2014年早稲田大社会科学部の質問

今日はなかなか難しい問題です。早慶上智を受験する人は次の問題を解いてみてください。

 ……日本も唐にならって律令制を採用し,国防,治安維持に関する制度を作り上げた。地方の国(編注:ここに下線)には軍団を置き,軍団兵士の中から衛士を選抜して,1年間中央に送った。……

問1 下線部(編注:地方の国)に関連する説明として,不適切なものはどれか。2つ選べ。
イ 国司の任期は6年(のち4年)であった。
ロ 国の下に郡があり,郡司は終身官であった。
ハ 郡司は租税の取り立てを担当した。
ニ 郡の下に里があり,里長は裁判などを担当した。
ホ 大和・山城・摂津・河内・和泉は,五畿内と呼ばれた。

この問題について質問をいただきました。

<Mさん>
夜分遅く失礼します。いつもお世話になっております。毎朝、出るとこブログを見て自分の気を引き締めてから始まる、そんな直前期です。
今回連絡させていただきましたのは、2014年早稲田社会科学部の問題で質問があり先生のご意見を伺いたかったためです。2点あります。
2014早稲田社会科学部大問1の問1(中略)という設問です。
①イとロは基礎事項かと思うので自明として、ニとハに関しては出題頻度の観点からすると覚えるべきか否か。
②実はリード文中に「7世紀初め〜」と記載されており、僕は山城の城の字がこの時はまだ背であると推測し、ホを跳ねたのですがどのように反省すべきかまた、僕が危惧したような山城と山背で設問中で引っ掛けてくることはあったのか。ということを伺いたいです。
お時間ある際、お返事していただければ幸いです。

<石黒>
これは悩む問題でしたね。ただ、先日のブログにも書いたとおり、「下線部に関連する」となっている場合は必ずしもリード文の条件に合致している必要はないのです。このため「山城」を「山背」とつっこむのはやりすぎでした。
いっぽう「ハ」は僕もいったんは正文と判断しましたが、三省堂の教科書に「郡司は終身官で民政や裁判を担当、里長は税の徴収がおもな職務。」という記述があったため、これをもとに作問したことが判明し、正解をハ・ニとしました。
これは正解できなくても致し方ないかもしれません。

早稲田大では平安京遷都の際に「山背国」を「山城国」と改めたことがよく出題されます。それを考えると「ホ」って解答してしまいそうなところがイジワルですね。どうにもしょうがない問題でした。

でる日講義-経済・外交史(前近代)-

関連記事

2010年早稲田大社会科学部の質問

以下の問題について質問がありました。

史料
太政官符す
 応に勅旨開田并びに諸院諸宮及び五位以上の,百姓の田地舎宅を買ひ取り,閑地荒田を占請するを停止すべきの事。右,案内を検するに,頃年,勅旨開田遍く諸国に在り。……出挙(編注:この「出挙」の部分に下線)の日,事を権門に託して正税を請けず。……

問8 下線(編注:出挙)に関して,不適切な記述はどれか。2つ選べ。
イ 出挙とは春に苗を貸し付け,秋の収穫時に利息とともに徴収することである。
ロ 出挙には豪族たちの行なう私出挙と,国衙や郡衙が行なう公出挙とがあった。
ハ 私出挙の利息は10割になるものもあった。
ニ 公出挙の利息は3割ほどであった。
ホ 公出挙は地方政府の重要な財源となっていた。

2つ選べ問題であることに注意してくださいね。
正解は……

イ(苗ではなく籾)・ニ(3割ではなく5割)です。
さて、この問題について質問をいただきました。

<Uさん>
南浦和で通年授業を受けていたものです。赤本の質問のことでメールさせていただきました!
早稲田2010年社会科学学部の大問1の問8なのですが…
勅旨田廃止の史料?の中の「出挙」に下線が引かれていて問題は5つある選択肢の不適切文を選ぶ問題だったのですが

ニ 公出挙の利息は約3割であった

という選択肢が不適切文という答えで実際に解いているときは選べたのですが
その後、ノートで確認していると
桓武天皇の欄の中に【出挙利稲軽減(5→3割)】という記述に気づき逆に分からなくなってしまいました。(同時にノート覚えの不完全さも気づきましたが…)
でるとこサイトの回答速報の答えも「ニ」を選ばれていたと思います。
お時間がありましたらご教授お願い致します!

