六波羅探題って機関なの? 役職なの?

先日、模試の復習と六波羅探題について、こんな質問をいただきました。

<Sさん>
授業内容の確認のために4月から受けている模試で予備校でやってなくて解けなかった問題を解いていってます。受けた時は全く分からなかった問題でも先生の授業を受けある程度復元できるような状態なら全統記述でも簡単な問題が多いのだなあと気づくことが出来ました。今回聞きたいのはプレステージについてですがこんな問題がありました。

史料C(省略)は、執権北条泰時が京都にいる弟の北条重時に送った書簡の一部である。この当時重時が務めていた役職は何か。

これを見た時に自分は六波羅探題長官、と思ったのですが答えには六波羅探題とだけ書いてありました。六波羅探題は機関ではなく役職でもあるのでしょうか?よろしくお願いします。

<石黒>
模試のおさらいの仕方は非常にいいですね。全統記述模試はだいたいMARCHレベルと考えてください。

六波羅探題については授業で言いそびれました。ここは機関の名前も長官の名前も同じ「六波羅探題」なのです。気を利かせて答えた方がいい場合もあるのですが、この問題は単純に答えれば良かったです。めんどくさいですが一つ一つ積み上げていきましょう。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

良い問題集はありませんか?

河合塾あざみ野館では、僕の授業を受けて合格した人たちがチューターとして働いています。早慶大合格者もいるので、受講生が安心して相談できる体制が整っています。僕としても非常に頼もしいスタッフたちです。
先日、そうしたチューターと話をしたという受講生から質問をいただきました。

<Hさん>
こんにちは。河合塾あざみ野館のHです。以前直接お話ししていただきありがとうございました。石黒さんのアドバイスで山地くんと直接話す事が出来てノートの取り方など教えてくれました!この感じでノートまとめはして行こうと思います!今度見せにいきます!
あと、私は今年から日本史を始めました。今度のマーク模試恐らく悲惨であろう自己採点を石黒さんに見せに行こうと思います。その時にまたアドバイスをくれたら嬉しいです。またその時に次の模試の目標なども一緒に立ててくれたら心強いです。
最後にもう1つだけ質問です。石黒さんの出してた「日本史事始」はもう売らないのでしょうか?とっても入手したいんですが中古にもどこにもありません。どうしたらいいですか?
最後になりました。僕は石黒さんの最初の授業を受けた時に俺この人に受験の日まで着いて行こう!。と決めました。他の事はあまり考えず石黒さんが言った通りに素直にやる事が大事だと思います。これからも指導お願いします。

<石黒>
お問い合わせいただきありがとうございます。
まず模試ですが、授業で終わった部分が正解できていれば何の問題もありません。履修部分の正解率を9割以上にしましょう。
それから『日本史事始』ですが、掲載されている問題や解説が現在の入試出題状況とズレてしまっており、そのままでは再版できません。改訂の予定も現在のところありません。
なので市販されている問題集の中から、入試問題をもとに作られている問題集をご利用ください。残念ながら△△の『○○○○』(編注:伏せさせていただきます)はそうした問題集ではありません。また解説が入試出題率に沿っていると保障できるものがないため、これといってお勧めできるものもありません。
あしからずご了承ください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

模試の復習の仕方(再)

先日、河合塾で全統マーク模試がありました。模試というと、それなりの料金を払いますし、一日かけて取り組んだという充実感があるせいか、その復習をきちんとやりたくなることが多いようです。しかし、冷静になって客観的に考えてみてください。模試を受ける最大の価値は、他の受験生たちとくらべて、自分がどういう位置にいるかを知ることです。模試の問題は、あくまでもそれを調べるための共通材料にすぎないのです。ということは、どう復習したら良いのでしょう……。
こんな質問がありました。

<Sさん>
はじめまして。藤沢でレギュラー授業を取っているSという者です。今日学校で全統マーク模試を受けまして66点しか取れませんでした。早稲田の社会科学部を目指すには低すぎますよね? 微妙な正誤問題とかを迷ったあげく間違えました。原因はやっぱりノートの暗記と復元を怠ったせいだと痛感したので明日から復元に励みたいと思います。模試の復習についてはどのようにやったら良いとかありますか?もしあったら教えてください! それと、間違えた問題をルーズリーフに貼ったりするのはどうですかね? 長々とすみません返信待っています。

