早稲田文学部に合格しました!

早慶上智を受験した方から合格報告をいただきました。

<Nさん>
こんにちは。あざみ野館でお世話になりましたNです。長文になってしまい申し訳ありません。お忙しいかもしれませんが、読んでいただけると嬉しいです。
受験が終わったので今度直接お会いできたらと思っているのですが、3月はいつあざみ野館にいらしてますか?ちょっと話せたら十分ですので…。

ところで本日は結果報告のために連絡しました。志望順に書かせていただきます。
1,慶應文:不合格
2,早稲田文:一般不合格・英語4技能合格
3,早稲田文構:一般・英語4技能とも合格
4,早稲田教育:合格
5,上智文:一般・TEAPとも補欠結果待ち
6,青学文:セン利・全とも合格
7,立教文:セン利・全とも合格

というわけで、早稲田の文学部に進学します。日本史コースで日本史をより深く学びたいと思っています。
慶應は暖房の効き過ぎによる頭痛で、小論で全然実力が出せなかったのが敗因の一つだと考えています。言い訳すみません。早慶の文学部が第一志望って感じだったので自分としては満足です!ただ以前メッセージカードにも書きましたが、私の父が慶應の教授でして、私自身大学は慶應に行くのが幼い頃からの夢だったのでそこは残念ですが…。コネがないことを身をもって証明してしまいました(笑)

私が大学で日本史を学びたいと思ったきっかけは学校の先生との出会いですが、石黒先生の影響もあります。石黒先生の授業は学校の先生と比べて断然わかりやすくて、日本史ってこんなにわかりやすく学べるんだ!と衝撃を受けました。私は経済分野が苦手だったので、先生の“噛み砕き説明”は大変助かりました。それと先生の感情のこもった授業がすごく好きで、先生の話を全部メモする勢いで聞いていましたが、毎回とても楽しかったです!大変だったのでもう受けたくはないですが(笑) 40面ノートも学校の友達に羨ましがられたりして、自慢のノートでした。復元も楽しくて、夢の中でも復元したりしてました(笑)

というわけで、以前メッセージカードに「石黒先生みたいにわかりやすい授業ができる日本史の先生になりたい」と書いたのは私です!実は密かにリスペクトしております(笑) 教師願望がそこまで強いわけではないですが、とりあえず教職は取りたいです。受かったので今度アドバイスお願いします!笑

通常授業の他にも、講習や一日講座などは春期からほぼ全て受講しました。問題の解き方も学べて、本番でも石黒先生が教えてくれてるような感覚で解けました(笑) 最終的には過去問はもはやゲーム感覚になって勉強も楽しかったです。

でるとこ教材もいろいろ利用していました。日本史でるとこ攻略法・読むだけ日本史・聴くだけ日本史・どこでも史料問題・あるある正誤問題です。母が2時間でおさらいできる日本史も買っていました。特に助けられたのは聴くだけ日本史なので、後ほど別に感想のメールをさせていただきます。

最後まで読んでくださりありがとうございました。まあまあ良い報告ができて良かったです。そして石黒先生の授業を受けられて良かったです!一年間ありがとうございました!ではまた。

<石黒>
なんだか誉めすぎな気がしてなりません(笑)。ありがとうございます。
今はいろいろな形態の入試があるんですね。「英語4技能」は把握してませんでした。英語が苦手な僕としてはうらやましいかぎりです。
それにしても興味深いのは慶應の結果です。コネがないのでしょうか。もっとも大学に入ってからのことを考えると、早稲田を選んだほうが良いような気がします。

どこでも史料問題

関連記事

2015年度のおめでとうなみなさん(7)

今回も、音声教材を使いこなして早稲田合格を決めた方を紹介します。時間に制約のある現役生は、移動時間などもうまく活用することがカギですね。

<Sさん>
石黒先生お久しぶりです! 早稲田予備校でお世話になった高3のSです。無事に早稲田大学文化構想学部、文学部、教育学部に合格しました! 第一志望だった文化構想に進学する予定です。

入試では授業や講習で習ったことが出まくりで、先輩方のいう「ニヤリ」を何回も実感できました! また「聞くだけ日本史」や「どこでも史料問題」のお陰でややこしい所も耳から覚えることで、本番でも大変役立ちました。実は史料は冬休みまであまり手をつけていなかったのですが、まずいと思ったその日から史料のCDを何回も聴くようにしました。その甲斐もあって本番では史料の問題で自信を持って答えることが出来ました。英語、国語にも共通して言えることですが、やはり耳から覚えること、声に出して覚えることは効果絶大でした!
先生の40面ノートとテーマ史のプリントをやりこむことで他の受験生とかなり差をつけることが出来ます。

ここまで来れたのも先生のお陰です。本当にありがとうございました。

どこでも史料問題

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

2015年度のおめでとうなみなさん(5)

今回は、でるとこ教材を使い倒して、早稲田3学部を制覇した現役生です。はじめは青学ですらE判定だったのが、なぜこんな激変を遂げたのでしょうか。

<Mさん>
受験おわりました!河合塾現役館の藤沢のものです! 結果はセンターで立教まで受かり、一般では早稲田文化構想、教育、社学が受かったので社学にいくつもりです!

