文化史って用語集の説明をどこまで拾うべきですか?

河合塾では高卒生の授業が毎週180分あるのに対し、現役生は150分しかありません。さらに高卒生には毎週90分のテストゼミまでついています。この時間差はどうにも埋められません。そこで文化史のまとめプリントを配布するとともに、文化史のABランク用語だけを文章で説明したプリントを配布しています。のこりのCDランク用語は各自の独学にゆだねているわけです。

こうした理由から現役生は文化史分野が弱点になりがちです。先日、慶應大法学部の過去問を解いて危機感を覚えた方から質問をいただきました。

<Sさん>
いつもお世話になっています。
文化史のプリントを図説を見ながら進めているのですが慶應法の2012に文化史の問題があったのでやったのですが気になったことがあるので質問させてください。
問題では神職の家の生まれ、50歳で出家から鴨長明を、藤原俊成が撰上から千載集を、安元の大火、養和の飢饉などの災害が載っているというところで方丈記を(鴨長明が分かれば答えられそうです)、朝堂院の正殿から大極殿を導くような問題がありました。他宗の排斥から日蓮を答える問題などは出来たのですが上のように図説には載ってないものもあり用語集には載っているのですがどの程度までやるべきなのか困り果てています。出来る限りやった方がいいのは分かっているのですがプリントに載っている人物の細かい情報を全部拾っていくのは途方もないことだなあとも考えてしまいます。また平安京のなかの朝堂院などはどこに何があるか全く分からない状況だったのですが載っているものは全て覚えるべきでしょうか?
本番で文化史が出た時に撃沈してしまいそうでヤバイです…

友達が難しいと言っていた先日のマーク模試で既習範囲は一ミスだったので少し浮かれていました…回答よろしくお願いします。

<石黒>
スイスにいるため返信が遅くなりました。すみません。
鴨長明を特定する部分は「神職の家の生まれ、50歳で出家」ではありません。史料文の「治承四年水無月の比,にはかに都遷り侍りき。いと思ひの外なりし事なり」からです。受験界ではあまりにも有名な部分なので、ワンフレーズ史料判別ができて当然だと考えてください。もっとも直前講習で配布する「最近の話題」プリントを習得すれば、平安末期の災害というヒントから『方丈記』とわかるようにもなります。
朝堂院・大極殿などは先日の講習「早慶大日本史」で配布した別冊の最後の部分に書いてあります。ごらんください。
よって難問なのは『千載集』のみです。

文化史はたとえプリントがあったとしても、どこまで理解するべきかは非常に難しいものです。用語集を全部理解するなどまったくもってムダな作業です。予算が許せば『でる日講義-とことん文化史-』を使うのが圧倒的にラクで確実です。こちらを使う場合は、授業で配布しているプリントは学習しなくて結構です。逆に独学の場合は問題をたくさん解くなどして、問われやすい内容をつかんでいってください。

慶應は早稲田より文化史の問題数が多いので備えを万全にしておくのは当然です。がんばりましょう。

でる日講義-とことん文化史-

関連記事

今年の入試問題は今年の入試に役立つか

今年の入試もいよいよ佳境を迎えましたね。先日こんな質問をいただきました。

<Oさん>
お忙しい中失礼します。
解答速報などで、同じ大学で自分が受けていない学部の問題も見れるのですが、その範囲は他の学部では出にくいと考えた方がいいですか?

<石黒>
いやそんなことはありません。とくに早慶では、重複することが多々あります。

各予備校が出している解答速報には問題も付いているので、こんなふうに利用する手もありますね。もっとも予備校によって解答が違っていることがあるので、解答を鵜呑みにできないこともありますが。信頼できない予備校の解答速報には注意が必要です。


関連記事

カンタンな質問とムズカシイ質問

受験生は入試の出題率を知らないため、おもいっきり基本事項を無邪気に質問するいっぽう、逆に入試ではまったく必要ないことを質問したりします。つまり、学校などで聞かされた細かい知識ですね。なんでもかんでも覚えられるような脳みそを持っているなら良いのですが、凡人には記憶量に限界があります。入試に出る知識だけでも十分すぎるほどに膨大ですから、まずそちらを優先して覚えていくべきでしょう。出題率に比例して取捨選択していくべきです。

先日、Uさんという方から質問がありました。

<Uさん>
併願校を改めて考えています。
中央大学の特徴や、対策すべきことを教えてください!
第一志望が早稲田大学で、早稲田大学は学部問わず様々な年代や学部の過去問を解いています。
立教大学はまだ一年分しか解けていないのですが、並び替えや単語の記述が目立つ気がしました。また、時々なにこれ?という問題を見つけます。たとえば、「円空」と答えさせる問題がありました。これは知っておくべき単語ですか?
立教の特徴や注意点などもあれば教えてください。

