過去問・赤本

東京学芸大学の論述問題

論述問題に慣れていない人がしくじりがちなことの一つに「冗長な説明」というのがあります。日本史を知らない人に説明するかのように書いてしまうわけです。いや、採点者は教授ですからそんなことは求められていません。歴史的意義の大きなものを優先しながら、制限字数いっぱい歴史事項を書き並べてください。

まさにその勘違いをしていた現役生からメールをいただきました。

<Tさん>
はじめまして。X高校のTと申します。クラスの友達が石黒先生の授業を受けていて、「データを取っていて、分かりやすいから聞いてみたら?」と教えてくれたので質問させていただきます。

東京学芸大を志望していて、その過去問です。
2016年度の問題Iの問10の仏教に関する問いの論述問題なのですが、参考書等を見てもなかなかうまくまとまった答え方ができません。どのように書くのがベストなのか教えていただきたいです。

【問題】
史料A~Cとこれまでの問いも参考にしながら,日本古代における仏教の展開について,次の語を必ず用いて論じよ。
物部氏 鎮護国家 密教 浄土教

赤本の解答解説はこのようになっていました(※編注:解答は略します)。
密教から末法思想そして浄土教までの流れの説明がこれだけで十分なのかが少し不安でした。

【Tさんの解答】
6世紀に百済の聖明王から仏教が伝わり、その後、崇仏派の蘇我氏と排仏派の物部氏の間で崇仏論争が起こる。8世紀になると鎮護国家思想のもと、聖武天皇が大仏造立の詔や国分寺建立の詔を出し、仏教の力を使って国家を統治しようとした。最澄が開いた天台宗は、最澄の死後、弟子の円仁と円珍により、山門派と寺門派に分かれ、密教化し、空海が開いた真言宗はもとから密教であった。その後、極楽浄土を願うことが広まり、浄土教として人々の間に広まった。

<石黒>
古代仏教の展開は論述問題では定番ネタです。赤本の解答こそ「過不足なく」書かれていて完璧です。逆にTさんの解答は文章としては間違ってはいませんが、文字数に対して細かすぎる内容が多く、そのせいか史料Cで扱っている「末法思想」に触れていません。また、論述解答は人に説明するために書くというより、事実を列挙することが重要だと考えてください。しかも歴史上重要なことを優先して、です。

ブログに掲載するにあたってTさんの解答を再度読み返してみると、読点が多いですね。キーワードをできるだけ多く盛り込むためには読点は減らすべきです。また「起こる」ではなく、基本的に過去形で書くべきです。さらに浄土教は正確には極楽浄土を願うのではなく、極楽浄土に往生する(うまれかわる)ことを願う信仰です。

論述では「物語る」必要はありません。教科書タッチの無味乾燥な文章で良いのです。ま、つまんないですけどね(笑)

でる日講義-とことん文化史-

関連記事

文化史って用語集の説明をどこまで拾うべきですか?

河合塾では高卒生の授業が毎週180分あるのに対し、現役生は150分しかありません。さらに高卒生には毎週90分のテストゼミまでついています。この時間差はどうにも埋められません。そこで文化史のまとめプリントを配布するとともに、文化史のABランク用語だけを文章で説明したプリントを配布しています。のこりのCDランク用語は各自の独学にゆだねているわけです。

こうした理由から現役生は文化史分野が弱点になりがちです。先日、慶應大法学部の過去問を解いて危機感を覚えた方から質問をいただきました。

<Sさん>
いつもお世話になっています。
文化史のプリントを図説を見ながら進めているのですが慶應法の2012に文化史の問題があったのでやったのですが気になったことがあるので質問させてください。
問題では神職の家の生まれ、50歳で出家から鴨長明を、藤原俊成が撰上から千載集を、安元の大火、養和の飢饉などの災害が載っているというところで方丈記を(鴨長明が分かれば答えられそうです)、朝堂院の正殿から大極殿を導くような問題がありました。他宗の排斥から日蓮を答える問題などは出来たのですが上のように図説には載ってないものもあり用語集には載っているのですがどの程度までやるべきなのか困り果てています。出来る限りやった方がいいのは分かっているのですがプリントに載っている人物の細かい情報を全部拾っていくのは途方もないことだなあとも考えてしまいます。また平安京のなかの朝堂院などはどこに何があるか全く分からない状況だったのですが載っているものは全て覚えるべきでしょうか?
本番で文化史が出た時に撃沈してしまいそうでヤバイです…

