ノート復元のしかた

3番右~7番ページの学習法

通年授業では初回の講義で「学習法」のプリントを配布していますが、もう少し丁寧にここで説明します。学習法はさまざまあって、どれが正解とは言えないのですが、本気で早慶上智をめざす人は、単なるチェックペン勉強からは脱却してください。赤シートで用語を隠してチェックするやり方には、短所が非常に多いからです。くわしくはこちらの記事をどうぞ

さて、これが復習のしかたの一つです。

(1)ノートの清書をしながらストーリーをしゃべる
(2)『日本史でるとこ攻略法』のゴロを覚える
・他にも関連性のあるところを見つけたら、わしづかんで覚える
 ex.稲目−馬子−蝦夷−入鹿
  庚午年籍−庚寅年籍
(3)清書ノートを眺めてしゃべりながら用語を覚える
・ノートだけを見つめて用語を黒ボールペンでなぐり書き
(4)行を気にしなくてすむよう大きめの紙に復元(色ペンは使わない)
a.大枠を書く
b.天皇の名前をアバウトに書き入れる
c.権力者の名前を書き込む
d.ゴロやわしづかんで覚えた用語を書き込む
e.すき間を埋めていく
f.まだ埋まっていないすき間を、ストーリーを思い出しながら埋める
(5)復元できなかったところをノートにチェック
・付箋を貼る or 後で消せるマーカーでチェック
(6)問題を解く
・入試問題を利用したもので、解説が出題率にそって書かれているものを解く。実はその条件に合うものはなかなか市販されておりません。ワセヨビ生には別冊の演習問題を、河合塾生には『日本史事始』をお勧めします。
(7)過去問を解く
・第一志望の大学の過去問から、既習範囲の問題を探し出して、そこだけ解く。正解率を記録しておく。8割正解できていなければアウト!

ノート復元については、すでに偉人たちがたくさん書いてくださっています。偉人たちの遺言がここにまとめられていますので、ごらんください。

できるだけ早い時期に情報をつかみ、より効率の良い学習法を取り入れていくことが、難関大合格への近道です。


超底辺高校から下剋上を果たした、後藤君の復元法(2)

昨日の続きです。

<後藤貢さん>
僕は初めの方で40面を60分と書きましたが、本当にイメージだけで良いのなら、それこそ一瞬の世界でした。なら、なぜ60分かかったかと言うとプリントの部分はノートを見て丁寧に暗唱したり、喋っていたからです。なので40面の板書部分は正確に言うと一瞬で復元できました。あんな僕がですよ。まさに下剋上ですよ。僕は意味は違えど浪人だったので北条早雲ですよ。(詳しくは14番ページで)

最後になりますがノートが完成に近づくにつれて、量は増えます。辛いです。うんざりしてきます。ストレスになるかもしれません。(ハゲたりはしなかったです。)しかし復元できていると、過去問が面白いくらい解けますし、模試の結果も非常に良いです。これは凄くモチベーションの維持になります。それに敵は山ほどいます。あなたは来年の2月までにその大勢から抜きでた受験生にならないといけません。わかっていますよね。『並み』『フツー』では上には行けません。受験すると決めたならそこはしっかり覚悟しないといけません。立っているだけじゃ山の頂上には辿り着けませんから。石黒先生の情報は完璧なので、後はあなたの頑張り次第です。応援してます。

最後に受験を終えて僕が感じた事をこれから頑張る人達に伝えたいと思います。

『一瞬のためらいを一生の後悔にするな。』

僕は一足先に大学に行ってます。読んでくれたあなたも自分が行きたい大学に行けるように頑張って下さい。以上です。

追記。僕は2つほど今後の石黒日本史のレベルUP法を先生に会って提案したのですが、もう1つ言い忘れてた事がありました。それも書いてくれとのお返事があったので今から紹介します。

ズバリ『林家覚え』と言うものです。林家ぺーと言う芸能人をあなたは知ってますか?全身ピンク色のアフロのおじさんです。愛妻家です。素敵です。実は受験勉強の期間中にその林家ぺーが芸能人の誕生日を覚えるのが特技だと言う事をテレビでやっていて『〇月×日はAさんの誕生日で、BさんとかCさんも同じ日なんだよぉぉおお』と言う風に林家ぺーが思い出していたのを見て日本史の近現代の年代を覚えるのに使えるなこれ!!と思って利用してました。

