授業の聞き漏らし対策ってありますか?

レギュラー授業も5週目に入ると、さすがに授業をしっかり聴こうとする人が増えてきます。そうすると「聞きそびれ」を心配する人も出て来るようです。こんな質問をいただきました。

<Sさん>
河合塾で石黒先生の講義を受講させていただいている者です。
先生は授業内容を漏らさず聴くことが重要とおっしゃっていましたが、河合塾の授業がハイペースということもあり いくらノートを素早くとっても少なからず聞き漏らしてしまう箇所があります。
遺言などには録音を聴いて復習する方法が書かれていましたが、河合塾の規約で録音は禁止されていたと記憶しています。
石黒先生の授業に限っては録音することも可能なのでしょうか。
また、録音以外に聞き漏らしの対策があれば教えてください。

<石黒>
いや、僕の授業だけ特別ということはありません。基本的に録音は禁止されています。聞き漏らし対策としては次のことをすると良いでしょう。
(1)予習をした上で授業を受ける。
(2)単純暗記の部分は『日本史でるとこ攻略法』を利用してあらかじめゴロで覚えてくる。
(3)『読むだけ日本史(1)』で赤字になっている用語を声に出して音に慣れ、漢字を書けるようにしてくる。
(4)メモは簡潔に素早く書く。
(5)聞き漏らしたところがあったら、授業中の下書きノートに☆マークをつけて授業後に質問する。

夏期講習でテーマ史をたどると聞きそびれを補うことができます。ちなみに総合日本史演習(発展)も早慶大日本史も、夏期講習と冬期講習とではあつかう範囲がちがうので気をつけてください。一度きりの内容です。ただし総合日本史演習(発展)は、『でる日講義-経済・外交史(前近代)-』で受講することもできます。

でる日講義-経済・外交史(前近代)-

関連記事

問題集って用語を完璧にしてからやるんですか?

『上智対策コンプリート・ミッション』と問題演習のタイミングについて質問をいただきました。

<Aさん>
上智対策コンプリート・ミッションの内容について質問させて頂きます。
演習的な内容の解説はどれくらいの情報量でしょうか?
また、こういった教材は用語の知識が完璧になってからやるのが良いのでしょうか?

<石黒>
「情報量」というとどうお答えすればよいのかわかりませんが、ページ数で言うと全253ページのうち解説部分は50ページです。ふつうに日本史を学習してから取り組めば、この解説で十分理解できるかと思います。多くの問題集に見られるような、入試に不要な解説はしておりません。
また、どの問題集でも変わりませんが、知識の定着を待ってから問題を解くよりも、早々に問題演習にかかったほうが記憶効果は高いものです。このことは脳科学の研究結果から明らかになっています。もっとも大学受験の勉強では「知識が完璧」になることはまずありません。過去問を解けばわかるはずですが、早慶上智のような難関大ではいくら勉強しても解けない問題が出されます。受験勉強に終わりはありません。そういう意味でも、ある程度学習したら問題演習で力試しをしていくべきです。
ちなみに過去問演習は、遅くとも6月には始めることをおすすめしています。

「暗記を完全に終えてから問題を解こう」と考えるのは、受験生の定番の落とし穴です。こうした失敗をしないように、受験勉強を本格的に始める前に春休みのおすすめブログエントリーで受験全体をつかんでおくことをおすすめします。

上智対策コンプリート・ミッション

関連記事

くり返し覚えるか、一回で焼きつけるか

だれもが記憶法には悩まされますよね?
こんな質問をいただきました。

<Oさん>
覚えるためには何回も同じことを繰り返したほうがいいんですか?
それとも、一回でしっかり頭に焼き付けるほうがいいのですか?

