大学別対策

慶應大経済学部の論述対策

先日、慶應大学経済学部の論述問題について質問をいただきました。

<Hさん>
お忙しい中失礼します。
レギュラーで2学期から先生の授業を受けている者です。慶応大学経済学部b方式を第一志望としています。
私は夏休みまでFIT入試の準備(不合格でした)ばかりしていたこともあり、日本史には殆ど手をつけていませんでした。9月上旬にFITの不合格が分かり、慌てて日本史の勉強を始めたため、日本史の過去問をまともに解き始めたのは、最近です。
そこで、経済学部についてです。解いてみたところ、マーク問題はそこそこできます。しかし、論述問題は「なんとなくなにを書く分かる」という状態で、模範解答のように十分に用語を盛り込むことができていません。(模範解答を見たときに知らない用語は殆どありません)
論述対策に関し石黒先生のご意見を教えてください。

<石黒>
つぎの二つを繰り返すのみです。
(1)教科書の近現代部分を読みどう文章化するかを習得する。
(2)論述問題をたくさん解いて鍛錬する。
問題集としては『“考える”日本史論述―「覚える」から「理解する」へ』(河合出版)が良いと思います。幸い出題範囲が狭いので他の大学よりは対策をたてやすいかと思います。健闘を祈ります。

でる日講義-経済・外交史(近現代)-

関連記事

でるとこ教材で上智大に合格!

昨年、derutoko.comのさまざまな教材を使ってくださっていたIさんが、みごと上智大学に合格されました。先日、その報告をいただきましたので紹介します。

<Iさん>
こんばんは、でるとこ教材を使ってましたIです。
2月の入試で上智大外国語学部に合格しましたので、報告メールを送らせて頂きます。

朝の電車で聴くだけ日本史を聴いていた日々が懐かしく思います。入試当日まで聴いて最終確認してました。特に暗記しよう暗記しようと聴いてた訳ではなく、ただ単純に音声の質問に毎回毎回答えただけで各語句の時代区分や内閣の出来事が口から自然に出てくるようになってました。実際マイナー大仏が出たときは語句の感覚が口から出てきて解答できました。また、上智コンプの年代や過去問セレクションの分野、経済外交史の穴場年代も普通に解答できました。
大学での言語の勉強でも単語の音の感覚で暗記してます。大勢の前で喋る時が入学してから何回かあったのですが、喋り予行練習で何とか乗り切りました。

以上遅くなりましたが、近況報告をさせていただきました。本当にありがとうございました。

<石黒>
上智大学合格おめでとうございます!
Iさんには当方のいろいろな教材を使っていただき感謝しておりましたが、みごと上智大に合格されたとのこと、大変うれしく思います。たしかに今年も上智大は相も変わらず難しい問題を出していましたね。学習の成果を発揮できたとはすばらしいです。
しかも、やはりしゃべり勉強を導入していたことにもこみ上げるものがありました。今後も人前で話すことが多くなるでしょうから、ぜひその習慣を続けてください。(後略)

上智対策コンプリート・ミッション

関連記事

寛政の三博士ならぬ、寛政の三奇人

センター試験がわりと簡単だったせいで、気が抜けている人はいませんか?
また逆にいろいろ手が回らないからと言って、一つの問題集とかに逃げこんでしまっている人はいませんか?
どちらも失敗コースにハマってしまいそうです。入試直前期は、難しい過去問に触れつつ全範囲をハイスピードで復習するのが王道です。試験前日には一日で全範囲を復習するのが理想ですから。

今日は河合塾藤沢現役館で「上智・青山学院大日本史テスト」がありました。上智と青学の特徴を伝える講座です。その青学らしさが出ている問題について、先日質問がありました。

<Tさん>
レギュラーの授業と、夏期講習の演習発展と集中講義、冬期講習の演習発展を受講していました。直前期の上智・青山テストも受講します。
恥ずかしいお話しなのですが、センター直前になっても日本史の復習が全然間に合わなくて、特に近現代は復元する時間もなくノートを眺めるだけ、という状況でした。なのでセンターの日本史は諦めていたのですが、本番に先生の40面ノートの配置などを思い出して解いた結果、91点をとることができました。
私の第一志望は青山学院の法学部で、教科の都合でセンター利用はできなかったので、全学部と個別試験の両方を受ける予定なのですが、過去問を解いて8割以上とれるようになりました。
先生の40面ノートやプリントは本当に素晴らしいと思います。これは先生に申し上げても仕方ないのですが、河合塾には先生の授業を増やしていただきたいです。
最後に一つだけ質問なのですが、この間その青学の全学部の過去問を解いていて、「寛政の三奇人」がでてきたのですが、覚えたほうが良いでしょうか?

