勉強法−正誤問題

法政大の正誤問題

正誤問題が要領よくラクに解けるようになるには、良い問題集が不可欠です。誤文の誤り箇所を指摘してくれない問題集なんて論外です。かといって何でもかんでも説明してあれば良いわけでもありません。めったに問われない些末な誤文だったら、逆に「これは覚える必要はありません」と書いてほしくないですか? どこの問題集とは言えませんが、よけいな辞書的情報を書き連ねているものがあるんですよ。それってやっぱりゴミ情報ですよね? 文字による解説だとそうしたニュアンスが伝わりにくいかと思って、derutoko.comでは音声解説をたっぷり付けた問題集を作ったことがあります。『どこでも史料問題-問題編-』です。

先日、2017年の法政大の正誤問題について質問がありました。
受験生の方は、一度解いてみてからその先をお読みください。

問 1947年制定の教育基本法,学校教育法に関して,正しい記述はどれか。以下のア~オのなかから一つ選びなさい,
ア 女性が正規の学校教員になれるようになった。
イ 義務教育年限を高等小学校までの8年から中学校までの9年に延長した。
ウ 教育委員が公選制から任命制になった。
エ 高校女子について家庭科が必修とされた。
オ 男女共学が原則とされた。

<Nさん>
河合塾藤沢館で石黒先生の授業を受けていたNと申します。
2017年の法政大学の国際文化学部の問題で、腑に落ちない部分があったので質問させていただきます。(赤本の解説に載ってませんでした。)

教育基本法、学校教育法の関連の問題で、「義務教育年限を高等小学校までの8年から中学校までの9年間に延長した。」という選択肢(誤答)があったのですが、義務教育は国民学校令では8年、学校教育法では9年なはずです。
はっきりとした誤答の原因がわかっていないのでもやもやしています。

稚拙な質問ではございますが、ご回答の方よろしくお願いします。

<石黒>
まず「誤答」じゃなくて「誤文」ですよね?
この問題は「オ 男女共学が原則とされた。」が非常に短い文で、誤り箇所を見つけようがありません。これが正文だと簡単に判断できるはずです。
いっぽう「イ 義務教育年限を高等小学校までの8年から中学校までの9年に延長した。」は「8年から中学校までの9年に延長」は正しいので、「高等小学校までの」というところに誤りがあるかもしれないと考えるべきです。国民学校令によって、それまでの尋常小学校と高等小学校が一つになって国民学校と変わってますから、やはり誤文です。ちなみに「国民学校」は頻出用語です。

どこでも史料問題

関連記事

関西学院大の正誤問題対策・続き

昨日紹介したNさんから、ふたたび質問をいただきました。

<Nさん>
こんばんは。夜分遅くにすみません…
藤沢現役館で2学期から授業を受けさせてもらっていて、近現代は読むだけ日本史『2』と授業ノートと受験生が本当にほしかった問題集を使って自分的にすごくよく理解できて進められています!時期合わせでたまにうまくハマっておぉ?ってなります(笑)1学期の分は友達にノートを写させてもらってそのノートと読むだけ日本史『1』を使わせていただいて大まかな流れはつかめたのですが、関西学院大学の過去問を解いてみると7割程度でした…正誤問題は読むだけ日本史を熟読したら解けるようになりますか?
あと、史料問題対策が全然できてなくてで石黒先生のどこでも史料問題をとても買いたいのですが予算的に厳しいところもあって…どうすればよいですか?(あつかましい質問ですみません)
最後に、関西学院大学の赤本の傾向は読んでなるほど、と思ったのですが、石黒先生が感じられた関西学院大学の特徴や対策などあったら教えてください!
質問がアバウトでしかも多くてすみません!

