受験日本史の全体を知る

過去問・問題集、いつやる??

早くも11月後半になりましたが、過去問演習は進んでいるでしょうか。ペース配分や正解率など、ギリギリになっている人は要注意ですよ。

<Hさん>
今回は「あるある正誤問題」について質問をさせてください。立教が第1志望なのですが、毎回正誤問題でミスをして8割を逃します。あるある正誤問題の説明に書いてあった通り私大でも通用する問題集ですよね?
いつもセンターの方ができが悪いです。国公立は受けないのでセンターに命かけてないのですが、どうせ直前になったらやらなきゃと焦るのが目に見えてます。直前はやっぱり過去問やった方がいいですかね?それともあるある正誤問題に重点おいた方がいいですか? 教えてください。
あと國學院の過去問やりました。ちょっと設問みてびびりました。いちよう7割ジャストだったんですが、これでもまだ運が良かった方だと思うんで次やったらもっと低いと思います…

<石黒>
直前期には過去問はやりません。
そのことについては、過去にブログに書きましたのでごらんください。

國學院大の問題を解いてわかったと思いますが、実際の入試問題のレベルと自分との落差に気づかないままだと、いつまで経っても学習レベルがあがりません。
緊張することなく平常心で挑む過去問演習では、正解率8割5分をめざすべきです。

正誤問題対策も、今のうちに進めておきましょう。

あるある正誤問題

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

好奇心が時に足を引っ張る、受験の世界

受験勉強においては、入試で問われる知識を、いかに過不足なく習得していけるかがカギです。必要のないものは、ドライに切り捨てていかなければならないのです。いわゆる日本史オタクの人より、高3になってから本格的に日本史に触れる人のほうが伸びが良かったりするのは、このためです。勉強しながら沸いてくる疑問や好奇心も、入試に必要のないものはグっとこらえて、大学に入ってから存分に学んでもらえればと思います。

<Hさん>
藤沢現役館でいつもお世話になっているものです。今回の質問は久しぶりに第1面を復元していて、そのあとに問題集をやったら、「はさみ山遺跡」がでてきました。ノートには書いてないので頻度も低いのだろうと思いましたが、一様メモはしときました。ここからが本題なんですが、問題集の説明にはさみ山遺跡は最古の竪穴住居が確認された旧石器時代後期の遺跡であるとかいてありました。「?」40面には縄文時代のところに竪穴住居は書いてあるのですが、これは縄文時代に「始まった」ではなく、縄文時代に「各地に広まった」という解釈でいいんでしょうか?小さなところですが、意外に胸に引っかかります 笑 よかったら教えてください。

<石黒>
はさみ山遺跡は竪穴住居を推測させる柱穴が見つかっただけなので、竪穴住居とは言い切れません。同志社大で2回出ただけの用語なので、気にしないほうがいいです。よけいな知識を身につけると、別の問題で悩むことになりますから。旧石器時代の住居は、基本通り、テント式の住居や洞穴です。

でる日講義−つながる近現代−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

夏休みの勉強(再)

夏休みの間に一体何をどこまで進めるべきなのか、これを誤ると秋から大幅な遅れをとってしまいます。現役生はせっかく学校がなく、一日を自由に使える貴重な期間なのですから、しっかりと計画を練って進めましょう。今日はそんな夏休みの勉強法について書いた過去記事を紹介します。

夏休みの勉強

でる日講義−とことん文化史−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

夏期講習、開講!(再)

河合塾藤沢現役館での夏期講習4日目が終わりました。復習の方法は以前にブログで書いていますので、参考にしてください。
「講習で配布されたプリントの勉強法は?」
「藤沢のみなさんへ」

以前にはこんな記事も書いていました。毎年、同じような人がいると思います。
「講習を受講して焦りはじめた人(1)」
「講習を受講して焦りはじめた人(2)」
「講習を受講して焦りはじめた人(3)」

このブログを初めてごらんの方には、悩み相談注目記事のページから読み進めることをおすすめします。スマートフォンでごらんの方は上部のメニュー内の「注目記事」、携帯でごらんの方は最下部の「注目記事」、パソコンでごらんの方はページ上部のタブから、いつでもジャンプできます。

