寛政の三博士ならぬ、寛政の三奇人

センター試験がわりと簡単だったせいで、気が抜けている人はいませんか?
また逆にいろいろ手が回らないからと言って、一つの問題集とかに逃げこんでしまっている人はいませんか?
どちらも失敗コースにハマってしまいそうです。入試直前期は、難しい過去問に触れつつ全範囲をハイスピードで復習するのが王道です。試験前日には一日で全範囲を復習するのが理想ですから。

今日は河合塾藤沢現役館で「上智・青山学院大日本史テスト」がありました。上智と青学の特徴を伝える講座です。その青学らしさが出ている問題について、先日質問がありました。

<Tさん>
レギュラーの授業と、夏期講習の演習発展と集中講義、冬期講習の演習発展を受講していました。直前期の上智・青山テストも受講します。
恥ずかしいお話しなのですが、センター直前になっても日本史の復習が全然間に合わなくて、特に近現代は復元する時間もなくノートを眺めるだけ、という状況でした。なのでセンターの日本史は諦めていたのですが、本番に先生の40面ノートの配置などを思い出して解いた結果、91点をとることができました。
私の第一志望は青山学院の法学部で、教科の都合でセンター利用はできなかったので、全学部と個別試験の両方を受ける予定なのですが、過去問を解いて8割以上とれるようになりました。
先生の40面ノートやプリントは本当に素晴らしいと思います。これは先生に申し上げても仕方ないのですが、河合塾には先生の授業を増やしていただきたいです。
最後に一つだけ質問なのですが、この間その青学の全学部の過去問を解いていて、「寛政の三奇人」がでてきたのですが、覚えたほうが良いでしょうか?

<石黒>
「寛政の三奇人」は関東の大学ではめったに出題されません。遺跡・古墳好きの青学なので『山陵志』の著者が問われたのでしょう。書名と著者をつなげて覚えておくと良いことがあるかもしれません。
センター試験と青学ではだいぶ傾向が違うので、頭を切り換えて急いでノート復習を進めてください。

上智対策コンプリート・ミッション

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

志望校変更……でもMARCH学習院なら大丈夫です(再)

derutoko.comでは、明治・青山学院・立教・中央・法政・学習院の各大学に特化した対策ができる問題集『MARCH学習院あるあるチェック』を、毎年1月に販売します。

入試対策が遅れがちな現役生は、この時期に志望校を変えることがよくあります。「今まで法政大の対策なんてしてなかった……!」などという方には、手っ取り早く出題傾向をつかむチャンスです。

また早慶が第一志望の受験生も、MARCHクラスの赤本は後回しになりがちなのではないでしょうか。今さら何年分も、しかも他学部の問題も含めて解くのは現実的に難しいかと思いますので、ぜひご活用ください。

12月中旬ごろに、最新版の詳しいお知らせができるかと思います。詳しい内容が決まりしだい、随時このブログでお知らせしていきます。ご期待ください!

「志望校変更……でもMARCH学習院なら大丈夫です」

スマホ・PC版 『MARCH学習院あるあるチェック』(旧版)
モバイル版 『MARCH学習院あるあるチェック』(旧版)

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

青学で史料って出ますか?

過去問を見たがらない受験生(見せたがらない講師)はよくいるものですが、滑り止め大学ともなると、より顕著なようです。こんなギリギリ質問がありました。2月9日に届いたものです。

<Tさん>
こんばんは。石黒先生の通年授業をとっていたものです!というか、以前にも質問させていただきました。
今、本命としていた大学をいくつか終え、残すところ青山学院大の文、経営、国際政治経済だけとなりました。青山学院大対策は、以前から英語はやっていたのですが、日本史はまだ過去問にさらっと目を通している程度の状態です(>_<)割と概要は掴めたのですが、私がみる限りだと、あまり資料問題がないように思えました。青山学院大の場合、資料問題対策はどの程度力をいれたらよいのでしょうか。古代が大切なので、古代を重点的に、全体としては基本資料を抑えれば大丈夫なのでしょうか。本番では、英国で8割、日本史で7割とれるといいなと思っています。よろしくお願いします。 <石黒> 普通に史料問題出てますよ? しかも、空欄記述問題でやっかいなものも目立ちます。改新の詔にある「采女」なんて書かせるほどです。2011年文学部です。普通に対策すべきだと思いますが……。

経営学部の入試は翌10日でした。明日の文学部入試には間に合うでしょうか……。これを読んでいる高校1・2年生は、史料と文化史の落とし穴に早く気づいてくださいね。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

