勉強法−文化史

東京学芸大学の論述問題

論述問題に慣れていない人がしくじりがちなことの一つに「冗長な説明」というのがあります。日本史を知らない人に説明するかのように書いてしまうわけです。いや、採点者は教授ですからそんなことは求められていません。歴史的意義の大きなものを優先しながら、制限字数いっぱい歴史事項を書き並べてください。

まさにその勘違いをしていた現役生からメールをいただきました。

<Tさん>
はじめまして。X高校のTと申します。クラスの友達が石黒先生の授業を受けていて、「データを取っていて、分かりやすいから聞いてみたら?」と教えてくれたので質問させていただきます。

東京学芸大を志望していて、その過去問です。
2016年度の問題Iの問10の仏教に関する問いの論述問題なのですが、参考書等を見てもなかなかうまくまとまった答え方ができません。どのように書くのがベストなのか教えていただきたいです。

【問題】
史料A~Cとこれまでの問いも参考にしながら,日本古代における仏教の展開について,次の語を必ず用いて論じよ。
物部氏 鎮護国家 密教 浄土教

赤本の解答解説はこのようになっていました(※編注:解答は略します)。
密教から末法思想そして浄土教までの流れの説明がこれだけで十分なのかが少し不安でした。

【Tさんの解答】
6世紀に百済の聖明王から仏教が伝わり、その後、崇仏派の蘇我氏と排仏派の物部氏の間で崇仏論争が起こる。8世紀になると鎮護国家思想のもと、聖武天皇が大仏造立の詔や国分寺建立の詔を出し、仏教の力を使って国家を統治しようとした。最澄が開いた天台宗は、最澄の死後、弟子の円仁と円珍により、山門派と寺門派に分かれ、密教化し、空海が開いた真言宗はもとから密教であった。その後、極楽浄土を願うことが広まり、浄土教として人々の間に広まった。

<石黒>
古代仏教の展開は論述問題では定番ネタです。赤本の解答こそ「過不足なく」書かれていて完璧です。逆にTさんの解答は文章としては間違ってはいませんが、文字数に対して細かすぎる内容が多く、そのせいか史料Cで扱っている「末法思想」に触れていません。また、論述解答は人に説明するために書くというより、事実を列挙することが重要だと考えてください。しかも歴史上重要なことを優先して、です。

ブログに掲載するにあたってTさんの解答を再度読み返してみると、読点が多いですね。キーワードをできるだけ多く盛り込むためには読点は減らすべきです。また「起こる」ではなく、基本的に過去形で書くべきです。さらに浄土教は正確には極楽浄土を願うのではなく、極楽浄土に往生する(うまれかわる)ことを願う信仰です。

論述では「物語る」必要はありません。教科書タッチの無味乾燥な文章で良いのです。ま、つまんないですけどね(笑)

でる日講義-とことん文化史-

関連記事

テーマ短期講座「差がつく文化史」

上記に告知した1日間結講座についての質問をいただきました。

<Tさん>
こんにちは。私は普段、河合塾あざみ野館で石黒先生の早慶大日本史をうけているです。
先日塾で「秋のテーマ別短期講座」のプリントを受け取ったのですが、先生の文化史の講座は受けた方が良いですか?そして授業はどのくらい詳しくやるのでしょうか?内容のところに「グリーンコース1学期で学習した範囲を中心に」と書いてあったのですが、普段授業でやってないのでせっかく先生の文化史の授業を受けられるならと思っています。今文化史は先生からもらったプリントを使いながらやっていますがあまり自信はないです。
返答よろしくお願いします。

<石黒>
この講座は180分で文化史を説明するものですが、1学期の文化史のすべてを話すには時間が少なすぎます。最低でも450分必要ですから。それゆえ仏教史だけを講義します。たぶん自分で勉強している内容のはるか上の話になるはずで、文化史の難しさを実感できると思います。あざみ野館はたぶん締め切りになると思います。受講を考えているならお早めにお申し込みください。

ちょうど昨日、別の生徒からも同じことを講師室で質問されました。もっとも彼は『でる日講義-とことん文化史-』を使っている人だったので、この講座は内容がかぶるから受けなくていいよと伝えました。

毎年のことですが、この講座を受けるとわかりにくかった仏教史が理解できてスッキリする人がいる一方で、思い描いていたレベルより難しいことに暗澹とする人が出てきます。現実を見たくなくてファンタジーの世界に旅立ってしまう人もいるようです。
10月末、11月頭という結構差し迫った時期に設置されている講座です。この時点で文化史をまったくやっていないとダメージが大きいので、仏教史以外の部分はしっかり学習しておいてください。

ちなみに先日は『でる日講義-とことん文化史-』を一日も早く入手したいということで、ある受験生のお母様が直接弊社までいらっしゃるという大変珍しいことがありました。時間のある夏休みに少しでも文化史を学習しておくべきです。

でる日講義-とことん文化史-

文化史って用語集の説明をどこまで拾うべきですか?