わたしは4月のころは青学か東洋にいくつもりで、5月の模試では青学E判定でした!笑 でも学校推薦でMARCHに行く人がいっぱいいたのが悔しくて、どうせ一般なら上を目指そうと思い、11月ごろに早稲田を目指しはじめました! 石黒先生の授業は6月のあたまからとりはじめたのですが、幸いにもすぐに今までの勉強法の間違いに気づき、自分がいままでまとめていたものなどを捨てて40面ノートに切り替えました!! もとから英語や国語はわりとできたので、日本史に向き合うようになってからほんとにぐんぐん成績がのびました!

ほんとに自分が早稲田を志望校にするなんて考えてなかったし、ましてや合格できるとも正直あまり思ってませんでした! でも石黒先生のおかげで早稲田を目指そうって思えるレベルにたどりつけて、無事合格できました!

でるとこの教材は上智のやつ以外持ってるんじゃないかというくらい集めました!笑 特にきくだけ日本史がおすすめです!全部持ってたので史料や内閣、文化も全部シャッフルで移動中いつも使ってました! 内閣のを使ったおかげで、思考回路がはやくなるというか、一瞬でノートがでてきて、なんかもう自分がレベルアップしてるのが手にとるように分かりました!笑

石黒先生のおかげで早稲田の日本史8割は安定してとれていたので、日本史においてはとても自信を持っていました!笑 今ではダントツで日本史が1番の得意科目です!!笑

受験を受けてみて、想像してた以上に早稲田においては選択科目が合否に影響するな~と思いました! 世界史に比べて平均が低いようなので、日本史に強くなると合格にぐっと近づくと思います! ほんとに石黒先生なしにはこの結果は得られませんでした!!

長くなりましたが1年間本当にありがとうございました! 本気で日本1の先生だと思います!よく藤沢で出会えたな~と!笑 授業もとても楽しかったです! 40面ノートは一生捨てません! 大学たのしみます!! ありがとうございました!

聴くだけ日本史-内閣編-

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

内閣チェックテストに挑戦!

各予備校で、明治時代の講義が終わりました。江戸時代以前とは比べものにならない細かさで、戸惑った人もいるのではないでしょうか。

膨大な量の近現代は、内閣ごとにうまく整理する必要があります。そこでオススメなのが『聴くだけ日本史−内閣編−』です。近現代のできごとについて、その内閣名をひたすら問いかけ、解説しているCD教材です。その数330題! 予備校で配布している内閣プリントのパワーアップ版として、フルカラーで最新の安倍内閣まで収録した「内閣シート」も付属します。

聴くだけ日本史−内閣編−

力だめしに、web上で内閣チェックができるゲームもありますよ。ぜひ挑戦してみてください!
内閣チェックテスト

聴くだけ日本史−内閣編−

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

どこでも史料問題でシャドーイング(再)

過去のブログエントリーを読みあさって、受験勉強について俯瞰することを提唱していますが、今日は史料問題対策に関する記事を紹介します。1学期ももう終盤ですから、前近代の既習範囲は、史料の勉強もどんどん進めていってください。その勉強法について、工夫していた人とのやりとりです。

どこでも史料問題でシャドーイング

どこでも史料問題

スマホ・パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

どれがおすすめ?『聴くだけ日本史』

8月21日の「早慶上智プレミアム日本史」で今年の夏の講習は終わりました。さすがに疲れて、帰宅したらしばらく眠ってしまいました。会場が横浜そごうだったので、そごうの中にある「虎屋菓寮」でかき氷を食べて帰ろうなんて目論見もあったのですが、寒すぎてとてもそんな気持ちにはなれませんでした。

もっともそれを言うなら、藤沢から一駅の鵠沼海岸に「埜庵」というおいしいかき氷の店があるそうです。14年間も藤沢で授業をしているというのに、実は一度も海岸まで行ったことがありません。これを機に行ってみるべきでしょうか。