<石黒>
それはもちろん一回で覚えられるのが良いのではないでしょうか。記憶力の良い人はそれができるらしいですし。しかし残念なことに多くの人は一回では定着させられません。それゆえくり返し覚え直すしかないのが現実です。

ところで記憶の定着に大きな効果があるのは、覚えたものを思い出す(アウトプット)ことです。完全に覚えることを待ってから問題集をやる人がいますが、それは得策ではありません。覚えきったかどうか不確かな段階でさっさと問題集を解いた方が、結局は記憶効果が高いです。

あとは短時間で記憶するための工夫もすべきでしょう。そのため声に出したり、音を聞いたり、図版を見たり……とさまざまなことをすることをお勧めしています。

このブログには「受験に役立つ脳科学」というカテゴリーがあります。今回の反復学習の大切さについては、こちらの記事に実験結果まで出ています。なかなか興味深いですよ。この「脳科学」シリーズは受験生にはかなり有用かと思います。

聴くだけ日本史-内閣編-

関連記事

お尻に火がついた受験生

12月に入るとお尻に火がつく人が出てきます。最近、焦りだした人数名から質問や相談を受けました。たとえば、ノート覚えをせずに去年と変わらぬ学習法を続けてしまっていた浪人生とか、早稲田大学をめざしているというのにノートを覚えを絞り込みたがっている現役生とか……。彼らが第一志望合格に届くかどうかは、もう僕のアドバイスではどうにもならないところにきていますね。
ただし、全体としては成績がぐんぐん上がっている人の方が多いので「良し」と考えています。

さてこんな質問をいただきました。

<質問者>
始めまして!××と申します。2つ質問と相談があります。
1つ目は質問です。
二学期の半ばに忌引きで一度授業をやすんでしまい、その時のノートは友達に見せてもらえたのですが、内閣プリントのぬりえのやり方を先生に聞きにいけないまま通常授業が終わってしまいました…。お手数ですがやり方を教えていただけたらと思います。
2つ目は悩みというか、最近血迷ってきたのでそれについてきいていただきたいです。
まず前提としてわたしは9月まで体育祭に時間を注いでいてほとんど勉強していませんでした。体育祭が終わって40面ノートを一周したら模試の成績は二倍近くになり感動したのもまだ新しい記憶です…!
今は二週目をやりつつ、日本史に傾いていた比重を少しずつ戻しています。赤本は第一第二志望のは一年分ときました。ですが単語の単語のつなぎが弱いので山川の日本史100題も使って知識を固めています。12/16までに全部終わらせて赤本に取り掛かろうと思っています。
冬季講習は早慶大日本史だけとっています。そこに向けて12/16からは赤本に取り掛かりたいということなのです。
そこでいま何をやるべきかわからなくなっています。12/16から赤本では遅いとは思っても正直まだまだ知識が定着してません…。

質問内容もぶれぶれですが、お返事いただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

<石黒>
(1)内閣プリントについて
ぬりえは、例えば二大政党に分けたり、山県系に別の色をつけたりです。
ここの写真に『聴くだけ日本史-内閣編-』の内閣シート(内閣プリントのコンパクト版)の写真が見えています。参考になるかと思います。

(2)赤本について
基本的に赤本は授業に連動させて既習範囲だけを解いていくものでした。なので1年分とか全部やってしまうこと自体が間違いでした。

また、なんのために赤本をやるのかというと、自分の学習「深」度が入試問題レベルに達しているかどうかをチェックするためです。問題集や模試を解くだけでは、志望大学の問題レベルをクリアできるとは限らないからです。まったく安心できません。ちなみに「100題」って山川じゃなくてZ会のですよね? それ、過去問じゃないんですが……大丈夫でしょうか。問題集も過去問を使用したものを使うべきでした。厳しいことを言うようですが、これらのことは授業や配布プリント、ブログなどでお伝えしています

すでに通年授業は終わってしまった現在では「既習範囲だけを解く」も何もありませんが、上記の二つの目的は今でも変わりません。それを意識して学習計画を立ててください。知識の定着を待ってから赤本を解くのは順当に思えますが、もし赤本のレベルに知識が達していなかったらまたイチからやり直さなくてはなりません。12月に入ってしまった現在ではその猶予はないかと思います。これまた厳しいようですが、やはり赤本は6月から解くべきだったのです。すでに入試本番が迫っているのでもう計画ミスや計画不実行は致命傷となります。しっかり腹をくくって取り組んでください。

通常授業を受けていた人なら、ノート復習のペースを少しずつ速めていってください。理想は入試前日にノート40面と文化史プリント16面を一日で全部復習することです。それに向けてペースを上げていってほしいのです。これと同時にすべきなのが問題演習です。過去問や問題集をやることで、より知識が定着するでしょう。冬期講習では「総合日本史演習(発展)」で外交史や経済史のパワーアップを、「早慶大日本史」では難問を解くプロセスを知ってもらうとともに細かい用語を追加します。それまでしっかり復習しておいてください。