友達が難しいと言っていた先日のマーク模試で既習範囲は一ミスだったので少し浮かれていました…回答よろしくお願いします。

<石黒>
スイスにいるため返信が遅くなりました。すみません。
鴨長明を特定する部分は「神職の家の生まれ、50歳で出家」ではありません。史料文の「治承四年水無月の比,にはかに都遷り侍りき。いと思ひの外なりし事なり」からです。受験界ではあまりにも有名な部分なので、ワンフレーズ史料判別ができて当然だと考えてください。もっとも直前講習で配布する「最近の話題」プリントを習得すれば、平安末期の災害というヒントから『方丈記』とわかるようにもなります。
朝堂院・大極殿などは先日の講習「早慶大日本史」で配布した別冊の最後の部分に書いてあります。ごらんください。
よって難問なのは『千載集』のみです。

文化史はたとえプリントがあったとしても、どこまで理解するべきかは非常に難しいものです。用語集を全部理解するなどまったくもってムダな作業です。予算が許せば『でる日講義-とことん文化史-』を使うのが圧倒的にラクで確実です。こちらを使う場合は、授業で配布しているプリントは学習しなくて結構です。逆に独学の場合は問題をたくさん解くなどして、問われやすい内容をつかんでいってください。

慶應は早稲田より文化史の問題数が多いので備えを万全にしておくのは当然です。がんばりましょう。

でる日講義-とことん文化史-

関連記事

北面の武士っていつまであるの?

昨日のSさんからは、さらに2016年慶應大法学部の問題についての質問もいただきました。
これはなかなかキビシイ問題です。

<Sさん>
連日の質問すいません
慶應法の2016の問題でどうしても気になってしまったことがあるので質問させてください。

「西行は北面の武士として〔   〕に仕えたのち、出家して諸国を旅して多くの優れた歌を詠んだ」

とあるのですがゴロで覚えていたので北面の武士だから白河院だと思って答えを見たら鳥羽院になっていました…てっきり北面の武士は白河院だけと思っていたのですが違うのでしょうか?

<石黒>
北面の武士は白河院政後も存続しています。前近代の用語は、それがいつ消滅したのかがわからなくて困ることが多いですね。後鳥羽上皇が西面の武士を設置したころには、北面の武士は武力的性格がなくなっていたようです。入試ではここまでの知識は必要ありません。
いっぽう西行がいつごろの人かを理解していたら、少なくとも「白河院」は消去できました。西行は鎌倉文化で登場する人物だからです。しかし語群に「後白河院」があるため簡単には解けないようになっています。さすが慶應ですね。厳しい問題でした。

でる日講義-とことん文化史-

関連記事

早くも過去問を解き始めた現役生

脳科学の研究結果から暗記を完璧にしようとするより、早く問題を解いたほうが良いことがわかっています。そのことを授業で紹介したら、さっそく過去問を解いた人から質問をいただきました。

<Sさん>
南浦和でお世話になっている者です。
先生が授業中に早めに問題を解くのが大切と仰っていたので今日第一志望である慶應法学部の赤本から授業でやった所までの範囲を解いてみました。
2016年の大問1なのですがグスクなど習っていない所を除いて10門中8問正解でした。間違えた問題は津雲貝塚と朝日遺跡の問題でどちらも解説には難問と書かれていました。この問題は捨て問でいいのでしょうか?
また同じく難問と書かれていた石鏃を固定するのに用いるのがアスファルトという問題は先生が授業中に言っていたなあと思い出すことが出来解けました。改めて話をちゃんと聞くのは大切だなと思いました。またノートの流れの部分は大体覚えられるのですが先生のプリントを貼る部分の遺跡の所は都道府県などきちんと覚えられていなかったので頑張りたいと思います。
明日は慶應の別の学部を解きたいと思っているのですが第一志望だけでなくてmarchなどもどんどん解いていくべきでしょうか?

長くなりましたがすいません、今週の授業も楽しみにしています。

<石黒>
なかなか良い正解率ですね。「アスファルト」も実感してもらえて良かったです。今後は出題校を言わない話であっても、メモを取るなどして習得し、過去問などで正解していってください。津雲貝塚と朝日遺跡はできなくてもかまいません。他の遺跡の県名を覚えきっていないことのほうがヤバイです。グスクはいずれ冬期講習の「沖縄史」の中でやります。
MARCHの問題ももちろん解いてみてください。慶應よりは簡単ですが、少しは得るものがあります。

<Sさん>
遺跡は工夫してなんとか覚えたいと思います。赤本を見ているとやはり古代よりも近現代の出題が多いので早く先生の授業を受け問題を解いていきたいなと思いました。

