今からやって間に合いますか?

センター試験が1週間後にせまり、いよいよ入試本番を迎えますね。この時期になると、「今から○○をやって間に合いますか?」という相談をよく受けますが、間に合うかどうかはみなさん次第です。受験は、今までコツコツ努力してきた人と、最後まであきらめずに食らいついた人が合格るものです。あきらめたら、そこで終わりです。

<Sさん>
河合塾で先生の総合日本史発展をとりました。いままで金銭的な都合から日本史の授業をとらず、独学でやってきましたが、12月で偏差値50です。上智大学の文学部英米志望なのですが、いま1月から先生の上智コンプリート問題を買ってももしかしたら間に合わないかも…なんて思ってしまいます。こんなだめだめですが上智にいきたいです。コンプリート問題をいまからでも買って間に合うでしょうか?また、いまからなにを強化するべきでしょうか。よろしくお願いします。

<石黒>
日本史を1日に1時間しか勉強しないとしたら間に合わないでしょうけれど、逆に1日15時間勉強していったら間に合うかもしれませんよ。間に合うかどうかがわかるのは、Sさんだけです。
強化すべきは、当然上智対策です。その内容は、とても一言では書けません。やる気があるなら、『上智対策コンプリート・ミッション』をお使いください。

<Sさん>
親に相談して購入してみようと思います。できる対策があるんだから、やってみるべきですよね!
わたしは去年の上智ではじめて系図問題がとっても苦手なのですが、今年もでるかなと思って対策中です。系図問題は去年でた学部をとりあえずやってみるべきですよね?

<石黒>
過去問については、今年も同じ問題が出ることは期待しないほうがいいでしょう。以前にブログに書いた通りです。
「明治大の過去問3年分から、何%が出題された?」
また授業でも言ったと思いますが、基本的に過去問は学部をまたいで解いていくものです。

上智対策コンプリート・ミッション

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

駒大生からの応援メッセージ

駒澤大学文学部に通っている卒業生から、激励メッセージが届きました。

<Oさん>
(前略)本日2月4日に部活の関係で入試バイトのお手伝いをしていたところ、先生の40面ノートを見ながら入構する受験生の方がいらっしゃいました!「やるならとことん」の一言が書いてあるノートを入構の際まで見ていてまさに「やるならとことん」。すごく尊敬するとともに関心しました。私自身も40面ノートで育ったのですごく嬉しかったので早速メールを送らせていただきました。ワセヨビの受験生全員の健闘を祈っています。

その後お礼をしたところ、こんなエールもいただきました。

ぜひ、受験生の皆さんに、これから入学を控える皆さん、高校生の皆さんに伝えてほしいことがあります。それは「大学生活を充実させるかさせないかは自分次第。自分の手でどうにでもなる」ということです。これはあたしが大学3年間を過ごしてこれから大学に進学する皆さんにお会いしたら必ず伝えてることです。私は現役で必ず大学生になりたくて第一志望で駒澤に入学したわけではありませんでしたが、絶対に4年間充実させたくて部活にもバイトにも全てやりたいことやりました。これはあたしの糧です。どの大学進んでも本当に自分次第なんですよね。もちろん、第一志望で入った大学なら尚良い学生生活を送れることと思いますが、どの大学に入っても入学してよかったなって思える大学生活にしてほしいです。

わずか2点、3点で合否が分かれるのが入試の現実です。最後まで諦めずに、あと少しの努力を怠らないことを願います。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

