知る人ぞ知る!?『受験生が本当にほしかった問題集』

各予備校、いよいよ近現代に突入しました。授業の復習とまとめ覚えがある程度済んだところで、必ず問題集を解いて理解度をチェックしましょう。過去問も解く必要がありますが、まずはオーソドックスな問題をまんべんなく収録した問題集から取り組むべきです。僕の近現代問題集としては、『受験生が本当にほしかった問題集 日本近現代史』(文英堂)がありますが、残念ながら絶版となってしまい、今はderutoko.comでのみ取り次いでいます。

本書は、近現代のA~Dランク用語をくまなく網羅した問題集です。『読むだけ日本史(2)』の弱点を補うべく、あらゆる問題を合成し、覚えるべき用語を拾い集めました。問題文中にも、解説中にも赤字を施す作戦を取ったのです。それでも足りない分は「ノーマーク用語」と題して、箇条書きで説明文が並べまくってあります。情報量で比較すれば、当方が出している出版物の中では最もお値打ちな教材だと言えます。

サンプル1
サンプル2
サンプル3
サンプル4
サンプル5

『でる日講義−つながる近現代−』『難関大用語集解』『日本史事始』のいずれかをご購入いただいた方のみの、特別販売とさせていただきます。
価格は1,500円(税・送料込)です。
お求めの場合は注文フォームの備考欄に、当問題集もご希望の旨をご入力ください。

先日も千葉県のある予備校から、昨年に引き続いて一括購入いただきました。この問題集の価値を、よくご理解くださっている予備校のようです。各予備校や学校などで共同購入をご検討の先生方は、割引制度のご用意もありますので、お気軽にご相談ください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

夏の近現代対策講座の受講生へ

ようやく、僕にとって最初でかつ最もキツい1ターム目が終わりました。河合塾南浦和現役館で「日本史集中講義(近現代)」を受講したみなさんは、いかがだったでしょうか。
河合塾では2学期の授業時間が少ない分、夏に近現代を10コマやることでカバーしています。ただし、復習をしっかりしないと受講した意味がありません。復習は授業内容を思い出すことと、ノートを覚えることの2点が重要です。もっとも通年授業を受ける人は、2学期に40面ノートの続きを書きますので、10面のまとめノートについては復元は目指さず、用語暗記まででかまいません。

ところで1つ残念なことがあります。夏期講習のテキストに演習問題がついていないことです。本物の入試問題を解いてみて、どういうふうに出題されるのかとか、しっかり記憶できたかどうかをチェックしたいと思いませんか? 当方では前近代の問題集としては『日本史事始』がありますが、近現代の問題集には『受験生が本当にほしかった問題集』があります。自分で言うのもなんですが、知る人ぞ知る情報満載の問題集です。絶版となってしまったためプレミア化していて、ネットで5千円で売られていたりするそうです。当方では文英堂に直接発注して在庫を確保し、『でる日講義−つながる近現代−』『難関大用語集解』『日本史事始』のいずれかをご購入いただいた方にのみ、1,500円(税・送料込)で特別販売しています。あとどれだけ在庫があるのか僕もわからないのですが、よろしかったらどうぞ。お求めの場合は注文フォームの備考欄に、当問題集もご希望の旨をご入力ください。

ちなみに、夏に近現代の講座を受講せずに独学で進めている人は、当問題集は難しく感じられるかと思います。そのため昨日の記事にも書いた通り、2学期になってから解くことをおすすめしています。
一方『でる日講義−つながる近現代−』や早稲田予備校の「近現代日本史」の受講生は、テキストに演習問題が入っていますから、まずはそちらから取り組みましょう。骨組みが完成した段階で、『受験生が本当にほしかった問題集』を使って肉付けをしていってほしいのですが、夏休み中はそこまで余裕がないかもしれませんね。その場合は、2学期に入ってからでもかまいません。他教科とのペース配分も考えて進めましょう。

最後に、講習や『でる日講義−つながる近現代−』で配布した内閣プリントについて、よくある質問と答えを以下の記事で紹介していますので、参考にごらんください。
「『聴くだけ日本史』内閣プリントの質問」
「始まりました、内閣プリント」