河合塾では高卒生の授業が毎週180分あるのに対し、現役生は150分しかありません。さらに高卒生には毎週90分のテストゼミまでついています。この時間差はどうにも埋められません。そこで文化史のまとめプリントを配布するとともに、文化史のABランク用語だけを文章で説明したプリントを配布しています。のこりのCDランク用語は各自の独学にゆだねているわけです。

こうした理由から現役生は文化史分野が弱点になりがちです。先日、慶應大法学部の過去問を解いて危機感を覚えた方から質問をいただきました。

<Sさん>
いつもお世話になっています。
文化史のプリントを図説を見ながら進めているのですが慶應法の2012に文化史の問題があったのでやったのですが気になったことがあるので質問させてください。
問題では神職の家の生まれ、50歳で出家から鴨長明を、藤原俊成が撰上から千載集を、安元の大火、養和の飢饉などの災害が載っているというところで方丈記を(鴨長明が分かれば答えられそうです)、朝堂院の正殿から大極殿を導くような問題がありました。他宗の排斥から日蓮を答える問題などは出来たのですが上のように図説には載ってないものもあり用語集には載っているのですがどの程度までやるべきなのか困り果てています。出来る限りやった方がいいのは分かっているのですがプリントに載っている人物の細かい情報を全部拾っていくのは途方もないことだなあとも考えてしまいます。また平安京のなかの朝堂院などはどこに何があるか全く分からない状況だったのですが載っているものは全て覚えるべきでしょうか?
本番で文化史が出た時に撃沈してしまいそうでヤバイです…

友達が難しいと言っていた先日のマーク模試で既習範囲は一ミスだったので少し浮かれていました…回答よろしくお願いします。

<石黒>
スイスにいるため返信が遅くなりました。すみません。
鴨長明を特定する部分は「神職の家の生まれ、50歳で出家」ではありません。史料文の「治承四年水無月の比,にはかに都遷り侍りき。いと思ひの外なりし事なり」からです。受験界ではあまりにも有名な部分なので、ワンフレーズ史料判別ができて当然だと考えてください。もっとも直前講習で配布する「最近の話題」プリントを習得すれば、平安末期の災害というヒントから『方丈記』とわかるようにもなります。
朝堂院・大極殿などは先日の講習「早慶大日本史」で配布した別冊の最後の部分に書いてあります。ごらんください。
よって難問なのは『千載集』のみです。

文化史はたとえプリントがあったとしても、どこまで理解するべきかは非常に難しいものです。用語集を全部理解するなどまったくもってムダな作業です。予算が許せば『でる日講義-とことん文化史-』を使うのが圧倒的にラクで確実です。こちらを使う場合は、授業で配布しているプリントは学習しなくて結構です。逆に独学の場合は問題をたくさん解くなどして、問われやすい内容をつかんでいってください。

慶應は早稲田より文化史の問題数が多いので備えを万全にしておくのは当然です。がんばりましょう。

でる日講義-とことん文化史-

関連記事

もったいない文化史学習法に陥っていませんか?

文化史を勉強する際に、どのように進めていますか? ひたすら用語をブツブツ、難しい漢字を何度も書きなぐる、替え歌をつくる……など様々だと思いますが、必ず資料集(図説)をかたわらに開いて覚えましょう。ワセヨビ生からこんな質問をいただきました。

<Yさん>
(前略)日本史は、MARCHの受験などで使います。早慶上智は受けません。センターは受けます。このレベルで、文化史の仏像や、絵画などの写真は覚えるべきですか?(写真を見て、仏像名が言えるなど…)(後略)