家族で奮闘するでるとこユーザー

以前に何度か紹介していた受験生の保護者のかたから、ご報告をいただきました。センター試験前にいただいたものです。

<Aさん>
(前略)この度、新刊の『2時間でおさらいできる日本史 近・現代史篇』を私自身の読み物として購入予約させていただきました。そのついでと言ってはナニですが、またまた経過のご報告を・・。
 わが娘は、相変わらず質・量ともに膨大な教材その他を携えて、1日15時間ほど勉強漬けの日々を送っております。“でるとこ攻略日本史BLOG”で紹介される先輩方の対策内容も参考にしつつ、石黒先生流のやるならとことん方式?でもって奮闘しているようです。親としても、受験生の為の諸々の環境を整えつつ、いよいよ受験料納付や願書提出といった段階を迎え、それなりの緊張感も味わっております。
 そんな中、MARCHで唯一受験する立教について、一般入試に加えてセンター方式での入試も追加で願書を提出することにしました。実は、今更のことでお恥ずかしい限りなのですが、日本史を得意とする(というか、国語を苦手とする)娘にとって(第一志望でないとはいえ)立教の一般入試における日本史の配点はどうにも不利なわけです。ですが、併願する文学部のセンター方式では日本史の配点は英語や国語と同じなのです。もともと、立教のセンター方式での合格ボーダーラインはバカ高いので諦めていたのですが、センター模試で確実に得点率を伸ばしてきたことも踏まえ、ダメ元で追加したわけです。親子のささやかな併願合格獲得戦術のひとつでしかありませんが・・、それよりも何よりも、努力の結果としての志望校合格を望んでやみません。引き続き、ブログやメルマガでの叱咤激励をよろしくお願いします。
ところで、たまにイヤホンをつけた娘の見入るモニターの中に石黒先生のでる日講義の様子を拝見しますが、見た目だけでもインパクトありますね。さすがです。

1日15時間勉強とは、大変すばらしいですね。僕の受講生で、負けている人がいないことを願います……。みなさんも残りわずか、体調に気を配りながら奮闘してください!

2時間でおさらいできる日本史 近・現代史篇

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

続・緊張する人(再)

入試本番というのは、問題を解く能力以外の力が必要になるときがあります。よくある例が「緊張しすぎて思うように実力が出せなかった……」というもので、残念ながらセンター試験でその体験をしてしまった人もいるかもしれません。本命の入試の時にはそんなことにならないためにも、緊張しやすい人は、あらかじめ何らかの対策を練っておく必要があります。こちらの記事を読んでみてください。

続・緊張する人

聴くだけ日本史−文学史編−

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

1日何面復元していますか?

過去問に関する質問を2つ紹介します。

<Aさん>
(前略)2011年 2月8日の上智の過去問の 大問1の仏像彫刻に関する問題なのですが、短文から時代を選ぶ問題でDの
仏像の素材は、金属・木・土など多様であったが、共通する独特な清新さの表出がこの時代の特徴といえる
の答えの時代が白鳳文化なのですがあたしは白鳳文化の仏像は、すべて金銅像だと覚えていたので 材質が金属・木・土など多様 というところから 白鳳文化という解答に納得がいきません。解答にあるように 清新さ というヒントから 白鳳文化という答えを出せば いいのですか?

<石黒>
すべて金銅像なのは、白鳳文化プリントに挙げられている彫刻に限ってのことです。それ以外の仏像には、当然木像だってあるのですよ。「清新さ」で解いてください。

<Aさん>
資料集などを見ても金銅像以外がみつからなかったので、金銅像だけだと思っていました。解いた時に“清新さ”を まったく気にしないで解いてしまったので 次からは全体をしっかり見て解きたいと思います。ありがとうございました!!

<Sさん>
こんばんは。先ほど2012年の明治の政経の問題を解いていてひっかかるところがあったので質問させていただきます。大問IIIの問7で大津事件に関して正しいものを選べ、という問題でまぁ他の選択肢は明らかに消せて答えも出るのですが、正答の選択肢が「この事件の犯人は当時広く蔓延していた『恐露病』の影響を受けていた」というものでした。僕の中では、「津田三蔵がロシアの皇太子切りつけちゃった!!やばい!!ロシアに攻められる!!」という感じの捉え方だったのですが、、、恐露病って、厳密にいえば何なのでしょうか?また、「恐露病」って記述で出されることありますか?あと、論述の問題で「恐露病」と書いていいものでしょうか?長くなってしまい、申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

<石黒>
Cの判別が推測でできれば消去法が使えるのですが、ちょっと厳しいですね。正解できたのならすばらしいですが、実際には難問です。「恐露病」については、覚える必要はありません。記述で問われることもないでしょう。

<Sさん>
返信ありがとうございます。覚える必要がない、と聞いて少し安心しました笑 入試本番で知らない言葉が出てきても冷静に消去法などで解けるように頑張ります!
最近学校から家の間の電車の中でもノート復元をはじめました。周囲の迷惑にならない程度に、口の中でゴニョゴニョしゃべりながら膝の上に下敷きと紙のっけて書いています笑 復元はまだ一面15~25分かかってしまいますが、50~70分電車に乗ってるので行き帰りに二面ずつやります。この間ようやく前近代が終了したので今日、明日で40面を何周できるか、全力尽くします!あとは最近おろそかになっていた英語も合わせてがんばります!笑