<石黒>
史料は902年の延喜の荘園整理令なので、確かにその時点では公出挙の利息は3割じゃないかと言いたくなるかもしれませんが、設問文をよく読むと下線に「関して」とあって下線に「ついて」とはなっていません。この場合は必ずしも902年時点の出挙のことを問題にしているわけではないのです。また、3つの正文がいずれも正しいと判別できるので、消去法で考えても「ニ」は誤文として作問しているのだろうと推測できます。

一度覚えたものを忘れてしまっているのはもったいないです。この時期はスピードを上げてもう一度インプットし直すべきですね。過去問の質問を受けるたびによく思うことです。

難関大用語集解

関連記事

解答が割れた2007年早稲田大教育学部の問題

早稲田大学などのハイレベルな正誤問題には、各種辞書類を駆使しても正誤判別に苦しむものがあります。教育学部の問題のように「正しいものをすべて選べ」と問われてしまうと消去法を使うこともできず、受験生はもちろんプロの解答作成者もお手上げとなることもしばしばです。以前に即日解答速報をやっていた時は、作問者の独断ぶりを呪ったものです。

先日、まさにそうした問題について質問をいただきました。

<Iさん>
石黒先生こんにちは
過去問を解いていたら疑問に思う点があったので質問しました

2007年 早稲田教育学部
大問2
問4 資料(1)に関して、正しいものをすべてあげよ
ア 日親が『立正治国論』をもって、時の政府に諫言した。
イ これにより困窮した御家人たちの不満は増大した。
ウ 主として火器をともなった集団戦であった。
エ 主として火縄銃を用いた個人戦であった。
オ このあと中国産の生糸や朝鮮半島の木綿がもたらされた。
この資料は高麗使が日本に持ってきたフビライハンの朝貢要求の書だと思います(推測ですみません)
東進ではこの問題の答えが イ、ウ、オなのですが
オの答えに多少違和感がありましてこの選択肢は何を示しているのかさっぱりわかりません
室町時代の日明貿易 日朝貿易のことを指しているのか、はたまたただの民間貿易のことを指しているのかがわかりづらくその点において石黒先生に答えていただきたいです!

<石黒>
この選択肢オの判別は、かなり悩まされるものでした。解答は各社で割れていまして、河合塾と赤本ではこれを誤文、旺文社は正文と解答していました。僕自身はこれを正文として解答速報を発表しています。

史料は有名史料で、1268年に日本にもたらされたフビライの国書です。

僕が注目したのは「このあと」と「朝鮮半島の木綿」です。鎌倉時代には高麗の商人がさかんに来日して交易していましたが、その時の輸入品としては、「木綿」は強調されません。そして、高麗が元に侵略されてからは日本との交易も困難になりました。
その逆に朝鮮からの輸入品として「木綿」が強調されるのは、15世紀の李氏朝鮮との貿易です。ここでの「木綿」or「綿布」は頻出用語です。

こうしたことから考えて、僕はオを正文と考えました。しかし、早稲田入試における「すべて選べ」という問題では、解答個数が3つになることは少ないため、かなりためらったのも事実です。ただし、この大問には解答個数が3つとなる小問が他にもあります。問7です。それを考えると「この問4も解答が3つであってもおかしくないかもしれない……」とも考えました。ちなみに問7も解答が割れていて、河合塾だけは正解をア・ウとしていました。他社はみなア・ウ・オです。

早稲田、なかでも教育学部は判断に苦しむ正誤問題をよく出題しています。この問題などは作問ミスに近いと言えるでしょう。今後役に立ちそうな内容ならこだわるべきですが、そうでなければ割り切って無視してもかまわないんじゃないでしょうか。無駄な労力をかけるのもしゃくですから。

難関大用語集解

難関大受験に必要な「本当の」ハイレベル用語を網羅! 辞書とは違うわかりやすい説明に、豊富な出題例も。


関連記事

両立させよう、問題演習とノート覚え

あけましておめでとうございます。
昨日、『MARCH学習院あるあるチェック』の発送を開始しました。早いところで、本日にはお手元に届くかと思います。今年は数量限定販売となりますので、お早めにお申し込みください!

