やることが増えて復習の崩壊がはじまっています…

2学期に入ると、その週に習った範囲の復習と、1学期に扱った部分の復習を同時に進めなければなりません。この時期に勉強のリズムをもう1段階上げる必要があるため、先日もそのことに関する過去記事を再放送しました。今日は、具体的な質問が届いたので紹介します。

<Aさん>
こんばんわ。いつも石黒先生のノートには助けてもらって順調に日本史も伸びてきました。志望校は第一に早稲田の文化構想他に早稲田の文学と社会科学、青山の総合文化政策を受ける予定です。
今悩みに直面しています。それは、日本史の復習時間が充分にとれないということです。このブログの記事をいろいろ拝見して解決方法のヒントを探そうと思ったんですが、なかなか自分に合うものが見つからず、思い切って先生に相談することにしました。自分の復習方法は
近現代(その週にやった授業)
(1)ノート清書
(2)枠を自分で作って一週間で量を分けて復習
で文化史も含めて大体1週間2枚程度をしっかりと暗記しています。実はこれはさほど負担でもなくこの方法は自分の中ではベストかなと思っています。しかしここからが悩みなのです。1つは1学期範囲の復習です・・
夏休みを通して、近現代でやった方法と同様の方法で、1周はしました。(文化プリントも含めて)しかし、細かなところだんだんと忘れてしまうのです。それの対策で最初は電車の中でノートを2ページ毎日読むというのをやって、それでも本当に細かいのはなかなか定着しなかったので、ここは一念発起と、ノートを全部コピーして赤シートで隠せるように塗って、それをやることにしました。それで、先週まで丸く済んできたのですが・・・先週僕は先週資料を全然やっていないことに気づき、石黒先生の「どこでも史料問題」を始めました。(中略)
(1)朝の駅までの道の15分間聴く、(2)そしてその範囲をCDを聴きながら読む
という方法でやったのですが(2)に割く時間がなくなって週の途中で出来ない日が発生したうえに、1週間後には忘れてしまったりなかなか定着しません。さらに、どんどんどんどん他教科でやることが増えて赤シートのノートすらやる時間が追い詰められてきて2ページの予定が1ページになったり・・・とにかく復習の崩壊が始まってきています・・・
だからこの二つの事柄についてアドバイスをいただきたいです。
(1)このまま赤シートノートを続けるべきなのか(他によい効率よく細かいところまでできる方法はあるか)
(2)史料集の勉強方法でより効率よく定着できる方法はあるか。
の二点です。赤シートノートはもし他の方法が見つからなければ他教科の時間を少し削ってでもしっかり2ページやろうと思います。(中略)
国語も志望先が文学部系が多いため国語も重視されるのである程度時間を割いています。なので、日本史に割く時間がどうしても少なくなってしまいます・・・でも、絶対に日本史を怠りたくないです。もともと学校でも日本史だけはクラスで上位だったし、日本史は好きだし、なにより志望校に絶対に受かりたいからです!!(後略)

<石黒>
計画的にきっちり復習しているようで、心強いです。

>このまま赤シートノートを続けるべきなのか(他によい効率よく細かいところまでできる方法はあるか)
チェックペン勉強も始めのうちは良いのですが、いつまでも続けるのは効率が悪いです。赤シートで何回かまわしたら、脳内復元をベースにし、どうしても覚えられない部分だけをノートに印や付箋をつけるなどして、重点的に覚えていく方法に切り換えるべきです。脳内復元については、こちらの記事を参考にしてください。
「究極の最速ノート復元 歩き復元!」
習得度によって、うまく使いわけましょう。

>史料集の勉強方法でより効率よく定着できる方法はあるか。
『どこでも史料問題』も、考えて思い出せないところだけに印をつけて反復していくべきです。音声CDは、定着しきれないトラックだけを再生するように、プレーヤーで設定できないでしょうか。

短時間で効率良く進められるよう、工夫してみてください。

どこでも史料問題

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

史料の現代語訳でベストな参考書はどれ?

日本史の入試問題がどんなものかがわかってくると、文化史や史料問題対策が欠かせないことに気づくでしょう。動きの早い人は、すでに3月の時点で取り組みだしていました。今日はその一人からの質問を紹介します。遠く北海道にお住まいの方です。

<Sさん>
1ヶ月ほど前にでる日の文化史と史料を購入させていただいたS(北海道のという枕詞がついたほうがわかりやすいかもしれませんね)です!買ってすぐ送っていただいた天皇や儒学者の歌はとても覚え易く素晴らしかったです!
さて本題ですが、学校で買わされたすごく薄っぺらい史料集で現代語訳を見て、どこでも史料問題を進めていたところ、学校の史料集には載っていない史料が多々ありました。そのため新たに史料集を買おうと思いますが、レビューが良く、大学入試用の「○○史料」や「△△史料集」を買おうか、おとなしく山川の史料集を買おうか迷っています。石黒先生はどう思われますか?また「○○史料集」や「△△史料集」ではどこでも史料問題に載っている史料を網羅できているでしょうか?