<石黒>
用語的には『読むだけ日本史(1)』でかなり網羅していますが、8割オーバーは難しいかもしれません。Dランク用語をもっと習得すると高得点が取れるでしょう。そちらは『難関大用語集解』でテーマごとに説明しています。
それから史料問題は、何かしら問題集を解いてください。市販のものを使う場合は、その問題集の中で問われた部分以外も出題されるかもしれないことに気をつけてください。『どこでも史料問題』とは違って、問われている箇所が限られているのが弱点なのです。
関西学院大対策としては、文化史分野がおろそかになっているのではないでしょうか。いわゆる関関同立は、文化史の出題率が結構高いので注意してください。

でる日講義-とことん文化史-

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

関西学院大の正誤問題対策

9月の下旬のことですが、こんな質問をいただいていました。

<Nさん>
僕は藤沢現役館で夏期講習に石黒先生の授業を初めて受けて本当にわかりやすく近現代は暗記だけでは絶対に乗り越えれないと痛感しました!古代~近代も石黒先生の授業を受けていれば…とすごく後悔しています。話は変わるのですが僕は関西学院大学の教育学部を目指していて関学は正誤問題がよく出てと赤本に書いてあるのですが、石黒先生のあるある正誤問題センター試験編は関学の正誤問題には対応してないですか?

<石黒>
関西学院大の正誤問題はセンター試験とは少し傾向とレベルが違います。このため『あるある正誤問題』は、関西学院大の一歩手前のレベルの問題集だと考えてください。
ところで「関学は正誤問題がよく出てと赤本に書いてある」とありましたが、過去問をまだ解いていないということでしょうか? 何よりもそこに驚きました。今日から急いで始めるべきです。赤本は6月から始めることを提唱しています。

ちなみに僕も今、入試問題を解きまくっています。そして、あるゲーム関連本の監修をすることになったので、またまた歴史上の人物の勉強をはじめました。年内発売の本なので、わりと早く紹介できると思います。でもゲームなので受験生には関係ありませんね。

あるある正誤問題

センターの定番正誤文を、タイプ別にまとめました。


関連記事

あざみ野館のセンター対策講座

昨日、案内の記事をアップしたら、すぐに何人からか問い合わせがありました。

<Tさん>
夜分遅くに失礼いたします。藤沢でお世話になっているものです。
あざみ野での先生のセンター対策を受講したいのですが、
藤沢の私でも受講できるのでしょうか?
できるのでしたら、受講料なども知りたいです。
よろしくお願いします。

<石黒>
受けられると思います。受講料は千円のはずです。直接、あざみ野館に電話してみてください。

この講座は、事前に配布した問題を解いてきてもらう必要があります。遠方から来られる方は、開始時間の1時間前には来て、自習室などで問題を解かなければなりません。そこにご注意ください。

そしてあざみ野館の方にもう一つお知らせがあります。

テーマ短期講座「差がつく文化史」(180分)の定員枠を広げたそうです。おかげで今からでも申し込めるようになりました。古代・中世の文化史でもっとも難しく、かつ、もっともよく出題される仏教史を講義しますので、ぜひ受講してみてください。僕が河合塾で文化史を講義できるのはこのときだけなので、貴重な機会となっています。

あるある正誤問題

センターの定番正誤文を、タイプ別にまとめました。


関連記事

正誤問題を解くコツ

正誤問題は選択肢を比較して解くものです。あまりにも細かいところにツッコミを入れて、逆に大きな誤りを見過ごしてしまうと正解できないからです。たとえば、次の文の正誤判別をしてみてください。

 592年に蘇我馬子が崇峻天皇を暗殺した。

これは厳密に言えば誤文です。実は、本当に手を下したのは馬子ではなく、東漢直駒という人物だからです。しかし、ふつうの入試ではこれを正文として出題しています。大雑把にとらえれば正しいことだからです。こういう正誤の判別に悩む選択肢がきたら、他の選択肢と比較して、より大きい誤りがないか探さなければなりません。選択肢の誤り度合いを見くらべるわけです。そのためには物事の重要度がわかっていなければなりませんね。用語の単純暗記勉強とはほど遠い世界です。正誤問題が苦手な人には、問題解説授業を受けてもらいたいところです。「日本史道場」や講習の早慶大向け講座をお勧めします。

ところで、その正誤問題の質問がありました。2009年早稲田大学商学部の問題です。まず、その問題を解いてみてください。

問 政体書に関する次の記述のうち,誤っているものを2つマークせよ。
1.副島種臣と福岡孝弟とが起草に従事した。
2.イギリスの制度にならって,天皇が政治に介入しないようにした。
3.三権分立制を導入して,太政官への権力集中をさけた。
4.高級官吏は互選で4年交代とした。
5.あまりにも西洋的であったため,版籍奉還の際に大宝令を模した制度に戻された。