<石黒>
まず、全統マーク模試の出題範囲で話は変わってきます。たとえば予備校の授業で履修していない範囲だったら、0点であってもかまいません。一方、すべて履修済みであれば、9割取りたいのです。履修済みの問題のうち、何割正解したかを数えてみてください。
さて、模試の復習方法ですが、できなかった問題はそのままにせずに、できるようになるべきなのは当然です。しかし、その習得方法は、普段の学習で解いている演習問題と同じでかまわないはずです。まさか、できなかった問題をコピーして切り貼りしませんよね? そんなことをやっていたら、時間がいくらあっても足りません。

というわけで、模試の復習については、こちらにいろいろ書いていますので、ぜひごらんください。
「試験結果をきちんと分析しよう」

ちなみに、模試にもいろいろあって、どこの模試とは言いませんが、入試に出ないような問題が並んでいることもあるのです。「模擬試験」というのだから、さぞや入試らしく作ってるんだろうと思うでしょうが、作っている人が入試問題を分析していないことも多いのですよ。そんな問題だった場合には、手間暇かけて復習するのは実にバカバカしいことです。それ以前に受験する価値すらありません。

今回の模試では、文化史からの出題もあったようですね。過去問を見てもらえばわかりますが、早慶のみならずどの大学でも文化史対策は必須です。先週は、早稲田予備校の「夏のでるとこ日本史コンプリート」で、5日間みっちり文化史を講義しました。丸暗記学習に限界を感じ始めた独学受験生や、普段の授業では文化史に触れる時間のない河合塾生には、映像教材『でる日講義−とことん文化史−』をおすすめします。全時代の文化史を770分にわたって講義したもので、基礎から難関大向けの内容まで完全にマスターしています。

また、「文化史の基礎は固まったので、暗記のトレーニングがしたい!」という方には、『聴くだけ日本史』を用意しています。「美術史編」では美術作品・作者の時期を、「文学史編」では文学作品のジャンルや時期を音声でチェックすることができます。登校時間や入浴中など、すき間時間に活用してみてはいかがでしょうか。

(携帯でごらんの方はこちらからどうぞ。)

ちなみに、このS君からの返事にはこうありました。

早速、間違えた所をノートに蛍光ペンでマークしてみました。こんなの授業でやってないんじゃないの?って思ってたものが全てノートに書いてあり、ノートの凄さを再認識しました!!! 履修済みの問題のみで数えてみると、7割ちょっとでした。早稲田に入る事は甘くないなと実感しました。心を入れ換えて復習と復元に励みたいと思います!

関連記事「模擬試験と問題集と本当の出題状況」

でる日講義−とことん文化史−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

模試と過去問の正解率のズレ(再)

模試の問題が必ずしも入試の出題傾向に沿っているとは限らない、という話をよくしますが、模試であまりにも点数が採れないというのも問題です。
模試では高得点が採れるのに過去問は全然できないという話はよく聞きますが、なかには逆の人もいるようです。過去問はそこそこできているのに模試では高得点が採れないという人は、その大学ならではの問題ではなく、どの大学を受ける人でも絶対に外してはいけない常識問題ができていないという可能性があります。どちらにせよ、自分の弱点をしっかり分析、理解することが重要です。
今日は、模試と過去問の正解率についての過去のやりとりを紹介します。

模試と過去問の正解率のズレ

あるある正誤問題

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

模試はできるのに、過去問が解けません(2)

地方にお住まいの受験生から、定番の悩み相談を受けました。

<Yさん>
僕は現在早稲田大学国際教養を目指しているのですがこの前実際に過去問を解いたところ50点中半分程度しか解けませんでした。センターの問題や模試ではいつも九割は固く日本史の偏差値は現在70弱あります。あと残された時間で確実に7割5分~8割~とれるような力をつけるためには具体的にどうすればよろしいでしょうか?なんとしても早稲田国際教養に入りたいです!