この調子で、あとはどこまで復元のペースを上げられるかですね。もうこの時期になって、「どうやったら復元できるかわかんないのぉ」なんて言ってる人は、ひたすらノートを白い紙に書き写してください。一日にこなすべき量は、政治史7面+文化史3面=計10面 です。政治史と文化史でノートは56面ありますから、このペースでやれば、6日で一週できます。当然、時間はありませんから、白い紙になぐり書きです。1面を20分で書き終えてください。もう、わかりますよね? 簡単な用語だったら全部書かず、口でしゃべって終わりですよ。「それじゃあ自習室でできないよぉ」って言うなら、家でやればいいじゃないですか?「家だとできないもん」って言う人は残念ですが、ゆっくりあと1年かけてください。

MARCH学習院あるあるチェック

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

入試本番までの遠回りしない勉強法(再)

直前講習も始まり、受験勉強で迷走してしまっている人がいるようです。この時期にまだ過去問漬けになっていたり、一度やった問題集を解き直したり、あげくの果てには模試をやり直してみたり……。焦りのあまり思考停止して、一つのことをひたすらやっていませんか? 「これだけやれば受かるモノ」を追い求めている受験生は、冷静になってこちらの記事を読んでみてください。

入試本番までの遠回りしない勉強法

MARCH学習院あるあるチェック

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

入試本番までの階段(再)

締め切りが迫っているときに考えなければいけないのは、果たして現在のペースで間に合うのかどうかということです。時間を気にせず勉強できる時期は、もうとうに過ぎました。あとは本番までに何をこなせばいいのか、どのくらいペースを上げていかなければならないのか、常に自分自身に問いかけることが必要です。こちらの記事を読んでみてください。今自分が何をすべきなのか、もう一度真剣に考えてみましょう。

入試本番までの階段

でる日講義−経済・外交史(近現代)−

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

覚えるところを絞りたい病の人

先日、某校舎で沖縄・北海道史の講義をしました。そこには通年授業を受けていない人が結構いて、授業後にその一人から質問がありました。高卒生っぽいその人は、「○○大学××学部(編注:MARCHの一つです)を受けるんですけど、このプリントのどこをやったらいいですか?」と聞くのです。僕は苦笑いしつつ、「さっき話したここも、ここも、君の受ける大学が去年出題してたよ。あ、ここも、ここもだ。」と伝えました。つまり細かそうにみえる内容でも、その学部ではバンバン出題されていたのです。そう話しても、まだ取り組もうとする姿勢が見られなかったので、「これ正解してたら、だいぶ点差ついただろうねえ」とダメ押ししたら、すごすごと引き揚げていきました。次の日の授業にはその人の姿がなかったことには、驚きましたが……。早くも挫折したのでしょうか。

この時期になると「覚えるところを絞りたい病」にかかる人が出てきます。20数年も講師をやっていると、もうおなじみなのですが、そういう考えでMARCHを受験するというのは、ナメすぎなんじゃないでしょうか?

現在、『MARCH学習院あるあるチェック』の大学別アドバイスの作成に奮闘中です。大学別の音声CDがあるので、その台本を作っているわけです。過去20年分のデータから、来年の入試の出題を予想してアドバイスをするためです。テキストにも問題がついていますが、音声CDの中でもこれまたたくさんの問題を投げかけています。それはアドリブなどではなく、一題一題、吟味して問いかけているものなのです。

前述のとおり、MARCHレベルでも真剣に挑まない人がいるということは、逆に本気で挑んだら、大きく点差をつけられるということです。
1月1日から販売開始です。ご期待ください。

MARCH学習院あるあるチェック

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

正解率アップの王道

入試直前期になると、受験生は大きく2つのタイプに分かれるように見えます。本番ギリギリまで詰め込もうとするタイプと、覚える量を絞って、そこだけは忘れないようにするタイプです。後者のタイプの先には、ヤマが外れて撃沈という結末の可能性が広がるため、見ているこちらがハラハラします。直前期にやった沖縄・北海道史なども、しっかり復習して受験に挑んでもらいたいものです。