※念のため付け加えますが、これは2つ合っててようやく1点の問題です。部分点はありません。

<Hさん>
いつもお世話になっています。ところで山登りお疲れ様でした。無事で何よりです。先生が夏期講習においてこんな自分のことを紹介して下さったそうで、顔も知らない同級生が自分のことを気にかけているという噂を聞きました!大変ありがたいことです。(因みに日本史道場の反省としてその後すぐ丸坊主にいたしました…五厘です(笑))
前置きが長くて申し訳ありません。過去問について疑問がわいたのですが、2009年度早稲田大学商学部大問4[B]の問題です。
政体書についての問題なのですが、自分の解答は2・3であっていたのですが、3については、「三権分立制を模倣したはしたが日本においては確立しなかったなかなぁ」という疑問、5については「太政官制は版籍奉還に際し二官六省という仕組みに変更はされたが、“あまりにも西洋的だから”大宝令官制にしたのかなぁ」という疑問が残りました。自分の理解度が浅い故の質問であったら申し訳ございません。時間に余裕がつき次第お答えください。

<石黒>
丸坊主、しかも五厘とは笑いました。僕が通っていた中学は坊主にしなければならなかったのでよくわかるのですが、みずから進んで坊主にするというのはすごいですね。さすがです。

さて質問に答えます。3は確かに三権分立が確立したとは思えませんが、「太政官への権力集中を‘さけた’」というのは誤りでしょう。むしろそちらにツッコミを入れてください。つまりそれだけ「政体書は太政官への権力集中をはかった」ことが重要だってことです。一方、5の「あまりにも西洋的であったため」というところがひっかかりますが、それ以外は正しいと判別できるでしょう。そう考えた上で3と5を比較すれば、誤文なのは3の方だろうと推測できるはずです。

<Hさん>
ご返答くださりありがとうございます。そうですよね。文の一部は?でも、他の選択肢との比較や明らかな誤りから答えは導けますよね。しかしこれに気づけたのも“しゃべり”の部分をしっかりと吸収できたからだと思います!1学期以上に近現代は問題演習に力を入れようと思い、ノートの大枠を頭に入れ次第既習範囲の過去問にどんどんチャレンジしているんですが、先生のおっしゃったことがリード文に見受けられたり、また解答へ至るプロセスの一助となるときの“キター!”を経験することが次第に増えていっています。この感覚を大事にし、これからもノート覚え諸々励んでいきますのでまたどうか何卒お願い申し上げます。
髪のセットに時間をかけてる人には絶対負けません(笑)

髪のセット……。笑えます。確かに時間ゼロですからね。


関連記事

知識をムダにしない、正解へのプロセス

当方の授業や教材を使っている人は、
「何を覚えるか」という情報で、他の受験生に負けることはありません。
「どう覚えるか」という点でも負けないでしょう。
ただし、最後にもう一つ残っているハードルがあります。
それは「問題をどう解くか」という点です。
解答を導き出すプロセスが間違ってしまうと、
解ける問題も解けなくなります。
それをお見せするのが、演習授業なわけです。
問題集に付属する紙媒体の解説では、やはり限界があります。
そこで、講習や映像・音声教材で、
問題を解くプロセスをお伝えしているのです。
油断ならないのは、ハイレベル問題を正解できたとしても、
そのプロセスが「たまたま当たった」だけの的はずれな方法だったら、
別の問題には生かせないどころか、
弊害となってしまう場合があるのです。
河合塾では問題解説を行う時間があまり取れていないので、
そういう点で不利にならないように、努力してください。
「日本史道場」を受講した人には、
あそこでやった多くの問題の解法を、たどり直してもらいたいです。

さて、その問題の解き方でつまづいてしまった方からの質問を、
紹介します。

<Sさん>
石黒先生、こんにちは!!お忙しい時期に申し訳ありません…。藤沢現役館で4月から先生の通年授業を受けているSと申します。実はこの間、学校の授業中にやった問題でどうしても納得できないものがあったので教えていただきたいです。たぶん、河合のセンター予想問題かなにかではないかと思います。