例えば、矯風会の年代は頑張れたら覚えて!!レベルのものなのですが、『1886年で静岡事件と同じなんだよぉぉおお』と覚えておけば楽勝でした、、、。他にも1968は琉球政府主席公選制、あゝ野麦峠、小笠原諸島返還、GNP2位、日中覚書貿易などの年。1899年なら日本之下層社会、高等女学校令、日英通商航海条約の発効なんかあげられます。(未だに忘れてません)

さあ突然ですが問題です。テレビ放送開始の年代とカラーテレビ放送開始の年代を答えて下さい。
答えはテレビ放送開始が1953年でバカヤロー解散の年と同じ、カラーテレビ放送開始は1960年で沢山ありますが安保改定、浅沼刺殺、民社党結成、所得倍増計画などと同じです。(未だに覚えてます。)まさにこの問題を即答出来なかった人を救える方法だと僕は思います。要するに同じ年代で繋げておけばチョロいんです。『〇〇って何年だっけ~。うわぁ~。ノート覚えがまだまだ甘いな~。私のバカ、バカ!!』なんて醜い反省する事は絶対にありませんから。是非使って下さい。(※もっともバカヤロー解散の年はノートにはあるものの、覚える必要ない年代なのですけどね、、、まあ良いじゃないか、、、君、、、プラマイゼロだよ、、、はははははは。)

アドバイスは以上です。長文なので僕なりに読者を気遣って、冗談を織り混ぜながら色々な事を今回紹介させて頂きました。是非学習の手引きとして利用して下さい。ちなみに僕は普段はどこにでもいる普通の青年なので安心して下さい。別に怪しい者では御座いません。あなたが成功する事を心から願っています。では、さようなら。

その後、こんなメッセージもいただきました。

(前略)怒鳴り勉強してました。なぜ怒鳴ることに拘ったかと言うと、自分の好きな歌にしても家で呟くよりカラオケで歌う方が歌詞をなぜか覚えられるからです。ひょっとしたら声を張る事は脳を刺激するのかもしれません。少なくとも僕はそうでした。何かの参考なれば幸いです。

あちこち笑えて相当おもしろいアドバイスでした。これから受験に挑む高3生やヌルい高卒生は唖然としてしまうでしょうが、誰にでもやれる可能性はあるのです。講師としては、受験生の下剋上を見るのは実に楽しいことですが、下剋上を果たした本人が一番うれしいのは言うまでもありません。合格がわかった時にはご両親も大変喜んでくれたそうで、「初めて母親と抱き合っちゃいました」とのことでした。ジーンとくる話です。僕にはそんな経験一生なさそうですが……。


関連記事

超底辺高校から下剋上を果たした、後藤君の復元法(1)

昨年度のワセヨビ西船校の後藤貢君は、ノートの復元がかなり高速でできるようになっていました。早稲田大学教育学部に受かった今、ぜひにとお願いしてその習得方法を書いてもらいました。非常に参考になるのは、彼がいわゆる最初から頭の良い生徒ではなかったという点です。僕はそのことを、合格報告の際に初めて知って驚きました。なんだかこれからが楽しみな人です。

<後藤貢さん>
40面ノート脳内復元について書きたいと思います。最初にことわりを入れると僕は超底辺高校出身です。高校のテストでは毎回赤点祭りでギリギリ卒業できた人間です。高校やめれば?なんて担任からよく言われてました。生徒指導の先生に揉み上げをテクノカットにされた事もありました。僕は本当にバカですよ。なんせ卒業するまで勉強した事なんてなかったんですから。ちなみに得意科目は体育と早弁と早退でした。あ、話が逸れてすいません。そんな僕でも40面ノートを60分で脳内復元出来たのでやれば誰にだって出来るようになるはずです!!
ではさっそく、今からそのやり方と手順を書くので是非参考にして下さい。