せっかく受講した講座ですから、無駄にすることがないように、復習や今後の学習方法など大いに情報収集してください。

難関大用語集解

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

春期講習でスタートダッシュ

河合塾の4日間の春期講習が、最終日を迎えました。受講生からメッセージをいただいたので、紹介します。

<Tさん>
今日、南浦和の春期講習が始まりましたね。残り三日間宜しくお願いします。(中略)

1月の今から始める日本史(タイトルはあやふやですが)以来で、そのときよりも深めにノートをとる作業をしましたが、ついて行くのが大変でした。ただきっと通年授業はもっと大変そうだなと思いました。話を聴いて、書いて、考えて、覚えて…とやはり日本史は甘くないということが再認識できました。

友達が、通年授業と内容がかぶるから通年授業をとるなら、春期講習は受けなくても平気とチューターさんに言われたそうですが、きっといきなり受けたら焦って、さらに行間見逃して…と第一講から差をつけられてしまいそうなので受けてよかったと思います。(まだ通年授業をとることに承諾を得てませんが)

<石黒>
そうです、授業中は非常に忙しいのです。早くペースに慣れて、1学期からのレギュラー授業では、講義内容を最大限吸収しきれるようにがんばってください。これくらいわかってきたのなら、スタートダッシュできると思いますよ。そして何より、通年授業を受講できることを願っています。

レギュラー授業全体の時間数が少ないため、第1講からハイスピードで進めざるを得ません。オリエンテーション的なこともゆっくりやっている暇はないので、今のうちに講義のペースに慣れておきましょう。河合塾では、僕の担当する文化史の講座がないため、毎年この時期に『でる日講義−とことん文化史−』を受講している人もいます。文化史の映像講座でも、受験日本史のエッセンスをつかむことができるのでオススメです。

過去記事「通年授業の開講までに何を勉強すればいいですか?」

でる日講義−とことん文化史−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

「専修念仏」な人(再)

人は時間に余裕がなくなってくると、あれこれいろいろなことに手を広げるのを諦めて、やることを1つに絞りたがるものですが、それは大学受験においては自殺行為です。もう10月だから……と逃げたりしないで、今は要領よく、できる限り多くのことをこなす努力をしましょう。今回は、やることを1つに絞ってしまうことの危険性について書いた記事を紹介します。

「専修念仏」な人

聴くだけ日本史−内閣編−

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

南浦和現役館での一喜一憂(再)

特定の参考書や問題集に頼り切って勉強している人が多いようですが、肝心なのは、「入試でどう出るか」です。受験生には人気のある参考書でも、実際の入試に即していないものもあるんですよ。ウソだと思うのなら、過去問と照らし合わせてみてください。……って、受験生にはそんな暇ないでしょうから、氷山の一角として、ひとついい例を紹介します。講習で僕の近現代の講座を取った人は、おおいに笑ってください。

南浦和現役館での一喜一憂

難関大用語集解

スマホ・パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

2学期から授業を受けて間に合いますか?(再)

当方の授業を受けると、真実の受験日本史情報がわかり、衝撃を受ける人がいます。こちらとしては正真正銘の情報で、「これが出る」「これは出ない」と言っているので、まったく悪気はないのですが、受講生側は自分のやってきた学習とのギャップが大きすぎて、途方に暮れてしまうわけです。「1学期から僕の授業を受けていればよかったのに……」と思わなくもないですが、悲観しすぎるのももったいないです。なぜなら、授業を受けていた人でも、復習がしっかりできていない人も多いからです。早慶大向けの講座だと、通年授業を受けている人のなかにも、うなだれてしまってる人がいるのです。彼らとくらべれば、それほど遅れを取っているわけではありません。今ようやくスタートラインに立った人でも、全力で追い上げてもらいたいと思います。

