難関大合格に必要なこと

ストーリー理解ができているか不安です

夏休みも終わろうという8月下旬、不安にさいなまれた方から質問をいただきました。

<Iさん>
こんにちは。藤沢館で石黒先生の授業を受けている者です。私は一学期の時に思いっきり部活を言い訳にして形だけの受験勉強をしていました。本当に馬鹿だと思うのですが復習も全然していませんでした。そのせいで、メモはとっていますが、石黒先生が授業で話してくださっていたはずのストーリー理解などが甘いのでは?と不安です。学校での授業などでもとからある程度のストーリーははいっているのですが忘れてしまっているところもあると思います。それに歴史は流れで覚えろみたいなことをよく聞きます。私は読むだけ日本史をもっていて、それを使ってストーリーを理解しているのですがそれでは足りないですか?ノート覚えの方は完璧とまではいかないですが、大まかにだったら復元できます。

<石黒>
理解度がわらないためなんとも言えませんが、過去問の正解率が8割以上であればそれで結構です。そこで判断してください。

<Iさん>
既習範囲だけですが早稲田の商学部を解いてみたところ、7割でした……勘というか、なんだかいろいろとたぶんこうだろなと予想してパズル的に解いた感じだったので正直知識の定着は7割以下だなと感じました。夏で少し成長しましたが英語の能力がまだ全然足りてないので英語をもっと頑張りたいと思っています。文化史は替え歌でなんとなく覚えていますがおそらく問題をとけるレベルではないと思います。史料問題はまだ手をつけていません、、秋からの日本史の勉強はどのように進めていったらいいでしょうかまた、ストーリーの理解が足りないのはどう勉強すればいいでしょうか?
長文すみません。

<石黒>
「予想してパズル的に解」くこと自体は悪くはありません。とくに早稲田の問題ではそうした解法を使うべき問題がいくつもあります。
さてご質問のストーリー理解についてです。1学期部分の復習ができていないということは『読むだけ日本史(1)』に書かれていないDランク用語の理解が乏しいだろうと思われます。学校でも扱わなかったであろう用語です。今から取り返す方法としては『難関大用語集解』で学習するのが良いかと思います。史料問題や文化史についても過去問の正解率で判断してください。
秋からの日本史の勉強については、とくに1学期と変わりはありません。1学期の学習法については初回の授業で配った学習法のプリント通りです。ただし2学期は1学期部分の復習も同時進行でやっていく必要があります。今まで以上にテキパキ進めてください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

高校2年生の独学勉強法(2)

昨日のお母様からさらにメールをいただきました。

<Nさん>
お忙しい中、ご丁寧なアドバイスありがとうございました。
先日のメールには書いておりませんが上智公募推薦と一般受験を考えております。
(デメリット等、本人承知済み)
そのため、3年夏休みからは推薦対策に時間がとられる事を考え、英語プラス1教科は3年迄にほぼ網羅したいと考えてるので、日本史の通常授業を2年又は3年で取るか悩んでます。
仮に2年で河合塾の日本史総合をとった場合、3年からは独学で復習及び演習すれば受験範囲は網羅できますか?
度々の質問で申し訳ありません。ご返信急ぎません。

ちなみに昨日上智CMを注文したのは私です。日本史事始はあいにく完売のようなので、CMも完売になる事を恐れ、気が早いですが注文致しました。

<石黒>
河合塾の日本史総合ですが、授業内容・受講生とも上智大志望者にとってはレベルが低いためお勧めしません。
大学受験のための日本史というのは、基礎部分なら独学が可能ですが、早慶上智レベルとなると素人の受験生では習得すべき情報の取捨選択ができないため困難を極めます。ハイレベルな部分こそ受験対策に精通している環境で学習すべきです。その環境というのが講師しだいなのは言うまでもありません。

ちなみに先日、公募推薦で上智大に合格した生徒が報告にきました。公募推薦に必要のない日本史も模試では相当高い偏差値を出していたようです。効率よく学習できたことを喜んでいました。

<Nさん>
的確なご指導ありがとうございます。
では2年は季節講習と独学で対応し、3年から通常授業をとる事にします。
先生の講義を受けれたら良いのですが…(場所的に問題あり)。