<石黒>
「寛政の三奇人」は関東の大学ではめったに出題されません。遺跡・古墳好きの青学なので『山陵志』の著者が問われたのでしょう。書名と著者をつなげて覚えておくと良いことがあるかもしれません。
センター試験と青学ではだいぶ傾向が違うので、頭を切り換えて急いでノート復習を進めてください。

上智対策コンプリート・ミッション

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

早慶大の論述問題

今日は能の公開講座に行ってきました。字幕がないと何と謡っているのかさっぱりわかりませんね。言葉の意味を取ろうとせず、ただ感じれば良いとのことでしたが、どうも感性が鈍くていけません。何人も小学生が来ていましたが、彼らは感じ取ることができたのでしょうか。

能楽

ところで、昨日書いた「私大日本史論述テスト」という講座について、質問をいただきました。

<Kさん>
河合塾で私大日本史論述テストという講座のテキストに早稲田慶應の過去の論述の一覧が載っていましだが、それらは書けるようにするべきなのでしょうか?
自分は論述が出る大学は慶應経済・商や早稲田政経・商などを受けます

<石黒>
同じ問題がその大学で再び出題されることは、早慶大においてはほとんどありません。しかし、早稲田の過去問が慶應に役立ったり、その逆に慶應の過去問が早稲田に役立ったりすることはありえます。そうした意味では書けるようにしておいた方がいいかもしれませんが、それぞれ特殊なテーマの問題も入っているので、すべて書けるようにするのも労力のムダです。


関連記事

2012年早稲田政経の論述問題

1月22日に河合塾あざみ野館でめずらしい授業をしました。「私大日本史論述テスト」という講座です。論述の添削はかなりやりましたが、複数の生徒を対象とした授業をするのは初めてでした。大変少人数の講座だったので、受講生の受験校にあわせてその場で問題を追加するなど、僕自身は意外と楽しめました。

ところで、早稲田大学政治経済学部の論述問題について質問をいただいていました。こんな問題です。

問 1960年代から1970年代に生じた日本政治における「多党化現象」について,下記の語群から適切なものを用いて,120字以内にまとめ記述解答用紙に記せ。
(語群)
国民協同党 公明党 新自由クラブ 日本新党 新党さきがけ 新生党 西尾末広 田英夫 武村正義 細川護熙 美濃部亮吉 羽田孜

<Aさん>
夜分遅くにすみません。冬期講習もありがとうございました。まだまだ勉強の度合いが甘いと日々痛感し、焦り奮闘しています。
先生があざみ野にお見えになるのがまだ少しありそうな気がしたのでメールで失礼します。
2012年度の早稲田の政経の最後の論述についてなのですが、赤本の模範解答で使われている田英夫という人物がノートに見当たらないように思えました。それと、多党化についても授業でそれほど大きく取り上げていらっしゃった覚えがないのですが、これは自力でどこまでやるべきでしょうか?私の不注意で見落としていたり、聞き逃していたりしたら申し訳ありません。

<石黒>
「田英夫」はノートにありません。ふつうの用語として出題されたことがないからです。Fランク用語です。多党化については授業では扱いませんでした。早稲田では戦後の政党も出題されます。とは言いましたが。冬期講習の早慶大日本史でも少しだけ触れました。
そして「多党化」についてはなんとも言えません。同じ問題が出るとは思えませんし。また、早稲田の過去問の解答については、derutoko.comサイトの解答も参考にされると良いと思います。赤本の解答がベストとはかぎらない話も冬期講習で話したかと思います。


関連記事

上智大対策のアドバイス

ここのところderutoko.comで一番売れている教材は『上智対策コンプリート・ミッション』です。やはり赤本に掲載されている問題の年数が少なすぎるからでしょうか。過去20年分の出題データから作ったこちらの問題集に魅力が感じられるのではないかと自負しております。ちなみに同業者の方のご購入はご遠慮ください。備考欄にお立場を書いていただくようにお願いしております。

さて、この『上智対策コンプリート・ミッション』について、遠方のかたから質問をいただきました。

<Sさん>
上智大学の一番の問題が全くできません。また模試などでは大抵の模試では7割か9割取れるのですが、今まで教科書を一回しか読んだことしかありません。また自分は上智と早稲田を受けるのですが早稲田は7割から8割ほど取れるのですが、並び替えもすべて年号を書いて並び替えているだけの作業のように解いてしまっているのですが大丈夫ですか? また地図や家系図の重要性について教えてほしいです。ちなみに上智は経済学部経営学科とポルトガル語学部も受験する予定です。出来る限りのアドバイスお願いします。