というわけで、夏期講習で危機を感じた人たちから、2学期の通年授業についてよく相談を受けるので、過去に紹介したものを再掲します。

<Xさん>
南浦和の河合塾で夏期講習の総合日本史演習発展の授業を受けて石黒先生の授業が大好きになりました。そこで2学期から先生の授業を受けたいと思ったんですが・・・。先生の南浦和での講座が早慶日本史で、私の第一志望は法政大学なんです。私は南浦和の河合塾にしか通えなくて・・・。なので先生の授業受けたいんですけどレベルが違くて受講するか悩んでいます。(中略)PS 石黒先生の参考書買いました♪

<石黒>
講座名は「早慶大日本史」ですが、実際には、MARCHレベルを第一志望としている受講生もたくさんいます。その点はあまり気にする必要はないと思います。というより、早慶大受験者はこの講座で満足せず、さらなるハイレベル用語を『受験生が本当にほしかった問題集』で、GETする必要があるほどです。河合塾の授業では近現代にかける時間が不足気味だからです。それより心配なのは、そろそろ南浦和の講座も締切になりそうだという点です。もし受講を希望されているなら、お急ぎください。

<Nさん>
夏休みに勉強が思い通りにいかなく志望校を国立から早慶に変更しようと検討中なのですが、二学期から先生の授業を受けて間に合うでしょうか? よろしくお願いします。

<石黒>
2学期からの学習で間に合うかどうかは、1学期部分、すなわち25番ページ左面までの範囲の学習水準しだいだと思います。残念なのは、夏期講習の早慶大対策講座を受講していないことでしょう。ハイレベル問題の解き方に触れるチャンスを逃したのは、大きいかもしれません。対策としては『難関大用語集解』を使うことだと思います。詳細はでるとこサイトをごらんください。

2学期からの受講生は、どうしても出遅れがちになります。もちろん要領のいい人なら、それでも十分早慶に届くのですが、残念ながらそういう人の割合は非常に少ないのが現実です。定番の注意ではありますが、次の点をクリアすることがカギでしょう。

(1)一刻も早く入試の水準を知り、そのものさしで授業を聴く。
(2)1学期部分の内容を、出題のポイントをつかみながら習得する。

そして、早慶レベルを狙う人なら、ハイレベルな問題をどのようにして解いていくかにも、気を配らなければなりません。そのための時間が夏の早慶大向けの講習なのですが、その重要さは実際に受講してみないとわからないかもしれません。そして皮肉なことに、そこに気づかない人こそ、受験センスのない人であることが多いのです……。

ついでに、早慶大向けの講習をやりながら思ったことを伝えます。スポーツの大会本番で、自己ベストを出せないどころか、まさかの失敗をしてしまう選手が結構いますよね? これって入試でも同じだと思いませんか? 本番で8割を取りたいのなら過去問では8割5分、8割5分取りたいのなら、過去問では9割正解しておくべきでしょう。じゃあ本番で9割取りたいのなら? さすがに9割5分の正解率は難しいでしょうね。そこで必要になってくるのが、ノーミスを成し遂げるチカラなんです。普段の過去問を解く時に、自分に厳しくあたっているでしょうか? 過去問や模試で間違えると、何かと言いわけをする人がいますが、そういう‘ぬるいタイプの人’は‘ノーミスな人’にはなれません。勝者からは、自己に対する厳しさを学ぶべきです。

難関大用語集解

スマホ・パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

良い問題集の条件(再)

みなさんは、良い問題集の条件とは何だと思いますか? 問題集選びで失敗しないために、先人の軌跡をたどってみてください。

良い問題集の条件

問題集などを解く際には、常に要領の良いやり方を心がけたいものです。問題集の使い方に関する記事も紹介します。

問題集は何回やり直すべきですか?

日本史事始

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

ブログやサイトで迷子になっている人へ(3)

●TwitterやFacebookもあります
ツイッターでは、ブログの過去記事をランダムに流しています。登下校などのすき間時間に、気軽にチェックしてみませんか?
またFacebookページでは、卒業生たちの作ったゴロあわせを紹介しています。スマホかパソコンからアクセスすれば、アカウントを持っていなくても見ることができます。

机に向かうだけが勉強ではありません。webも上手に使っていきましょう!

2時間でおさらいできる日本史

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事