受験生を見て思うこと

一から始める高卒生

昨年の現役クラスの受講生で、もう一度受験にチャレンジする人から相談を受けました。

<Uさん>
こんにちは。私は去年夏休み後の三大改革の授業から参加したものです。入試は第一志望が国公立でセンターがうまくいかなかったため落ちてしまい、私大もうまくいかず妥協しないでもう一年頑張ってみることにしました。
私は日本史が本当にやばいと気づいたのが夏休みでもう遅かったというのが私大の一般の日本史でうまくいかなかったことです。特に振り返ってみると、授業を受けたところはほとんどできたのですが前半の時代がボロボロでした。
浪人して、また石黒先生に一から教わりたいと思っていたので現役生のみと知り残念だなと思い、相談だけでもと思って連絡させていただきました。
いままで前半は教科書を読んで一問一答をやってきたのですがそれで失敗した今、せっかく一生懸命覚えたことも忘れつつあり危機を感じています。
まず、とにかく日本史の勉強法が確立されていないので取り組みやすい、効率的な勉強法を教えていただきたいです。
また、石黒先生の教材も見てみたのですがどれも良さそうで逆にどれがいいのかわからなくて、もしお勧めがあれば教えていただきたいです。

<石黒>
「本当にやばいと気づいたのが夏休みでもう遅かった」とありましたが、夏休みからでも決して遅くはなかったかと思います。まずかったのは前半部分の学習法でしょう。教科書と一問一答で高得点をとるためには、かなり手間がかかると思います。たとえば一問一答の問題文まで覚えてしまうとか。
私大一般受験で高得点をとる方法は、入試で問われやすいポイントを説明している参考書を丁寧に学習し、まとめたものを覚え、問題演習をおこなうことです。その際に使う教材選びを失敗しないようにしてください。精密な出題情報を持たないままにつくられている教材が多いからです。

当方の教材でお勧めなのは、志望校や習得程度により異なります。自分の弱点部分をおぎなうものをお使いください。

また、学習法についてはこのページが参考になると思います。
ほかにもブログに「独学受験生の勉強法」というカテゴリーがあります。
これらも参考になさってみてください。

「勉強法を確立できていない」とのことですが、単に僕がお勧めする勉強法をやらなかっただけのような気もします。合格するためのコースはいくらでもありますが、最短コースをたどったほうが良いと思いませんか? 世間に合格した人はいくらでもいますが、ふつう自分がたどったコースしか語れないものです。自分の経験ですから誇らしげに語るのですが、残念ながらそれは決して最短コースというわけではありません。合格へのさまざまなコースを知っている人から話を聞きましょう。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

お尻に火がついた受験生

12月に入るとお尻に火がつく人が出てきます。最近、焦りだした人数名から質問や相談を受けました。たとえば、ノート覚えをせずに去年と変わらぬ学習法を続けてしまっていた浪人生とか、早稲田大学をめざしているというのにノートを覚えを絞り込みたがっている現役生とか……。彼らが第一志望合格に届くかどうかは、もう僕のアドバイスではどうにもならないところにきていますね。
ただし、全体としては成績がぐんぐん上がっている人の方が多いので「良し」と考えています。

さてこんな質問をいただきました。

<質問者>
始めまして!××と申します。2つ質問と相談があります。
1つ目は質問です。
二学期の半ばに忌引きで一度授業をやすんでしまい、その時のノートは友達に見せてもらえたのですが、内閣プリントのぬりえのやり方を先生に聞きにいけないまま通常授業が終わってしまいました…。お手数ですがやり方を教えていただけたらと思います。
2つ目は悩みというか、最近血迷ってきたのでそれについてきいていただきたいです。
まず前提としてわたしは9月まで体育祭に時間を注いでいてほとんど勉強していませんでした。体育祭が終わって40面ノートを一周したら模試の成績は二倍近くになり感動したのもまだ新しい記憶です…!
今は二週目をやりつつ、日本史に傾いていた比重を少しずつ戻しています。赤本は第一第二志望のは一年分ときました。ですが単語の単語のつなぎが弱いので山川の日本史100題も使って知識を固めています。12/16までに全部終わらせて赤本に取り掛かろうと思っています。
冬季講習は早慶大日本史だけとっています。そこに向けて12/16からは赤本に取り掛かりたいということなのです。
そこでいま何をやるべきかわからなくなっています。12/16から赤本では遅いとは思っても正直まだまだ知識が定着してません…。