<石黒>
1番の問題といってもさまざまなので、どういうタイプの問題をさすかはわかりかねますが、文化作品の時代判別問題のことでしょうか。それでしたらふつうに文化作品を時代ごとに分類して学習するだけのことです。もっともどの作品まで対策しておかなければならないかは、1冊の教科書を読んだだけではとうてい対応できないものです。『上智対策コンプリート・ミッション』をお使いくだされば一目瞭然です。
それにしても教科書を1回読んだだけでそれほどの正解率が得られているとしたら、相当すごいことです。それほどの頭の良さであれば、上智大で出題されやすい用語さえ把握すれば、たちまちに覚えてしまってすぐに高得点が取れるようになるでしょう。
並べ替えの問題もそんなに年代を覚える記憶力があるのでしたら、そのやり方でかまいません。
また、地図・系図については、どういうものが出題されやすいのかを知っていれば解けるかと思います。もっともそれを一つ一つここで挙げつらってポイントを紹介することはいたしかねます。あしからずご了承ください。derutoko.comでは、『でる日講義-アラカルト-』で地図問題対策をおこなっています。

いやはや「教科書を一回」しか読まずにそんな正解率を出せるとはすごいですね。たしかに、かつて僕の友人で似たような人がいました。年明けから教科書を一周しただけで習得してしまった強者です。頭良すぎで、なんと東大現役合格でした。今は高校の数学の先生をやっています。こういう天才的な人にはアドバイスすることなんてありません。凡人とは記憶力がぜんぜん違うのですから。
……と思っていたらその後返信がありました。実は一問一答集をやりまくっていたそうです。あれ? やっぱりそういう努力をしていたんですね(笑)。ただ、それでも上智大のあの問題は解けないわけです。ふむ。ということは、逆にあれが解けたらかなり点差をつけられるという意味でもあります。同じタイプの問題が今度も出されるとはかぎりませんが、少なくとも上智大で文化史対策は必須です。もっとも難しい文化史問題が出される大学なのですから。文化史対策をばっちりやっておくことをお薦めします。

上智対策コンプリート・ミッション

関連記事

友達が入試に出ないことを覚えてドヤ顔するので困ってます

先日、メルマガで「やたらと史料を暗記させる予備校講師がいるらしい」という話を書いたのですが、そのすぐ後にこんなメッセージをいただきました。

<Kさん>
夜分に失礼します。××(編注:校舎名が入ります)でお世話になっていますKです。
中央大学法学部(法律、政治)の配点についてメールさせていただきました。夏期講習の早慶大日本史で先生が「複数個答えを選ぶ問題は完答で1点(点数が入る)」と仰っていたので、早稲田の問題ではそのように採点しています。が、この中央の問題はどのように採点すればいいのでしょうか。複数個答えを選ぶ問題ではないですが、問の中にまた細々あるので一応先生に確認しようと思いました。
大問ごとに配点が示されていて、ちょうど10問で30点とかだと1問3点?と思ったものの、問の中の正誤が3つあっててやっと点が入るのか、それとも分けているのか…問題によっては単純に割り切れない(問の配点は3点でも正誤は2問しかない場合など) があり、採点方法が分かりません。折角配点が出ているのでうまく利用したいと思っているのですが、中央法の配点について先生はどのようにお考えでしょうか。
自分で勝手に判断して、違った!!と悔し涙流すよりプロに聞いた方が確実だと思いますのでお忙しいと思いますがメールさせていただきました。

p.s.今日のメルマガの件について私も同じようなネタを持っていますので、先生の小耳に挟んでおきます。
私の学校の友達で都内の△△(編注:予備校名が入ります)に通っている友人がいるのですが、とにかく日本史の先生がアホの極みなんです。メルマガと全く同じですが史料暗記が宿題で、翌週に全員スラスラ言えるかテストするそうです。友人はやたら自慢げにその覚えたものを私に言うんですが、でるとこ史料問題には載ってないので私は完全にスルーしてます。40面やってても「この人って○○した人だよね」とか言ってくるんですが、難関大用語集解にも近現代の問題集にも載っていないので「それは入試に出るものなの?」と聞き返すと「さぁ?」と。極めつけは英語で日本国憲法を覚えてこいとかもう訳のわからないものでした。(訳わからなすぎてあまりその話自体も覚えてもいないのですが)正直時間の無駄としか思えないし、彼女の一問一答はかわいそうなほどボロボロだし、なんかもうよくわかりません。笑 ついでに授業中態度が悪い生徒は追い出して翌週から授業受けさせないそうです。片方の手でペン3本ぐらい持って置くともう退室、みたいな。そんな授業どこで理解するのって思いますよね。石黒先生に出会えてよかったと申し訳ないですが彼女と話してるとつくづく思います。長くなってしまいました。メルマガ読んで我慢できず打ってしまいました。駄文失礼いたしました。