青山学院大経営学部2月15日入試 ちょっとだけ解答速報

青学の質問が届いています。

<Dさん>
青山の経営学部の入試です。直前でやった××(編注:伏せさせていただきます)が出てニヤリでしたが、わからない設問を質問させて下さい。
大政翼賛会の末端の協力組織の説明として誤っているものはどれか
(1)その名称を隣保班と呼ぶこともある
(2)回覧板などによる情報伝達を担う
(3)都市における「町内会」を解消して、新たに設けた組織である
(4)物資の配給といった戦時業務も担う

<石黒>
××、来ましたか。大政翼賛会の下部組織としては、農村に部落会、都市部に町内会があって、その下に末端組織として隣組がありました。このため正解は(3)です。(後略)

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

青山学院大学総合文化政策学部2月14日入試 ちょっとだけ解答速報

早稲田法学部の日本史では、青ざめた受験生が相当いたでしょうね。『方丈記』を使った大問は、難問が4つもありました。おかげで正解を確定させるのに、だいぶ手間取りました。17・18日は、夜に体験授業が入っているため、解答速報をアップする時間が遅くなりそうです。進行状況をツイッターでつぶやきますが、不確定です。22時をめどに「仮アップ」して、正式なものは0時くらいになるかもしれません。

さて、青山学院大の入試で質問がありました。

<Iさん>
早稲田予備校のIです。今日総合文化の試験で、解答に迷った問題が数問あったので、メールをさせていただきます。
…縄文時代の遺跡からクリ・クルミ・トチなどの木の実や豆類・エゴマ・ヒョウタンなどの種子が検出され、また、特に関東地方や(ア)の遺跡から土堀り用の(イ)や、木の実をすりつぶすための石皿、すり石などが多数出土しているところから…
1 (ア)九州北部 (イ)打製石斧
2 (ア)九州北部 (イ)木製鍬
3 (ア)中部高地 (イ)木製鍬
4 (ア)中部高地 (イ)打製石斧
これは、まずイは縄文時代だからといって必ずしも磨製石器を使う訳ではないと先生がおっしゃっていた気がしたし、木製鍬は弥生のコーナーに書いてあったので消去したのですが、アで迷いました。資料集をみると、磨製石斧の出土は茨城県となっているのですが…

あともう一つは、国会開設の勅諭の史料に関する問題で、
この勅諭の前後、民間でも様々な憲法案が作成されたが、その説明として誤っている文章を、次の選択肢の中から選び、マークしなさい。
1 慶応義塾大学出身者などを会員とする交詢社は、「私議憲法案」を作り議院内閣制などを規定した。
2 主権在君説に立脚する「国憲意見」も作成された。
3 共存同衆が作成した「私議憲法意見」はフランス的な一院制を主張している。
4 千葉卓三郎が起草した「五日市憲法草案」は国民の権利保障に特徴がある。
まず4の[草案]という語尾はノートにないので気になったのですが、2は国家よりの政党でも、主権在君説だと政党政治にならない気がするし、3は大隈重信の友達の小野梓が所属する共存同衆だから一院制というのは違う気がするし、4で国民の権利保障しているとは聞いたことがないので、はっきり判別できませんでした。お忙しいと思いますが、返信よろしくお願いします。

<石黒>
1つめは4です。中部高地とは具体的には尖石遺跡のことでした。ちょっと難しいですね。二択にまでは絞り込んでください。
2つめは3です。「主権在君説だと政党政治にならない」っておかしいですよ。民本主義とかを考えましょう。しかも「国憲意見」を作った福地源一郎は国家主義ですよ。天皇主権を主張しているのです。いっぽう共存同衆については推測どおりです。フランス的ではなくイギリス的です。

2時間でおさらいできる日本史

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

近現代だけを出す学部に挑戦したいです!

今週は、高田馬場−西船橋の移動付き480分授業をしています。さすがにキツくて、授業後はヘロヘロでした。というわけで、ブログも「早慶上智プレミアム日本史」の受講生からの質問とその回答を紹介するだけにとどめます。

<Tさん>
夏期講習の近現代の骨組みの授業を受けさせてもらい近現代を享受することが出来ました。そこで慶應義塾大学経済学部や青山学院大学国際政治経済学部のように近現代のみ出す学部を受験したいと思いました。考えが浅はかなのは存じ上げてますが、せっかく楽しむことが出来たのでチャレンジしたいと考えてます。
しかし、実際のところ上にあげた学部以外にも受験したいと考えてます。そこで質問なんですが、2学期の近現代の授業を受け、本当に欲しかった近現代問題集を完璧に仕上げたら、上の2つの学部に十分対応出来ますか?