さて、早稲田の過去問について、以前に質問をいただいていました。

<Yさん>
こんにちは、昨年通年授業を受け、今年浪人しているYと申します。赤本を解いていて疑問に思った点がありましたので、質問させていただきます。
2008年早稲田大学政治経済学部の大問4の、Bの(c)です。
史料中に『臨時に首都を重慶に置ける中華民国国民政府』とあり、その首班は誰か、という問いでわたしは張学良と解答しましたが、赤本の正解は蒋介石でした。
わたしが解答を導き出したプロセスは、重慶に首都を移したのは盧溝橋事件での南京大虐殺、その前に国民政府側は張学良が蒋介石を監禁しているという36番ページのことを思い出し、監禁された蒋介石がリーダーであることはないのではないか、と思い張学良を選択しましたが、間違いでした。これはわたしの考え方のミスか、赤本のミスか、史料をやって当然解けているべき問題なのか、どれなのでしょうか。お時間のあるときにお答えいただけると助かります。

<石黒>
正解は蒋介石です。西安事件後に蒋介石の監禁が解かれたことを忘れているのではありませんか? そもそも西安事件で監禁されても、それだけでトップの座を失ったわけではありません。
たとえノートがあっても、正しい理解がともなわなければ意味はありませんから、教科書・参考書などできちんとした理解をはかるべきです。それとともに問題演習で間違って覚えてしまっているところをつぶしていくことも必要でしょう。
この問題はもちろん基本問題なので、史料問題も含めて演習量を増やすべきかと思います。

残念ながら、たとえノートがあっても、授業内容を忘れてしまっているところは結構あるものです。メモを取っていればまだ思い出せるかもしれませんが、そうでないところは厳しいですね。教科書・参考書を読み直したり、問題演習をする中でそうした穴をつぶしていくしかありません。

いっぽう勉強が順調な人は、年が明けたので徐々に直前期の勉強法に移行していきましょう。過去問を解きまくるのではなく、覚え漏れをなくすべくノートの全復習にシフトしていってください。Yさんのように演習が必要な人は、まだまだ問題演習も減らせませんが。詳しい話は、過去のブログに書いてあります。

MARCH学習院あるあるチェック

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

ポイントをつかんで解きたい、点差をつけるニヤリ問題

昨日のブログで、適切なポイントをつかむべきだという話をしましたが、今日紹介する問題も、ポイントをつかんでいれば正解できる問題です。

<Kさん>
(前略)今回は沢山質問があるので、よろしくお願いします。
文教の過去問で「敗戦前後の首相の中で軍人出身ではない人物は誰か」という問題で、1小磯、2鈴木、3東久邇宮、4幣原とあり「3は初の天皇家だな」と思い3にした所答えは4でした。東久邇宮は軍人だったのでしょうか?
次は「明治14年の政変で次官した人物で正しいのを選べ」という問題で、1岩崎、2大井憲太郎、3五代友厚、4前島密とあり、正直明治14年と関係があるのが3しか分からなかったので3にした所、予想外に4でした。どのような関係なのでしょうか?
次行きます。正誤問題で「米の配給は戦争を機に終わった」みたいな問題で戦後も続いたのは知っていたので×にしたのですが、具体的には何を機に終了したのですか?
質問は以上です、解答の方よろしくお願いします(ペコリ

<石黒>
東久邇宮稔彦は軍人でした。そのことを知っている必要はありませんが、幣原喜重郎を軍人と思ったことは致命的です。
「明治14年の政変で次官した」とありますが「辞官」ですよね? 選択肢のなかで官僚が一人しかいないことに気づきませんか? 岩崎(弥太郎ですよね?)と五代友厚は政商で、大井憲太郎は民権運動の人物ですから官僚ということはないでしょう。いっぽう前島密は郵便制度を整えた人なのですから官僚だと推測できます。大隈重信との関係は、早稲田受験者なら知っておいてもかまいませんが、それを知らずとも正解できることを、まず知ってください。
配給制度は徐々に廃止されていき、米は1982年に廃止されたようですが、覚える必要はまったくありません。

ワンパターンで用語暗記をしている人は、出され方が変わるととたんに崩れてしまうことがあります。けっして難しい用語じゃないのに、解けないというのは実にもったいないです。本質をとらえた学習をすべきですね。