上智対策コンプリート・ミッション

関連記事

日本史初心者向けのおすすめ参考書

入試が行われている一方で、来年受験する人も動き始めているようです。勉強法に関する質問を紹介します。

<Hさん>
質問です。来年日本史で受験するのですが、初学者が最初にやる参考書としては『読むだけ日本史』と『きめる!センター日本史』のどちらが良いでしょうか?私大だけを受験するつもりなのですが。

あと、『受験生が本当にほしかった問題集』は近現代のみを扱ったものですが、原始?近世を扱う市販の問題集ではどれがおすすめでしょうか?積極的に勧められる問題集はないのかもしれませんが、石黒先生が一番マシだと思う問題集を教えてください。

<石黒>
本当に初心者なら、より易しい『きめる! センター日本史』、少し知識があるのなら『読むだけ日本史』が良いでしょう。『読むだけ~』のほうが情報量が多いのですが、センターでしか日本史を使わなかったり、かみ砕いたわかりやすい説明を求めるのでしたら断然『きめる!~』です。読みくらべてみてから購入された方が良いのですが、『読むだけ日本史』の方は現在書店から撤退しつつあります。ネット通販をご利用ください。

日本史の概要をつかんだら、古代から近世については『日本史事始』で問題演習をするのがベストです。

これから受験勉強を始める人は、このブログで紹介している受験生とのやりとりを読むと、予行演習になるはずです。でるとこサイトには、受験日本史の概要をつかむためのコンテンツがありますので、こちらもどうぞ。

日本史事始

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

1学期に習ったところ、忘れてませんか?

2学期が始まって1ヶ月経ちましたが、近現代の授業のペースには慣れてきたでしょうか。レベルアップしていく毎週の授業の復習に加えて、前近代(1学期の範囲)の復習も定期的に進めてください。徐々に、どれだけ短時間でこなせるかが問われてきますね。先日、現役生からこんな質問がありました。

<Tさん>
(前略)第一志望は慶應(経)で、早稲田(政経)も視野に入れています。(中略)2学期が始まり、夏休みよりも日本史にかける時間が減ってしまったのが現状です。週1の授業の復習(清書しながらしゃべる→録音を聞く→軽くしゃべる)で手一杯で、過去のページの復元が出来ていません。それに、インプットばかりで自分が本当に覚えられているのか自信がありません。先生のブログを拝見させていただいたのですが、やはり問題集に取り組まなければならないと感じました。(赤本は慶應(経)を3年分しか解けていません。)
そこで質問なのですが、近世以前の問題集でお勧めのものはありますでしょうか?(慶應(経)は近世からしか出ないとのことなので、先生の問題集で練習しようかと思っています。)
お忙しいとは思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

<石黒>
申しわけないのですが、当方が出しているもの以外では、通史の問題集で安心してお薦めできるものは存じ上げません。まず『日本史事始』からやってみてはいかがでしょう。後は早慶両方を受けるのですから、過去問が豊富にあります。
ちなみにマーク模試というのは、模試の中では下から2番目に簡単な模試なので、その偏差値から早慶大に受かるかどうかの判別はできません。ブログでもよく書いているように、算数の九九で満点が取れる人が、高校入試の数学で高得点が取れるとはかぎりませんよね? あくまでも過去問の正解率で自分を判断してください。受験勉強を客観的に捉えることをおすすめします。(後略)

日本史事始

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

夏期講習、開講!(再)

河合塾藤沢現役館での夏期講習4日目が終わりました。復習の方法は以前にブログで書いていますので、参考にしてください。
「講習で配布されたプリントの勉強法は?」
「藤沢のみなさんへ」

以前にはこんな記事も書いていました。毎年、同じような人がいると思います。
「講習を受講して焦りはじめた人(1)」
「講習を受講して焦りはじめた人(2)」
「講習を受講して焦りはじめた人(3)」

このブログを初めてごらんの方には、悩み相談注目記事のページから読み進めることをおすすめします。スマートフォンでごらんの方は上部のメニュー内の「注目記事」、携帯でごらんの方は最下部の「注目記事」、パソコンでごらんの方はページ上部のタブから、いつでもジャンプできます。