『聴くだけ日本史−内閣編−』をご購入いただくと、このプリントを大幅にパワーアップしたフルカラー版の「内閣シート」がGETできます。首相や政党をキャラクター別に色で塗り分け、それぞれの内閣の性格をつかみやすくしています。また、関連のあるできごとを矢印で結んで、流れをとらえやすく、ビジュアルで定着できるようにもはかりました。モノクロ版に未登場のできごとや大臣を追加し、さらに未配布の戦後史編も新作してあります。
本編の音声CDには、近現代のあらゆるできごとについて、その内閣名を問いかけること全324題、合計約138分を収録しています。以下で試聴できますので、ぜひ問題に挑戦してみてください。

(携帯でごらんの方はこちらからサンプルをお聴きください。)

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

ノート復元のやり方を動画で見せます!

いよいよ今日から、河合塾で僕の担当する夏期講習が始まります。今週の南浦和現役館と来週の藤沢現役館の「日本史集中講義(近現代)」では、10面のまとめノートを作ります。通年授業で作成する40面ノートのうち、近現代部分16面分の骨組みだけを10面に集約したものです。これは『でる日講義−つながる近現代−』のノートファイルと同じものになります。でるとこサイトでは、このノートファイルを使った復元のやり方や、『受験生が本当にほしかった問題集』(文英堂)を使ったレベルアップ方法などを、映像や画像を使って紹介していますので、講習受講生もぜひ参考にしてください。

『でる日講義−つながる近現代−』学習法
※スマートフォンやパソコンからアクセスしてください。

最後に、近現代の講座でよく受ける質問があるので、あらかじめ紹介しておきます。五箇条の御誓文の起草者について、某有名参考書の説明と当方の説明にズレがあるため、クレームを受けがちな部分です。普段は別の先生の授業を受けている人や、山川出版の『詳説日本史』で勉強している人は気をつけてください。
「南浦和現役館での一喜一憂(2)」

でる日講義−つながる近現代−

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

近現代だけを出す学部に挑戦したいです!

今週は、高田馬場−西船橋の移動付き480分授業をしています。さすがにキツくて、授業後はヘロヘロでした。というわけで、ブログも「早慶上智プレミアム日本史」の受講生からの質問とその回答を紹介するだけにとどめます。

<Tさん>
夏期講習の近現代の骨組みの授業を受けさせてもらい近現代を享受することが出来ました。そこで慶應義塾大学経済学部や青山学院大学国際政治経済学部のように近現代のみ出す学部を受験したいと思いました。考えが浅はかなのは存じ上げてますが、せっかく楽しむことが出来たのでチャレンジしたいと考えてます。
しかし、実際のところ上にあげた学部以外にも受験したいと考えてます。そこで質問なんですが、2学期の近現代の授業を受け、本当に欲しかった近現代問題集を完璧に仕上げたら、上の2つの学部に十分対応出来ますか?

<石黒>
残念ながら「十分」には対応できません。まず慶應経済は恐ろしい論述問題があり、そのための対策はかなり労力がかかります。「政経」の知識が必要な問題が出題されます。さすがにそこまでは「日本史」ではフォローしかねます。

次に青学国際政経は戦後経済について、これまた異常な難問を繰り出してきます。そこは捨てても合格できるだろうとは思いますが、日本史では高得点を稼ぎづらくなるため、英語・国語で確実に高得点を取らなければなりません。

また両大学にかぎりませんが、文化史と史料問題対策を別に行う必要もあります。同じように近現代を中心に出題する大学には、ほかに明治大学経営学部があります。こちらは正誤問題で難しい問題が出題されますが、授業をみっちり習得できたあかつきにはかなり正解できます。

どの教材で学ぶにしても、それが単なる知識習得で終わってしまったら、「考えて解く力」は身につきません。その力をどれほど養ったかで得点は大きく変わるのです。受験生が見逃しがちな視点です。

関連記事

近現代を1学期にどう勉強するか−高卒生と現役生からの質問

今日は開国以後の近現代についての質問を二つ紹介します。一つめは昨年、夏くらいから通年授業を受講してくれているワセヨビ生からの質問です。

<Oさん>
石黒先生今晩わ、まずノートのことなのですが、今復元を授業で終わったページ+25ページ~の復元をやっています。赤本は、授業で終わった範囲+25~ノートに相当する範囲もどんどん解いていってもよろしいですか?(でも授業で終わった範囲を中心に解いていますが、)あと、一般の問題集だと、1つの単語を答えさせる問題で、考えて解かせる問題がありません。単語1つ答えるだけならば、自分で復元した方が断然いいに決まってるよなぁと思いました。なので問題は、テキストとあるある正誤問題と赤本でやっていこうと思います!