早い段階で過去問を見ると、こんなふうに近現代の出題が多いことなどもわかって良いですね。文化史や史料問題にしても、どれくらい出されているかを目の当たりにしないとなかなか取り組む気になれないですからね。現役生はそういう点で経験者の高卒生にハンデを背負わないように注意してください。

でる日講義-つながる近現代-

関連記事

2014年早稲田大社会科学部の質問

今日はなかなか難しい問題です。早慶上智を受験する人は次の問題を解いてみてください。

 ……日本も唐にならって律令制を採用し,国防,治安維持に関する制度を作り上げた。地方の国(編注:ここに下線)には軍団を置き,軍団兵士の中から衛士を選抜して,1年間中央に送った。……

問1 下線部(編注:地方の国)に関連する説明として,不適切なものはどれか。2つ選べ。
イ 国司の任期は6年(のち4年)であった。
ロ 国の下に郡があり,郡司は終身官であった。
ハ 郡司は租税の取り立てを担当した。
ニ 郡の下に里があり,里長は裁判などを担当した。
ホ 大和・山城・摂津・河内・和泉は,五畿内と呼ばれた。

この問題について質問をいただきました。

<Mさん>
夜分遅く失礼します。いつもお世話になっております。毎朝、出るとこブログを見て自分の気を引き締めてから始まる、そんな直前期です。
今回連絡させていただきましたのは、2014年早稲田社会科学部の問題で質問があり先生のご意見を伺いたかったためです。2点あります。
2014早稲田社会科学部大問1の問1(中略)という設問です。
①イとロは基礎事項かと思うので自明として、ニとハに関しては出題頻度の観点からすると覚えるべきか否か。
②実はリード文中に「7世紀初め〜」と記載されており、僕は山城の城の字がこの時はまだ背であると推測し、ホを跳ねたのですがどのように反省すべきかまた、僕が危惧したような山城と山背で設問中で引っ掛けてくることはあったのか。ということを伺いたいです。
お時間ある際、お返事していただければ幸いです。

<石黒>
これは悩む問題でしたね。ただ、先日のブログにも書いたとおり、「下線部に関連する」となっている場合は必ずしもリード文の条件に合致している必要はないのです。このため「山城」を「山背」とつっこむのはやりすぎでした。
いっぽう「ハ」は僕もいったんは正文と判断しましたが、三省堂の教科書に「郡司は終身官で民政や裁判を担当、里長は税の徴収がおもな職務。」という記述があったため、これをもとに作問したことが判明し、正解をハ・ニとしました。
これは正解できなくても致し方ないかもしれません。

早稲田大では平安京遷都の際に「山背国」を「山城国」と改めたことがよく出題されます。それを考えると「ホ」って解答してしまいそうなところがイジワルですね。どうにもしょうがない問題でした。

でる日講義-経済・外交史(前近代)-

関連記事

2016年立教大全学部の質問

昨日につづいて過去問の質問にお答えしました。まずこちらの問題を解いてみてください。

工部省に関する記述として正しいのはどれか。次のa~dから1つ選び,その記号をマークせよ。
a.この省が中心となって新橋・横浜間の鉄道を開通させた
b.この省に事務局をおいて第1回内国勧業博覧会が開催された
c.この省によって富岡製糸場をはじめとする製糸や紡績の官営模範工場が作られた
d.この省は1873年,大久保利通によって設立された

<Nさん>
こんにちは。あざみ野館でお世話になりましたNです。直前期にすみませんが、赤本でわからないところがあったので質問させてください。

立教全学部(2016)の工部省について正しいものを選ぶ問題です。(編注:上記の問題)

解答はaで、解説には
「b,c,dの「この省」とは、工部省ではなく内務省のことである。なお、bの富岡製糸場は内務省設置以前に設立されている(1872年)。」
と書かれていました。
私はcが正しいと思ったのでcを選びました。
確かにaの鉄道開通は1872年なので内務省ではないと思いますが、cが工部省でない理由がわかりません。
また、解説の「“bの”富岡製糸場」というのは私の打ち間違いではないので明らかにミスですよね?