お忙しい中、ご親切にありがとうございました。

derutoko.comの公式サイトには高校1・2年生の方へというページがあります。お勧めするブログ記事のリンク集となっていますので、よろしかったらごらんください。

上智対策コンプリート・ミッション

関連記事

高校2年生の独学勉強法(1)

最近は大学に入る方法がかなり多様化してきました。各大学は一般入試以外にさまざまな受験方法を用意しています。
これ、受験のチャンスが増えて一見良さそうなんですが、実は受験生の負担を増やしている面もありますよね。指定校推薦を取るための定期テスト勉強から始まって、公募推薦などの小論文対策もしなくちゃいけないし、自己アピールにつなげるための活動もしておかないと……と。

そしてほぼ一般入試しか対象としていない当方は、だんだん役立たずになりつつあるのかもしれませんね。先日、上智大の公募推薦と一般受験を考えている方からご質問をいただきました。紹介します。

<Nさん>
初めまして
プログを拝見した高1息子の母親でございます。春から河合塾に入塾します。
日本史は得意科目なので3年から授業をとり、2年生は独学と季節講習を受講予定です。
独学用のテキストと勉強法を教えて頂けますか?
ちなみに上智第一希望です。
受験直前にはもちろん『上智対策コンプリート・ミッション』を使用させて頂きます(笑)

<石黒>
ご質問ありがとうございます。
早くからの大学受験対策はすばらしいですね。効率よく確実に上智大レベルにもっていく方法としては、高校2年生のうちに日本史の骨組みをつかみ、3年生で完成させるという2ステップで行くのが良いかと思います。そのための教材としては『きめる! センター日本史』が最適です。やさしくみえる文章ですが、内容的にはこれだけでセンター試験で9割が取れます。そして日本史の骨組みをつかむためには、政権担当者や将軍などを順番に覚えることが最優先です(とりわけ上智大では時期の把握が欠かせません)。こうした単純暗記のための教材としては『日本史でるとこ攻略法』をお勧めします。

こうした学習を進めていくうちに好奇心が高まってきたら、上智大で頻出かつ難易度の高い「文化史」に取り組むのも良い手です。映像教材になりますが、『でる日講義-とことん文化史-』がすべてを網羅しているベストな教材です。

きめる!センター日本史

関連記事

慶應大経済学部の論述対策

先日、慶應大学経済学部の論述問題について質問をいただきました。

<Hさん>
お忙しい中失礼します。
レギュラーで2学期から先生の授業を受けている者です。慶応大学経済学部b方式を第一志望としています。
私は夏休みまでFIT入試の準備(不合格でした)ばかりしていたこともあり、日本史には殆ど手をつけていませんでした。9月上旬にFITの不合格が分かり、慌てて日本史の勉強を始めたため、日本史の過去問をまともに解き始めたのは、最近です。
そこで、経済学部についてです。解いてみたところ、マーク問題はそこそこできます。しかし、論述問題は「なんとなくなにを書く分かる」という状態で、模範解答のように十分に用語を盛り込むことができていません。(模範解答を見たときに知らない用語は殆どありません)
論述対策に関し石黒先生のご意見を教えてください。

<石黒>
つぎの二つを繰り返すのみです。
(1)教科書の近現代部分を読みどう文章化するかを習得する。
(2)論述問題をたくさん解いて鍛錬する。
問題集としては『“考える”日本史論述―「覚える」から「理解する」へ』(河合出版)が良いと思います。幸い出題範囲が狭いので他の大学よりは対策をたてやすいかと思います。健闘を祈ります。

でる日講義-経済・外交史(近現代)-

関連記事

50代からの歴検奮闘記(2)

昨日のNさんから返信をいただきました。そこには「考えて解く」という体験が綴られていました。

<Nさん>
石黒拡親先生
御忙しい中、御返信いただきましてありがとうございます。過分なお褒めの御言葉をいただき大変恐縮いたしております。(中略)
せっかくのメールですので、今回の歴検の問題の中でひとつ印象に残っているものを引用させていただきます。

「フビライが第一次日本侵攻に踏み切った背景には、九州特産の鉱物資源を必要としていたという事情もあったと考えられている。この鉱物資源の名称を漢字2字で記せ。」

というものでした。私はこの事実は知りませんでした。しかし、元は世界各地を侵略していたので軍需品に関係するものか?、蒙古襲来絵巻に書かれていた元軍の‘てつはう’は火薬、火薬とくれば硫黄、このあとの貿易の輸出品でも硫黄が出てくるし、と考えてヤマ勘で当たりました。先生がおっしゃっていた、勉強していたからできたヤマ勘での正解でした。