<石黒>
MARCHの中でどの大学を受けるのかにもよりますが、明治・立教・青学などでは、文化史の図版問題も普通に出題されています。センターも同様です。ただし、文化史の写真を見る理由は、出題されるからというのが第一ではありません。写真を見ながらの方が、その作品の特徴がわかるし、記憶に残りやすいためです。どの作品の写真の、どういう部分に注目すべきかは、オプション講座の「でるとこ日本史プラス」では説明しています。通常授業で解説している内容は超基本事項ですので、プラスの授業で触れている内容まで吸収して、MARCHレベルに達すると考えてください。プラスを受講していない場合は、夏期講習の「でるとこ日本史コンプリート」でパワーアップをはかりましょう。

MARCHレベルやセンターだからと言って、文化史をあなどっていては痛い目にあいます。過去問を見れば一目瞭然です。夏休み中には、1学期部分の文化史を一通りさらいましょう。

でる日講義−とことん文化史−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

文化史をめぐる、無邪気な3タイプの現役生(再)

浪人生は実際の入試を体験したことがあるため、ある程度その厳しさを理解している人が多いと思いますが、実際の入試問題を解いたことのない現役生の場合、受験日本史を甘く見てしまっていることがよくあります。特に誤解されがちなのが文化史です。ナメてかかって後で痛い目にあわないように、きちんと実情を知りましょう。こちらの記事を読んでみてください。

文化史をめぐる、無邪気な3タイプの現役生

でる日講義−とことん文化史−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

文化史プリントって全部覚えるんですか?(再)

この時期、メキメキと成績を伸ばしている人もいれば、思うように成績が上がらず焦っている人もいると思います。今頃になって、やっと自分の甘さに気づいた人もいることでしょう。そういう人は、とにかく優先順位や時間短縮を念頭に置いて、死にものぐるいで勉強するしか手がありません。こちらの記事を読んで、今自分が何をすべきなのかをよく考えてみましょう。

文化史プリントって全部覚えるんですか?

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

上智大受験 最後の砦

今日は受験生の保護者のかたからいただいた質問を紹介します。

<Aさん>
直近、「上智対策コンプリート・ミッション」、「難関大用語集解」、「受験生が本当にほしかった問題集」を購入させていただいた者です。と申しますか、受験生の父です。
現在わが娘は、上智(外国語学部)を筆頭に、早稲田、立教といった難関私大を目指す現役生です。日本史に関しては、近頃ではセンター模試なら日本史90%に到達できており、これは高校での授業をまじめに取り組んできたことの成果だと思います。ですが、いまだその壁を越えられずにいるのも事実です。いまひとつ何かが必要なのだろうと私なりに考えていたところでした。ちなみに、河合塾の第2回のセンター模試でも記述模試でも3教科偏差値は60~62.5のレベルですが、国語が弱い為、日本史の優位でもって出してる成績です。
現在は、大学別の過去問中心の対策にも取り組んでいます。立教なら日本史90%程度できているようですが、上智、早稲田レベルでは十分には対処できないみたいでまだ不安なようです。そこで、遅まきながらZ会旧版のテーマ史、文化史の問題集を探してきて、取り組み始めたりもしてたようです。そんな折、たまたま私から石黒先生の教材の存在を伝えてみたところ、試してみたいとの反応があったのでした。
自力で仕上げたノート中心の学習に、市販の教材で凌いできた娘には、(「日本史でるとこ攻略法」は自分で買ってたみたいですが・・)石黒先生の渾身のこの3教材は(ある種の戸惑いも含め・・)相当なインパクトがあったようでした。私としては、「とことん文化史」とか「どこでも史料問題」とか、まだまだ気になる教材はあるわけですが、さすがに他教科とのバランスもあり、さらに追加するかどうかの決断に迷うところです。現在進行形で迷っております。
どんなものでしょうか、と思わずお尋ねしたくなりました。よろしくお願いします。

<石黒>
いつも当方の教材をご愛顧くださいまして、ありがとうございます。
模試や立教の過去問でだいぶ得点できているのはすばらしいですが、お父様がご心配される通り、上智大の問題で高得点が出せるかどうかが、最後の大きな壁になるかと思います。

史料は市販の問題集でも取り組めるかもしれませんが、やはり最大の難関は文化史になるかと思います。『上智対策コンプリート・ミッション』を解いて文化史分野に不安を感じるようでしたら、腹をくくって本気で文化史に取り組む必要があるかと思います。というのは、上智大がもっとも文化史を多く、かつ難しく出題する大学だからです。政治史とくらべて、文化史は用語の取捨選択に悩まされます。各用語のポイントをのがさず、体系的に学習するには『でる日講義−とことん文化史−』が最適です。

