早くも過去問を解き始めた現役生

脳科学の研究結果から暗記を完璧にしようとするより、早く問題を解いたほうが良いことがわかっています。そのことを授業で紹介したら、さっそく過去問を解いた人から質問をいただきました。

<Sさん>
南浦和でお世話になっている者です。
先生が授業中に早めに問題を解くのが大切と仰っていたので今日第一志望である慶應法学部の赤本から授業でやった所までの範囲を解いてみました。
2016年の大問1なのですがグスクなど習っていない所を除いて10門中8問正解でした。間違えた問題は津雲貝塚と朝日遺跡の問題でどちらも解説には難問と書かれていました。この問題は捨て問でいいのでしょうか?
また同じく難問と書かれていた石鏃を固定するのに用いるのがアスファルトという問題は先生が授業中に言っていたなあと思い出すことが出来解けました。改めて話をちゃんと聞くのは大切だなと思いました。またノートの流れの部分は大体覚えられるのですが先生のプリントを貼る部分の遺跡の所は都道府県などきちんと覚えられていなかったので頑張りたいと思います。
明日は慶應の別の学部を解きたいと思っているのですが第一志望だけでなくてmarchなどもどんどん解いていくべきでしょうか?

長くなりましたがすいません、今週の授業も楽しみにしています。

<石黒>
なかなか良い正解率ですね。「アスファルト」も実感してもらえて良かったです。今後は出題校を言わない話であっても、メモを取るなどして習得し、過去問などで正解していってください。津雲貝塚と朝日遺跡はできなくてもかまいません。他の遺跡の県名を覚えきっていないことのほうがヤバイです。グスクはいずれ冬期講習の「沖縄史」の中でやります。
MARCHの問題ももちろん解いてみてください。慶應よりは簡単ですが、少しは得るものがあります。

<Sさん>
遺跡は工夫してなんとか覚えたいと思います。赤本を見ているとやはり古代よりも近現代の出題が多いので早く先生の授業を受け問題を解いていきたいなと思いました。

早い段階で過去問を見ると、こんなふうに近現代の出題が多いことなどもわかって良いですね。文化史や史料問題にしても、どれくらい出されているかを目の当たりにしないとなかなか取り組む気になれないですからね。現役生はそういう点で経験者の高卒生にハンデを背負わないように注意してください。

でる日講義-つながる近現代-

関連記事

お尻に火がついた受験生

12月に入るとお尻に火がつく人が出てきます。最近、焦りだした人数名から質問や相談を受けました。たとえば、ノート覚えをせずに去年と変わらぬ学習法を続けてしまっていた浪人生とか、早稲田大学をめざしているというのにノートを覚えを絞り込みたがっている現役生とか……。彼らが第一志望合格に届くかどうかは、もう僕のアドバイスではどうにもならないところにきていますね。
ただし、全体としては成績がぐんぐん上がっている人の方が多いので「良し」と考えています。

さてこんな質問をいただきました。

<質問者>
始めまして!××と申します。2つ質問と相談があります。
1つ目は質問です。
二学期の半ばに忌引きで一度授業をやすんでしまい、その時のノートは友達に見せてもらえたのですが、内閣プリントのぬりえのやり方を先生に聞きにいけないまま通常授業が終わってしまいました…。お手数ですがやり方を教えていただけたらと思います。
2つ目は悩みというか、最近血迷ってきたのでそれについてきいていただきたいです。
まず前提としてわたしは9月まで体育祭に時間を注いでいてほとんど勉強していませんでした。体育祭が終わって40面ノートを一周したら模試の成績は二倍近くになり感動したのもまだ新しい記憶です…!
今は二週目をやりつつ、日本史に傾いていた比重を少しずつ戻しています。赤本は第一第二志望のは一年分ときました。ですが単語の単語のつなぎが弱いので山川の日本史100題も使って知識を固めています。12/16までに全部終わらせて赤本に取り掛かろうと思っています。
冬季講習は早慶大日本史だけとっています。そこに向けて12/16からは赤本に取り掛かりたいということなのです。
そこでいま何をやるべきかわからなくなっています。12/16から赤本では遅いとは思っても正直まだまだ知識が定着してません…。

質問内容もぶれぶれですが、お返事いただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

<石黒>
(1)内閣プリントについて
ぬりえは、例えば二大政党に分けたり、山県系に別の色をつけたりです。
ここの写真に『聴くだけ日本史-内閣編-』の内閣シート(内閣プリントのコンパクト版)の写真が見えています。参考になるかと思います。