<石黒>
すみません。中央大のそのタイプの正誤問題の配点はわからないのです。誰にもわからないことなので、細々と考えてもしかたないと思います。中央大はどの学部でもこのタイプの正誤問題が出ているわけではないので、合格ボーダーに達しているかを気にするなら、他学部の問題を解いて測ると良いでしょう。

メルマガの話はまさにその先生ですよ。もう何年も前の話です。まさかまだそんな授業をやっているとは思いませんでした。もう「催眠術授業」ですね(笑) 大事な友達でなければ、距離をおいた方が良いかもしれませんよ。たぶんその催眠術は解けないでしょうから。もう人のことはかまってられない時期です。

授業でいっぱいいっぱいだったり、人気や知名度にあぐらをかいてしまっている先生は、入試問題を解いてデータを蓄積するなんて面倒なことはしないのでしょう。
そうでなければ、これほど合理化が進んでいるこの時代に、そんなムダなことをやらせるわけがありません。
僕は相も変わらず今年もまた100学部をゆうに越す入試問題を解き、検証しています。
要領よく最短コースで史料学習をしたい方には『どこでも史料問題』をお薦めいたします。

どこでも史料問題

定番の穴埋め・意味聞き箇所を網羅 赤シートでもれなくチェックしよう!


関連記事

カンタンな質問とムズカシイ質問

受験生は入試の出題率を知らないため、おもいっきり基本事項を無邪気に質問するいっぽう、逆に入試ではまったく必要ないことを質問したりします。つまり、学校などで聞かされた細かい知識ですね。なんでもかんでも覚えられるような脳みそを持っているなら良いのですが、凡人には記憶量に限界があります。入試に出る知識だけでも十分すぎるほどに膨大ですから、まずそちらを優先して覚えていくべきでしょう。出題率に比例して取捨選択していくべきです。

先日、Uさんという方から質問がありました。

<Uさん>
併願校を改めて考えています。
中央大学の特徴や、対策すべきことを教えてください!
第一志望が早稲田大学で、早稲田大学は学部問わず様々な年代や学部の過去問を解いています。
立教大学はまだ一年分しか解けていないのですが、並び替えや単語の記述が目立つ気がしました。また、時々なにこれ?という問題を見つけます。たとえば、「円空」と答えさせる問題がありました。これは知っておくべき単語ですか?
立教の特徴や注意点などもあれば教えてください。

<石黒>
中央大にしても立教大にしても、ふつうにノート学習をしてください。早稲田を第一志望としているということは、ノート・プリントにある用語はすべて覚え、すべて正解するのが基本ですから、それで中央大・立教大対策はおのずとできてしまいます。

円空は文化史プリントに出てきます。見知らぬ語句があったら、derutoko.comサイトの40面ノート検索を使って、ノートのどこにあるかお調べください。そもそも文化史を説明した細かい字のプリントを読んでいないのではありませんか? あれは基本ですよ?

<Uさん>
ノート覚えの反復回数がまだ少ないのだと思います。ノート覚えをすることに精一杯で文化史プリントが手薄でした。
文化史プリントの内容は美術作品などは時代が把握を意識していこうと思います。

あと前回の授業(36番ページ) で、質問があります!
せっかく華北分離工作で満州と蒋介石の支配地の間に空白地(華北)を作って、蒋介石と日本の間のもめごとをなくそうとしたのに、その華北を日本が乗っ取ろうとしてしまったら、空白地帯を作った意味がなくなってしまうのではないのですか?また、実際に日本は華北地域を乗っ取ることはできたのですか?
教えてくださいm(>__<)m <石黒> 河合塾では文化史の授業をおこなっていないため勘違いしがちでしょうが、ふつうに文化史も取り組んでください。 さて、もう一つのご質問ですが、華北分離工作というのは日本が華北地域を乗っ取ろうという作戦ですよ。ということは「もめないための空白地帯をつくる」というのはタテマエです。そこを乗っ取ることこそ本命です。 日本は華北地域に冀東地区防共自治政府を作らせましたが、その後、中国側の抗日運動が高まり、最終的には華北分離工作は失敗します。もっとも失敗の話までは出題されません。