質問内容もぶれぶれですが、お返事いただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

<石黒>
(1)内閣プリントについて
ぬりえは、例えば二大政党に分けたり、山県系に別の色をつけたりです。
ここの写真に『聴くだけ日本史-内閣編-』の内閣シート(内閣プリントのコンパクト版)の写真が見えています。参考になるかと思います。

(2)赤本について
基本的に赤本は授業に連動させて既習範囲だけを解いていくものでした。なので1年分とか全部やってしまうこと自体が間違いでした。

また、なんのために赤本をやるのかというと、自分の学習「深」度が入試問題レベルに達しているかどうかをチェックするためです。問題集や模試を解くだけでは、志望大学の問題レベルをクリアできるとは限らないからです。まったく安心できません。ちなみに「100題」って山川じゃなくてZ会のですよね? それ、過去問じゃないんですが……大丈夫でしょうか。問題集も過去問を使用したものを使うべきでした。厳しいことを言うようですが、これらのことは授業や配布プリント、ブログなどでお伝えしています

すでに通年授業は終わってしまった現在では「既習範囲だけを解く」も何もありませんが、上記の二つの目的は今でも変わりません。それを意識して学習計画を立ててください。知識の定着を待ってから赤本を解くのは順当に思えますが、もし赤本のレベルに知識が達していなかったらまたイチからやり直さなくてはなりません。12月に入ってしまった現在ではその猶予はないかと思います。これまた厳しいようですが、やはり赤本は6月から解くべきだったのです。すでに入試本番が迫っているのでもう計画ミスや計画不実行は致命傷となります。しっかり腹をくくって取り組んでください。

通常授業を受けていた人なら、ノート復習のペースを少しずつ速めていってください。理想は入試前日にノート40面と文化史プリント16面を一日で全部復習することです。それに向けてペースを上げていってほしいのです。これと同時にすべきなのが問題演習です。過去問や問題集をやることで、より知識が定着するでしょう。冬期講習では「総合日本史演習(発展)」で外交史や経済史のパワーアップを、「早慶大日本史」では難問を解くプロセスを知ってもらうとともに細かい用語を追加します。それまでしっかり復習しておいてください。

上智対策コンプリート・ミッション

関連記事

あざみ野講習受講生の衝撃

夏期講習が終わりました。今年は河合塾で3タームをやるだけだったので、例年にくらべてラクでした。目新しかったのは、あざみ野での講習でした。ここは僕が今年度から出講している校舎なので、僕の授業を受けていた卒業生もおらず、全体的に日本史への取り組みが甘いのです。「某参考書や某一問一答集をやっていれば受かる」といった声がよく聞かれます。うーん、それは実際の出題率に沿った学習にはなっていないので、英語と国語で高得点を取る必要があるのですが……。まあ、それしか知らない人は、そういうアドバイスしかできないでしょうけどね。

それにしても、さすがに「早慶大日本史」を受講した人たちは衝撃をうけたようです。過去の卒業生からいただいた本物の入試問題を見せながら、彼らの正解率と合否結果を紹介したからでしょう。その多くは8割以上の高得点を出したものです(なかには9割、10割のツワモノも)。それゆえ自分の正解率と比較して衝撃を受けるわけです。しかも、テキストとは別に配布したプリントにハイレベル問題が大量にあります。ひとつひとつどうやって正解していくのかのプロセスを説明すると、教室が凍りつきます。入試の世界ではあたりまえの内容であっても、参考書や先生から教わらなかったからでしょう。通年授業を受けている生徒でも凍りつきがちです。文化史分野が弱いことと、常にできごとの時期を考えて解かなきゃいけないことを知らなかったために、正解が出せないのです。授業を聞かずに寝ていた人や、復習をしていない人は言うまでもなく撃沈です。