こちらで紹介している受講生の声にもある通り、ボリュームはありますが、文化史分野で必要なものをすべて網羅していますので、あれこれと手を出す必要がない、という点で効率的です。全770分の講義を約13分ごとに区切ってありますので、空いた時間に少しずつ進めることができるようになっています。他教科とのバランスも見ながら、ご検討いただければ幸いです。

みなさんからの感想コーナーで紹介している、上智大文学部に合格したT.Hさんは、「でる文の知識「だけ」で上智の文化史問題に挑み、ほぼ圧勝した」と言ってくださっていました。初学者から難関大受験生向けの内容まで完全にマスターしていますから、どなたでも安心してお使いいただけます。
その後、Aさんからはすぐにお申し込みをいただきました。まだ二の足を踏んでいる人も、文化史に本腰を入れて取り組むことを願います。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

「とことん文化史」はどこまで拾う?

『でる日講義−とことん文化史−』についての質問を紹介します。

<Hさん>
こんばんは!とことん文化史を使っている者です。とても分かりやすくて模試などで文化史が出ても楽に解けます。ところで気になる点があるのですが、講義の中で先生が、「あまりでません」や「頻度は低めです」とよく言っていらっしゃいますが、それらの用語は何ランクなのでしょうか?自分は勝手にDランクぐらいだと思っているのですが…また、私は明治大学や立教大学の法学部を受けるのですが、これらの用語や、講義ではランクを言っていない用語なども出来るだけ覚えていったほうがいいのでしょうか?よろしくおねがいします。

<石黒>
『でる日講義−とことん文化史−』の講義中でランクを言っていないものは、ほとんどCランク用語ですので、これは普通に覚えなければなりません。「あまり出ません」といったものは、ほとんどがDランク用語です。英語がきちんとできているのでしたら、これらのうち半分くらい拾えれば、MARCHクラスは合格レベルに達するでしょう。

ときどき、通年授業で配布している文化史プリントについて、「どこまで覚えればいいんですか?」と言う人がいます。あのまとめプリントには、A~Cランク用語と、Dランク用語の半分以上を盛り込んでいますので、早慶難関大受験生だったら迷わずすべて拾ってください。河合塾で別途配布している細かい字の解説プリントや、早稲田予備校の通年授業中では、ABランク用語について簡単に解説することしかできていません。このため、CDランク用語の内容理解をどこでフォローするかが問題です。早稲田予備校ではオプション講座や講習で扱いますが、河合塾ではその機会がないので、くれぐれも注意してください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

センター試験で文化史のヤバさに気づいた人

センター試験で自分の弱点に気づいたというメッセージを数名からいただきました。それは良かったですが、喜んでばかりもいられません。どちらかというと不安が高まります。センター試験は私大にくらべてかなり簡単なので、そこで穴が見つかったってことは、出題されなかった部分にもっとたくさんの穴があると思いませんか?

早稲田に合格した人のなかには、センター試験で失敗した人も多いです。それはたぶん、この失敗をきっかけに奮闘したってことなのでしょう。逆に言えば、高得点だった人で慢心してしまったがために、一般入試では冴えない結果になる人もいるということです。自分はどうなりそうか、想像してみてはいかがでしょうか。

さて、こんな質問をいただきました。

<Nさん>
藤沢のNです。センターが終わって文化史の重要さを痛感しました。私は石黒先生の聞くだけ日本史文学史編と授業でもらった文化史プリントで文化史をやっているのですが、文化史プリントにのっていなくて聞くだけのチェックシートにのっているもの(Dランクのしるしがついている)、チェックシートにはなくて文化史プリントにはのっているものがあって、何が違うのだろう?(重要度?)と疑問に思いまして質問しました。優先順位というか、絶対おさえる!っていうものと、ニヤリだったりをある程度認識したいと思いまして。回答よろしくお願いします。

<石黒>
40面ノートにも文化史プリントにも、Dランク用語で載っていないものは多数あります。それらは『難関大用語集解』や講習などで、できるだけ追加しています。文化史でしたら『でる日講義−とことん文化史−』などでは、結構追加しているのです。いっぽう『聴くだけ日本史−文学史編−』のチェックシートに書いていないものは、時期が問われにくいDランク用語です。いずれにしろ、早稲田や立教をめざすなら、相当貪欲に習得する必要があります。センター試験で文化史の重要さを痛感したとありましたが、それはかなり危険信号ですよ。なぜならセンター試験の文化史問題はいずれも簡単だったからです。たぶん、立教大の過去問を解いたら‘惨憺たる暴状’になるはずです。急いで文化史に取り組んでください。

ちなみに、メールに絵文字を入れてくださる方が多いのですが、パソコンで受信しているため、絵文字はいっさい見えません。ブログで紹介する際にも、絵文字は消さざるを得ないので、ご了承ください。

聴くだけ日本史−文学史編−

文学作品の時期やジャンルを音声CDでチェック

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

文化史プリントだけでMARCHレベルに対応できますか?

