勉強法−政治史

夏休みに近現代の予習をどうやるか

神奈川県域の高校には、日本史の授業を古代からやらずに開国からやるところが結構あります。江戸幕府のしくみもわかっていないのに、どうやって滅亡する流れを説明するのかかなり疑問もあるのですが、何かしらの意図があるのでしょうね。そのおかげで夏期講習で近現代を受講しないですむ現役生がいます。しかし、悩んでいる人もいるようで、先日こんな質問をいただきました。

<Kさん>
こんばんは。
私はいま河合塾で先生の早慶大日本史を受けています。
そこで、夏期講習の質問を失礼します。
私の高校は江戸時代後半から桂園時代の終わりまでを高2で習いました。
その先はいま学校で日本史とは別の近現代史という授業でやっています。
そこで、先生の近現代の授業を受けるか迷っています。
(取っている講座の都合上でどう組み込んでもライブ授業を受けるのは厳しそうなので映像教材を購入しようかと思っています…)
もちろん受けた方がいいのは重々承知しています…
でも河合塾で夏期講習の講座数を結構取ったので経済面でアレかなぁと思ってなんとなく自分の中で葛藤していて…
とりあえず相談してみよう!と思いました。
お忙しいと思いますがご返答いただけたら嬉しいです。
(ちなみに文化史は先生の映像教材を購入する予定です。)

<石黒>
学校での近現代がどれだけ理解できているかによりますね。それなりに理解できているのでしたら、弱いのは圧倒的に文化史のほうでしょう。文化史を優先すべきかと思います。
近現代に自信がなかったらお家の方に相談してください。

<Kさん>
ありがとうございます。
太平洋戦争ネタが好きなのでそれ関連の事項は暗記できているはずです。
あとのところは流れは理解はできているけどパーフェクト暗記までは全然届いていない状況です。
ちなみに近現代での1番の引っかかりやすい難しいポイントってどこなのでしょうか?(荘園ネタのように…)

<石黒>
パーフェクト暗記は通常授業を受けた後でできればいいことですよ。
近現代の難しいところは、金本位制でしょう。金解禁とか。後は内閣ごとの整理と政党の変遷ができていることが大事です。

聴くだけ日本史-内閣編-

関連記事

授業の聞き漏らし対策ってありますか?

レギュラー授業も5週目に入ると、さすがに授業をしっかり聴こうとする人が増えてきます。そうすると「聞きそびれ」を心配する人も出て来るようです。こんな質問をいただきました。

<Sさん>
河合塾で石黒先生の講義を受講させていただいている者です。
先生は授業内容を漏らさず聴くことが重要とおっしゃっていましたが、河合塾の授業がハイペースということもあり いくらノートを素早くとっても少なからず聞き漏らしてしまう箇所があります。
遺言などには録音を聴いて復習する方法が書かれていましたが、河合塾の規約で録音は禁止されていたと記憶しています。
石黒先生の授業に限っては録音することも可能なのでしょうか。
また、録音以外に聞き漏らしの対策があれば教えてください。

<石黒>
いや、僕の授業だけ特別ということはありません。基本的に録音は禁止されています。聞き漏らし対策としては次のことをすると良いでしょう。
(1)予習をした上で授業を受ける。
(2)単純暗記の部分は『日本史でるとこ攻略法』を利用してあらかじめゴロで覚えてくる。
(3)『読むだけ日本史(1)』で赤字になっている用語を声に出して音に慣れ、漢字を書けるようにしてくる。
(4)メモは簡潔に素早く書く。
(5)聞き漏らしたところがあったら、授業中の下書きノートに☆マークをつけて授業後に質問する。

夏期講習でテーマ史をたどると聞きそびれを補うことができます。ちなみに総合日本史演習(発展)も早慶大日本史も、夏期講習と冬期講習とではあつかう範囲がちがうので気をつけてください。一度きりの内容です。ただし総合日本史演習(発展)は、『でる日講義-経済・外交史(前近代)-』で受講することもできます。