(2)赤本について
基本的に赤本は授業に連動させて既習範囲だけを解いていくものでした。なので1年分とか全部やってしまうこと自体が間違いでした。

また、なんのために赤本をやるのかというと、自分の学習「深」度が入試問題レベルに達しているかどうかをチェックするためです。問題集や模試を解くだけでは、志望大学の問題レベルをクリアできるとは限らないからです。まったく安心できません。ちなみに「100題」って山川じゃなくてZ会のですよね? それ、過去問じゃないんですが……大丈夫でしょうか。問題集も過去問を使用したものを使うべきでした。厳しいことを言うようですが、これらのことは授業や配布プリント、ブログなどでお伝えしています

すでに通年授業は終わってしまった現在では「既習範囲だけを解く」も何もありませんが、上記の二つの目的は今でも変わりません。それを意識して学習計画を立ててください。知識の定着を待ってから赤本を解くのは順当に思えますが、もし赤本のレベルに知識が達していなかったらまたイチからやり直さなくてはなりません。12月に入ってしまった現在ではその猶予はないかと思います。これまた厳しいようですが、やはり赤本は6月から解くべきだったのです。すでに入試本番が迫っているのでもう計画ミスや計画不実行は致命傷となります。しっかり腹をくくって取り組んでください。

通常授業を受けていた人なら、ノート復習のペースを少しずつ速めていってください。理想は入試前日にノート40面と文化史プリント16面を一日で全部復習することです。それに向けてペースを上げていってほしいのです。これと同時にすべきなのが問題演習です。過去問や問題集をやることで、より知識が定着するでしょう。冬期講習では「総合日本史演習(発展)」で外交史や経済史のパワーアップを、「早慶大日本史」では難問を解くプロセスを知ってもらうとともに細かい用語を追加します。それまでしっかり復習しておいてください。

上智対策コンプリート・ミッション

関連記事

立教大の問題で質問があります

昨日のFさんからは続けてもう一つ質問をいただいていました。

<Fさん>
もうひとつ、立教大学会計ファイナンス学科・法学部の問題で、
「凡下のうち、土倉や酒屋などで富裕となったものをなんというか、その総称をしるせ。」
という問題がありました。

答え(選択問題ではありませんでした)が有徳人でした。この問いは、推測して解く問題かなと思ったのですが、どうでしょうか? よろしくお願いいたします!

<石黒>
「有徳人(うとくにん)」は早慶上智・同志社志望でなければ無視してもかまいません。記述問題なので推測では解けないと思いますが、その用語を知っていたのでしょうか。ノートには載っていません。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

昭和女子大の問題で質問があります

過去問の質問をいただきました。せっかくなので問題を解いてから続きを読んでみませんか?

<Fさん>
通年授業を××校で取らせていただいたFです。
昭和女子大学の問題で、分からなかった所があったので質問させていただきます。

問 重源は入宋すること三度、宋朝の知識が豊富で宋風を積極的に摂取したことでも知られる。宋風に関連する事柄として正しい説明を選びなさい。
①宋から輸入された新しい絵画と大和絵が融合して屏風や襖が描かれた。
②宋人陣和卿の助力によって力強い東大寺南大門が建立された。
③平清盛は宋との貿易を重視し、河内に大和田泊を開港した。
④中国から禅宗様の建築様式が伝えられ、建長寺舎利殿に用いられた。 (さらに…)


関連記事

2015年同志社大学2月7日試験の問題について

先日、同志社大の過去問について質問をいただきました。

<Mさん>
下線b 鴨緑江に面した高句麗の旧都
問題:この旧都の現在の地名を記せ。
僕は「丸都」と答えたのですが解説には「集安」とありました。この場合丸都でも正解になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

<石黒>
丸都は古い言い方なので正解にはなりません。その問題で問われているのは、「現在の地名」です。中国吉林省集安市通溝です。ふつうは「通溝」まで問われることはないので、集安、もしくは集安市が正解となります。関東の大学ではめったに問われませんが、同志社大や立命館大では問われます。
また、河合塾では通年授業、および夏期講習の発展の日朝関係史でやりました。『でる日講義-経済・外交史(前近代)-』でも紹介しています。

でる日講義-経済・外交史(前近代)-

わかりにくい荘園の流れや守護・地頭の変遷を 何度も見直せる映像教材で理解しよう!