<石黒>
中央大にしても立教大にしても、ふつうにノート学習をしてください。早稲田を第一志望としているということは、ノート・プリントにある用語はすべて覚え、すべて正解するのが基本ですから、それで中央大・立教大対策はおのずとできてしまいます。

円空は文化史プリントに出てきます。見知らぬ語句があったら、derutoko.comサイトの40面ノート検索を使って、ノートのどこにあるかお調べください。そもそも文化史を説明した細かい字のプリントを読んでいないのではありませんか? あれは基本ですよ?

<Uさん>
ノート覚えの反復回数がまだ少ないのだと思います。ノート覚えをすることに精一杯で文化史プリントが手薄でした。
文化史プリントの内容は美術作品などは時代が把握を意識していこうと思います。

あと前回の授業(36番ページ) で、質問があります!
せっかく華北分離工作で満州と蒋介石の支配地の間に空白地(華北)を作って、蒋介石と日本の間のもめごとをなくそうとしたのに、その華北を日本が乗っ取ろうとしてしまったら、空白地帯を作った意味がなくなってしまうのではないのですか?また、実際に日本は華北地域を乗っ取ることはできたのですか?
教えてくださいm(>__<)m <石黒> 河合塾では文化史の授業をおこなっていないため勘違いしがちでしょうが、ふつうに文化史も取り組んでください。 さて、もう一つのご質問ですが、華北分離工作というのは日本が華北地域を乗っ取ろうという作戦ですよ。ということは「もめないための空白地帯をつくる」というのはタテマエです。そこを乗っ取ることこそ本命です。 日本は華北地域に冀東地区防共自治政府を作らせましたが、その後、中国側の抗日運動が高まり、最終的には華北分離工作は失敗します。もっとも失敗の話までは出題されません。

でる日講義-とことん文化史-

関連記事

上智・早稲田志望者からの質問

先日、上智大を第一志望としている高卒生から、こんな質問をいただきました。

<Hさん>
現在河合塾の○○校で浪人をしているものです。夏期講習の際に△△に行き、石黒先生の授業を3つ全て受ける申し込みをしました。そこで質問なのですが、この夏期講習で足りないところはでる日講義の文化史編と上智コンプリートミッションの2つを買えば補えるでしょうか?
それと疑問なのですが、自分は今、山川の日本史用語集を使い、資料対策は○○(編注:伏せさせていただきます)を使っていますが、先生の出版してる難関大用語集とどこでも資料問題とでは、何か損してるようなところとかありますか?
もし、先生の出してる教材を使ったほうの利点が大きい場合購入しようと思っています。

<石黒>
(前略)それから用語集についてですが、『難関大用語集解』は用語集ではありません。『読むだけ日本史(1)』(学研)で扱わなかったDランク用語を各テーマに集約して説明し、その出題例を紹介している参考書です。用語集は入試に出題されないたくさんの用語を含む辞書であるのに対し、こちらはハイレベル用語を習得して高得点を得るための参考書です。用語集を全暗記しているとしたら非常にムダなことなのでやめるべきです。
上智大を第一志望とされているなら、『上智対策コンプリート・ミッション』に取り組むのが近道でしょう。過去問を数年分解くよりはるかに効率よく過去問演習ができ、上智が好んで出題する用語がわかります。上智大の場合はCランク史料はあまり出題されないので、『どこでも史料問題』だけにとどめてもかまいません。そのかわりに文化史が飛びぬけて難しいので、文化史に力を回してください。上智ならではの文化史用語は『上智対策コンプリート・ミッション』にすべて掲載してあります。

よく誤解されるのですが、『難関大用語集解』は用語集ではありません。用語集のような辞書ではなく、参考書なのです。タイトルがまぎらしいですが、「令集解」にならって名づけました。早慶上智をめざす受験生ならわかるのではないか……と考えたのです。早慶上智志望で、夏期講習で「総合日本史演習(発展)」を取れない人には、この参考書でハイレベル用語を習得してもらえたら、と思っています。授業で扱わなかったハナシがたくさん登場していますよ。

難関大用語集解

難関大受験に必要な「本当の」ハイレベル用語を網羅! 辞書とは違うわかりやすい説明に、豊富な出題例も。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

早慶関係者は何が出る?