先日、河合塾藤沢現役館で「夏の活用法ガイダンス 高3日本史」という無料講座がありました。これは河合塾にはめずらしく、僕が自由に授業内容を決められる講座でした。そこで、河合塾の通年受講生、さらに広く言えば多くの現役生にとって弱点となりがちなテーマを扱いました。文化史と史料問題です。いきなり文化史は難しいだろうと、まず法政大の史料問題をやってもらいました。最難関大学を避け、しかも頻出のAランク史料の問題だったのですが、40字の論述問題が2つあったせいか、鉛筆が動かないままの人が結構いました。正誤問題もありましたから、「何のチェックも入れずに解けるのか?」と首をかしげてしまいました。

その後、文化史にうつって鎌倉仏教を講義しました。文化史分野はとかく暗記科目と思われがちなので、それに警鐘を鳴らすべく、内容理解の欠かせない鎌倉仏教を選んだわけです。ところが、集中力をなくす人が続出し、「もしかして文化史は出ないと勘違いしてるんじゃないか?」と、これまたハラハラさせられました。

そんなところに、こんなメールをいただきました。通年授業を受けていない方ですが、文化史分野への危機感は感じてくださっているようで、ちょっとホッとしました。

<Kさん>
僕は河合塾藤沢の友人が先生の通常授業を受けており先生のことを知りメールさせていただいています。質問なんですが、文化史プリントの購入を考えております。Bランク単語まで載っていると聞いておりますが、そのプリントに載っている単語のみでマーチレベルの受験にどのくらい対応できますか?お忙しいと思いますが返信よろしくお願いします。

<石黒>
通常授業で配布している文化史プリントに相当する教材『文化史入門』には、どの大学でも覚えるべきA~Cランク用語と、ややハイレベルのDランク用語の大半を盛り込んでおります。このため、単純に単語だけ見ればMARCHレベルに対応できると言えます。ただし付属の音声CDでは、A・Bランク用語しか解説していないため、それ以外の用語1つ1つについては、独力で調べて習得する必要があります。プリントは用語を整理するためのもので、用語の説明をしているものではないということです。

一方、文化史学習の決定版としてお勧めしている『でる日講義−とことん文化史−』では、上記の内容を網羅するだけでなく、さらにDランク用語を追加した「講義」をおこなっています。こちらはほとんどの用語を映像内で説明しているのです。独力での学習が心もとない場合は、当教材をおすすめします。講義の様子はこちらからごらんいただけます

『でる日講義−とことん文化史−』については、ちょうどこんな感想をいただいたところですので、紹介いたします。

<Tさん>
(前略)アチーブメントテストを見直してみると、ちょくちょく落としているところが、文化史だということに気づいたので先日「とことん文化史」を購入させてもらいました。さっそくもう10枚ほどプリントを消化したのですが、内容の密度の濃さに驚かされました・・・。(@_@;)いかに学校で文化史を浅くやっているのかがわかりました。しかも出題率に沿って講義をしていただいているので、とても取捨選択がしやすく、(できるだけ全部の用語を拾っていますが)助かっています。これからの講義も集中して受け、自分のものにしていきたいです。
今日は、河合の全統記述模試も返ってきました。日本史は全国偏差値で75.5を出せました^^嬉しかったです^^でも、模試は模試で入試は別ということは分かっています。これからも先生の教材で頑張っていきますので、質問等がありましたらよろしくお願い致します。報告&感想でした^^

T君はこのブログでもたびたび紹介している方です。さすがですね。日本史がこれほど順調なら、英語・国語をもっと伸ばせるはずなので、ワンランク上の大学も射程距離に入るのではないでしょうか。頼もしいかぎりです。

【追記】
『文化史入門』は、現在は販売しておりません。


関連記事