問 下線部b(7世紀半ばに行われた国政改革)について述べた文として誤っているものを、次の(1)~(4)のうちから一つ選べ。
(1)孝徳天皇を立て、中大兄皇子は皇太子として実権を握った。
(2)大化の元号をたてるとともに、都を飛鳥から難波に移した。
(3)皇族・豪族の私有地・私有民を廃止して、国家の所有とした。
(4)八色の姓を定め、豪族を新しい身分秩序に編成した。

…正解は(4)です。私は、(3)にしてしまいました。(1)と(2)はノートの大化の改新のくくりのところだと思ったのですぐ消せて、(4)は天武天皇の時代のことだなとは思ったのですが、(3)の『豪族の私有民廃止』から天武天皇の時代の部曲の廃止に結び付けて、(3)も(4)も天武天皇の時代だと思い、迷いました。そして、皇族の私有地、私有民や豪族の私有地は書いてなかったなと思い(3)を誤りだとしたのですが……。
解説には「7世紀半ばに行われた国政改革」とは、645年のいわゆる乙巳の変に始まる大化の改新のことであり、(4)は7世紀後半の天武天皇の時代のことだからだめだと書いてありました。教科書には「改新の詔」で豪族の田荘・部曲を廃止し、公地公民制への移行を目指す政策が示された。天武天皇は675年に豪族領有民をやめた。と書いてあり、改新の詔の史料には(3)のようなことが確かに書いてありますが、国家の所有というところがどうもひっかかるのと、先生のノートには天武天皇のところで部曲の廃止、公民化となっていたので、どう解釈したらいいのか困惑してしまいました…
学校の先生に聞いたところ、公地公民制で(3)のことを定めたと思うしかないといわれたうえに、そんなの絶対入試にでないから!といわれ、石黒先生のノートに書いてあるからでるってば!!!と心の中で思ったのですが…。ものすごく長くなってしまって本当に申し訳ありません。本当に全く復元が追いついていなくてあせっているところです、、それからこんなに長くなった上に申し訳ないのですが、第一志望が立教文学部なので、ぜひサンプルのURLを送っていただけらば…と思います。よろしくおねがいしますっ!!

<石黒>
返信が大変遅くなり申しわけありません。
「皇族の私有地、私有民や豪族の私有地は書いてなかったなと思い(3)を誤りだとした」
とのことですが、一方で、
「(4)八色の姓を定め、豪族を新しい身分秩序に編成した。」は、
「確実に」7世紀半ばではありませんよね?
選択肢を比較して、「確実に」誤りである方を選んでください。
言いかえると、作問者が正解としてそうな方を選ぶというわけです。
部曲の廃止については、『日本書紀』の改新の詔では、
廃止と言っていることは、知っていましたか?
この史料は超頻出です。それをそのまま受け取れば正文となります。
要するに、天武天皇の時に部曲を廃止したことは、
中学生の日本史などでは扱わないような、
一段レベルの高い知識だったのです。
学校の先生の発言がはからずもそれを証明してしまっていますね。
細かいところにかみついて、
大きな誤りを見つけられないのではもったいないです。

センター試験では、細かい知識が邪魔をして、
わりと簡単な正誤問題が解けなくなっている人がいます。
変な話、理系の受験生など、日本史を大雑把に学習している人の方が、
迷うことなく正解してしまうことがあります。
早稲田の問題には歯が立たないのに、です。
センター試験なんて本命じゃないと割り切っている人は、
気にしなくてもかまいませんが、そうでない場合は、
今からでもセンター試験の正誤問題に慣れるべきでしょう。
『あるある正誤問題』をお勧めします。


関連記事

考えて解くことを楽しめますか?

原稿に追われています。
9月の日曜日は河合塾で一日完結講座が2回あるので、
とても油断できない状況にあります。

さて、先日こんな相談メールをいただきました。

<Hさん>
早稲田予備校に通ってるHです。夜遅くにすみません。質問があります。夏の時にも先生に言った事なんですが、早稲田大学の赤本をやっていて特に商学部の正解率が平均で7、8割ぐらいしかいかずに困ってます。やはり、授業内容をちゃんと理解出来ていないからでしょうか?それとも自分の勉強法が良くないからでしょうか?このまま同じ事を続けて勉強しても変わらないと思い、アドバイスをいただきたくメールしました。英語がそれほど得意というわけではないので本当に商学部の問題で高得点を取りたいんです。