でる日講義-経済・外交史(前近代)-

関連記事

あと1点に泣いた歴史検定(2)

昨日のつづきです。

<Nさん>
先生のブログを読ませていただいていますと全国には先生の授業を聞けずに頑張っている独学受験生が数多くいるのだと感じており、そのような受験生の参考になるかどうかわかりませんが、私の教材活用方法を、特に前近代について書いてみます。今の高校生がどの程度PCソフトを使いこなしているのかあまり知らないため、全く参考にならないかもしれませんのでその場合はご容赦ください。

前近代の政治史・外交史については先生の『読むだけ日本史』がベースです。『流れがわかる日本史ノート』という本をベースにして、このノートの紙面上に、読むだけ日本史の重要用語を拾い上げてチェックを入れたり、補足を入れたりしていくという独学受験生の話を読みました。しかしこれでは、日本史ノートに書かれている、入試に出ないところも目についてしまいます。

そこで私はまず読むだけ日本史を買ったあと、1枚1枚の紙面を本から切りはずしてばらばらにしてしまいました。斬って斬ってきりまくるのでここがまさに“斬新”な方法です。
バラバラにされた読むだけ日本史は次にスキャナーにかけて写真ファイルとなり(これを一瞬でやってくれる機械もあるようです)、これをプレゼンテーションソフトであるパワーポイントに1ページにつき1枚の写真ファイルの割合で次々に貼り付けていきます。
横長のパワーポイントの白紙1ページの上には左1/3ほどのところに読むだけ日本史1ページ分が貼り付けられ、合計約180ページ分のパワーポイントファイルができあがります。
タブレットPCにこのファイルを入れ、ここからは、『読むだけ日本史』の赤字以外の重要用語にPC上で赤線を引いたり、本文の行間や真ん中1/3の白紙部分に、映像教材で拾い上げた内容や『難関大用語集解』で拾った内容などを赤字で追記したりしていきます。
最後に右1/3の白紙には語呂合わせや、漢字に注意すべき用語などを拾い上げて記載していきます。先生が映像教材で注意喚起されているワープロの略字などはここで注意事項として入れております。

このようにして作った自家製電子書籍モドキのものをタブレットPCで拡大して通勤時などに目を通しております。老眼も始まっています私には拡大されている『読むだけ日本史』は非常にここちよく、行間に字を挿入しているところも苦痛なく読めます。
何といっても目にするものは受験に不要なものはほとんどありません。もしPCをあまり使っていない方なら拡大コピーされたらいいと思います。ポイントは横長の向きにB4サイズ用紙設定し、左1/3に拡大コピーし、残り2/3を余白にすることです。ここに補足情報を追記すればよいと思います。

文化史は何といっても『でる日講義-とことん文化史-』のまとめプリントです。学生さんは余白に補足したものをもとにして最後に清書されているかもしれませんが、私はこれもパワーポイントに入れてPCで入力しております。

先生がいつもおっしゃられていますように受験勉強は当然本番が勝負です。これは私どもの医療の世界でも同じです。いくら普段勉強していて医学の知識をいっぱいもっていても、最終的に医師として患者にしっかりと役に立てなければ、残念ですが評価されません。
おそらく多くの社会人にとって結果がすべてです。これが厳しい現実です。
受験日本史の世界でも、先生の膨大なデータから考えるととても本番では出そうにないことを扱う受験参考書があるのと同様に、私どもの世界でも、世間にいろいろ医学書はありますが、実際の患者さんの症例から学ぶアプローチをしている書物は意外と少なく、これから一人前の医師になっていく人たちのために何とか今年度中にそのような書籍を先生にならって自費出版してみようと目下製作中です。話がそれましたが、これからも若い人たちを導いておられる先生を陰ながら応援させていただきます。
先生におかれましてはどうか御身体の方、ご自愛くださいませ。