私は今回、ギリギリの点数での合格でしたが、もしこれが正解できていなければ結果は翻っていたかもしれないと思うと冷や汗が出る思いでした。大学受験問題の方でも特に元寇は異様に詳しい問題を出す大学があると映像教材でおっしゃっていましたね。その他に今回の歴検では日本が元に服属するよう要求してきて斬首された元の正使の名前を記述で出すなどという問題もありました。このエピソードは知っておりましたが名前までは覚えておらず撃沈でした。

これからも映像教材は倍速で何度もみて(1.8倍速ぐらいでみておりますが、最近は先生が入れられるギャグのタイミングも覚えてしまいました)、プリントも繰り返し復習していきながら、さらに肉付けしていきたいと思っています。難解大用語集解も購入させていただきました。
寒くなってまいりましたのでどうかご多忙の中、御身体ご自愛くださいませ。

賢い人というのは、推測で正解したことをたいてい「勘で当たった」と言うものです。それを素人が鵜呑みにすると大失敗が待ってます。これはいわゆる「盛って」話すの逆で、「削って」話しているだけだからです。このNさんも「ヤマ勘」と言いつつ、思いっきり推測していますよね? 早慶上智を狙う受験生は、このプロセスをよくつかんでおいてください。

ちなみに「斬首された元の正使」は「杜世忠(とせいちゅう)」です。これを書かせるわけですからさすがに難問です。たとえ早稲田大学でも、選択問題でしか出題されないと思います。歴検1級おそるべし、ですね。

難関大用語集解

難関大受験に必要な「本当の」ハイレベル用語を網羅! 辞書とは違うわかりやすい説明に、豊富な出題例も。


関連記事

明大に受かっても背水の陣を敷く受験生

受験界に「仮面浪人」という言葉があります。滑り止めとして受かった大学に籍を置きながら、第一志望合格を目指す浪人のことです。
MARCHあたりの大学に籍を置きながら、早慶上智をめざす人が多いのですが、大学に籍があるためつい甘え心が湧いてしまい、なかなか合格できないのがよくあるパターンです。
それゆえ大学を休学する人もいますが、先日、なんとMARCHを蹴って早慶をめざすという剛の者から質問をいただきました。「背水の陣」で望むわけですね。

<Kさん>
今年明治入学をやめて早慶に行くために浪人します
新課程の教科書や用語集などは買うべきなのでしょうか?
頻度は見ずに辞書代わりに使うためには旧課程の用語集で対応できるのでしょうか?
○○(編注:予備校名が入ります)で浪人するのですが、○○のテキストで十分対応できるのでしょうか?
新課程になることで何が変わるかもよくわかりません

<石黒>
新課程になっても入試の出題傾向はとくに変わりません。教科書も旧課程の最終版を持っているなら、どちらでもかまいません。もちろん変更点はいくつもありますが、それを覚えなければ早慶に受からないということは、ほとんどありません。何よりも入試の出題情報にもとづく用語の習得率で、正解率が決まります。
そして、○○のテキストだけでは早慶での高得点は取れないと思います。入試に有益な情報を足したり、不要な情報を削るのは、講師の力量にゆだねられています。何が出て何が出ないかがわからない場合は、大は小を兼ねるとあきらめて、ムダを承知でたくさん習得するしかありません。
Webサイトやブログでさまざまな情報を提供していますので、あちこち読みあさってみてはいかがでしょうか。

上のKさんと同じように「背水の陣」で挑んだ受験生は、過去に何人もいました。その結果は、実に悲喜こもごもです。一番印象深いのは、早稲田商学部の日本史で98%の正解率を叩きだした男子です。学部内トップ合格で、第一回大隈賞というとんでもない栄誉を勝ち得ました。

難関大用語集解

難関大受験に必要な「本当の」ハイレベル用語を網羅! 辞書とは違うわかりやすい説明に、豊富な出題例も。


関連記事

早慶関係者は何が出る?