<石黒>
まず何よりも、センター試験や一般的な全国模試レベルであぐらをかかないことが重要です。もう一段上のレベルを習得する気持ちを持ってください。そうしなければ早稲田の問題は解けないのだ、と。

あとはどういう手段で細かい知識を習得するか、ということになります。予算的に厳しければ、用語集を全部覚えるとか、教科書2冊くらいをすみずみまで習得するとか、はたまた早稲田の過去問を全学部20年分くらい解くとかいうことになります。

短時間で効率よく習得したい場合は、次のステップが賢明です。
(1)『読むだけ日本史(1)』で赤字だけでなく、黒字も含めて知らない知識がないかを確認する。
(2)『難関大用語集解』で細かい知識を得る。ここでは、『読むだけ日本史(1)』、『日本史でるとこ攻略法』『日本史事始』に掲載していない細かい内容を説明しています。
(3)早稲田の正誤問題で、歴史事項の「内容」の理解不足で正解できない場合は、『でる日講義−経済・外交史(前近代)−』を受講して、どの程度まで深い理解が必要かを身をもって知る。

これが前近代部分の対処法です。ここまでやってもう一度過去問にあたってみてください。それで正解率が高まっていれば、同様な学習を近現代でもおこなってください。

また、文化史分野も手薄になってしまっていないでしょうか。文化史の失点は、合格の足を引っぱる定番の原因です。

模試では得点できるのに、志望校の過去問で点数が出せない受験生は、とくに自分のペースに陥りがちな独学生によく見られます。過去にブログでも取り上げました。対処法もアドバイスしていますので、こちらも参考にしてください。
早稲田政経の論述対策アドバイス
模試はできるのに、過去問が解けません(1)

でる日講義−経済・外交史(前近代)−

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

模試はできるのに、過去問が解けません(1)

大手予備校の模試やセンター試験の過去問では高い点数が出るのに、いざ志望校の赤本を解いてみるとなかなか得点できない……というケースは、毎年よく見られます。なぜだかわかりますか? よく陥るワナに気付かずに本番を迎えてしまわないよう、勉強法の穴は確実に埋めておきましょう。

<Kさん>
はじめまして 友人から先生のお話しを聞きさせていただきました
今の現状は予備校にかよっているのですが授業のあった次の週に毎回テストがあり4割程度しかとれません。テストの内容は早・慶を始めとするMARCHなど難関校の問題です。用語はだいたいわかっているのですが問題のだされかたが難しくなると全くわからなくなります。
どのような勉強をすればいいか教えてください 日本史は今年はじめてやります 最近のベネッセの模試では65でした 第一志望は上智の経営です

<石黒>
お問い合わせありがとうございます。
単純な用語暗記はある程度できても、理解ができていなかったりポイントがわかっていないために、一歩踏み込んだ問題が解けないのだと思います。それはK君の勉強法だけでなく、予備校講師の責任もあるのではないかと推察します。それぞれの用語の、大学入試における出題ポイント(1つとは限りません)や、正誤問題で問われやすい内容を的確についた学習でなければ、入試問題で得点することはできません。カンタン模試では点数を取れても、難関大の問題には太刀打ちできない典型的なタイプです。というわけで、ポイントをつかむ深い学習をするべきです。その方法として当方がつくっている教材と講座をお伝えします。

まず『難関大用語集解』という参考書です。これは古代~近世のハイレベル用語を網羅したもので、「ここまで拾ってみてほしい」という用語についてかみくだきながらポイントを説明し、さらにそれがどういう形で入試で出されたかがわかるように、出題例を紹介しています。用語の意味を1対1対応で単純暗記するだけでなく、深い理解が必要だと言っても、何でもかんでも掘り下げて学習していたら膨大な時間がかかってしまいます。本書を読めば、難関大受験において、どういうところまでつっこんで習得すべきかがわかります。K君のように、単純暗記から難関大レベルの学習にステップアップしたい受験生におすすめです。

つぎに上智大が第一志望であれば、『上智対策コンプリート・ミッション』もおすすめします。上智大で過去に出題された、できごとや文化作品の時期チェック問題(総数893問)を収集し、1996~2008年の過去問から12題を選んだ問題と解説では、上智で出やすいテーマをつかんでもらいます。いずれにせよ、上智の問題は特殊ですから、他学部も含めて過去問に当たってください。

最後に、7月15日に開催する公開講座「日本史道場」があります。ここでは、早慶上智などの問題から難しめなものを集めて、入試の出題ポイントを解説します。‘文化史のオニ’上智大の驚くべき問題も登場します。普段僕の授業を取っておらず、学習レベルが甘くなりがちな受験生には、夏休み前に目を覚ます良いきっかけになるようです。都合がつけば、ぜひご参加ください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

代ゼミの模試より自習してるべき?