関連記事

2011年早稲田大学社会科学部の難問

先日、早稲田の過去問について質問をいただきました。

もしその問題を解いてから話の続きを読みたいという方は、まずこの問題を解いてみてください。

問 第一次世界大戦に関連する次の記述のうち,不適切なものはどれか。2つ選べ。
イ 日本は三国協商(連合国)側,イタリアは三国同盟側に立ってそれぞれ参戦した。
ロ 日露戦争後,日本は,貿易赤字と財政赤字に苦しんでいたが,戦時景気により危機を脱し,輸出も激増して,債務国から債権国に転じた。
ハ 第一次世界大戦中,石井・ランシング協定が締結され,日米間で,中国の領土保全・門戸開放と中国における日本の特殊権益の承認を確認し合った。
ニ 第2次大隈重信内閣は,西原亀三を北京に派遣し,北方軍閥の段祺瑞政権に巨額の借款を与えた。
ホ 日本は,輸送船護衛のために,地中海に艦隊を派遣した。

<Iさん>
でるとこ教材を使っている者ですがわからないところがあったので質問させていただきます。
2011年早稲田の社会科学で「第一次世界大戦の記述で不適切なものはどれか」という問題で イ 日本は三国協商(連合国)側、イタリアは三国同盟側に立ってそれぞれ参戦した これが正解となっていました。もちろん後にイタリアが三国協商側につくのはわかっているのですが、「参戦した」つまり最初は三国同盟側にいたのは間違っていないのではないでしょうか?

<石黒>
まず、これは日本史の問題としては難問と考えてかまいません。

実は、ドイツがロシアに宣戦布告をおこなった1914年8月2日に、イタリアは中立を表明したのです。そしてイギリス・フランスに接近し、翌1915年には三国同盟を放棄して連合国側に立って参戦しました。つまりイタリアは、三国同盟側に立って「参戦」したことはないのです。ここまで細かい内容は他の問題で見たことがないため、『でる日講義-つながる近現代-』ではごく簡単に説明しました。

この問題ではロ・ハを正文、ニを誤文と見破ることまではできるのですが、ホを正文と言い切れないでしょうからどうにも正解できません。いっぽう大問として考えると、問2・4は難問としてあきらめ、他の小問で正解してください。問5もやや難しいですね。2問ミスにとどめられれば十分でしょう。

ところで早稲田大学というと女性史の出題が気になります。それゆえ derutoko.com では『でる日講義-アラカルト-』の中で女性史を講義しています。このあいだの土曜日、そのサンプルムービーを見た男子が「あのおかげで早慶オープンのコレラの問題が解けました」と教えてくれました。なんとそれはオイシイ体験をしましたね。解説には「難問」とあったらしく、たいそう喜んでいました。本番でそういう体験ができるといいですね。ちなみにこの教材は、頻出テーマの沖縄・北海道・女性史の講義と、地図・グラフ問題を直前期に総ざらえするものです。早稲田や上智大の志望者で過去問を解いたことがある人には、その重要性がよくわかりますよね? このうち河合塾の冬期講習「総合日本史演習(発展)」では沖縄・北海道史のみ講義します。女性史は講義はせずプリント配布のみとなりますので、あしからずご了承ください。

でる日講義-つながる近現代-

関連記事

過去問演習のカン違い

先日、こんなやりとりがありました。

<Uさん>
夜遅くにごめんなさい。
受験生が本当にほしかった問題集の、解答3ページの文中、信濃松代藩士のところなのですが、辞書だと信州松代藩士と出てきてしまうのですが、意味は同じですか?

<石黒>
長門国を長州というように、信濃国は信州です。どの国にもそうした言い方があります。

<Uさん>
早稲田大学文学部・教育学部・立教法学部・立教経済学部を受けようとしているのですが、いずれもやはり、10年分やるべきでしょうか?
あと、いつごろまでに10年分終わらせるのが目安ですか?

<石黒>
いろいろ間違っているように思います。まず、過去問は基本的に他学部まで解くべきです。そうするとどの大学も10年分なんて解けないのではありませんか? また、いつごろまでとありますが、既習範囲しか解けませんので、いくら早くても12月いっぱいくらいでしょう。実際には1月上旬とかまでかかると思います。また、現在、赤本は10年分も問題を掲載していないので、古本を探さなければなりません。というわけで、受験校の赤本はいずれも10年分なんて解けないものです。

<Uさん>
とても納得してしまいました…。やらなければいけないことが多すぎてついつい優先事項を間違えがちになってしまいます(;_;)まずはノートの復元とほしかった近現代をしっかりといて、日曜日に既習範囲の過去問に触れるようにしようお思います!