難関大用語集解

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

しまなみ海道、自転車の旅

ようやく瀬戸内海から帰宅しました。当初の予定では、尾道から今治まで行くつもりでしたが、定番コースはかなり単調でつまらなくなってしまい、予定を変更してあちこちの島に船で行ってみました。いやそれを言うなら、そもそも高速バスを降りたところに福山城があって、もうそこから道をはずしていったのでした。

福山城の隣には広島県立歴史博物館があって、こちらもついのぞいてしまいました。そしたら草戸千軒町遺跡を再現したコーナーがあって、大喜びしてしまいました。

島では、鎌倉時代に東寺の荘園であった弓削島(ゆげしま)に寄り道しました。ここは荘園といっても塩をつくって納めていたところです。

それから、戦時中に毒ガスを作っていた大久野島(おおくのじま)にも行きました。資料館にはおぞましいものがいくつも展示されていましたが、島を一周歩いてみると、あちこちに砲台や貯蔵庫・発電場跡などがのこっていて、こちらにも息をのまされました。

そして江戸時代に大変栄えた港町があった、大崎下島(おおさきしもじま)の御手洗(みたらい)にまで足を伸ばしました。船に20分乗って自転車を30分こぎ、さらに船に乗ってまた自転車をこがないとたどりつかないところです。江戸時代の町並みが残っているというので、興味津々で行ったわけです。

ほかにも江戸時代の農家とか、村上水軍城とか、源義経の鎧とか、いろんなものを見て回ったのですが、ここには到底書ききれません。今回は瀬戸内海のおいしい魚介類をたくさん食べたので、ほとんど痩せずに帰ってきました。広島風お好み焼きも初めて食べました。船での旅というものに目覚めそうです。

さて、僕の旅行の話ばかりでも何なので、一つ質問を紹介します。

<Mさん>
こんにちは。川越校でDVD受講をしているMです。突然すみません、過去問について質問があります。2010年早稲田人間科学部の大問1の問1です。問題は
下線部a(←旧石器時代)に関することがらとしてふさわしくないものはどれか、1つ選べ。もし該当するものがなければ、カをマークせよ。
ア 更新世 イ 港川人骨 ウ オオツノジカ エ 古モンゴロイド オ 細石器
でした。私はオの細石器は中石器時代だからオ!と答えました。でも赤本の答えはカでした。これは赤本の答えが間違っているのでしょうか?それともここでは旧石器時代のものと区分してしまうのでしょうか?

<石黒>
通年授業で説明していた通り、細かく分類する場合にのみ中石器時代という区分が出てくるのです。この問題のリード文では「旧石器時代から縄文時代への推移……」とあって、中石器時代の分類を無視していることが読み取れます。短絡的に解かないようにしましょう。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

ワシントン会議についての定番の質問

相変わらず入試問題の入力を続けています。そして、中央大法学部や法政大の難しすぎる正誤問題にうんざりしています。消去法が使えないタイプで、選択肢を一つ一つ正誤判別しなければならないのです。中央大は内容が難しく、法政大のは一文が長くてやっかいです。いっぽう法政大では、大問すべてがほとんど文化史分野からの出題の学部がありました。これは大きな点差が付いたでしょうね。そうした出題傾向はさすがにもう把握できたでしょうか? 対策を急いでください。

さて、その最新の明治大学情報コミュニケーション学部の問題で質問がありました。ワシントン会議の結果、日本は山東省の旧ドイツ権益を返還しますが、これについての定番の質問です。以前にも記事にしたことがありますが、今年もまた質問を受けました。まず問題を解いてみてください。

問 下線(カ)に関して,正しいものを,(1)~(4)から一つ選びなさい。
(1) ワシントン会議の九カ国条約の参加国は,1922年の海軍軍縮条約加盟国の他に,中国及び中国に権益を有するベルギー・オランダ・ポルトガル・オーストラリアである。
(2) 1921年12月のワシントン会議において,米・英・日・中の協議により,日英同盟協約の廃棄が同意された。
(3) ワシントン会議の九カ国条約をうけて,日中交渉の結果,山東半島の旧ドイツ権益を,中国に返還することが決まった。
(4) ワシントン海軍軍縮条約では,主力艦建造禁止期間の延長や,石井ランシング協定の廃棄など,日本軍部に不満を残して,政府により調印された。