直前期にこんな質問してすみません。赤本のミスという可能性も考えましたが、それを自分で決めつけるのは危険だと思ったので質問させていただきました。よろしくお願いします。

<石黒>
これは立教大の特徴を知っていないと悩まされる問題でしたね。赤本の解答が正しいです。富岡製糸場の立案・実施を担当したのは、大蔵省の渋沢栄一と民部省(のち大蔵省)の尾高惇忠という人でした。もっともこのことを覚える必要はありません。それよりも鉄道建設を工部省が担当したことが重要です。とくに立教大では過去に何度も出題されており(どの大学よりも立教大での出題回数が多いです)、立教大あるある問題だったのです。このため通常授業や冬期講習の「発展」の授業でお伝えしていました。

<Nさん>
そうだったんですか!確かに冬期講習発展の授業メモを見返したら工部省のところに「鉄道事業推進」と書いてありました。教えてくださりありがとうございました。

通常授業の時間数が少なめな河合塾では、講習でかなりの情報を追加しています。そこを吸収しないと高得点は得られません。しっかり復習して本番に挑みましょう。

でる日講義-経済・外交史(近現代)-

2010年早稲田大社会科学部の質問

以下の問題について質問がありました。

史料
太政官符す
 応に勅旨開田并びに諸院諸宮及び五位以上の,百姓の田地舎宅を買ひ取り,閑地荒田を占請するを停止すべきの事。右,案内を検するに,頃年,勅旨開田遍く諸国に在り。……出挙(編注:この「出挙」の部分に下線)の日,事を権門に託して正税を請けず。……

問8 下線(編注:出挙)に関して,不適切な記述はどれか。2つ選べ。
イ 出挙とは春に苗を貸し付け,秋の収穫時に利息とともに徴収することである。
ロ 出挙には豪族たちの行なう私出挙と,国衙や郡衙が行なう公出挙とがあった。
ハ 私出挙の利息は10割になるものもあった。
ニ 公出挙の利息は3割ほどであった。
ホ 公出挙は地方政府の重要な財源となっていた。

2つ選べ問題であることに注意してくださいね。
正解は……

イ(苗ではなく籾)・ニ(3割ではなく5割)です。
さて、この問題について質問をいただきました。

<Uさん>
南浦和で通年授業を受けていたものです。赤本の質問のことでメールさせていただきました!
早稲田2010年社会科学学部の大問1の問8なのですが…
勅旨田廃止の史料?の中の「出挙」に下線が引かれていて問題は5つある選択肢の不適切文を選ぶ問題だったのですが

ニ 公出挙の利息は約3割であった

という選択肢が不適切文という答えで実際に解いているときは選べたのですが
その後、ノートで確認していると
桓武天皇の欄の中に【出挙利稲軽減(5→3割)】という記述に気づき逆に分からなくなってしまいました。(同時にノート覚えの不完全さも気づきましたが…)
でるとこサイトの回答速報の答えも「ニ」を選ばれていたと思います。
お時間がありましたらご教授お願い致します!

<石黒>
史料は902年の延喜の荘園整理令なので、確かにその時点では公出挙の利息は3割じゃないかと言いたくなるかもしれませんが、設問文をよく読むと下線に「関して」とあって下線に「ついて」とはなっていません。この場合は必ずしも902年時点の出挙のことを問題にしているわけではないのです。また、3つの正文がいずれも正しいと判別できるので、消去法で考えても「ニ」は誤文として作問しているのだろうと推測できます。

一度覚えたものを忘れてしまっているのはもったいないです。この時期はスピードを上げてもう一度インプットし直すべきですね。過去問の質問を受けるたびによく思うことです。

難関大用語集解

関連記事

解答が割れた2007年早稲田大教育学部の問題

早稲田大学などのハイレベルな正誤問題には、各種辞書類を駆使しても正誤判別に苦しむものがあります。教育学部の問題のように「正しいものをすべて選べ」と問われてしまうと消去法を使うこともできず、受験生はもちろんプロの解答作成者もお手上げとなることもしばしばです。以前に即日解答速報をやっていた時は、作問者の独断ぶりを呪ったものです。

先日、まさにそうした問題について質問をいただきました。

<Iさん>
石黒先生こんにちは
過去問を解いていたら疑問に思う点があったので質問しました

2007年 早稲田教育学部
大問2
問4 資料(1)に関して、正しいものをすべてあげよ
ア 日親が『立正治国論』をもって、時の政府に諫言した。
イ これにより困窮した御家人たちの不満は増大した。
ウ 主として火器をともなった集団戦であった。
エ 主として火縄銃を用いた個人戦であった。
オ このあと中国産の生糸や朝鮮半島の木綿がもたらされた。
この資料は高麗使が日本に持ってきたフビライハンの朝貢要求の書だと思います(推測ですみません)
東進ではこの問題の答えが イ、ウ、オなのですが
オの答えに多少違和感がありましてこの選択肢は何を示しているのかさっぱりわかりません
室町時代の日明貿易 日朝貿易のことを指しているのか、はたまたただの民間貿易のことを指しているのかがわかりづらくその点において石黒先生に答えていただきたいです!