今日はいよいよ「早慶上智プレミアム日本史」です。こちらの準備は万端なのですが、一点だけ心配なことがあります。それはハイレベル問題が多く、うわべだけの勉強しかしていない人や、史料・文化史の対策がおろそかな人が、ちんぷんかんぷん状態に陥るのではないか……というものです。

テキストの内容はワセヨビの「早慶難関大の日本史」とかなり重複しているのですが、ワセヨビの場合、毎週70分間の「でるとこ日本史プラス」というオプション講座がありましたから、そこで史料と文化史をかなりやっていました。その上、夏期講習でも文化史をパワーアップしたのです。実際、「早慶難関大の日本史」では、「プラスでやった話ですね」とか「この間の文化史に出てきましたね」という言葉を何度も口にしました。

今回はMARCHレベルを第一志望としている人はおらず、みな早慶上智志望者でしょうから、しっかりプライドを持って難しくてもついてきてもらいたいものです。

さて、同じ日に代ゼミで「早大入試プレ」という模試があるようです。それについてこんな質問をいただきました。

<Mさん>
こんばんは。お久しぶりです。長い間返事をしないですみません。でるとこサイトの教材(父の名前で買いました…)を使うのにも少し慣れてきて、最近日本史がとても楽しいです。楽しいだけではダメだとわかっているので、頑張ってはいるつもりですが…。教材の感想等、また時間があるときにメールさせていただきたいと思っています。
それで、今回伺いたかったのは、河合塾以外の模試も、受けた方が良いのかということです。次の日曜日にある、代ゼミの早稲田プレを申し込んだのですが、行かずに勉強した方が良いのではないかと悩んでいます。模試の勉強をしていなくても模試は、慣れるために大切だから受けろ、とよく言われるのですが、慣れるには、河合塾の模試だけで足りるのでは、等と考えてしまいます…。日本史以外のことを聞いてしまってすみません。誰に聞いたら良いのかわからなかったので…。お返事いただけると嬉しいです。お忙しいのに、本当にすみません。

<石黒>
河合塾で模試を受けているなら、受ける必要はないと思います。でも申し込んでしまったのなら、受けてみても良いのではないでしょうか。考えてみてください。受験することで学ぶモノと、その時間を自習して学ぶモノを天秤にかけた時に、後者の方がずっと重いという自信はありますか? 払った受験料ももったいないように思います。それにしても、模試は試験場慣れをするためのもので、肝心なのは過去問演習です。正解率が8割に達しているか定期的にチェックしてください。

直前になってあわてすぎな気がしますね。情報は早めに収集しておかないと無価値になります。早慶大対策の模試は、河合塾のものが一番よくできていると思いますので、これからはそれ一本で十分ですよ。


関連記事

合格ボーダーの厳しい現実

早稲田大学は、入試の不合格者に点数開示を行うシステムがあります。それを利用した人からメールをいただいていました。4学部すべて不合格だった方です。

<Xさん>
(前略)早稲田から点数開示のはがきが届きました。私は合格最低点との差は相当(15点以上)あると思っていました。5点差以内の学部があったらまだいいかなぐらいに思ってました。しかし現実は、教育学部・文学部が5点、文化構想が3点、社会科学が1.2点差でした。(中略)
本当に1問、1点の重さを受験生には知ってほしいです。私は特に、文構は英語で転けて、英語を受け終わった瞬間“落ちたな”って思いました。でも実際はあと3点なんです。ほんの1、2問です。だから、本番でも最後の最後まで本当に諦めてはダメだっていうことを伝えて欲しいです。1教科失敗したって残りの教科で挽回できます。まだ夏前ですがこれから山場を向かえる受験生には今やっている授業を大切にしてほしいです。もちろんしゃべり勉強など授業後の行動もですが、自分に甘くなったそのときのことが入試に出て、その1問に泣くことがないようにしてほしいです。私は法政でこの受験のことを糧にしながら充実した生活を送っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

あと少しで合格ラインに届かなかった人の話はよく聞きます。そもそも、合否の境目のボーダーライン前後には、かなり多くの受験生が分布することが想像できますよね。だから珍しいことではないのですが、実際にそのギリギリの点数を見ると「なんてもったいないんだ!」と悔しくなります。彼女は模試でも好成績を出していた人だったので、なおさらです。やっぱりいくら模試で好成績でも、本番で取れなければ意味がないということですね。問題内容に関しても、志望大学の過去問の正解率で自分を測るべきなのは言うまでもありません。その上で、本番で自分の力をしっかり出せる学習をしていきましょう。

ところで、ベランダのバジルがぐんぐん伸びてきました。昨年は6本育てていたのですが、今年は16本もあるので相当食べられそうです。摘心ついでにさっそくジェノベーゼソースを作ってパスタで食べました。濃厚な味はもちろんですが、切っても切っても生えてくるところも好みです。


関連記事

南浦和からのメッセージ2011(6)

今週は執権北条時頼まで終わりました。

<Iさん>
来年の大河は平清盛です。楽しみです。

<石黒>
清盛で視聴率が取れるのか心配になります。
似顔絵ありがとうございます。先週よりブサイクだったのは「今週の石黒はイマイチだ」という意味ですかね?