いやはやすごい勉強法ですね。これはさすがに高校生は真似られませんね。
受験生に参考にしてほしいのは次の2点です。

 ①暗記のモトを一つに絞る
 ②そこに過去問や別の参考書で得た情報をすべて書き込む

教科書や参考書を読んで、一問一答集をやって、問題集・過去問をやって……というのでは、情報があちこちに散らばっていて復習がしにくいことこの上なしです。何度も覚え直すことを考えたら暗記のモトは一つにしておくべきです。まとめておくべきなのです。

受験生は入試で出題される事柄を知らないため、多くの参考書が入試とズレていることを知りません。たとえば用語集では情報量が多すぎ、逆に教科書では情報が足りません。分厚すぎる参考書もたいてい不要なことがたくさん書かれています。入試データをとっている当方が見るとそれは一目瞭然です。日本史にばかり時間をかけていたら他教科の足を引っ張ってしまいます。入試に出るところだけを拾っていきましょう。

でる日講義-とことん文化史-

関連記事

くり返し覚えるか、一回で焼きつけるか

だれもが記憶法には悩まされますよね?
こんな質問をいただきました。

<Oさん>
覚えるためには何回も同じことを繰り返したほうがいいんですか?
それとも、一回でしっかり頭に焼き付けるほうがいいのですか?

<石黒>
それはもちろん一回で覚えられるのが良いのではないでしょうか。記憶力の良い人はそれができるらしいですし。しかし残念なことに多くの人は一回では定着させられません。それゆえくり返し覚え直すしかないのが現実です。

ところで記憶の定着に大きな効果があるのは、覚えたものを思い出す(アウトプット)ことです。完全に覚えることを待ってから問題集をやる人がいますが、それは得策ではありません。覚えきったかどうか不確かな段階でさっさと問題集を解いた方が、結局は記憶効果が高いです。

あとは短時間で記憶するための工夫もすべきでしょう。そのため声に出したり、音を聞いたり、図版を見たり……とさまざまなことをすることをお勧めしています。

このブログには「受験に役立つ脳科学」というカテゴリーがあります。今回の反復学習の大切さについては、こちらの記事に実験結果まで出ています。なかなか興味深いですよ。この「脳科学」シリーズは受験生にはかなり有用かと思います。

聴くだけ日本史-内閣編-

関連記事

最近の質問から(2)年代をゴロで覚えることについて

授業でいただいたメッセージへのコメントは、明日のブログでおこなう予定です。見に来てくださったかたごめんなさい。戦国時代の本の原稿修正作業が大詰めを迎えていて手が回らないのです。

<Oさん>
あざみ野館でお世話になっているものです。年代をゴロで覚えようとしているのですが、清書の枠内にその語呂をかくとぐちゃぐちゃしてしまいます。なので、年代だけの他のノートを作ろうかどうか悩んでいるのですが、作っても良いのでしょうか? それとも清書ノートに同時に書き込んだ方が良いでしょうか? 教えて頂けるとありがたいです。

<石黒>
年代のゴロは、何かしら参考書のものを使うのですよね? だったらノートも作らず、ノートに書き込むこともせず、単にその本を使って覚えるのがいいと思います。できるだけそういう手作業の時間は減らすべきです。ゴロなのですからさっと覚えて、すぐ使いこなしてください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

別の先生の授業を受けて驚く

いよいよ高卒生の授業が始まりましたね。この時期になると、毎年きまっていただく相談があります。そしてやっぱり今年もありました。

<Tさん>
こんにちは。お忙しいところすみません。昨年度、授業うけてたTと申します。第一志望不合格し、諦めきれず、○○(編注:予備校名が入ります)で浪人しています。昨日、初めて日本史の授業がありました。学校のような淡々とした授業で、石黒先生の授業に慣れていた私はなんかなーと思いながらうけていました。(笑)
昨年度の反省点はノートを完璧にできなかったことです。ボロボロなので、写し直したあと今年もノートを使っていきたいと考えているのですが可能でしょうか?
難関大用語集解と読むだけ日本史と映像教材の文化史で大丈夫ですか? 回答よろしくお願いします。