<石黒>
この選択肢オの判別は、かなり悩まされるものでした。解答は各社で割れていまして、河合塾と赤本ではこれを誤文、旺文社は正文と解答していました。僕自身はこれを正文として解答速報を発表しています。

史料は有名史料で、1268年に日本にもたらされたフビライの国書です。

僕が注目したのは「このあと」と「朝鮮半島の木綿」です。鎌倉時代には高麗の商人がさかんに来日して交易していましたが、その時の輸入品としては、「木綿」は強調されません。そして、高麗が元に侵略されてからは日本との交易も困難になりました。
その逆に朝鮮からの輸入品として「木綿」が強調されるのは、15世紀の李氏朝鮮との貿易です。ここでの「木綿」or「綿布」は頻出用語です。

こうしたことから考えて、僕はオを正文と考えました。しかし、早稲田入試における「すべて選べ」という問題では、解答個数が3つになることは少ないため、かなりためらったのも事実です。ただし、この大問には解答個数が3つとなる小問が他にもあります。問7です。それを考えると「この問4も解答が3つであってもおかしくないかもしれない……」とも考えました。ちなみに問7も解答が割れていて、河合塾だけは正解をア・ウとしていました。他社はみなア・ウ・オです。

早稲田、なかでも教育学部は判断に苦しむ正誤問題をよく出題しています。この問題などは作問ミスに近いと言えるでしょう。今後役に立ちそうな内容ならこだわるべきですが、そうでなければ割り切って無視してもかまわないんじゃないでしょうか。無駄な労力をかけるのもしゃくですから。

難関大用語集解

難関大受験に必要な「本当の」ハイレベル用語を網羅! 辞書とは違うわかりやすい説明に、豊富な出題例も。


関連記事

空気を読んで答える史料問題

入試問題を解くのに慣れてくるとあちこちに気が回って正解しやすくなるのですが、初めのうちはそれがなかなかできないものです。それをふまえて一つ史料問題を解いてみませんか?

問 次の資料は,近衛声明から抜粋したものである(適宜表現を改めた)。この資料に関する(1)に答えなさい。

国民政府は帝国の真意を解せず,漫りに抗戦を策し,内民人塗炭の苦みを察せず,外東亜全局の和平を顧みる所なし。よって帝国政府は爾後( ア ),帝国と真に提携するに足る新興支那政権の成立発展を期待し,是と両国国交を調整して更生新支那の建設に協力せんとす。

(1) 上の資料中の( ア )に入る語句を記述しなさい。

これは2015年慶應義塾大学経済学部の問題です。この問題について質問をいただきました。

<Aさん>
直前にすみません。慶應経済学部のグラフがなかなかうまく取れないので、15年なども軽く見直していた時に発覚したのですが、2015年の経済学部の大問2の問11、答えが国民政府を対手とせず、となっていました。河合の答えも同じでした。ここは、国民政府ヲ対手トセスではなくてよいのでしょうか?

<石黒>
史料文をよく見てみましょう。カタカナではなくひらがなで書かれていますね。なのであえてひらがなで解答したわけです。「国民政府ヲ対手トセス」と書いても不正解とはされないと思いますが、早慶クラスを狙う受験生でしたら、出題者に配慮する余裕もほしいものです。

よく見ると冒頭の設問文に「適宜表現を改めた」とありますね。また、原典が漢文の史料の場合は、書き下し方が自分が知っているものと異なっていることも多いです。本番であわあわしないようにしましょう。

どこでも史料問題

定番の穴埋め・意味聞き箇所を網羅 赤シートでもれなくチェックしよう!


関連記事

今年の入試問題は今年の入試に役立つか

今年の入試もいよいよ佳境を迎えましたね。先日こんな質問をいただきました。

<Oさん>
お忙しい中失礼します。
解答速報などで、同じ大学で自分が受けていない学部の問題も見れるのですが、その範囲は他の学部では出にくいと考えた方がいいですか?

<石黒>
いやそんなことはありません。とくに早慶では、重複することが多々あります。

各予備校が出している解答速報には問題も付いているので、こんなふうに利用する手もありますね。もっとも予備校によって解答が違っていることがあるので、解答を鵜呑みにできないこともありますが。信頼できない予備校の解答速報には注意が必要です。


関連記事