お知らせ

はじめての個展

陶芸を始めて3年あまり、気づいたらどっぷり浸かっていました。そんなわけで初めての個展をやります。

おもに茶碗・カップなどの食器を出します。楕円(舟形)にこだわって花器や皿も作りました。いろんな形のティーポットにも挑んだのでご感想をいただけたら幸いです。
【会期】2020年10月29日(木)~11月4日(水)
【会場】京王百貨店 新宿店6階 食器売場
【時間】10:00~20:00 最終日は18:00まで
【在廊】11:00~19:00(初日は開店からおります)。社員食堂で食事していることがあります。店員にお声がけくださればすぐ参ります。

関連記事

新しい問題集ができました

今年の受験生は大変なことになっています。
結局、対面授業の初回は6月17日となってしまいました。この遅れをカバーするのはかなり苦労しそうです。夏休みが減らされるのも痛いですね。

こんなこともあろうかと新しい問題集を作っておきました……というのは嘘ですが、まじめな話これで自分の学習レベルを確認しておくと良いと思います。『日本史用語 2レベル定着トレーニング』です。

短文の空欄穴埋めで超頻出用語を問い、さらに赤シートで標準用語(赤字)をチェックできます。その上、小さめの字でハイレベル問題もつけました。タイトルとはうらはらに実は3ステップで難関大を狙う問題集です。出題データにもとづいて全範囲を網羅しているので安心して使えます。ぜひどうぞ。

関連記事

京王百貨店の陶芸展のお知らせ

2019年11月7日から1週間、新宿京王百貨店で陶芸展をおこないます。今回は二人展です。僕の器だけで285個も出します。お茶碗100個にカップ類60個、あとはお皿や鉢が中心です。陶芸というと電動ロクロで作るイメージがあると思いますが、今回僕が出すのはすべて手回しロクロで作ったものです。ロクロは、日本では5世紀の須恵器生産から使われ始めました。桃山時代の茶碗が好きなので、そうした古い時代のつくりかたを意識しています。僕の手づくり感が「良い味」となっているか模索中なので、ごらんになって感想をいただければ大変うれしく思います。

二人展を一緒にやってくれるのは守屋明子さんという長く陶芸と関わっている方です。守屋さんのインスタはこちらです。

同じ期間に同じフロアーで、僕の師である佐藤和彦先生が個展をなされます。僕の器との「落差」も楽しんでいただけます。

《石黒拡親 守屋明子 陶芸二人展》
【会期】2019年 11月7日(木)〜13日(水)
【会場】京王百貨店 新宿店6階 食器売場
【時間】10:00〜20:30 最終日は18:00まで

基本的に毎日店に立ちます。7日は10時~17時まで。それ以降は12時~20時までおります。

関連記事

1日完結の特別講座のご案内

※しばらくこのエントリーを上位におきます。最新エントリーはこの下です。

11月に1日完結の講座が行われます。

テーマ短期講座「差がつく文化史」(180分)
これは『でる日講義-とことん文化史-お試し版』と同じです。
もっとも演習問題などの付属教材はつきませんが。
このため『でる日講義』をお使いの方は内容が重複しますのでご注意ください。
(授業では仏教史以外は扱いません)

11月3日(土)13:00~16:20 藤沢館
11月3日(土)18:20~21:40 あざみ野館

でる日講義-とことん文化史-お試し版

関連記事

はじめての陶芸展

僕が陶芸にハマっていることは何度か書いてきましたが、今日はお知らせです(受験には関係ありません)。実ははじめて展示会に出品することになりました。期間はゴールデンウィークの4月26日~5月2日。場所はなんと新宿京王百貨店です! こんな大舞台に展示するのは最初で最後かもしれません。自分でも正直「なんでこうなった?」って感じなのですが、とにかく6階「美術・工芸サロン」コーナーで展示即売会をします。


左上から下に3つめの白い楽焼茶碗が僕が作ったものです。これも含め20個近い作品を出します。周りには同じ陶芸教室のベテラン勢によるすばらしい作品が並ぶので、肩身が狭いことこのうえなしです。なにしろ10万円をはるかに超す作品(!)もありますから。

4月27日(金)・28日(土)の2日間は10時~13時30分に店にも立ちます。「穴があったら入りたい」と縮こまっている石黒を見てみたい人はぜひどうぞ。
※曜日がまちがっておりましたので訂正しました。(2018/04/27)