すでに何人かからメッセージ、および直接質問をいただきました。「どうしたらいいですか?」と。定番の悩み相談へのお答えはブログで紹介しています。まずは次のページをごらんください。
http://www.derutoko.com/blog/nayami

自分の弱点がわかったら、後はそれを克服するだけです。さあ要領よく最短コースでやれるでしょうか。賢い人は素早くそれを見つけて進んでいってください。自分のことを「要領の良くないタイプ」だと自覚している人は、くれぐれも失敗コースを選ばないようにしましょう。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

目に見えないから語られない、合格の秘訣

用語を暗記できたか否かというのは、テストをすれば簡単にわかります。しかし、自分が正しくきちんと理解したか否かというのは、チェック方法がないため、なかなか判断できないものです。

でも理解が乏しいと暗記しても定着率が悪いし、正誤問題でつまづきがちです。さらに早稲田などで出される、考えて解く問題にも対応できなくなります。それは困りますよね?

ところで最近、こんな落とし穴もあるなあと感じました。

理解度の低い人は、自分のヤバさに気づかないことが多いようです。というのは、他の受験生がどれほど理解しているかが、外から見えにくいからでしょう。だから単に点数比較しかできず、自分の点数の低さを、暗記不足とか気合い不足とか、はたまた参考書のせいにしたり(笑)、わかりやすいことで納得しがちになります。

僕にはなぜ理解度の違いがわかるかというと、理解している人とそうでない人では、授業を聴く様子が違っていることが多いからです。また、考えて解く問題が正解できているかどうかでもわかります。これは直接問題を持って質問に来た時には如実にわかりますし、演習講座で解説を聴いている生徒を見るだけでもわかります。

この理解度の差は表に現れないため、友達どうしでも気づかれにくいはずです。さらに言うと、合格者自身もその重要さに気づかなかったりします。自分の理解度を全国共通レベルだと思い込んでしまっているからです。いやいや世間には理解度の低い人が、たくさんいるんですよ。

これから受験する人は、先輩からのアドバイスにも「語られない部分」があると知っておくべきですね。

でる日講義-つながる近現代-

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

滑り止め大学か浪人か

第一志望を勝ち取れなかった人の中には、進路に悩んでいる人もいると思います。自分自身のことを冷静に考えて、周りの人にも相談しながら、慎重に選択してください。

<Yさん>
以前、早稲田予備校の冬季講習でお世話になったYと申します。
日本史とは少し話が違ってしまうのですが、受験が全て終わって残念ながら滑り止めの一校しか受かることができませんでした。
そこは学習したいことができる学部なのですが、通うのに遠い距離にあるのでお金もかかってしまいます。一人暮らしをするにも、通うにも金銭的に親に負担をかけてしまうのですごく申し訳ない気持ちでいっぱいです。そこで今、そこに通うか浪人するか迷っています。浪人といっても必ず成績が上がるのは数少ない人だけど周りの人にも言われて滑り止めのところに行こうと思ったのですが、やはり金銭的に考えると通いやすく、親にも喜んでもらえる大学、そして自分も行きたい大学を目指した方がいいのかなとも思って、とても悩んでいます。正直、受験が全て終わって気も緩んでしまって1年ほどやりきれるか不安です。
何かアドバイスを頂けたらと思い、メールさせてもらいました。長文失礼いたしました…。

<石黒>
ご報告ありがとうございます。

再チャレンジが決まった何人かからすでにメールをいただいていますが、たいていの人は悔しさのあまり、試験終了直後から再び勉強し始めます。まずは冷静に敗因を分析することが大切なので、「落ち着いて学習法を見直すところから始めましょう」とアドバイスしているほどです。
Y君の場合、これとは逆の状態に見えます。この段階で1年間がんばれる自信が持てないのでしたら、自分を律しながら浪人生活を送るのは難しいのではないかと感じました。

