北面の武士っていつまであるの?

昨日のSさんからは、さらに2016年慶應大法学部の問題についての質問もいただきました。
これはなかなかキビシイ問題です。

<Sさん>
連日の質問すいません
慶應法の2016の問題でどうしても気になってしまったことがあるので質問させてください。

「西行は北面の武士として〔   〕に仕えたのち、出家して諸国を旅して多くの優れた歌を詠んだ」

とあるのですがゴロで覚えていたので北面の武士だから白河院だと思って答えを見たら鳥羽院になっていました…てっきり北面の武士は白河院だけと思っていたのですが違うのでしょうか?

<石黒>
北面の武士は白河院政後も存続しています。前近代の用語は、それがいつ消滅したのかがわからなくて困ることが多いですね。後鳥羽上皇が西面の武士を設置したころには、北面の武士は武力的性格がなくなっていたようです。入試ではここまでの知識は必要ありません。
いっぽう西行がいつごろの人かを理解していたら、少なくとも「白河院」は消去できました。西行は鎌倉文化で登場する人物だからです。しかし語群に「後白河院」があるため簡単には解けないようになっています。さすが慶應ですね。厳しい問題でした。

でる日講義-とことん文化史-

関連記事

空気を読んで答える史料問題

入試問題を解くのに慣れてくるとあちこちに気が回って正解しやすくなるのですが、初めのうちはそれがなかなかできないものです。それをふまえて一つ史料問題を解いてみませんか?

問 次の資料は,近衛声明から抜粋したものである(適宜表現を改めた)。この資料に関する(1)に答えなさい。

国民政府は帝国の真意を解せず,漫りに抗戦を策し,内民人塗炭の苦みを察せず,外東亜全局の和平を顧みる所なし。よって帝国政府は爾後( ア ),帝国と真に提携するに足る新興支那政権の成立発展を期待し,是と両国国交を調整して更生新支那の建設に協力せんとす。

(1) 上の資料中の( ア )に入る語句を記述しなさい。

これは2015年慶應義塾大学経済学部の問題です。この問題について質問をいただきました。

<Aさん>
直前にすみません。慶應経済学部のグラフがなかなかうまく取れないので、15年なども軽く見直していた時に発覚したのですが、2015年の経済学部の大問2の問11、答えが国民政府を対手とせず、となっていました。河合の答えも同じでした。ここは、国民政府ヲ対手トセスではなくてよいのでしょうか?

<石黒>
史料文をよく見てみましょう。カタカナではなくひらがなで書かれていますね。なのであえてひらがなで解答したわけです。「国民政府ヲ対手トセス」と書いても不正解とはされないと思いますが、早慶クラスを狙う受験生でしたら、出題者に配慮する余裕もほしいものです。

よく見ると冒頭の設問文に「適宜表現を改めた」とありますね。また、原典が漢文の史料の場合は、書き下し方が自分が知っているものと異なっていることも多いです。本番であわあわしないようにしましょう。

どこでも史料問題

定番の穴埋め・意味聞き箇所を網羅 赤シートでもれなくチェックしよう!


関連記事