<Tさん>
石黒先生こんばんは。2011年明治大学の過去問で質問なのですが(中略)II.問6の正誤問題で、(3)がワシントン会議の九ヶ国条約をうけて、日中交渉の結果、山東半島の旧ドイツ権益を、中国に返還することが決まった。が正文となっているのですが、どうも納得いきません(-ロ-;)順序としては、
「山東懸案解決条約」で日中交渉

山東半島の旧ドイツ権益を、中国に返還することが決まった。

「九ヶ国条約」
と石黒先生がでる日講義「経済・外交史」でいってたような気がしたので(勘違いでしたらすみません〓)誤文と判断してしまいました。でも、そもそも他の選択肢は論外ということで正解はこれしかないかな、と思いましたが、これは僕のツッコミ所が細かすぎるのでしょうか??私大の正誤問題は細かい問題はどこまで言及すればいいかが曖昧で僕は苦手です(__;)

<石黒>
(前略)この選択肢では、九カ国条約を「調印して」返還が決まったとは書いていませんね? また九カ国条約「の中で」返還が決まったとも書いていません。『でる日講義−経済・外交史(近現代)−』で説明したとおり、中国の主権尊重をうたう九カ国条約を結ぶために(つまり九カ国条約の方針をうけて)、旧ドイツ権益の返還を定めた山東懸案解決条約を、日中間で結んだわけです。

前回の金本位制についての質問とあわせて推測すると、授業内容の理解度が今一つ浅い気がします。『でる日講義−経済・外交史(近現代)−』はもう一度見ることをお勧めします。
また、正誤問題はある程度数をこなしたり、どういう点にツッコミを入れるかの適切な解説を聴いたりすると解けるようになるかと思います。早慶大向けの問題演習講座を受講するのが手っ取り早いのではないでしょうか。

ハイレベルな問題の解答へのプロセスは、「日本史道場」でも行います。12月の道場は史料問題を多く扱います。『どこでも史料問題』を越える、Cランク史料や未見史料の問題にあたってみませんか? 恒例の「ハーフサイズ模試」もありますよ。世間一般のカンタンな模試とはひと味もふた味も違う、ハイレベルな問題で自分の実力を試してみてください。入試の厳しさが実感できますよ。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

何問解けるか、立教大の社会分野問題

先週の木曜日の藤沢現役館での授業で、1コマ目に産業革命から明治時代の社会運動を説明しました。そして休憩中に立教大の問題を解いていたところ、ちょうどその範囲が問題になっていました。そこでその問題を持って教室に上がり、問題を紹介したのです。受講後すぐにレベル高めな問題を解くと、「本当にそこまで出るんだ!」って実感できていいですね。ほどよく難しい問題じゃないと効果がありませんが。

というわけで、その問題を紹介します。2011年立教大(文)の問題です。リード文の下線部分に対応した問題ですが、リード文を省略するかわりに問題文を補います。正解はこの記事の最後にありますので解いてみてください。

6.払下げられた官営事業の1つで、後に三菱が買収したある炭鉱では、鉱夫の悲惨な実態が1888年に雑誌『日本人』で報じられるなど、鉱夫の処遇が問題となった。この炭鉱の名をしるせ。

7.八幡製鉄所は、中国湖北省に存在する、ある鉄山の鉄鉱石の供給を安価に受けて生産を行っていた。この鉄山の名をしるせ。

8.明治時代の労働運動に関する出来事として、正しくないのはどれか。次のa~dから1つ選び、その記号をマークせよ。
a.政府は、1900年に治安警察法を公布して、労働運動を取り締まった
b.1898年に結成された日本鉄道矯正会は、機関紙『労働世界』を発行した
c.1886年に雨宮製糸工場で工女によるストライキが発生した
d.高野房太郎は、アメリカの労働運動に影響を受けて、日本の労働運動の指導にあたった

9.工場法に関する記述として正しくないのはどれか。次のa~dから1つ選び、その記号をマークせよ。
a.工場法が公布された時の内閣総理大臣は桂太郎である
b.施行は1916年まで延期された
c.男女を問わず、就業時間の限度を1日12時間としていた
d.適用対象は15人以上の職工を雇用する工場に限られていた