<石黒>
残念ながら「十分」には対応できません。まず慶應経済は恐ろしい論述問題があり、そのための対策はかなり労力がかかります。「政経」の知識が必要な問題が出題されます。さすがにそこまでは「日本史」ではフォローしかねます。

次に青学国際政経は戦後経済について、これまた異常な難問を繰り出してきます。そこは捨てても合格できるだろうとは思いますが、日本史では高得点を稼ぎづらくなるため、英語・国語で確実に高得点を取らなければなりません。

また両大学にかぎりませんが、文化史と史料問題対策を別に行う必要もあります。同じように近現代を中心に出題する大学には、ほかに明治大学経営学部があります。こちらは正誤問題で難しい問題が出題されますが、授業をみっちり習得できたあかつきにはかなり正解できます。

どの教材で学ぶにしても、それが単なる知識習得で終わってしまったら、「考えて解く力」は身につきません。その力をどれほど養ったかで得点は大きく変わるのです。受験生が見逃しがちな視点です。


関連記事

上智大と青学国際政経を受験する人

<<derutoko.comからのメールが届かない方へ>>
受信拒否設定を解除してください。
こちらからはどうにも連絡が取れません。

「先生の夢を見ました」ってエントリーをアップした後、
数名から同じことを言われました。
もっとも、それを言うなら僕もよく授業や生徒の夢を見ます。
そもそも授業とか、生徒とのやりとりとかをよく反芻するんです。
そしてうまく対応できなかった時などは、
思い出しながら後悔することもしばしばです。
最近も、反芻して「まずいなあ……」と思ったことがあります。

先日、上智大と青学を志望する生徒が質問に来ました。
通年の授業は取っていない人です。
立ち話だったので、どういう学習環境かも聞かなかったのですが、
近現代が苦手らしいのです。
しかし、青学の国際政経学部を受験するんだそうです。

……どうアドバイスしたらよいのでしょうか?

これは困りました。
先日のエントリーでも書いたように、
近現代を重視している学部なんです。
さらに言えば、近現代デヴューした人にこそ、
受けてほしい学部なんです。
ところが彼女はその逆だと言うのです。
うーむ……。
とりあえず、青学の大橋君からの情報もあったので、
IMF関連とバンドン会議については見ておいてください。

一方、上智大については、授業の中で、
過去問を解くことが大切だという話をしたせいだと思いますが、
「上智は過去問を解けば大丈夫ですか?」
と聞くんです。
残念ながら大丈夫ではありません。
上智は問題形式が特殊なので、
それに慣れておかないと大変なことになるんです。
しかも、くり返し同じ内容が出題されることが多いので、
他の大学にくらべて過去問を解く価値が高いのです。

しかし、まさか過去問を解くだけで大丈夫なわけがありません。

後悔していることの一つは、その時、
「過去問って、のべ何学部分を想定してる?」
と聞きそびれたことです。
現在の上智大の赤本には、2年分の問題しか載っていないのです。
もしかしたら、その2年分しか想定していないかもしれません。
それどころか、自分が受験する学部だけをさしているかもしれません。

一方で、その後、通年授業を受けている別の生徒が来ました。
彼女はネットで古い赤本を探して、そっちも解いたと言っていました。
やはり通年授業で厳しさを体感してきたからなのでしょう。
「知らない」というのはオソロシイことです。
前述の質問者には、せめて、英語がすごくできることを願います。

というわけで、すでに1月後半、
もう過去問を精力的に解きまくる時期はすぎました。
今、もっともチカラを入れるべきは、ノート覚えです。
石黒の通年授業を受けていない人は、
今まで勉強してきたまとめたものを、
あますところなく全力で覚えてください。

明治・青学・立教・中央・法政・学習院については、
『MARCH学習院あるあるチェック』で、
傾向や定番用語などを知ることができます。
予算に余裕があれば、ぜひ、どうぞ。

『MARCH学習院あるあるチェック』は、
17日の出荷直前ですが、最後の最後まで、
ギリギリのチェック作業を続けています。
大学別のアドバイスCDでは、かなり特徴をしゃべっているので、
単に問題を解くだけでなく、
そのアドバイスにしたがって重点的に学習してもらうと、
非常に効率のいい入試対策ができます。
過去14年を超える出題データをもとに作っているので、
それはもう情報の厚みが違うのです。
有効に使っていただければ幸いです。


関連記事