でる日講義-とことん文化史-

関連記事

早稲田政経の論述問題

そろそろ通年授業も大正時代に入りますから、もう近代部分の論述問題もだいぶ解けそうです。いよいよ誰もが論述対策を本格的に始められる時期になりました。

論述といえば国公立の二次試験が一番大変ですが、私立大では早稲田の政経と慶應の文学部・経済学部が大変です。このあたりを狙っている人はとうに問題を見ているでしょうが、こんな質問をいただきました。

<Kさん>
毎週楽しく授業に参戦させて頂いています。△△(編注:予備校の校舎名が入ります)のKです。
赤本で論述問題を解いていて疑問に思ったところがありメールしました。
2009年度早稲田大学政治経済学部の3B、不平等条約改正についての論述です。一応赤本の解答をもとに丸つけをしてみたのですが、駐英大使青木周蔵の重要性がよくわからなくなってしまいました。彼はあくまで陸奥宗光に「明日調印できます!」と電報を打っただけであって、論述の際は120字なら彼の名前はカットでいいですか?(青木さんになんか失礼かもしれませんが…)それよりも法権回復、関税率の一部引き上げ、相互最恵国待遇をきちんと明記して、発行が5年後であることを気をつけて言葉を選べばいいんでしょうか。
お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。
P.S.喉お大事になさってください!

<石黒>
まず、青木周蔵は「駐英大使」ではなく「駐英公使」です。また「発行」ではなく「発効」です。論述解答では事実と異なることを書くと減点の対象となるので気をつけましょう。
さて解答ですが、Kさんが考えたとおり、青木周蔵はこの場合重要ではありません。文字数が少ないからです。「5年後に発効」というのも重要ではありませんね。論述問題で高得点を取るためには、これらの歴史事項の重要度を把握している必要があります。自分が知っているからといって、歴史的意義の小さな事を書き連ねても加点対象にはなりませんから。単語暗記だけではダメってことです。
derutoko.comの解答速報でも、「青木周蔵」「発効」は書いておりません。

その後にいただいた返信にると、Kさんの学校では、なんとテストが論述問題なのだそうです。すごいですね。でも文字数制限がないそうで、そこに先生のやさしさが感じられますね。まるで綴り方教育です。「自由に書いていいんだよ(ニコっ)」って感じで。論述問題では、実は使う用語の取捨選択から戦いが始まるのです。以前はderutoko.comで早慶大向けの論述対策教材を販売していて、通信添削もやっていました。人によって得意不得意があるので、早めに自分の力を見極める必要がありますよ。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

関西学院大の正誤問題対策・続き

昨日紹介したNさんから、ふたたび質問をいただきました。

<Nさん>
こんばんは。夜分遅くにすみません…
藤沢現役館で2学期から授業を受けさせてもらっていて、近現代は読むだけ日本史『2』と授業ノートと受験生が本当にほしかった問題集を使って自分的にすごくよく理解できて進められています!時期合わせでたまにうまくハマっておぉ?ってなります(笑)1学期の分は友達にノートを写させてもらってそのノートと読むだけ日本史『1』を使わせていただいて大まかな流れはつかめたのですが、関西学院大学の過去問を解いてみると7割程度でした…正誤問題は読むだけ日本史を熟読したら解けるようになりますか?
あと、史料問題対策が全然できてなくてで石黒先生のどこでも史料問題をとても買いたいのですが予算的に厳しいところもあって…どうすればよいですか?(あつかましい質問ですみません)
最後に、関西学院大学の赤本の傾向は読んでなるほど、と思ったのですが、石黒先生が感じられた関西学院大学の特徴や対策などあったら教えてください!
質問がアバウトでしかも多くてすみません!

<石黒>
用語的には『読むだけ日本史(1)』でかなり網羅していますが、8割オーバーは難しいかもしれません。Dランク用語をもっと習得すると高得点が取れるでしょう。そちらは『難関大用語集解』でテーマごとに説明しています。
それから史料問題は、何かしら問題集を解いてください。市販のものを使う場合は、その問題集の中で問われた部分以外も出題されるかもしれないことに気をつけてください。『どこでも史料問題』とは違って、問われている箇所が限られているのが弱点なのです。
関西学院大対策としては、文化史分野がおろそかになっているのではないでしょうか。いわゆる関関同立は、文化史の出題率が結構高いので注意してください。

でる日講義-とことん文化史-

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事