とりあえず、こちらで紹介している4つの記事を読んで、よく考えてみてください。
再チャレンジの人へ(再)

合格スケジュール

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

一日でノート10面復習が限度なんですが(再)

●お知らせ●
『MARCH学習院あるあるチェック』は、昨日完売いたしました。

センター試験の結果が思いがけず良かったりすると、油断して手を抜き始めてしまう人が、この時期結構います。センター試験と私大の入試は全く性格が違いますから、気持ちを入れ替えて、私大入試に向けて猛進してください。高速復元はできるようになりましたか? 史料対策を怠っていませんか? まだまだやらなきゃいけないことはたくさんあるはずです。立ち止まっている暇などありませんよ。こちらの記事を読んで、今の自分に足りない物は何か考えてください。

一日でノート10面復習が限度なんですが

どこでも史料問題

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

失速する人、遅咲きの人(再)

この時期、諦めモードに入ってしまう人がいる一方で、近現代をマスターして成績が急上昇しだす人たちがいます。そんな遅咲きの人がいるのも決して悪くはありませんが、1つ心配なのは、そういう人は前近代に抜けがある可能性が高いということです。遅咲きの人はそのへんをどうフォローアップしていくのがいいのか、こちらの記事を読んで考えてみましょう。

失速する人、遅咲きの人

難関大用語集解

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

最後の最後でもぎ取る合格

今月あたまに、こんなメッセージをいただいていました。

<Kさん>
試験を受ける時に緊張しないのは、平常心が保てていいことなのでしょうか?それとも緊張感がないのでしょうか?決して適当に解いてるわけではないんですけど…試験はこんなにあっけなくすぎるものだと思うと少し不安です(>_<) 先日、東京女子大学受けた時に○○事件の○○の部分(編注:伏せさせていただきます)書きで出ましたよ!MARCH学習院あるあるチェック解いてたおかげで解けました! 残りもがんばります! <石黒> 緊張しないとはツワモノですね。まったく問題ないと思います。もし「あっけなくすぎる」ことに驚いたのなら、「こんなことで大学が決まっちゃうのか!」とも感じませんか? そうすると、もっと貪欲に得点したくならないかなあ……と思ったりしました。 ○○事件は良かったですね。記述で解けたというのが、素晴らしいです。確実に他の受験生を出し抜けたはずです。ニヤリですね。 <Kさん> 返信ありがとうございます!こんなことで決まってしまうのか!とも痛感しました(>_<)わたしの今まで頑張った時間をちゃんと発揮出来るようにがんばります! というか、明日から立教の全学部始め、本命の個別が始まるのでそうなってくるとまた精神状態も変わるかもしれません。平常心とパニックにならない程度の良い緊張感を持って石黒先生から今まで学んだことを生かせるようにがんばりたいと思います!

早稲田受験生は残り2日、最後の踏ん張り時ですね。毎年、ここまで図太く粘った人が、最終日程の学部に受かっていきます。すでに早稲田の早い日程は合格発表が出ていると思いますが、以前にも、手応えのあった学部に落ちたことを知って精神的にダメージを受けたものの、奮起して社学の合格をもぎ取った人がいました。試験会場での緊張感などにはだいぶ慣れてきたでしょうから、肉体的・精神的によく整えて、悔いのないようがんばってください!

また、試験結果が出そろった方は、ぜひご報告ください。ブログのフォーム(ページ最下部にあります)より、お名前を明記の上、進学先の大学・学部、その他の合格大学、メッセージなどを送信してください。

でる日講義

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

追い上げ力が問われる直前期

各予備校で、大学別の対策講座が行われています。でるとこ教材のご注文や質問メールも増えていて、みんなが最後の力を振り絞っている様子が感じられます。先日のセンター試験と私大の試験は性格が違うので、くれぐれも油断せずに追い込みをしてくださいね。
以前にいただいた質問を紹介します。

<Sさん>
こんばんは!授業お疲れ様です!毎日聞くだけ日本史を聞いてるんで、久しぶりという感じはなかったんですがやっぱり生授業はテンションあがります!!!
直前期になったんで、毎日ノートの復元に励んでるんですが、どんなに頑張っても一日10面が限界なんです(;_;)要領が悪いんですかね??また、一日で40面をチェックすることは可能なのでしょうか?