こんな質問をいただきました。

<Fさん>
こんにちは。毎日blogのほうをチェックさせてもらってます。その都度「すごい人いるなぁ」って思います。そして今回メールを送った理由を説明したいと思います。今まで自分は40面ノートと文化史プリントを覚えることに徹底して勉強してきました。(問題集は 河合塾の授業のテキスト2冊・100題-近世まで・東進の問題集-原始古代まで しかやってません)(過去問は 青山学院-経営 学習院-経済 成城-経済 武蔵の問題を3年分解いて、6~8割程度です)今自分に欠けているのは「資料対策」が1番だと思うのですが、過去問を解いていて40面をヒントと周りの設問を頼りに資料問題はほぼ解けました。自分はまだ文化史プリントP29~P32までを全く手をつけていません。(中略)成城では文化史で大問1つ 青山学院では過去に文化史大量 と自分では考えているので「その文化史の範囲も覚えたほうがいいのか」と思ったのでメールしました。残り日数わずかですが何かアドバイスをいただけると幸いです。
補足として。40面ノートは赤シートで隠して自分が不安だと思った漢字のみを書いて確かめるように最近は勉強しています。

<石黒>
近現代の文化史を半分しかやっていないようですが、2008年の青学(経営)を解いた時に焦らなかったのでしょうか。文化史を残しているとは信じがたい暴挙です。しかも、各大学の過去問を1学部しか解いていないことにも驚きました。落ちたときに後悔しないような学習をお勧めします。

過去問3年分ということは、2009年から解いているわけですね。受験学部の3年分の問題だけで、次の入試の出題予想をするというのは無謀すぎます。また、本当にノートを徹底的にやっているなら、上記の大学の正解率は常に8割を越えるはずです。自分の穴を埋めることこそが、正解率アップの王道です。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

センター試験で文化史のヤバさに気づいた人

センター試験で自分の弱点に気づいたというメッセージを数名からいただきました。それは良かったですが、喜んでばかりもいられません。どちらかというと不安が高まります。センター試験は私大にくらべてかなり簡単なので、そこで穴が見つかったってことは、出題されなかった部分にもっとたくさんの穴があると思いませんか?

早稲田に合格した人のなかには、センター試験で失敗した人も多いです。それはたぶん、この失敗をきっかけに奮闘したってことなのでしょう。逆に言えば、高得点だった人で慢心してしまったがために、一般入試では冴えない結果になる人もいるということです。自分はどうなりそうか、想像してみてはいかがでしょうか。

さて、こんな質問をいただきました。

<Nさん>
藤沢のNです。センターが終わって文化史の重要さを痛感しました。私は石黒先生の聞くだけ日本史文学史編と授業でもらった文化史プリントで文化史をやっているのですが、文化史プリントにのっていなくて聞くだけのチェックシートにのっているもの(Dランクのしるしがついている)、チェックシートにはなくて文化史プリントにはのっているものがあって、何が違うのだろう?(重要度?)と疑問に思いまして質問しました。優先順位というか、絶対おさえる!っていうものと、ニヤリだったりをある程度認識したいと思いまして。回答よろしくお願いします。

<石黒>
40面ノートにも文化史プリントにも、Dランク用語で載っていないものは多数あります。それらは『難関大用語集解』や講習などで、できるだけ追加しています。文化史でしたら『でる日講義−とことん文化史−』などでは、結構追加しているのです。いっぽう『聴くだけ日本史−文学史編−』のチェックシートに書いていないものは、時期が問われにくいDランク用語です。いずれにしろ、早稲田や立教をめざすなら、相当貪欲に習得する必要があります。センター試験で文化史の重要さを痛感したとありましたが、それはかなり危険信号ですよ。なぜならセンター試験の文化史問題はいずれも簡単だったからです。たぶん、立教大の過去問を解いたら‘惨憺たる暴状’になるはずです。急いで文化史に取り組んでください。

ちなみに、メールに絵文字を入れてくださる方が多いのですが、パソコンで受信しているため、絵文字はいっさい見えません。ブログで紹介する際にも、絵文字は消さざるを得ないので、ご了承ください。

聴くだけ日本史−文学史編−

文学作品の時期やジャンルを音声CDでチェック

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事