聴くだけ日本史-内閣編-

できごと別に内閣を音声CDでチェック


関連記事

両立させよう、問題演習とノート覚え

あけましておめでとうございます。
昨日、『MARCH学習院あるあるチェック』の発送を開始しました。早いところで、本日にはお手元に届くかと思います。今年は数量限定販売となりますので、お早めにお申し込みください!

さて、早稲田の過去問について、以前に質問をいただいていました。

<Yさん>
こんにちは、昨年通年授業を受け、今年浪人しているYと申します。赤本を解いていて疑問に思った点がありましたので、質問させていただきます。
2008年早稲田大学政治経済学部の大問4の、Bの(c)です。
史料中に『臨時に首都を重慶に置ける中華民国国民政府』とあり、その首班は誰か、という問いでわたしは張学良と解答しましたが、赤本の正解は蒋介石でした。
わたしが解答を導き出したプロセスは、重慶に首都を移したのは盧溝橋事件での南京大虐殺、その前に国民政府側は張学良が蒋介石を監禁しているという36番ページのことを思い出し、監禁された蒋介石がリーダーであることはないのではないか、と思い張学良を選択しましたが、間違いでした。これはわたしの考え方のミスか、赤本のミスか、史料をやって当然解けているべき問題なのか、どれなのでしょうか。お時間のあるときにお答えいただけると助かります。

<石黒>
正解は蒋介石です。西安事件後に蒋介石の監禁が解かれたことを忘れているのではありませんか? そもそも西安事件で監禁されても、それだけでトップの座を失ったわけではありません。
たとえノートがあっても、正しい理解がともなわなければ意味はありませんから、教科書・参考書などできちんとした理解をはかるべきです。それとともに問題演習で間違って覚えてしまっているところをつぶしていくことも必要でしょう。
この問題はもちろん基本問題なので、史料問題も含めて演習量を増やすべきかと思います。

残念ながら、たとえノートがあっても、授業内容を忘れてしまっているところは結構あるものです。メモを取っていればまだ思い出せるかもしれませんが、そうでないところは厳しいですね。教科書・参考書を読み直したり、問題演習をする中でそうした穴をつぶしていくしかありません。

いっぽう勉強が順調な人は、年が明けたので徐々に直前期の勉強法に移行していきましょう。過去問を解きまくるのではなく、覚え漏れをなくすべくノートの全復習にシフトしていってください。Yさんのように演習が必要な人は、まだまだ問題演習も減らせませんが。詳しい話は、過去のブログに書いてあります。

MARCH学習院あるあるチェック

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

過去問・問題集、いつやる??

早くも11月後半になりましたが、過去問演習は進んでいるでしょうか。ペース配分や正解率など、ギリギリになっている人は要注意ですよ。

<Hさん>
今回は「あるある正誤問題」について質問をさせてください。立教が第1志望なのですが、毎回正誤問題でミスをして8割を逃します。あるある正誤問題の説明に書いてあった通り私大でも通用する問題集ですよね?
いつもセンターの方ができが悪いです。国公立は受けないのでセンターに命かけてないのですが、どうせ直前になったらやらなきゃと焦るのが目に見えてます。直前はやっぱり過去問やった方がいいですかね?それともあるある正誤問題に重点おいた方がいいですか? 教えてください。
あと國學院の過去問やりました。ちょっと設問みてびびりました。いちよう7割ジャストだったんですが、これでもまだ運が良かった方だと思うんで次やったらもっと低いと思います…

<石黒>
直前期には過去問はやりません。
そのことについては、過去にブログに書きましたのでごらんください。

國學院大の問題を解いてわかったと思いますが、実際の入試問題のレベルと自分との落差に気づかないままだと、いつまで経っても学習レベルがあがりません。
緊張することなく平常心で挑む過去問演習では、正解率8割5分をめざすべきです。

正誤問題対策も、今のうちに進めておきましょう。

あるある正誤問題

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

夏休みの勉強(再)

夏休みの間に一体何をどこまで進めるべきなのか、これを誤ると秋から大幅な遅れをとってしまいます。現役生はせっかく学校がなく、一日を自由に使える貴重な期間なのですから、しっかりと計画を練って進めましょう。今日はそんな夏休みの勉強法について書いた過去記事を紹介します。

夏休みの勉強

でる日講義−とことん文化史−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事