(1)授業でノートの下書きを作ります。ICレコーダーで録音もしておきましょう。

(2)帰宅中は下書きのノートを高速で何度も見ます。授業の記憶があればストーリーを思い出しながら暗唱しましょう。コツは人目を気にしない事と何度も見る事です。勿論、立ちながらでもやりましょう。疲れていてもやりましょう。理由は後々苦労が少し減ることや単語に慣れるためです。(ただしお年寄りには席を譲りましょう。)

(3)帰宅したらレコーダーを聞いて、聞き漏らしていた部分を下書きのノートにでもメモしておいた後に、清書します。隙間の話も自信がなければメモしましょう。ゴロも作ったり、先生の参考書を利用しましょう。(ゴロを使っていると復元の時にゴロを言えば良いだけなので少し楽ができます。)

(4)完成させた部分を次の授業までに復元させます。『次の授業までに』と言うのはリミットだと考えて下さい。今から脳内復元のための目標を書きます。
それはズバリ『1日あたり清書部分を10回以上見よう。』です。その内の3回は喋り勉強で、朝昼晩のご飯の前に『丁寧に』やります。ただしご飯は冷めても責任は取れません。(レンジでチンすると良いですよ。ただし揚げ物はシナシナになるので気をつけて下さい。)ちなみに10と言う数字に驚くかと思いますが、6回は目で見て『高速で適当に』辿って形と語句の位置を焼き付けるのが目的です。そして最後の1回は寝る前に部屋を暗くして横になって、頭でノートを想像しながら復元します。とにかく目を閉じて集中してノートを1字1字思い出して形と位置をイメージして暗唱して下さい。

以上の作業を次の授業まで毎日やります。すると流石に嫌でも覚えてしまいます。(ただしその間に脳内復元が出来てしまったら、朝と夜の2回に脳内復元するだけでいいかと思います。僕の場合は翌日には復元が完成してたので、2日目からは朝夜に1回ずつ復元をやって、時々高速でノートを黙読したり、喋ったりしてました。)

ちなみに僕は1日1時間くらいでこの作業をやってました。強調したいのは速さと回数です。日本史への時間の使い方は『偉人の佐々木さん』のアドバイスが役に立ちます。貪欲に空き時間だけ使う姿勢は参考にしました。

さて、この作業を1週間繰り返すと、まだまだ復元に時間は掛かりますが、脳内復元の初期状態が完成します。言い換えると、初期状態とはイメージしながら暗唱して復元が出来る状態です。後は雨にも負けず風にも負けず、ひたすら繰り返して下さい。(ここからが本当に大変です。)するとだんだん暗唱する単語が暗唱する前に浮かぶようになります。もうお分かりでしょうか?この浮かぶ範囲が繰り返すと段々広がってくるんです。もちろん広げようと言う意識で取り組んで下さい。これがパパッと広範囲で出るのが究極の状態です。こうなったら暗唱する必要もないです。イメージだけで充分です。この状態は言葉にするなら『ああノートのここら辺にはこう言った単語達があって、こう言う形だったな。一瞬でハッキリとイメージがつくぞ!!問題で出会えばすぐに綺麗に復元できる。』って感じです。字にするとなんだか寂しい感じもありますが、アドバイスは以上です。


関連記事

南浦和からのメッセージ(12)

今週は前期最後の授業でした。

<Aさん>
1学期ありがとうございました。

<石黒>
どういたしまして。

<Oさん>
1学期間、ありがとうございました!夏休みは死ぬ程勉強した!!という思い出をつくりたいと思います。夏期講習、2学期とまたよろしくおねがいします。

<石黒>
いえいえ、こちらこそ。
夏休みの奮闘を期待しています。
計画遂行能力がどれだけあるかが試されますね。

<Iさん>
夏に向けてノート復元がんばります!

<石黒>
どんどん進めてくださいね。
小さいことにこだわっているより、
次から次へとページを進めることが大切です。

<Uさん>
私は心の中で先生の話にうなずいてます!ノートの重要性をめちゃくちゃわかってるつもりです!!

<石黒>
それはよかったです。
あとは実際の入試問題を解けるようになったかどうかですね。
他教科とバランスを取りながら、さらに上を目指してください。

<Hさん>
春期で先に習ってたのが役立って分かりやすかったです。赤本第1~3志望しかやってないのですが、夏はもっとやるべきですか?