直前講習の早慶大対策講座では、早慶大それぞれの関係者を一覧にまとめて配布しました。最後の最後に詰め込むのが大変かもしれませんが、ワセヨビではさらに人物史なども扱い、万全体制をとっています。うまく活用してください。

<Kさん>
早大 慶大関係者一覧に大隈重信と福沢諭吉が載っていなかったのですが、この二人に関しては何をどのくらい知っているべきでしょうか? 例えば2010年慶應商では、訓蒙窮理図解 世界国尽 帳合之法という用語集にない福沢諭吉の著作の出題がありますが正解すべき問いなのでしょうか 用語集にある福翁自伝と丁丑公論も気になります

<石黒>
テキストの「近現代のキーパーソン」のところに二人の説明があります。
福沢の著書については、『訓蒙窮理図解』『世界国尽』『帳合之法』は正解する必要はありません。それらを正解しなくても商学部なら8割正解できるはずですから。ただし、『世界国尽』については2012年の法学部でも出題されました。また慶大生の話によると、『福翁自伝』を読ませる授業があるそうです。

聴くだけ日本史-内閣編-

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

40面ノートよりも細かい授業に不安です

去年、僕の授業を受けていた高卒生から質問が届きました。予備校名は伏せさせていただきますが、あちこちでよく聞く話です。

<Nさん>
こんにちは。今○○(編注:伏せさせていただきます)で浪人していて去年石黒先生の授業を受けていたものです。
いま日本史の、授業を受けているのですが全然違っていて深すぎてどこまで覚えればいいのかかわからなくなってしまって、いまひたすら40面ノートを覚えているのですが、ノートに乗っていないものは覚えなくて大丈夫ですか?ちなみに第一志望は早稲田の商学部です。本当は、石黒先生の早慶大日本史の冬期講習だけでも受けたいのですが、、すごく不安です。

<石黒>
□□先生は存じあげないのでわかりませんが、たぶん細かくやりすぎです。○○はそういう予備校です。よけいなものを覚えないでおきたいのでしたら、ノートに載っていないものはすべて棄ててください。ただし、河合塾で受講されていた場合は、Dランク用語で紹介していないものが多数あるので、『難関大用語集解』と『受験生が本当にほしかった問題集 日本近現代史』で補うのがベストです。昨年の授業の内容を、自分はすべて吸収できてはいないと考えるべきです。つまりノートが残っているだけは意味がないということです。

ところで、予備校生といっても効率良くやっている人とそうでない人がいることを実感しましたよね? だとしたら、効率の悪い人よりも自分が優位に立っていることに喜びを感じませんか? 日本史を短時間で修得して、他教科の学習にあててください。

<Nさん>
わかりました。返信ありがとうございます。難関大用語集をすぐに買ってノートを完璧にします!実は、○○の夏期講習の早慶大日本史でもほとんど問題の解説をやらなかったのです。それであれ?大丈夫かなとおもいました笑 でも、自分で早稲田の赤本を解いたら半分位しかできていなくて自分がまだまだできていないことがわかりました。対策としては、ノートを覚えて、赤本を解くで大丈夫ですか?夜遅くにすみません。

<石黒>
うーん、その夏期講習も良くないと思います。ノート→赤本で良いですが、通史の問題集もやってください。もちろん過去問による、まともな解説のついたものを。赤本をやったら間違えた問題の原因をノートなどで必ず確認してください。実は、理解が足りてないために正解できない問題があるはずです。正しい理解をするために、教科書・参考書などを読んでください。多くは『読むだけ日本史』と『難関大用語集解』に書いてあるはずです。とにかく昨年の授業内容を習得しきれていないことが、大きなマイナスになっていると気づくべきです。
健闘を祈ります。

<Nさん>
わかりました。いろいろとありがとうございました。周りの人に絶対負けないように絶対早稲田うかります!!

難関大用語集解

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

難関大受験生のノート覚え

受講生から、40面ノートの使い方について質問が届きました。

<Sさん>
河合塾に通ってます。 昨日の授業をうけて重要単語にチェック入れようと思ったのですが、読むだけ日本史の赤字にマークをつけるのはどうですか?