<石黒>
なるほど。昨年近現代を受講していたので、その範囲の問題が解けるというわけですね。「授業で終わった範囲を中心に解く」というのが正解です。たぶん今年、再び近現代を受講すると、去年は理解できなかったけど「ようやくわかった!」なんてことがいくつも出てくるはずです。近現代の問題を本気で解くのはその後でも十分間に合います。それをあわてるよりは、今は英語に力を入れるべきです。以前には日本史と英語のかける時間比率が1:9なんて人もいたほどですから。解くべき問題は、そこに講習のテキストについているものを解けば十分です。ワセヨビには赤本が豊富にありますしね。

次は河合塾の現役生からの質問です。

<Tさん>
河合塾藤沢で石黒先生の授業をとっているTと申します。大変低レベルな話で申し訳ないんですが、学校の定期テストで日本史だけで2つあるんです。とりあえず古代のテストは終わったのですが、徳川吉宗~日露戦争までが範囲で入試問題の切り貼りなんですけど…まだ石黒先生の授業でやっていない範囲なので、自信がないんですけど、とりあえずどうすれば高得点につながりますか?
二年生の時にさらっとやったんですが、正直言うと去年のノートでは入試問題に立ち向かうことが到底出来ません。そこで読むだけ日本史を読んでいるんですが、それだけでは問題を解くことは難しいですか。あと出来ればアドバイスをくださるとありがたいです…。本当に低レベルのコトを言っていて申し訳ないんですが、推薦と入試の両方を狙わなければいけない人間として石黒先生の授業でまだやっていない範囲の入試問題が出るので、とてつもないくらい不安なんです。

<石黒>
『読むだけ日本史(1)』はA~Cランクの用語を網羅していますが、『読むだけ日本史(2)』は網羅しておりません。このためそれだけでは高得点にはならないでしょう。書籍でこれを補うには『受験生が本当にほしかった問題集 日本近現代史』が最適です。学校での授業内容に不安があるなら、『でる日講義−つながる近現代−』の受講をお勧めします。

一般受験と指定校推薦の両方を狙うということは、負担がかなり大きくなりますね。毎日の学習を着実にこなす人で、定期テストのような範囲試験を得意とし、広い範囲の試験を苦手としている人なら、指定校推薦狙いが向いているでしょう。しかし、単に「合格のための手だてを何本も持っていたい」という気持ちなら、もうその姿勢からして「甘い」と言わざるを得ません。一般受験と学校の定期テスト対策がズレていることも多いからです。指定校推薦の競争に敗れた時に、一般受験に切り換えても対策が間に合っていない人をよく見かけます。つまり、一般受験と指定校推薦の二股をかけるなら、相当要領が良くなければならないわけです。それができる人は、結局一般受験でも難関大に受かるようにも思いますが……。

というわけで、「二兎追う者は一兎も得ず」とならないよう要注意でお願いします。

関連記事

近現代の予習は、去年のおさらいで大丈夫ですか?

開国後のおよそ150年間を近現代と言います。150という数字だけ見ると短く思えるのですが、政治・外交・経済・文化が複雑にからみあう大変密度の濃い時代となっています。一度授業を聴くだけでは、難関大の入試に通用するレベルの理解に達しないことも多々あります。このため夏期講習で近現代の講座を受講することをお勧めしているのですが、他の講座と日程が重複する方には、映像教材『でる日講義−つながる近現代−』で受講する道もあります。これならわかりにくいところを何度も見られるという利点があります。