<石黒>
第3志望程度で良いかと思います。
他学部まで手を出すと、それくらいが限度でしょう。

<Hさん>
ひいおじいちゃんが福岡県小倉市の市長でした。小倉競輪場には未だに「H賞」があります!!!17日は誕生日です!夏期講習もよろしくおねがいします。

<石黒>
それはまた珍しい話ですね。驚きました。
そして、誕生日おめでとうございます。
ちなみにHさんなら農具の図を描かされても余裕そうですね。
(編注:今回は千歯扱の絵を描いてくれていました)

先先日、日の出山というところに登りました。
高尾山以来、何度も山登りに行こうとしていたのですが、
体調を崩したり、雨が降ったりして、なかなか行けませんでした。
ようやく行けたと思ったら、今度は逆にすごい陽射しで参りました。
夏期講習が始まるまでにもう少し鍛えておきたかったのですが、
時間切れです。
写真は山頂にあった銅板の地図です。

日の出山


関連記事

復元がなかなかできない人へ(再)

授業ではたびたびノート復元をすることを提唱していますが、
どうも復元という作業が苦手な人は結構いるようです。
しかしそこでつまずいてしまっては、
ノートの定着率はぐんと下がってしまいます。
「復元ができない!」と悩んでいる人は、
こちらの記事を読んで、対策を練ってみましょう。

復元がなかなかできない人へ(1)


授業の復習の仕方

メールの返信がかなり滞っています。
急を要する質問の場合は、それでもがんばって書いていますが、
『難関大用語集解』の原稿を優先させていただいています。
ただし、ときどきみなさんからのメールが、
送受信のエラーとなって届かないことがあるようです。
急いで返信が必要なメールでしたら、遠慮なく再送信してください。

この方からのメールの返信もだいぶ遅くなってしまいました。

<Sさん>
こんばんは。早稲田予備校でお世話になっているSです。 質問があってメールさせて頂きました。(中略)日本史の勉強の方は、しゃべり勉強をしていますが、まだしっくりきません。というのは、しゃべり勉強にではなく、自分の勉強法や時間の使い方にです。私にはまだ無駄な時間が多いし、効率が悪いんじゃないかと悶々としています…特に下書きから清書に思った以上に時間がかかってしまい、その日のうちに復元までたどり着きません。解決法として私の下書きはかなり汚く、行間メモがあっちこっちに飛んでいるので『清書しやすいように、メモを順番に書いていく』『清書しながら声に出す』『授業中に覚える気持ちで授業を受ける』ことをしようと思います。(中略)余談ですが、英語と国語でもしゃべり勉強しています。なんだかしゃべって復習しないと、本当にわかっているのか!?と心配になり、自習室よりも家で勉強することが多くなりました。家で勉強していると、周りは自習室でカリカリ勉強しているのに自分は家でいいのか?と不安になりますが、「自習室で勉強していること」にのまれて、勉強しているフリになるよりはいいかなと思っています。長文ですみません。「ちょっと違うんじゃないのー!?」など思うことがあれば、ご指摘頂けると嬉しいです。風邪をひいているとおっしゃっていたので、お大事にしてください。

<石黒>
返信遅くなりごめんなさい。(中略)
ノート復習の仕方の改善策はそれでいいと思います。
一週間の勉強時間の配分を工夫しないといけませんね。
ちなみに、ゴロを覚えるのはもっとも基礎の部分なので、
当然やっておいてください。
そして、家で勉強することは全然かまわないと思います。
要は怠けなければ良いのです。問題演習だったら自習室もいいですね。
Sさんは問題を多めに解く必要があるかもしれませんし。


一日でノート10面復習が限度なんですが

25日にワセヨビの西船校で授業がありましたが、
教室の1割がセンター満点獲得者という状況でした。
9割得点者も結構いたようです。
センター試験と私大の試験は性格が違うので、
くれぐれも油断せずに追い込みをしてもらいたいものです。
この時期に手を抜いて私大で撃沈するようなことがあったら、
センター試験では、
「むしろ失敗した方が良かった」なんてことになります。

ここで1通メールを紹介します。

<Sさん>
こんばんは!授業お疲れ様です!毎日聞くだけ日本史を聞いてるんで、久しぶりという感じはなかったんですがやっぱり生授業はテンションあがります!!!直前期になったんで、毎日ノートの復元に励んでるんですが、どんなに頑張っても一日10面が限界なんです(;_;)要領が悪いんですかね??また、一日で40面をチェックすることは可能なのでしょうか?