<Fさん>
ケータイも持ってないんですか?

<石黒>
まさか? それじゃ今の時代、仕事ができませんよ。もしかしてテレビをケータイで見ればいいじゃないかって話ですか? だとしたら根本的に勘違いしていると思います。テレビは見たくないから持ってないのです。僕の携帯はテレビが見られない機種ですが、見えても見ないと思います。

<Sさん>
政子はすごく強いと思いました。

<石黒>
ですよね。(お名前の読み方がわかりませんでした。間違ってたらすみません)

<Nさん><Oさん>
政子って本当に恐ろしいですね……(笑)

<石黒>
いやいや、推測の部分も多いので、あんまり悪く言ったらかわいそうです。

<Tさん>
文化史は○○○○(編注:参考書名が入ります)じゃいけないんですか?

<石黒>
出題率とかを気にしなければ良いのではないでしょうか。

<Mさん>
年代はどのようにして覚えるのがいいですか?

<石黒>
ゴロあわせが手っ取り早いと思います。でもたとえば、梶原景時の乱(1200)からのゴロを覚えたら、+3+2+8+34……などと足し算する方法もあります。足す数字だけ覚えるのです。

<Oさん>
今日は先生が入口側の黒板で熱心に説明してくださったので、すごく聞き入ってしまいました!!あらためて先生のすごさがよく分かりました!!

<石黒>
変な誉められ方で気恥ずかしいですが、ありがとうございます。確かに前の方の席だと他の生徒が視野に入らないところは良いでしょうね。

<Tさん>
北条氏は明らかな自分の弱点だったのでノート暗記が結果につながりやすいかもしれないです。全ては覚えてから。

<石黒>
ぜひ過去問で力試しをしてみてください。

<Iさん>
後白河上皇が実はすごい人だとは気づきませんでした!

<石黒>
『梁塵秘抄』を編纂したことも知ると、よりおもしろく感じると思います。

<Kさん>
自分がゆれてるのか、はたまた地震なのかわからない……

<石黒>
僕も一人で部屋にいるとき、揺れてるかどうかわからなくて、ぶら下がっているものを見て確認しています。南浦和は教室が6階なので揺れやすいのでしょうね。ほんと毎週毎週困ります。

<Sさん>
池袋校の古文の先生から聞いたんですが、法学部に行きたい人って日本史は重要って本当ですか?

<石黒>
法学部と言っても現代の法律ばっかりやってるわけじゃないってことです。でもまあ経済学部でも日本史は重要ですけどね。

<Tさん>
模試で毎回60点代しかとれないのは、覚えたりしてないんですかね……塾で日本史をとってない子が私より全然よくて悔しいです。

<石黒>
「覚えたりしてないんですかね?」って、それじゃまるで「ばあさん、わしゃ朝ご飯食べたっけのお?」とか言うボケ老人じゃないですか!? まさか間違えたところをノートで確認してないってことないですよね?
友達との比較ですが、予備校の授業を受けてるかどうかの違いじゃなくて、ただ単に模試で出された部分を習得していたかいなかの違いなだけの話でしょう。一応、念のため聞きますが、授業内容を思い出してしゃべっていますか? ノート復元に取り組んでいますか? 模試の復習法についてはこちらをごらんください。早めにチェックしないと手遅れになりますよ。もう通年授業の4分の1は終わったのです。

<Yさん>
明日からテストなのでキツかったです。日本史演習のテストは先生のノートでのりきります!

