くというのもやってくれてたんですね。昨年の授業で話した記憶はないのですが、ブログの過去記事とかを読んでくれたのでしょうか。あれはトレーニングとしていいですよね。というかそもそも僕の言うことを信じてくださったこともありがとうございます。
今年はゴールデンウィークあけまで授業がなくなってしまいました。 K.H 君の顔がわからないのがもどかしいですが、また機会があったら校舎に顔をだしてください。

<K.Hさん>
 お返事ありがとうございます。ナンバープレート勉強法ですが、てっきり自分が発明したものだと思っていました。既に存在していたとは、恥ずかしい限りです。機会が豊富で、経済的負担の無いナンバープレート勉強法は本当におすすめだと考えています。
 緊急事態宣言に伴う予備校等の休業の件は残念でなりません。いっそ入試の期間をずらして、来年度は一律9月入学にすれば良いのにと思っています。
 校舎へは落ち着いたら伺うつもりです。そのために問題冊子も大切に保管してあります。


その後しらべてみてもナンバープレート勉強法はブログには書いてないようでした。 授業で話しただけですね。名前もつけてなかったので、K.H君の発明でいきましょう。なかなかいいネーミングですよね。
地域によっては5月いっぱい休校する学校も出てきました。今年の受験勉強は大変なことになりますね。僕自身は腹をくくっていますが、ライブ授業が始まったら受講生はびっくりすることになるでしょう。がんばりましょう。

きめる!センター日本史
タイトルと冒頭数ページの改訂をしますが、本文は変わりません。ファーストステップの参考書としておすすめします。

関連記事

上智大学法学部に合格しました!

今回はめずらしく指定校推薦での合格報告を紹介します。実は昨年12月にいただいていたのですが、みんなの受験が終わるのを待っていました。推薦と一般の両方の入試を考えている人は参考にしてみてください。

<Sくん>
僕はあざみ野館で、早慶大日本史においてお世話になっていた者です。この度、指定校推薦で上智大学法学部に合格しましたのでご報告させていただきます。
春期講習で初めて先生の授業を受け、レギュラー授業はもちろん、夏期にあった藤沢館の文化史の講座も受けさせていただきました。先生のおっしゃっていた通り、一般受験の勉強と、推薦のために必要な定期テストや校内の模試対策の両立はかなりきつかったですが、最後まで気を抜かずに努力できたことが良い結果につながったのではないかと思います。
しかし、実際に先生の授業を通じて、大学受験の大変さを知っていただけに、指定校推薦という比較的楽な道を選んでしまってよかったのかとたまに思ってしまうことがあります。ですが、将来この選択が正しかったと思えるように、大学では自分の学びたいことに全力で向き合っていきたいと考えています。先生の授業から学んだ、効率よくやることの大切さ、「やるならとことん」の精神を決して忘れずに大学生活を過ごしたいと思います。約一年お世話になりました。ありがとうございました。

<石黒>
合格おめでとうございます。指定校推薦での合格だからといって気にすることはありませんよ。昔とは違って推薦での入学者比率も高まっていますし、そもそもS君の場合、一般入試対策との両立をみごとやりとげていたようですし。なかなかキツかったかと思います。充実した学生生活を楽しんでください。

上智対策コンプリート・ミッション

関連記事

早稲田大学の4学部に合格しました!

先日の京王百貨店での陶芸展には、ありがたいことに卒業生が何人も来てくださりました。その中に去年の生徒で、今年早稲田に受かったY君がいました。合格報告はいただいていたものの名前と顔が一致せずもどかしい思いをしておりました。そうしたらこんなところで判明して、ようやくすっきりしました。

今さらながら2月にいただいた合格報告を紹介します。

<Yさん>
こんにちは、あざみ野館で先生から見て一番左の列の一番前にいつも座っていたものです。この度早稲田大学商学部法学部人間科学部に合格しました!(編注:その後の報告で文学部も補欠合格したそうです) 商学部に進学します。商学部では8割ちょい、法学部は約9割、人間科学部は約8割5分を日本史で取ることができました。僕は学校の授業は全く聞いていなかったので完全に石黒先生のおかげです。本当にありがとうございました!!センター試験では87点というしょうもない点数を取ってマーチも全落ちしてしまい、「浪人」という二文字が頭に浮かびまくりましたが、なんとか踏ん張って早稲田に合格できました。早稲田に受かったもん勝ちだと思うので、もう過去のことは忘れますw。合格はただの過程に過ぎないのでここで驕らずに精進します。お世話になりました!

大学でのことをいろいろ聞いたのですが、すごく楽しそうでした。Y君に限らず早稲田に行った人って、ほんとに楽しそうな人が多いんですよ。いつもうらやましくなります。

難関大用語集解

残り3部のみとなりました。重版はしない予定です。

関連記事

慶應義塾大学法学部に合格しました!