ところで、その近現代についてだいぶ前に質問をいただいていました。

<Hさん>
初めまして、ワセヨビで授業を受けているHです。去年、日本史で受験をしました!なので一通り日本史は勉強しています。今、授業では7世紀頃をやっているのですが、近現代をやるのは2学期頃になりますよね?近現代を授業でやるまで、もし何もやらなかったら近現代を忘れてしまうので、今の時期に、今授業でやってる範囲の勉強と、予習(というか去年の復習?)をやろうと思うのですが…どんな風にやったらいいのでしょうか?問題集を解いたりでいいんでしょうか?それとも予習は必要ないですか?(さすがにやらないのはまずいかな…と思ってるのですが)忙しいなか申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

<石黒>
近現代を昨年の知識で予習する場合に心配なことがあります。それは「正しい理解なのか?」という点です。たとえば今おこなわれている授業で「自分が理解していたことと違ってた!」とか「そんなことがポイントだったのか!」とか、さらには「この用語とあの用語で迷った時は、そこで見分けるのか!」などと思ったことはありませんか? もしあったら、去年の教材を利用して記憶を上塗りするのは危険な面もあるのです。その理解のままで問題集を解くのはさらに悪影響を及ぼすでしょう。しかも近現代は考えて解く問題が多いですから、通年授業で頭を鍛えてから解いた方が、問題演習の効果が大きいのです。

というわけで、どうしても急ぎたいなら『読むだけ日本史(2)』『でる日講義−つながる近現代−』をお勧めします。確かにすでに『でる日講義−つながる近現代−』で予習しているワセヨビ生もいますから。いずれにせよ1学期の段階では英語に相当力を注ぐべきだと思います。

すでにどこかで日本史を学習したことがあると、「自分は知ってる」という過信のせいで、授業内容を100%吸収する気にならない落とし穴があるのです。鎌倉時代から簡単な例をあげてみましょう。

「文永の役の後に異国警固番役が……」と聴くと、「ハイハイ、防衛のための役職を設置したんでしょ?」などと早合点する人はいませんか?
異国警固番役は役職ではありませんよ? さらに早慶レベルなら、文永の役の「後」と単純にとらえるのもどうか……です。そして、番役を負担したのが誰でしょう?
こうしたポイントを聴き逃さないためには、それなりに予習はするものの、「授業で理解しきろう!」という姿勢が大切です。せっかく授業料を払っているのですから、貪欲に授業内容を吸い取ってください。

関連記事

近現代学習の醍醐味

金融恐慌や昭和恐慌のあたりは、
通年授業では情報の嵐のような状態になります。
細かい単語もさることながら、
何と何がどうつながっているのかを説明するため、
まくしたてざるを得ないのです。
あちこちが連動しているため、単純暗記が嫌いな人にとっては、
かなりおもしろい部分です。

こういう部分を楽しんで聴ける受験生がいます。
猛スピードでメモを取る人や、
ストーリーの展開ぶりに驚いたり納得しながら聴く人、
さらには二年目の受講生なんかだと、
先読みしながら聴いたりしているようです。
話すこちらも楽しんでいるわけですが、
こんなメッセージをいただきました。

<Yさん>
(前略)最近になってよく思うんですが、近現代は授業が進むにつれてどんどん密度が濃くなって大変だなあと思います。問題を解くと、繋がりの大切さを実感します。ところで、止めないとメモを全て書いちゃうっていう話には驚きました。僕も話を聞きながらメモするのをガンバっていたら、上を向いてても字が書けるようになっちゃいました。(そういう人が結構いるんですよね…)それでもやっぱりはやいので、僕の場合は話にその場で覚えるぐらいの勢いで食いつくのを重視して、メモはかなり断片的にして、後でそこからどれだけ内容を思い出せるか、というやり方にしてます。それで、わからなかったところや昭和恐慌みたいな難しいのは録音、という感じです。いつも録音や史料の音声なんかはかなり再生速度をあげて聞いてるので、授業は「おお、ゆっくりだ」ってなります。(それでも今週はめちゃめちゃはやく感じたんですが)ノートの完成も近づいて来たのでいっそう頑張りたいと思います!最後に、先生と僕の字がかなり似ていると思うんですがどうでしょうか。(編注:写メールにノートの画像がついていました。)

<石黒>
まず、メモの取り方はそれがもっとも良いと思います。
上を向きながら書けるとか、断片的なメモにとどめるとか。
しかも、音の再生速度を速めているのも良いと思います。
「速聴き」とでも言うのでしょうか、
慣れてしまえばできてしまうことみたいですね。