さて、今日はその藤沢の受講生からの質問を紹介します。

<Mさん>
こんばんは、河合塾藤沢現役館でお世話になっている者です。今「聞くだけ日本史」を購入しようと考えているのですが親に相談したら、金銭的な理由から購入を拒否されてしまいました。全部と言わず2つなら自分でなんとか、購入出来なくはないのですが、どのシリーズを買っていいのか分からなく悩んでいます。自分の第一志望は立教大学の社会学部です。立教の社会学部なら40面ノートを完璧にすれば受かるとブログか何かでみたような気がするのですが、やはり「聞くだけ日本史」はあった方がいいですか?必要であれば美術史編、文学史編、内閣編のどれを購入すれば良いでしょうか?よろしくお願いします。

<石黒>
まず河合塾生の場合、何よりも文化史対策が遅れている懸念がありますが、いかがでしょうか。美術史編か文学史編のどちらか、とりわけ立教大の出題傾向を考えると「美術史編」をお勧めします。もっとも「文学史編」の方が、各著作の特徴をかなり説明しているため、『でる日講義−とことん文化史−』を受講していない人にはお勧めです。次に「内閣編」ですが、40面ノートでは内閣チェックができないため、近現代の首相を出題してくる立教大には、ぜひお勧めします。社会学部では周辺事態法を制定した内閣まで問われています。1999年のできごとを2007年に出題しているのですから驚きです。

ところで、22日から長期の北アルプス登山に出かけます。携帯もつながらないところに行くので、僕自身は何の業務もできなくなります。自分の体力と相談しながらの山行になるので、いつ帰ってくるかは未定です。質問の返答は帰宅後にいたします。

ちなみにスタッフは通常勤務態勢なので、教材その他のお問い合わせは受け付けております。ブログはスタッフが何かしら更新するかもしれません。


関連記事

『どこでも史料問題−問題編−』リニューアル!

日本史の授業を受けているだけで、あまり問題を解いたことがない人だと、さまざまな落とし穴にはまります。その一つに「史料問題が解けない」という落とし穴があります。史料問題とは昔の文献を利用した問題のことで、史料文中の語句が空欄になったり、意味が問われたりするのです。定番史料の場合は、空欄の語句を書かせたりしますから、必ず対策をとっておかなければなりません。見慣れない史料の場合は、何について書かれたものなのかを読解して解くことになります。すごい問題になってくると、史料文ワンフレーズだけで何の史料かを判別しなければなりません。こうした問題を「ワンフレーズ史料判別問題」と呼んでいます。

derutoko.com では、その対策のために『どこでも史料問題』シリーズを販売しています。最初に取り組むべき教材は『どこでも史料問題−史料編−』です。音声解説のCD-ROMがついているので、ポイントがわかるだけでなく、ランダム再生することでワンフレーズ史料判別のチカラを鍛えることもできます。

史料というと「読む=見る」勉強が基本となりがちですが、空欄となる語句は、前後のフレーズとともに覚えるべきです。現代語のリード文で用語が問われる時は、さまざまなアプローチで問われるものです。だから一問一答では解けないことがままあるのですが、史料問題の場合はきまったフレーズで出されるのですよ! それならそのフレーズを耳になじませるのが、自然に覚えられるラクな勉強法ですよね?

そして、次に取り組むべき教材が『どこでも史料問題−問題編−』です。上記の史料編で養った力を、実際の入試問題を解いて確かめてみようという教材なのです。こちらにも音声解説のCD-ROMをつけました。ワセヨビでは史料を解説する授業がありますから、そうしたライブ授業の感覚を少しでも味わってほしいという狙いです。

ところで、このたび『どこでも史料問題−問題編−』をリニューアルしました。実は旧版は録音環境が稚拙で音質が悪かったのです。ご購入者から指摘を受けて録り直しを試みていたのですが、機材が良くなったり発声法が変わったりして、何度も録り直していたのです。結局、解説の台本も全編にわたって総チェックして修正をほどこし、悔いのない音声解説をつくることができました。ちょうどそのついでにテキストの表紙デザインも改めました。まあ例によって緑なんですけど、CD-ROMのデザインともあわせて、本人は結構気に入っております。よろしかったらこの機会にどうぞお求めください。


関連記事

どこでも史料の解説が携帯で試聴できます

derutoko.com管理人です。先ほど、携帯サイトからも『どこでも史料問題−史料編−』の音声解説を試聴できるようにいたしました。当教材は、全時代におけるA・Bランク史料を網羅した問題集に、各史料のポイントを解説したCDが付属するものです。市販の問題集ではできない丁寧な音声解説の様子を、ぜひお聞きくださいパソコンの方は、こちらからどうぞ