10.日本最初の社会主義政党はどれか。次のa~dから1つ選び、その記号をマークせよ。
a.社会大衆党 b.社会民衆党 c.社会民主党 d.日本社会党

11.大逆事件で死刑判決を受けた者でないのはどれか。次のa~dから1つ選び、その記号をマークせよ。
a.安部磯雄 b.管野スガ c.幸徳秋水 d.宮下太吉

いかがでしたか? そこそこ難しい、でも、すべて正解できるレベルです。経済分野は理解できれば非常に習得しやすいものですし、いっぽうで社会運動は深くやらない受験生が多いので、おいしく得点できる分野です。もっともなんでも細かくやればいいわけではありません。先日Web上で、出題例のほとんどない労働組合組織を教えている先生を見かけて驚きました。きちんとポイントを突いて学習することが大切だということがわかるでしょうか。

解答は続きのページにあります。
(さらに…)


関連記事

正解はどっち!? 解答が割れた正誤問題(2)

昨日の問題の答えですが、赤本は(3)を正解としていました。その理由は、河竹黙阿弥が活躍したのが幕末から明治維新期であるため「19世紀前期」という時期に合わないからとのことです。確かに『国史大辞典』によれば、河竹黙阿弥は「安政元年(一八五四)三月『忍ぶの惣太(都鳥廓白浪)』によって幕末の名優四代目市川小団次と意気投合し、以後慶応二年(一八六六)同優の死まで、彼のために多くの生世話狂言を書き、第一人者となった。」とのことですから、19世紀前期という条件には合いません。

しかし、それを言うなら(3)はどうなるのでしょう。錦絵が完成したのは1765年です。この年代は、20年前に同じ明治大学で出題されたことがあるのでよく覚えています。もちろん、その後の19世紀前期にも「浮世絵版画は活況を呈し」ていましたが、その手前に『弾琴美人』という鈴木春信の作品が挙げられているのを見れば、やはり鈴木春信の活躍の時期を考えるべきかと思います。鈴木春信の生没年は、1725−1770年です。いっぽう河竹黙阿弥の生没年は1816−1893年。この作問者は(2)を正文と考えているのではないでしょうか。

今年、明治大のこの学部は出題ミスを3個も連発し、入試直後にWeb上で「受験者全員を正解とする」と発表していました。この問題も出題ミスではないかと言いたくなりますね。でも文句ばかり言っていても何のトクにもならないので、ここは一つオトナになって、正解らしき解答を選ぶようにしたいものです。

文化史分野が心許ない人は、『でる日講義−とことん文化史−』をどうぞ。また、一日で教育・学問・思想史をマスターしたい方は、11月6日(日曜)の公開講座「日本史道場」もあります。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

正解はどっち!? 解答が割れた正誤問題(1)

相変わらず入試問題のデータ入力作業に没頭しています。ずっとパソコンに向かっているので、背中や腕が痛くなって困っています。スタッフによれば「姿勢が悪いからです」とのことですが……。

ところで入力の際に、自分の解答と、赤本の解答と、旺文社の『全国大学入試問題正解』の解答を見くらべます。早稲田や慶應の場合は、各予備校の解答速報なども見くらべています。そうすると答えが割れているのが出てくるのです。問題が悪いために解答を絞り込めないことも多いのですが、解答作成者が間違っていることもしばしばです。とりわけ解答速報の場合は、速報性が求められるため間違いが目立ちます。そういう僕も、先日、早稲田大の解答を一つ訂正しました。こちらをごらんください(pdfファイルが開きます)。史料の原典にあたったら解答がはっきりしたためです。

というわけで、今日は赤本の解答と僕の解答が異なっていた問題を一つ紹介します。2011年明治大学情報コミニュケーション学部の問題です。みなさんならこれをどう答えますか?

問 19世紀前期の日本本土の文化に関する説明として,正しいものを,次の(1)~(4)のうちから1つ選び,マーク解答欄に記入しなさい。
(1) 江戸で蘭学研究が盛んとなり,杉田玄白・前野良沢が『解体新書』を刊行した。
(2) 河竹黙阿弥が,江戸を舞台とした暴力と貧困の世界を歌舞伎作品に導入し,江戸の庶民の人気を得た。
(3) 鈴木春信が色つきの錦絵を創始し,代表作『弾琴美人』は江戸で評判となり浮世絵版画は活況を呈した。
(4) ロシア軍人の国後島上陸に危機感を抱いた水戸藩士会沢安は『日本外史』を著述し,尊王攘夷運動を牽引した。

つづきは、明日

でる日講義−とことん文化史−

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事