<石黒>
商学部で得点できないということは、
正誤問題でつまずいているのでしょうか?
だとしたら、間違えた箇所を丹念にひとつずつチェックして、
自分にはどういうミスが多いのかをカウントするしか、
何とも言えません。
授業理解が足りないのか、用語暗記があやふやなのか、
文化史が弱いのか、史料が弱いのか……などです。
講習などで解法を知った問題については、
自分の解法との違いにも注目してください。
解法がなってないという場合もよくあります。

<Hさん>
返信ありがとうございます。多分ですが、正誤は考えてやらないと解けない問題の正解率がまだ低いから全体の正解率もいまいちなんだと思います。夏の早慶難関大の日本史の問題を解く時のポイントで自分が気づいてなかった部分もあったので、まだステージが低いのかなぁと思いました。

これまでの人生で、パズルを解くのを楽しんできた人と、
そうでない人がいるわけです。
僕はほどよく楽しんできた方だと思いますが、
そうでない人の場合、考えて解く問題でつまづきがちです。
「考えて解く」こと自体が楽しめないのかもしれませんね。
その場合は早稲田の政経や商・教育・人科……などで、
高得点は望めないでしょう。
英語や国語でカバーしてください。
もっともその逆に考えて問題を解くのが、
楽しくて楽しくてしかたがない人もいるかもしれません。
ハマりすぎないように注意しましょう。
ノート暗記をおろそかにしたら撃沈しますから。


関連記事

比較して解く、難関レベルの正誤問題

2010年の早稲田大文学部で出題された正誤問題について、
質問をいただきました。
まずは、みなさんも問題を解いてみてください。

縄文文化と弥生文化との比較で,正しい記述はどれか。1つ選びなさい。
ア 縄文文化は新石器時代の文化で,弥生文化は青銅器時代の文化である。
イ 縄文文化はほぼ日本列島全体に分布するのに対し,弥生文化は東北地方から琉球諸島まで分布する。
ウ 縄文人は狩猟・漁労を主な生業として環濠集落に住み,弥生人は水稲耕作を主な生業として高地性集落や環状集落に暮らした。
エ 縄文社会には,まったく階層差はなかったが,弥生社会では身分秩序が発達した。
オ 弥生時代になると,縄文時代には見られなかった小国が形成され,金属製武器を伴う集団間の戦いが始まった。

(さらに…)


関連記事

模試の復習の仕方(再)

みなさんは模試を受けたあと、どうしていますか?
「模擬試験」と言うと、なんとなく入試に直結している感じがして、
復習に時間をかける人が多いようです。
しかし残念ながら、
模試の問題が必ずしも入試の出題傾向に沿っているとは限りません。
入試に出ないような問題をいくら復習しても、
単に時間の無駄になってしまいます。
こちらの記事を読んで、
模試の復習の仕方を見直してみましょう。

模試の復習の仕方


私立大学の正誤問題対策

まだ、山登り中……のはずです。
実はこの記事、出かける前に書いているのです。
何しろネットがつながらない場所なので。
予定通りの行程であれば、今頃は、
秘湯といえる温泉でのんびりしているはずです。

さて、こんなメールをいただいていました。

<Kさん>
ワセヨビのKです。講習お疲れさまです。早慶難関大の講座では知らなくても考えれば解ける問題がたくさんあるのだとわかりました。話は変わるんですが、私大の正誤問題対策はどのようにすればいいですか?

<石黒>
よろしかったら、derutoko.com の、
『あるある正誤問題−センター試験編−』をお使いください。
ただし、
これは主にセンター試験を意識して作られている問題集なので、
私大の正誤問題を解けるようになるためには、
その大学の過去問を解いておくべきです。
解く際には、誤文がどのくらいの細かさで作られているかを、
意識するとよいでしょう。
大学ごとにモノサシが違うと考えた方が良いです。
たとえば年代誤りを出題してくるか否かを知っていれば、
正誤判別がしやすくなりますよね?

ちなみに、僕が正誤問題を解くときも、
「この作問者はどんな誤文を繰り出してきたかな?」
なんて思いながら、最初の一問目を解くんですよ。
各大学の特徴を知っていると、やっぱり見破りやすいものです。
ワセヨビでは直前講習で、正誤問題対策講座がありますよ。