せっかく受講した講座ですから、無駄にすることがないように、復習や今後の学習方法など大いに情報収集してください。

難関大用語集解

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

夏期講習から参戦する方へ(再)

夏期講習で初めて僕の授業を受けて、戸惑っている人がちらほらいるようです。一番多いのが、授業のレベルの高さにびっくりしてしまう人です。おそらく、普段の学習進度が浅いのだと思います。本気で難関大に合格したいのであれば、一刻も早く遅れを取り戻すべきです。
まず、予備校で1学期に講義していた古代~近世の範囲について、習得レベルを補う対策を立ててください。『難関大用語集解』は、既習範囲のレベルアップをはかる参考書としてお勧めです。一方、まだ歴史の流れが理解できていないという初心者の人は、入試の出題率に沿ってコンパクトにまとめてある『読むだけ日本史(1)』を使ってみてください。赤字用語をGETするだけでも、少なくとも偏差値55には届きますよ。

そして基本的な話として、暗記は‘まとめ’を使うべきです。夏の近現代の講座では、まとめノートを作っていきますので、そちらを受けている人は、近現代の骨組みができるでしょう。『でる日講義−つながる近現代−』でも、同じようなまとめを作ることができます。‘復元’の様子は、でるとこサイトで動画を使って紹介しています。スマートフォンかパソコンでごらんください。
前近代部分に関しては、独力でまとめノートを作りあげるのは時間がかかってしまうので、市販のものなどをうまく活用してください。過去にこんなふうにして成功した人がいますよ。

ここからは、受験日本史初心者への重要なメッセージです。受験では、でるもの・でないものを差別化して効率的に勉強することが大切です。そして、それらを明確に区別できるのは、教科書の赤字や用語集の数字ではなく、入試問題を丁寧に分析しているものだけです。くれぐれも、間違った情報に惑わされないことを願います。市販の問題集や参考書の赤字や太字は、出題率に連動していないことが目立つのです。
もっと詳しく知りたい人は、でるとこサイトを読んでみてください。(スマホ以外の携帯でごらんの方はこちらからどうぞ。)

「1学期部分がヤバい!」と感じた人は、独学で勉強する方法を過去にたくさん書いていますので、これらの記事をごらんください。
「脱教科書!勉強法」
「講習を受講して焦りはじめた人(1)」
「自分なりにノートを作っているんですが……」
「予備校の授業にがっかりした人」
「独学受験生の学習法(1)」
「石黒の授業を、受講できない方へ」

「総合日本史演習(発展)」や「早慶大日本史」を受講した人は、テキストの問題を解くなかで、史料対策の重要性に気づいてもらえたでしょうか。derutoko.com では、入試の出題状況にそって空欄・意味聞き単語を赤字で示した『どこでも史料問題』を販売しています。音声の解説CDが付属し、問題集やハイレベル教材もあわせて用意していますので、ぜひどうぞ。
『どこでも史料問題』

どこでも史料問題

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

1学期の復習(再)

夏休み中に必ずやっておいてほしいことは、1学期の復習です。1学期にせっかく一生懸命勉強してきたことも、夏休みを経て忘れてしまっては元も子もありません。くりかえし復習して、既習範囲を確実に自分のものにしましょう。具体的な方法は、すでにブログに書きました。関連エントリーも含めて目を通し、しっかり準備してください。

1学期の復習

あるある正誤問題

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

GWに挑戦しよう! 40面ノート復元

通年授業が始まって何周か経ちましたが、学校と違ってかなりのペースで進みますので、復習が追いついていない人もいるようです。学校がお休みのこの時期に、必ず挽回するようにしましょう。復習法について書いた過去記事を紹介します。

「復習が追いついてないんですが」
復習が遅れている人は、今までの勉強を見直しましょう。
「しゃべり勉強ってどうやるんですか?」
勉強法はどんどん改善できるものです。一つの場所にとどまっていないで、常に良いやり方を模索していってください。
「復元できるようになるのに、何時間?」
偉人の佐々木さんが、ノート復元ができるようになるまでどのくらいの時間がかかったか、質問に答えてくれました。

日本史事始

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事