直前講習の早慶大対策講座では、早慶大それぞれの関係者を一覧にまとめて配布しました。最後の最後に詰め込むのが大変かもしれませんが、ワセヨビではさらに人物史なども扱い、万全体制をとっています。うまく活用してください。

<Kさん>
早大 慶大関係者一覧に大隈重信と福沢諭吉が載っていなかったのですが、この二人に関しては何をどのくらい知っているべきでしょうか? 例えば2010年慶應商では、訓蒙窮理図解 世界国尽 帳合之法という用語集にない福沢諭吉の著作の出題がありますが正解すべき問いなのでしょうか 用語集にある福翁自伝と丁丑公論も気になります

<石黒>
テキストの「近現代のキーパーソン」のところに二人の説明があります。
福沢の著書については、『訓蒙窮理図解』『世界国尽』『帳合之法』は正解する必要はありません。それらを正解しなくても商学部なら8割正解できるはずですから。ただし、『世界国尽』については2012年の法学部でも出題されました。また慶大生の話によると、『福翁自伝』を読ませる授業があるそうです。

聴くだけ日本史-内閣編-

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

難関大受験生のノート覚え

受講生から、40面ノートの使い方について質問が届きました。

<Sさん>
河合塾に通ってます。 昨日の授業をうけて重要単語にチェック入れようと思ったのですが、読むだけ日本史の赤字にマークをつけるのはどうですか?

<石黒>
志望校をお教えください。

<Sさん>
早稲田(商、文化構想、社会科学)です。

<石黒>
その場合は、重要な語句にこだわるよりも、あまり出ない語句に印をつける方が効果的です。早稲田のためならノートのほとんどを覚えてほしいのですから。

<Sさん>
ありがとうございます。わかりました。

早慶上智を目指す人で、40面ノートや文化史プリントを手にして「どこまで覚えようか…?」と考えている受験生は、こちらのブログ記事をごらんください。まだヌルい人がいるようですが、合格に必要なペースを早くつかまないと、あとで手遅れになってしまいますよ。

どこでも史料問題

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

早稲田と立教の懸隔(再)

みなさんは、第一志望の大学に入るための準備ができていますか? その大学に入るためにはどのくらいのレベルに達するべきなのか、本当に分かっているでしょうか? まだまだ甘い人がたくさんいると思います。特に、模試の成績が良かったり、第一志望よりワンランク下の大学に合格した経験があるなど、中途半端な自信を持っている人が一番危険だったりします。こちらの記事を読んで、自分の認識が間違っていないか、よく考えなおしてみましょう。

早稲田と立教の懸隔

どこでも史料問題

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

覚えるところを絞りたい病の人

先日、某校舎で沖縄・北海道史の講義をしました。そこには通年授業を受けていない人が結構いて、授業後にその一人から質問がありました。高卒生っぽいその人は、「○○大学××学部(編注:MARCHの一つです)を受けるんですけど、このプリントのどこをやったらいいですか?」と聞くのです。僕は苦笑いしつつ、「さっき話したここも、ここも、君の受ける大学が去年出題してたよ。あ、ここも、ここもだ。」と伝えました。つまり細かそうにみえる内容でも、その学部ではバンバン出題されていたのです。そう話しても、まだ取り組もうとする姿勢が見られなかったので、「これ正解してたら、だいぶ点差ついただろうねえ」とダメ押ししたら、すごすごと引き揚げていきました。次の日の授業にはその人の姿がなかったことには、驚きましたが……。早くも挫折したのでしょうか。

この時期になると「覚えるところを絞りたい病」にかかる人が出てきます。20数年も講師をやっていると、もうおなじみなのですが、そういう考えでMARCHを受験するというのは、ナメすぎなんじゃないでしょうか?

現在、『MARCH学習院あるあるチェック』の大学別アドバイスの作成に奮闘中です。大学別の音声CDがあるので、その台本を作っているわけです。過去20年分のデータから、来年の入試の出題を予想してアドバイスをするためです。テキストにも問題がついていますが、音声CDの中でもこれまたたくさんの問題を投げかけています。それはアドリブなどではなく、一題一題、吟味して問いかけているものなのです。

前述のとおり、MARCHレベルでも真剣に挑まない人がいるということは、逆に本気で挑んだら、大きく点差をつけられるということです。
1月1日から販売開始です。ご期待ください。

MARCH学習院あるあるチェック

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事