<石黒>
やり方が違うんだと思います。40面をまさか全部手書きするわけではありません。自分に必要なことだけをやるわけです。それは各人さまざまです。そして、そのためには自分のノート定着度がどの程度なのか、わかっていなければなりません。優れた人はジブンというものがよくわかっているものです。それがわからない人は問題演習で自分を試すしかないでしょう。

全範囲高速復元に挑む受験生がいる一方で、学習範囲を絞り込もうとする声も耳にします。
「冬期・直前講習の復習と問題集のどっちをやった方がいいですか?」
とか、
「史料問題は『日本史事始』に載ってるヤツをやればいいですか?」
とかって具合にです。

通年授業は取ってなくて、せっかく講習を受けたのに、講習より問題集を優先する意味がどこにあるのでしょう? 何の迷いもなく両方やればいいと思います。

史料問題がピンチな人もたくさんいるでしょう。直前講習では、史料にぶつかって焦った人も少なくないと思います。だったら今からやればいいじゃないですか。そうでなければ、出題されないことを祈ってください。不安が吹き飛ぶような、すがれるモノがあるといいですが……。
それにしても『日本史事始』って、あれは受験勉強の一番最初段階にやる基礎問題集ですよ。僕が出している史料対策教材は『どこでも史料問題』ですってば。……ん? 勘違いしてたのでしょうか?

どちらにしても、「追い込む」とか「詰め込む」ってことを知らない人がいるようで心配です。大学受験の結果で人生のすべてが決まるわけではありませんが、ここでどれだけ追い上げられるかで、将来‘デキる大人’になるか、はたまた‘甘えちゃん’になるか、一つの岐路のようなものだと思います。ぬるい世界に甘んじたくない人は、立ちはだかる壁に背を向けず、全力でぶち当たってみてください。

どこでも史料問題

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

勝負を分ける、最後の詰め込み

センター試験が終わった後、1年前に早稲田に合格した卒業生からこんなメッセージが届きました。
「本日センター試験の日本史の問題を解いてみたんですがやはり悲惨でした」
「もう一年間もノートを見ていないので、枠がぼんやり頭に浮かんでくるくらいで悲しいものです(´;ω;`)」

これは、入試直前期にぎゅうぎゅうに詰め込んだ短期記憶だったため、しばらくして消えてしまったということです。言い換えれば、直前期のこの時期は、目一杯詰め込むべき時なのです。こういう時に覚える量を減らそうと考えるのは本末転倒です。

以前にはある偉人が、「『覚える』という意識ではなく、『本番の試験でどうやって思い出すか』という意識での勉強をして欲しい」「一度覚えたのに答えられないのは、忘れているのではなく引き出せなくなっているから」と言っていました。記憶の種類にもよるのですが、理屈や経験をもって覚えたものの場合、忘れていても一度引き出せば、また思い出しやすくなるんです。せっかく必死になって覚えたのに、引き出す作業をしていないために埋もれたままになってしまっているのは、非常にもったいないと思いませんか?

今は勉強する範囲を狭めるのではなく、どんどん広げていくべきなのです。覚えるのに苦労した経験を思い出して「またやり直しかぁ……」とうんざりするのではなく、「あのとき苦労して覚えたのだから今度は短時間でできる!」と捉えましょう。

『MARCH学習院あるあるチェック』のなかで、例年は立教大が人気ナンバーワンなのですが、今年はどういうわけか立教を選ぶ受験生が少ないようです。いろんな意味で狙い目ですね。立教大の人気そのものが落ちている可能性があるのと、この教材でおトクに受験する人が少ないという意味ですから。立教大のズバリ的中率は非常に高いのですよ。

‘センター明け燃え尽き症候群’に陥ることなく、志望校に照準をあわせて、最後まで詰め込んでいきましょう!

MARCH学習院あるあるチェック

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事