<石黒>
予備校での授業が終わった範囲なら、学校のテストなんて楽勝ですよ。

<Aさん>
今日の話を聞いて、本当に自分に必要なことをやらないと、だめだと思った。ので明日の漢文のテストはほどほどに今日はノート復元します。

<石黒>
気づいてもらえてよかったです。

<Sさん>
定期テストの日本文化史の勉強で先生の文化史プリント使いました。ニヤリでした。日本史の勉強は学校で15分だけやりました。友達に鼻で笑われました。気にしません!P.S.40面ノートを必死で唱えている夢を見ました(笑)

<石黒>
それは良かったです。2月になったら「心配させてごめんね(ニヤリ)」と、その友達に笑い返してあげましょう。

<Fさん>
覚えることがたくさんあって大変ですがやっぱり日本史楽しいです!!

<石黒>
それはうれしい話です。

<Sさん>
日本史でるとこ攻略法 買いました。楽しく覚えられそうなので 頑張ります!!

<石黒>
どんどん覚えていってください。学校でやってる範囲でも使えるはずです。

<Sさん>
前回、何時間できますかと聞かれたんですけど、日本史だけなら休日は6時間くらいできます!

<石黒>
それなら偏差値75を狙ってください。

<Hさん>
学校での演習の授業をうけていて、先生のノートの偉大さを感じます。先生のノートを信じて1年がんばります。

<石黒>
問題が解けるってことですね? じゃあ後は突っ走るのみです。

<Oさん>
先生の字がキレイでみやすいです

<石黒>
あれでも僕自身は不満なのです。河合塾は時間がないので字が汚くなりがちです。講習で配るプリントには、相当気合いの入った字で書いてるものがありますよ。

<Tさん>
立教が大好きなネタは何ですか

<石黒>
たくさんあります。僕としては一番オイシイ大学です。ここでは明かせないので授業中に登場するのを聞き逃さないようにしてください。入試直前期には『MARCH学習院あるあるチェック』なんて教材も発売します。

<Kさん>
日本史の問題演習は、どうやれば(何をやれば)いいですか?

<石黒>
当方の問題集には『日本史事始』があります。よろしかったらどうぞ。先日これを紹介する映像を撮りました

<Mさん>
記述模試で「○○(編注:伏せさせていただきました)」を答えさせる問題が出ました。正解しましたが40面ノートになかった語句なので、模試作成者に少し腹が立ちました。

<石黒>
それは最近出題カウントが増えている用語なのです。夏の「早慶大日本史」では扱います。derutoko.com の問題集『日本史事始』でも大問3の解説の中に太字で登場しています。難関大向けに拾いたいDランク用語は、まだまだたくさんあるのです。


関連記事

全国模試の成績

模試の成績を気にする受験生は多いのですが、間違ってとらえている人も結構います。

まず、復習の仕方です。模試だからといって特別な復習法なんてありません。ふだん解いている問題集と同じでいいのです。間違えたところをやり直す……じゃありませんよ。なぜ間違えたのか、学習のベースとしている教材にもどって覚え直すだけです。模擬試験といってもただの演習問題にすぎません。全国の受験生が同時に解くことで自分の順位がわかる材料ってところが特別なだけです。

次に、模試で点を取るためだけの先取り学習です。たいていの模試は学校や予備校の授業が終わっていない範囲まで出題されます。かといって独学するのはムダです。なぜなら独学では誤解して覚えてしまう危険性があるうえに、「俺は先にやってあるんだ」という過信を生みかねないからです。その過信のせいで予備校での授業を吸収しきれていない人がいます。そうすると今ひとときの模試の点数は良くても、結局、的確な学習をしてきた人に最後は抜かれてしまうのです。まるで「ウサギとカメ」のウサギです。

ということは、学校の授業進度が速い人や、去年しっかり学習した高卒生などは、模試の順位が良くても喜びすぎてはいけないってことになります。肝心なのは既習範囲の正解率ってことになるのです。さらにもう一つ落とし穴があります。模試の問題の質が、実際の入試と異なっていることがよくあるのです。模試の問題の方が簡単である場合が多いですが、逆に入試ではめったに出題されない問題も目につきます。これは入試問題を本気で分析していないとわからない落とし穴です。

結論としては、模試をことさら重視せず、自分の位置を確認するちょっとした目安くらいにとらえるべきということです。ワセヨビ生なら月イチで校内模試がありますから、出題範囲を勉強し終えるためのペースメーカーにもなります。

ところで、「日本史道場」と「早慶上智プレミアム日本史」はどちらも残席1ケタとなっております。受講希望の方はお急ぎください。

今日はお昼にパスタを、夜にカレーを食べました。えんどうも紫キャベツも実家で育てたものです。


関連記事