<石黒>
やり方が違うんだと思います。
40面をまさか全部手書きするわけではありません。
自分に必要なことだけをやるわけです。それは各人さまざまです。
そして、そのためには自分のノート定着度がどの程度なのか、
わかっていなければなりません。
優れた人はジブンというものがよくわかっているものです。
それがわからない人は問題演習で自分を試すしかないでしょう。

ところであちこちの校舎で、
日本史の学習範囲を絞り込もうとする声を聞きます。
「冬期・直前講習の復習と問題集のどっちをやった方がいいですか?」
とか、
「史料問題は『日本史事始』に載ってるヤツをやればいいですか?」
とかって具合にです。

通年授業は取ってなくて、せっかく講習を受けたのに、
講習より問題集を優先する意味がどこにあるのでしょう?
何の迷いもなく両方やればいいと思います。

史料問題がピンチな人もたくさんいるでしょう。
藤沢で行われた「明治・中央・法政大日本史テスト」では、
史料問題で撃沈していた人がかなりいたようです。
だったら今からやればいいじゃないですか。
そうでなければ、出題されないことを祈ってください。
世の中は細木ナントカだの江原ナントカだのが流行っているらしいので、
現代でも「鬼道」が通用するみたいですし。
それにしても『日本史事始』って、
あれは受験勉強の一番最初段階にやる基礎問題集ですよ。
僕が出している史料対策教材は『どこでも史料問題』ですってば。
……ん? 勘違いしてたのでしょうか?

どちらにしても、「追い込む」とか「詰め込む」ってことを
知らない人がいるようで心配です。
僕は今までに何度も‘締切地獄’を愉しんできましたが、
一方で、エンディングをフェードアウトしたい人もいるようです。
なんで「音量=パワー」を下げていって終わりたいのでしょう?
がむしゃらになることを恥ずかしく思う人というのは、
これからも‘ぬるい世界’でしか生きられない人だと思います。


関連記事

ノートの枠も復元できないとダメですか?

こんにちは。でるとこブログ管理人です。
夏休み中とあって、石黒教徒のみなさんは
ノート復元にいそしんでいるでしょうか?
復元の方法について工夫をしている方から、
こんなメールをいただきました。

<Cさん>
こんばんは。
たった今ノート復元方法を思い付いたのですが…私は、ノート復元をする時にいつもノートの細かい線(枠?)が思いだせなくてつまってしまいます。だから、ノートの線だけをかいた物を作ってみました。

オリジナル復元シート

これを見て、頭の中で語句を思い出したり、書いたりする方法です。(字が書いてないので、授業中の内職にもってこいかな。なんて…)
まだ思い付いただけで実際にこれで勉強しているわけではないのですが、こんな方法はどうでしょうか?それとも、細かい線や枠もちゃんとかけるようにした方が良いんでしょうか?

<石黒>
でるとこサイトの会員専用ページ(パソコンのみの対応です)
にログインすると、
Cさんの考えたことと同じようなコンテンツがありますよ。
‘チャレンジ!ノート復元’というコーナーです。
ここでは、1番ページと2番ページの‘復元シート’が
ダウンロードできるようになっていますので、
こちらも参考にしてみてください。
僕の作ったものは枠が書いていないので、
Cさんのように枠だけを書いておく作戦もありですね。
ただ、細かい線はどうでもいいのですが、
大きな枠はタイトルとともに思い出せる必要がありますよ。
この調子でがんばってください。

<Cさん>
お返事ありがとうございますm(__)m
早速サイトみました!先生が作った物でもやってみます!
これからも授業よろしくお願いしますm(__)m

ノート復元は、最初はとても時間がかかってしまったり、
なかなか手が出せない人が多いようです。
「ノート復元のしかた」というブログカテゴリーから
エントリーを読みあさったりして、チャレンジしてくださいね。