そして字ですが、確かにちょっと似ていますね。
僕自身もある人の字に影響を受けて、
四角い字を書くようになりました。
中学生の頃の話です。
ちなみに、授業で配布しているプリントの中には、
僕の影武者が書いたものがあります。
かなりそっくりに書くスタッフが二人いるのですよ。

どうしても近現代は情報量が多いので、
スピードが速くなるのです。
骨組みができていない人にとっては苦しいでしょうね。
夏前に「骨組みを作っておいてください」と、
さんざんお願いしていたのは、このためだったのです。
そういえば『でる日講義−経済・外交史(近現代)−』の感想でも、
「早送りしているのかと思った」という感想がありましたね。
近現代は用語自体は聞き慣れたものが多いだろうからと考えて、
漢字を書くことなく、バンバンしゃべってしまえるのです。
みなさんも、書き勉強の割合が減ってきましたよね?

関連記事

丸暗記よりも大事なものがココにあります

先日、ワセヨビの高卒生からびっくりする話を聞きました。
某大手予備校で体験授業を受けたら「史料を暗唱させていました!」
と言うのです。
河合塾の現役生からも似たような話を聞いたばかりでした。
やはり同じその某予備校に冬期講習に行ったら、
「魏志倭人伝とか、長い文章を暗記しろって言ってました」
とのことでした。
そんな暇があったら、もっと別の勉強ができますよ?
そうすれば、入試の正解率なんてカンタンに上げられます。
遠回りしている受験生を見ると、
「近道はココにあるよー」と教えたくなります。

いやはや、それにしても世の中にはいろんな先生がいるものですね。
そして驚くのは、そんな授業でも疑問に思ったりせず、
素直に受けている十代の若者が存在することです。
自分が十代だったころの反抗期っぷりを思い出すと、
ちょっと信じられません。
いや、逆に、その先生のカリスマのなせる技ということでしょうか。
とすれば、もっと僕が見習う必要がありますね。
発声法・発話法の次に習得すべき分野かもしれません。
相当難しそうですが。

さて、そんな丸暗記よりお勧めしているのが、
ストーリーで理解し、理屈で次の流れを推測することです。
近現代では、内閣ごとの事績を、
ストーリーを思い出しながらたどってもらいたいものです。
それが十分にできるようになると、
ここにある「内閣チェックテスト」も全問正解ができるでしょう。
ちょうどそのことについて、質問メールがありました。

<Yさん>
早稲田予備校東京本校のYです!こんばんは。内閣プリントのことで石黒先生に質問したいことがあります。授業中,先生が伊藤博文から派生した出来事を述べた点を他の内閣でも出来るようにするためにはどおすればいいですか??

<石黒>
それは、授業で話したストーリーとともにノートを覚えるだけですよ。
後は、内閣プリントのわずかな用語から、
どれだけ連想して引きずり出せるか、ってことです。

『聴くだけ日本史−内閣編−』では、
法令名や事件名、条約名などから内閣を問うだけでなく、
その出題率や、答えの導き出し方、
さらには他のできごととの関連性なども説明しています。
付属の内閣シートが大変わかりやすくできています。
色分けはもちろん、印象に残したい年代を入れて、
関連するできごとを矢印で結んであります。
数え切れないほど試行しつづけてたどりついた形ですので、
その記憶効果は抜群です。
この教材で内閣別の整理をマスターして、
ぜひ、内閣や時期から難問を解く醍醐味を味わってください。

関連記事

近現代にノっている現役生

先日、ワセヨビの現役生から質問がありました。
彼女は授業をいつも楽しそうに、
なかばうなずきながら聞いている人で、
それが納得できるメールでした。

<Tさん>
(前略)話変わりますが、やっぱ近代史好きです!先生は近代史になったらメモの数増えるっておっしゃってましたけどあたしは逆にその場で理解しよう!って思ってメモの数が減っちゃいました(°ロ°;;)これはまずいことですか?
今日相談したいことは‥勉強時間配分に最近すごく悩まされています‥平日日本史には2時間をさいていてあたしは1時間過去問で1時間今の授業の復習をやってたんです。そしたら過去問解いてると古代(ex長屋王の父)とか文化史とか史料が結構記憶力から抜けていることに気づいたんです!そこで先生にこの2時間をどう活用すればいいか聞きたいんですけど、アドバイスをお願いします。