遅ればせながら紹介します。
2月にいただいていた合格報告です。

<Kさん>
河合塾あざみ野館で通年授業を受けていたKです。
第一志望の慶應義塾大学法学部受かりました!
怖くて合格発表まで解答速報は見なかったのですが、はっきり申しますと、今年の法学部の試験は日本史では難しすぎて差がつかない試験だったと思います。簡単な問題と難問が半分くらいの比率で、正誤問題も難しかったのですが、そもそも知らない人名を聞いてくる問題が多かったです。おそらく難波大助を答える問題なのに選択肢になかったり、『ゴジラ』を1954年と水爆実験というヒントだけで答えたりなどなど、試験中に怒りを感じてました(笑)
でもその中で40面ノートから答えを導き出したこともあったので本当に石黒先生には感謝しています!
春期講習に校舎をお伺いして、可能であればその他の大学の試験問題もお渡ししたいと思います。本当にありがとうございました!
勉強以外にも苦労した1年だったので、もし先生から聞きたいことがあれば連絡お願いします^^

<石黒>
おめでとうございます。
まだ問題は見ていませんがなかなか難しそうですね。核関連が好きな慶應ですが、まさかゴジラにいくとは思いませんでした。世代的に現役生にはキツイでしょうね。
春期講習で問題をいただけるとは、大変助かります。ぜひ顔を見せてください。
勉強以外に苦労したというのは何だったんでしょう。そんな中の第一志望合格は良かったですね。おつかれさま。また次の目標に向かって進んでください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

慶應法学部に合格しました!

だいぶ前にいただいた合格報告ですが、紹介しそびれていました。去年の南浦和現役館のH.Sさんです。早くから過去問にも手をつけていて万全の受験対策をとっていたことが印象深いです。

<H.Sさん>
本日第一志望の慶應法学部の合格発表があり無事に合格しました!
慶應は英語の配点が高いので日本史の重要度は早稲田よりは落ちると思われそうですが今年は英語を少しミスしてしまい日本史が難化したなかで7割後半辺りを取れたのが合格に結びついたと思います。今年の日本史は恐らくここ数年で一番の難易度だったと思います。ですが三田文学からの永井荷風や明和五匁銀、聞いて極楽、観て地獄などニヤリするところが多くあり本当に先生のおかげだと感謝しています。
南浦和にもう来られないのは残念ですが日吉からあざみ野までは近いようなので問題を持ってお礼を言いに行きたいと思います、ありがとうございました。
P.S 早稲田はまだ結果が出ていないのですが上智は3戦3勝です。

<石黒>
あの模試の好成績から、合格の可能性が高いとは思っていましたが、上智も含めみごとな結果になっていますね。驚きました。なかなかのニヤリ問題が出ていたのも良かったです。
問題はぜひともいただきたく思います。ちょっと面倒かもしれませんがぜひ来てください。楽しみにしています。報告ありがとうございました。
上智CM

上智対策コンプリート・ミッション

早稲田政経に合格しました!

レギュラー授業が始まりました。最初のころは予備校の授業の価値がわからないせいか、わりと気軽に遅刻したり欠席したりすることがあるようです。ところが1回欠席すると、その部分の穴のせいで後々の話がわからなくなってしまいます。学校とちがって予備校の授業は1回でいっきに時代が進んでしまうのです。

河合塾では欠席する場合、他の授業に振り返るシステムがあります。しかし先生が違えば授業スタイルも違います。なので同じ先生の授業を他校舎で受けるのが良いでしょう。

実は昨年、ぬかりなくそうしたことをした人がいました。藤沢の生徒でしたが、はるばる南浦和まで授業を受けに来た人です。今日はそのMさんからの合格報告を紹介します。

<Mさん>
石黒先生、ご無沙汰しております。
藤沢校で1年間石黒先生の授業を受けていました。1年前までは日本史が本当に苦手で見るのも嫌なレベルでしたが、石黒先生の授業は本当に面白く、40面ノートを作るのもやりがいがあり、気づかないうちに日本史に対する苦手意識はなくなっていました。
直前も40面ノートと講習のプリントで勉強し、本番の休憩時間は早慶出身者プリントをひたすら眺めていました。
先生の授業は正誤問題にもとても有効だったので、センター利用で無事に明治大学、青山大学に合格でき、早慶対策に時間が回せて良かったです。
第1志望の政経では、先生のプリントやお話で出た内容がたくさん出題されて嬉しかったです。本阿弥光悦が現れた時には受験中ににやけてしまいました。残念ながら、慶應商学部は日本史が94%取れたにもかかわらず論文テストで大失敗したため落ちてしまいましたが、9割取れるなんて自分でも信じ難かったです。
他にも、早稲田教育と早稲田商に合格できました。
これらの合格は石黒先生のおかげです!石黒先生の授業を受けに南浦和まで振替して行った甲斐がありました(笑)
ありがとうございました!

<石黒>
おめでとうございます。
政経の問題を急いで斜め読みしてみました。「よしよし、これはしゃべっておいたぞ」って問題がたくさんありますね。本阿弥光悦も「よーし!」って感じです。僕は相変わらず陶芸にのめり込んでますから。何よりMさんがちゃんと覚えていてくれたのが良かったです。さすがです。
センター利用でMARCHレベルをおさえてあったのもすばらしいですね。さぞや準備万端で入試に挑めたでしょう。みごとな受験結果でした。(後略)

きめる!センター日本史

関連記事