<石黒>
志望校をお教えください。

<Sさん>
早稲田(商、文化構想、社会科学)です。

<石黒>
その場合は、重要な語句にこだわるよりも、あまり出ない語句に印をつける方が効果的です。早稲田のためならノートのほとんどを覚えてほしいのですから。

<Sさん>
ありがとうございます。わかりました。

早慶上智を目指す人で、40面ノートや文化史プリントを手にして「どこまで覚えようか…?」と考えている受験生は、こちらのブログ記事をごらんください。まだヌルい人がいるようですが、合格に必要なペースを早くつかまないと、あとで手遅れになってしまいますよ。

どこでも史料問題

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

単純暗記グセから脱却できますか?(再)

日本史は、丸暗記した知識そのままを答えにする問題と、その知識をもとに考えて答えを導き出す問題の、両方から成り立っています。後者のような問題が解けるようになるためには、かなり深く考えることを常態化しなければなりません。とくに難関大受験生の場合は、この思考力の高さが合格のカギとなるでしょう。自分がどこまで‘単純暗記’レベルから脱却できているか、客観的にチェックしてみてください。

単純暗記グセから脱却できますか?

でる日講義−経済・外交史(近現代)−

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

この夏にやるべき、早慶上智対策教材(2)

河合塾でレギュラー授業を受講している、早稲田受験生からの質問を紹介します。

<Fさん>
遅れてしまいましたが、文化史・資料史の勉強を始めようと思い、先生の どこでも資料問題 は購入することに決めたのですが、 とことん文化史 を購入するには金銭面で両親に相談しにくく、そのことで今回質問をさせていただこうと思い今に至ります。授業中にいただいている文化史のプリントの内容理解(もちろん問題集は解くつもりですが)だけで入試問題には対応できるでしょうか?志望大学は早稲田の商学部です。よろしくお願いします。

<石黒>
文化史プリントにはA~Dランク用語がだいたい入っているので、早稲田なら対応できます。ただし、細かい字のプリントでは頻出のA・Bランク用語しか説明していないため、内容理解については甘く考えないほうが良いと思います。C・Dランク用語は、用語集や資料集(図説)などで理解を深める必要があるからです。夏期講習の「早慶大日本史」を取っていたなら、その大変さがわかるのではないでしょうか。

みなさん、文化史対策に悩まされているようですね。『でる日講義−とことん文化史−』では、文字媒体の簡単な解説だけでは踏み込みきれない内容まで、丁寧に解説しています。こちらのサンプル映像を見れば、「文化史=単純暗記」という考えが吹き飛ぶんじゃないでしょうか。


(携帯でごらんの方はこちらからどうぞ。)

でる日講義−とことん文化史−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

この夏にやるべき、早慶上智対策教材(1)

夏休みに入って本格的に受験勉強を始めた人が多いのか、教材選びにあたって何人かから質問を受けたので、まとめて紹介します。

<Hさん>
(前略)『上智対策コンプリート・ミッション』を解くことは慶應の日本史対策に役立つでしょうか? それともその時間をほかの教材(過去問)に回した方がいいですか?
一週間ほど前に石黒先生の存在を知り、早速でる近や問題集など購入させていただきました。今まで使っていた教材との圧倒的な質と学習効率の違いに感動しております。回答よろしくお願いします。

<石黒>
『上智対策コンプリート・ミッション』は、上智大受験に特化した問題集ですので、慶應対策ということであれば、別の教材をおすすめします。

前近代の難関大向けハイレベル用語を、過去の出題例とともに説明している参考書『難関大用語集解』や、外交史や土地制度史などを、踏み込んで理解できる映像教材『でる日講義−経済・外交史(前近代)−』などが有効です。

上智ほどではないにしろ、慶應では早稲田にくらべて文化史の出題が多めです。文化史対策が不十分であれば、文化史をテーマ別に扱った映像教材で、基礎レベルから早慶難関大レベルまで網羅している『でる日講義−とことん文化史−』をお勧めします。(後略)

『難関大用語集解』や『でる日講義−経済・外交史(前近代)−』は、早慶大をはじめ、難関大受験生に広くおすすめできるものです。一方で、上智大志望生からはこんな質問が届きました。

<Kさん>
上智大学の外国語学部を目指しているのですが、文化史の勉強は、上智CMか、先生の出していらっしゃる文化史のDVDどちらでやるべきでしょうか。

<石黒>
『上智対策コンプリート・ミッション』は、上智大の出題傾向にあわせて作っている問題集ですので、文化史を体系的に学べるものではありません。『でる日講義−とことん文化史−』の映像授業で文化史を基礎から学び、付属の問題集で演習力をきたえ、それから上智大の過去問にあたるのが、文化史の効率的な学習法です。上智大の問題のレベルの高さを知ったり、実際の出題例に慣れたい場合に『上智対策コンプリート・ミッション』を使えば、1冊で手っ取り早くおさえられるというわけです。

教材選びの相談は、明日に続きます。

難関大用語集解

スマホ・パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事