「でるとこ模試」中間報告

模試の採点が進んでいます。
最高得点は96点のようです。
予想通りかなりハイレベルな争いになりました。
そして、心配していた通りの人もいたようです。
河合塾の模試では高得点なのに、
「でるとこ模試」では大したことなかったというタイプです。
これはふつうの模試では点数が取れても、
実際の難関大の問題には対処できないという意味を示しています。
模擬試験と銘打っていても「早慶大向け」という冠がつかないかぎり、
一般の私大向けの易しいレベルの問題になっているのです。
いろんなオトナの事情があるのですよ。

そんなわけで、今日はAさんからのメールを紹介します。

<Aさん>
こんばんは!!
今でるとこ模試についてのブログを見てメールさせてもらいました。私はちょうどその時間帯に用事があって受けられなくて周りの友達が受けるのを聞いて良いなぁ~と思っていました。だから紙媒体が販売されるかもということですごく嬉しく思ってます!!いつも色々考えて下さってありがとうございます。
でもやっぱりリアルタイムで全国の人達と競争したかったですm(u u。)m藤沢の1~5位の人皆受験すると聞いて尚更悔しいです(笑)
あッあと第二回記述模試、夏復元たくさんした成果もあって偏差値が60になってすっごい嬉しかったです!!私は英語も国語も人並み程度なので石黒日本史に出会えて本当に嬉しく思ってます☆ただこの間の模試は二学期に入ってから近現代の復元に追われて古代近世の復元を怠っていたので古代近世の部分でかなり落としてしまいました。来週は休講なのでこれをチャンスに復元たくさんやりたいと思います。
お忙しい所長々とすみません(PД`q;”再来週の授業楽しみにしてます♪

<石黒>
成績が上がっているようで何よりです。
古代~近世で落としたのは残念でしたね。
しかしこれでわかったと思います。これからは、
(1)忘れにくい覚え方をすることと、
(2)頻繁に古い時代のノートも見るようにすること
の2つが肝心なわけです。
短時間で復習できるように工夫しないといけませんね。
それからもう知っているかもしれませんが、
「でるとこ模試」のオフラインバージョン(郵送版)
の販売も始まりました。よろしかったらどうぞ。

<Aさん>
話が変わりますがこの間のマーク模試は正誤問題や時代並び替えが多く、特に時代並び替えが一瞬で頭にノートの形が思い浮かんで解けました。ノートの威力はすごいですね!!これからも復元頑張ります。

最近、ようやくノートを覚える効果がわかってきた人がいるようです。
もう11月ですから、相当急がなければなりません。
近現代デヴューを果たした人は、
いよいよ古代~近世に取り組んでくださいね。

「でるとこ模試−オフラインバージョン」の詳細は、
こちらをごらんください


ノート復元のペース

夏期講習中に受けていた質問メールを紹介します。

<Iさん>
復元についての質問なんですが、復元をする頻度はどのくらいがいいんでしょうか?今は一応1日1ページをノルマにしてやっていて、そうするとだいたい1ヵ月に1回というペースになるのですがもっと頻繁にしたほうがいいのでしょうか?

<石黒>
復元のペースですが、それくらいがベストなんじゃないでしょうか。あとはかかる時間の問題になります。最近のブログにも書きましたが、1時間もかけていたらまずいです。

<Iさん>
そうですか。じゃあこのペースで続けていこうと思います。時間は大体10分~20分ぐらいでやってます。あと、今復元をしてる途中に自分でこれ以上は思い出せなそうだな~って感じたらそこでやめて、ノートを見直してまた最初からやり直すという方法でやっているんですが、先生的にこのやり方はどう思いますか?こういうやり方が良いなどオススメのやり方があったら教えてください。

<石黒>
基本的にI君のやり方で問題ないと思います。何度か復元するとそのページの中で弱いところがはっきりするはずです。そういうところは何かしら覚え方を作らないとどうしようもないので、腰を据えてゴロや替え歌を作っちゃいましょう。それをメモしておいて複数回使用すれば、その弱点を克服できるでしょう。

ところで、でるとこサイトでは、みなさんからの質問や、この時期に読んでおくべき過去に書いたブログを一覧で紹介しています。ぜひ見てください。


関連記事