<石黒>
それは残念でしたね。ノートを写し直すのは良いと思いますが、内容理解がともなわないと単純暗記に陥りがちで危険です。『難関大用語集解』や『でる日講義』などで補っていただければと思います。ブログの過去記事にはこんなものもあります。参考にしてみてください。
新天地での40面ノート勉強法(1)
新天地での40面ノート勉強法(2)
新天地での40面ノート勉強法(3)

この直後にも別の方から同じような相談をいただきました。

<Hさん>
今日○○で△△をうけました。衝撃すぎました。まさかここまで酷いとは思いませんでした。プリントに ?マークがあると思いますが、それは授業の話を聞いていて、不思議に思った箇所です。不思議というより謎なんです…
ここで相談なのですが、昨年の石黒先生の録音とノートはもちろん持ってます。ブログも読みました。浪人生用のも読みました。それを読んでもなお、受ける必要性がまったく感じられない授業です。
隣には浪人生になって初めて日本史をやるという友達がいますが、全部鵜呑みにしてしまっているので、何を言っても聞きません。それはいいのですが、このプリントを見て石黒先生はどう思いますか? とてもじゃないですけど足りなさ過ぎます。受ける必要性があるのかというのが今の心境です。(後略)

こちらへの返信は省略します。

難関大用語集解

難関大受験に必要な「本当の」ハイレベル用語を網羅! 辞書とは違うわかりやすい説明に、豊富な出題例も。


関連記事

日本史初心者向けのおすすめ参考書

入試が行われている一方で、来年受験する人も動き始めているようです。勉強法に関する質問を紹介します。

<Hさん>
質問です。来年日本史で受験するのですが、初学者が最初にやる参考書としては『読むだけ日本史』と『きめる!センター日本史』のどちらが良いでしょうか?私大だけを受験するつもりなのですが。

あと、『受験生が本当にほしかった問題集』は近現代のみを扱ったものですが、原始?近世を扱う市販の問題集ではどれがおすすめでしょうか?積極的に勧められる問題集はないのかもしれませんが、石黒先生が一番マシだと思う問題集を教えてください。

<石黒>
本当に初心者なら、より易しい『きめる! センター日本史』、少し知識があるのなら『読むだけ日本史』が良いでしょう。『読むだけ~』のほうが情報量が多いのですが、センターでしか日本史を使わなかったり、かみ砕いたわかりやすい説明を求めるのでしたら断然『きめる!~』です。読みくらべてみてから購入された方が良いのですが、『読むだけ日本史』の方は現在書店から撤退しつつあります。ネット通販をご利用ください。

日本史の概要をつかんだら、古代から近世については『日本史事始』で問題演習をするのがベストです。

これから受験勉強を始める人は、このブログで紹介している受験生とのやりとりを読むと、予行演習になるはずです。でるとこサイトには、受験日本史の概要をつかむためのコンテンツがありますので、こちらもどうぞ。

日本史事始

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

1学期に習ったところ、忘れてませんか?

2学期が始まって1ヶ月経ちましたが、近現代の授業のペースには慣れてきたでしょうか。レベルアップしていく毎週の授業の復習に加えて、前近代(1学期の範囲)の復習も定期的に進めてください。徐々に、どれだけ短時間でこなせるかが問われてきますね。先日、現役生からこんな質問がありました。

<Tさん>
(前略)第一志望は慶應(経)で、早稲田(政経)も視野に入れています。(中略)2学期が始まり、夏休みよりも日本史にかける時間が減ってしまったのが現状です。週1の授業の復習(清書しながらしゃべる→録音を聞く→軽くしゃべる)で手一杯で、過去のページの復元が出来ていません。それに、インプットばかりで自分が本当に覚えられているのか自信がありません。先生のブログを拝見させていただいたのですが、やはり問題集に取り組まなければならないと感じました。(赤本は慶應(経)を3年分しか解けていません。)
そこで質問なのですが、近世以前の問題集でお勧めのものはありますでしょうか?(慶應(経)は近世からしか出ないとのことなので、先生の問題集で練習しようかと思っています。)
お忙しいとは思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