関連記事

耳で覚えて、勉強時間を短縮化!

derutoko.com では、『聴くだけ日本史』シリーズをはじめ、
音声で記憶に残すことに力を入れています。
史料のフレーズなども、音で耳になじませた方が早いのですよ。
そうしたところ、実際に耳で覚えることの効果を実感した方から、
メールをいただきました。

<Aさん>
こんばんは! ワセヨビのAです。近代はつながりがたくさんあって流れを復元するときに頭をすごく使っている感じがします! 内閣プリントとにらめっこしているのですが流れをいい終わるのにかなり時間がかかるうえに、忘れてた!ということもあってまだまだです…。先生の「どこでも史料問題」と「聞くだけ文化史」を4月くらいからちょこちょこ聞いていて、最近では無意識のうちに音で覚えていて解ける問題が増えてきました。でるとこ日本史の授業の「蹇蹇録」も無意識のうちに陸奥宗光の回想録って覚えていました。史料問題も「聞いたことある」で穴埋めができるようになってきました。始めたばかりのころは全然覚えられずもどかしく思っていたのですが、今は普通の音楽がうるさくて聞けなくなりました。やればできるって本当だなあと思いました。質問じゃなくてすみません。まだまだ全然だめなのでこれからも頑張ります。

<石黒>
「普通の音楽がうるさくて」というのは驚きました。
まあ、聴いているのがもったいないというのはありますね。
僕も日本語の歌詞の音楽は、どうしても耳がそっちに行ってしまうので、
聴かなくなりました。
それから内閣プリントを語り尽くすのは、
何度もやる必要はありませんよ。
なぜならスピードが速くなってくると、
しゃべること自体がまどろっこしくて時間がもったいないからです。
短時間でどんどん先に進むことが大切です。がんばってください。
ちなみに、ご存じかもしれませんが、
12月にまた「日本史道場」を開催します。
よろしかったらお越しください。
詳しくはでるとこサイトをごらんください。

耳で聞いたり、声に出してしゃべって覚えたものは、
条件反射的に思い出せるようになります。
鉄道員が指さし確認をするのも、確認しそびれるのを防ぐためです。
身体に覚え込ませてしまっているわけです。
だからこそ、一息にしゃべって覚えてしまえるようなところは、
とくにゴロあわせなど作る必要はないのですよ。
最近の授業で言えば、33番ページにある、
「教育・交通・産業・国防」とかですね。
こういうのは、見て書くだけの暗記法の人と、
しゃべり勉強している人とでは、習得しきるまでの時間に差が出ます。
難しい漢字もないわけですから、書く必要はまったくないですし。
さらに言えば、ここは選択問題しか出ないところでした。
勉強時間を短縮して、もっともっと高みを目指しましょう。


関連記事

予告!『聴くだけ日本史−文学史編−』(1)

文化史の中で、美術史などのテーマはメジャーですが、
文学史も意外とあなどれません。
盲点になっている人はいませんか?
そもそも、「文化史」と「文学史」という言葉を
混同している人がたまにいますが……。
文学史とは、帝紀・旧辞に始まる、書物をテーマにした歴史です。

さて、その文学史を扱った『聴くだけ日本史』が、新しく登場します!
僕が入試に出る文学作品を読み上げますので、
みなさんはCDを聴きながら、
それが何文化かを答えていくものです。
いや、今回は時期だけでなく、作者名や、
どのジャンルに属するものかも考えてもらいます。
実は、入試では、作者ではなく、
その作品がどこに分類されるかがわかっていないと、
解けない問題があるのです。
そういうことを意識させる教材って、なかなか存在しませんよね?

CDの中では、いつもの通り、答えを言った後に、
各作品についての解説もしています。
それを拾えば、入試の世界のポイントをGETできます。
やみくもに文化史を勉強している人には、
ぜひ使っていただきたい教材です。

詳しい中身はこれから随時お知らせしていきますが、
まずは力試しをしてみませんか?
PC版でるとこサイトで、
「文学史チェックテスト」というコンテンツを作りました。
『聴くだけ日本史』とちがって音声ではありませんが、
ウェブ上で時代判別の3択問題にチャレンジできます。
鎌倉時代までの作品について問題にしましたので、
予備校で授業を受けている人は、
今までの習得度チェックに最適ですよ。

聴くだけ日本史−文学史編−

『聴くだけ日本史−文学史編−』ご期待ください!


関連記事