千利休が好んだ黒楽茶碗です。これも出します。無理矢理受験に結びつけましたが入試には出ません。

体験・春期講習のお知らせ

※しばらくこのエントリーを上位におきます。最新エントリーはこの下です。

4月から高校3年生になるみなさんにお知らせです。

河合塾で無料体験講座および春期講習がおこなわれます。これからの1年間で志望大学の合格レベルに達するために、何をどう学習すべきか、をつかんでください。偏差値40だった人が早稲田に合格できたのは、単純に教科書を勉強していたからではないのです。

講座を受講されるかたは、でるとこサイトの高校1・2年生向けのページで‘受験日本史’の全体像をつかんでおくと、より授業がわかりやすくなるかと思います。

【無料体験講座】
あざみ野館 4/1(日)15:10~16:40

【春期講習】
藤沢現役館 早慶大日本史 3/30(金)~4/3(火)15:10~16:40(※4/1を除く)
あざみ野館 早慶大日本史 3/30(金)~4/3(火)18:50~20:20(※4/1を除く)

今年度は、南浦和現役館と高卒生向けのレギュラー授業は担当しません。

関連記事

冬期講習を受講したみなさんへ

あけましておめでとうございます。今年は25年ぶりに授業のない正月をすごしています。

今日は河合塾で冬期講習を受講した方にお伝えしたいことがあります。ひとり反省会をしていたら、授業で話しそびれてしまったことに気がつきました。

【藤沢で早慶大日本史を受講した方へ】
別冊の類題32を解説しそびれました。
正解は「う」です。授業で説明したとおり、革新首長の美濃部亮吉が当選したのは公害対策基本法制定と同じ1967年です。このため「1960年代前半」が誤りなわけです。

【あざみ野・南浦和で総合日本史演習(発展)を受講した方へ】
5日目に使用した外交史のプリントの表面をごらんください。上の外務大臣ラインに「榎本武揚」がありますね。これは1891年に大津事件で青木周蔵が外相を辞任した後の外相です。とくに業績は問われません。青木の後だということだけで問われます。また、青木の名前がもう一度出てきますが、これは第2次山県有朋内閣の時のことで、日英通商航海条約の発効や義和団事件がありました。

さあ「戊戌」の年です。入試でアレが出たりするのでしょうか。

上智対策コンプリート・ミッション

2つの増刷本と2つの器

先日、2つの出版社から増刷された書籍が送られてきました。
1つは4刷目となる『きめる! センター日本史』(学研)です。本の帯に「ええじゃないか」とあったので、他の教科がどうなってるのか気になりました。
もう1つは47刷目となる『2時間でおさらいできる日本史』(大和書房)です。こちらも帯が変わり秋の装いとなっています。

ついでに僕のつたない陶芸作品も紹介させてください。4月から陶芸教室に通い始めて器づくりにハマっています。形をつくるのも楽しいですが、釉薬が思わぬ発色をすることにおもしろみを感じています。最近焼き上がったこの二つの器もそうでした。とりわけマグカップのほうは好みの青色が出たのでうれしかったです。もっとも「大きいマグカップを作ってほしい」という知人からの頼みでつくったものだったので、さっそく旅立ってしまいましたが。娘を嫁に出す父親の気分ってこんな感じなんでしょうか。

2時間でおさらいできる日本史 近・現代史篇

関連記事

1日完結の特別講座のご案内

10月、11月に1日完結の講座が行われます。

テーマ短期講座「差がつく文化史」(180分)
これは『でる日講義-とことん文化史-お試し版』と同じです。
もっとも演習問題などの付属教材はつきませんが。
このため『でる日講義』をお使いの方は、
内容が重複しますのでご注意ください。
(授業では仏教史以外は扱いません)

10月29(日) 9:00~12:20 あざみ野館
10月29(日)15:10~18:30 藤沢館
11月5(日)13:20~16:40 南浦和現役館

でる日講義-とことん文化史-お試し版

関連記事

合格報告お待ちしています

受験したみなさん、おつかれさまでした。今は合否結果に一喜一憂する日々だと思います。すべての受験結果が出そろった方はぜひご報告ください。
でるとこサイトのフォームから、お名前を明記の上、進学先の大学・学部、その他の合格大学、メッセージなどをお送りください。(いただいたメッセージは、ブログやサイトで紹介させていただくことがあります。)
もちろん校舎に直接来てくださるのも歓迎いたします。

ちなみに最近でるとこサイトのトップページがほんの少しだけ変わりました。かわいい鳥がいます。

また、これから1年間受験勉強に励む方には春休みのおすすめブログエントリーをご用意しています。本格的な受験勉強を始める前にどうぞお読みください。
さらに、メルマガでは各時期にあった受験のアドバイスをお届けしています。登録は以下からどうぞ。もちろん無料です。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!