<石黒>
申しわけないのですが、当方が出しているもの以外では、通史の問題集で安心してお薦めできるものは存じ上げません。まず『日本史事始』からやってみてはいかがでしょう。後は早慶両方を受けるのですから、過去問が豊富にあります。
ちなみにマーク模試というのは、模試の中では下から2番目に簡単な模試なので、その偏差値から早慶大に受かるかどうかの判別はできません。ブログでもよく書いているように、算数の九九で満点が取れる人が、高校入試の数学で高得点が取れるとはかぎりませんよね? あくまでも過去問の正解率で自分を判断してください。受験勉強を客観的に捉えることをおすすめします。(後略)

日本史事始

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

40面ノートよりも細かい授業に不安です

去年、僕の授業を受けていた高卒生から質問が届きました。予備校名は伏せさせていただきますが、あちこちでよく聞く話です。

<Nさん>
こんにちは。今○○(編注:伏せさせていただきます)で浪人していて去年石黒先生の授業を受けていたものです。
いま日本史の、授業を受けているのですが全然違っていて深すぎてどこまで覚えればいいのかかわからなくなってしまって、いまひたすら40面ノートを覚えているのですが、ノートに乗っていないものは覚えなくて大丈夫ですか?ちなみに第一志望は早稲田の商学部です。本当は、石黒先生の早慶大日本史の冬期講習だけでも受けたいのですが、、すごく不安です。

<石黒>
□□先生は存じあげないのでわかりませんが、たぶん細かくやりすぎです。○○はそういう予備校です。よけいなものを覚えないでおきたいのでしたら、ノートに載っていないものはすべて棄ててください。ただし、河合塾で受講されていた場合は、Dランク用語で紹介していないものが多数あるので、『難関大用語集解』と『受験生が本当にほしかった問題集 日本近現代史』で補うのがベストです。昨年の授業の内容を、自分はすべて吸収できてはいないと考えるべきです。つまりノートが残っているだけは意味がないということです。

ところで、予備校生といっても効率良くやっている人とそうでない人がいることを実感しましたよね? だとしたら、効率の悪い人よりも自分が優位に立っていることに喜びを感じませんか? 日本史を短時間で修得して、他教科の学習にあててください。

<Nさん>
わかりました。返信ありがとうございます。難関大用語集をすぐに買ってノートを完璧にします!実は、○○の夏期講習の早慶大日本史でもほとんど問題の解説をやらなかったのです。それであれ?大丈夫かなとおもいました笑 でも、自分で早稲田の赤本を解いたら半分位しかできていなくて自分がまだまだできていないことがわかりました。対策としては、ノートを覚えて、赤本を解くで大丈夫ですか?夜遅くにすみません。

<石黒>
うーん、その夏期講習も良くないと思います。ノート→赤本で良いですが、通史の問題集もやってください。もちろん過去問による、まともな解説のついたものを。赤本をやったら間違えた問題の原因をノートなどで必ず確認してください。実は、理解が足りてないために正解できない問題があるはずです。正しい理解をするために、教科書・参考書などを読んでください。多くは『読むだけ日本史』と『難関大用語集解』に書いてあるはずです。とにかく昨年の授業内容を習得しきれていないことが、大きなマイナスになっていると気づくべきです。
健闘を祈ります。

<Nさん>
わかりました。いろいろとありがとうございました。周りの人に絶対負けないように絶対早稲田うかります!!

難関大用語集解

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

復元がなかなかできない人へ(再)

夏休みも残り2週間となりましたが、講習の復習と平行して、既習範囲の復習はできているでしょうか。今回は、ノート復元について書いた過去記事を紹介します。復元がなかなかできない人によくあるパターン別に、その対処法を挙げていますので、関連記事も含めて読んでみてください。前近代をしっかり定着させた上で、2学期を迎えましょう!

復元がなかなかできない人へ(1)

難関大用語集解

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事