<石黒>
近現代が楽しめているとは頼もしいです。
その場で理解できたものは、わざわざメモを取る必要はないでしょう。
録音があればなおさらです。

勉強時間については、前近代の復習の時間も取るべきでしょう。
夏休み前に覚えたものをまったく振り返ることなく
2月までキープできる人は、そういないですから。
今の2時間の中から切り取るとしたら、10分程度じゃないでしょうか。
それよりもむしろ、
生活の中のすき間時間や学校での時間などから
捻出するほうが現実的でしょう。
細切れの時間になってしまいますが、
そうしたところでやっていくしかないと思います。
勉強時間をひねり出したり、
短時間で効果的に復習する工夫をしてください。

近現代に入っていよいよ落差が出てきたようです。
彼女のようにおもしろがっている人もいれば、
理解が追いつかないのか、目の焦点が定まらず、
「ぽかーん」となっている人がいます。
黒板を指さしながら肝心な話をしているときに、
うつむいている人がいると、
「あーあの人は座っているだけなんだな……」と思うわけです。
今年は藤沢にそういう人を何人か見かけます。
河合塾は授業のスピードが速いので、心して授業を受けてください。
もっとも、しっかり時間のあるワセヨビでも、
高卒生なのにボーっとしている人がいて驚きます。
2浪する気ならかまいませんが、そうでなければ、
手遅れにならないうちに対策をしてください。
取り返しのつかないことになりますよ。
早稲田など夢のまた夢です。

その逆に好調な人は、
すき間の時間に過去の部分を復習してくださいね。
弱点部分をどんどんつぶしていってください。

関連記事

でるとこ教材で近現代をマスター

文庫本の原稿を書かなきゃいけないというのに、
引っ越したくなってきて、よけいに忙しくなっています。
さて、今日は、
derutoko.com 教材で勉強している人からの質問を紹介します。

<Yさん>
でる日講義のつながる近現代を受講している者です。予備校には通っていない高三です。私は早稲田大学商学部を目指しています。近現代の勉強において、
読むだけ日本史2
でる日講義 つながる近現代
受験生が本当に欲しかった問題集
でる日講義 経済・外交史
以外にやらないといけない、やっておいた方がいい先生の教材はどれでしょうか。教えてください。お忙しいとは思いますが、お返事待っています。

<石黒>
『でる日講義−つながる近現代−』を受講しているとのこと、
ありがとうございます。
ぜひ、模試を提出してくださいね。
さて、近現代の政治・経済・外交・文化のうち、
Yさんのあげてくださった教材でヌケがあり得るのは、
政治史の難しい部分と文化史です。
予算に余裕があるなら、
『聴くだけ日本史−内閣編−』をお勧めします。
付属の内閣シートに難しい内容が出てくるのと、
音声の問題・解説のなかで意外とハイレベルな説明をしています。
商学部は正誤問題でつまずく人が多いので、
過去問を解いて慣れてください。
○○学部や△△学部や□□学部にも
類似する正誤問題が出ていますので、
そちらでも練習を積めると思います。

<Yさん>
お忙しい中早速お返事ありがとうございます。まだ全て受講しきれていないので、なるべく早く覚えて模試までいきたいと思っています。文化史は、早稲田予備校の冬期講習に行こうと思っています(夏期講習でもお世話になりました)。わかりました。親と相談してみようと思います!過去問も色々やってみようと思います。
たびたび質問で申し訳ないのですが、冬期講習や直前講習の沖縄・北海道史などの内容と、映像教材の内容とではやはり違いはあるのでしょうか。お返事よろしくお願い致します。

<石黒>
映像教材『でる日講義−アラカルト−』は、
早稲田予備校の直前講習「でるとこ日本史コンプリート」の
沖縄・北海道史・女性史・地図・グラフ問題と同内容になります。
正誤問題演習は含まれませんのでご了承ください。

なお冬期講習「近現代テーマ別日本史」の内容に、
貨幣史と交通史の講義をプラスした教材が、
『でる日講義−経済・外交史(近現代)−』にあたります。
ご検討ください。

関連記事