<石黒>
教材を使ってくださっているようでありがとうございます。替え歌も気に入っていただけたようで何よりです。

さて史料についてお答えします。○○先生の史料問題集は何種類かあるのでどれのことかがわかりませんが、現代語訳がついているのでしょうか? 確認した方がいいかと思います。以前に生徒から見せてもらった史料問題集には、入試にまず出ない小問が見受けられました。○○先生オリジナル問題が各所に挿入されている可能性があるのでご注意ください。
次に△△先生のものですが、こちらは現代語訳がついているのでその点は大丈夫です。また、史料の数もかなり多く入れているので、ほぼ網羅されているかと思います。ただ、山川出版の『日本史史料集』とくらべると値が張るのと、現代語訳が史料文の行間に黒字で書かれているため、史料文だけを読んで意味を考える鍛錬はしにくいかと思います。また史料の数が多いので、使う場合は各史料の出題率を意識して取り組むべきです。

というわけで、単に現代語訳がほしいだけでしたら、山川出版のもので十分な気もします。辞書的に使うという意味です。一方で、マイナーなCランク史料まで広く穴埋め箇所をチェックしておきたい場合は、△△先生のものが良いかと思います。そしてこれは蛇足ですが、一応 derutoko.com のものも紹介すると、『どこでも史料問題−問題編−』と『頻出史料でるとこチェック』にCランク史料が結構含まれています。昨年は、そこにも載っていない史料を一日完結講座の「日本史道場」で補いました。S君の場合、さすがに遠くて来られないと思いますが。

これからも教材の内容などで疑問が湧いた際には、遠慮なくご質問ください。

いろいろ難しい事情もあるので、文中のあちこちを伏せさせていただきました。
ちなみに、この山川出版の『日本史史料集』そのものでは、史料問題対策をするのは困難です。なぜなら史料文中の赤字が入試問題の出題状況とずれているからです。それどころか赤字が2行、3行と続くほど長いことも多く、赤シートで隠したら何がなんだかわからなくなってしまうからです。そんな話もすでに記事にしてますね。笑えますのでごらんください。まあ長文暗記能力が高い人ならイケますけどね。あーそういえば、史料文をそのまま暗記させる講師がいるんだそうです。なんともったいことでしょう。そんな能力があるなら、英語構文の暗記にあててください。

関連記事

学校の先生のウソと史料の赤字(2)

3日前のエントリーの続きです。
前回のKさんが持ってきた史料の本は、
よくある史料文とその現代語訳が書かれている本でした。
史料文の一部が赤字になっているのですが、
開いた瞬間に、
「この赤字は覚えるところじゃないです」と即答しました。
理由は次の2つです。

(1)赤字の部分が平気で2行とか4行も続いていて覚えられない。
(2)実際に入試で空欄問題で出される所が赤字になっていない。

いや、これは実教出版の史料集だけの弱点ではありません。
山川出版の『日本史史料集』も、
第一学習社の『新日本史史料集成』も同じです。

要するに赤シートで隠してチェックすることなど、
出版社サイドは想定していないのですよ。
もちろん出題データを意識していないのは言うまでもありません。
ただ、歴史的に重要だと思われるフレーズを赤字にしているだけです。
念のため言いますが、
「歴史的に重要」=「入試でよく出る」わけではありません。

「どうすればいいんですか?」と彼女が聞いてきたので、
「史料問題集をやった方がいいです」と答えました。
実際にどこが空欄問題や下線意味で出題されるか、
体験しながら学習した方が早いからです。
でも後になって思いめぐらしたことがあります。
「どうして今まで気づかなかったんだろう?」と。
だって実際の入試問題を見れば、
あんな赤字は覚えるべきところじゃないとわかるだろうし、
そもそも、何行もある赤字なんて覚えられるわけないのに……と。

出版社側は決して騙しているわけではないと思いますが、
誤解を招きやすい赤字設定じゃないでしょうか?
まあ大学入試対策のための書籍じゃないってことなんでしょうね。
一方で「赤字や太字は覚えなきゃ」
と勘違いする受験生も、どうかと思います。
教科書もそうですが「太字=入試で頻出」ってわけではないです。
世にあまたある詐欺事件の際に、
「騙される方も悪い」と言われることがよくあります。
赤字や太字もなんだかそれに似ている気がしました。

そんな話を書いた後に自分の本を紹介するのもこそばゆいですが、
『どこでも史料問題』でしたらポイントを突いた学習ができます。
もちろん、彼女には勧めませんでしたけどね。
いくら自分の作ったものに自信を持っていても、
面と向かってセールスするのは苦手です。
場所は予備校の中ですし、押し売りする気は毛頭ありませんから。
こちらのページを見て、
その値段にふさわしい価値があると思われた方だけ、お使いください。
(パソコンからはこちらのページをごらんください)
市販の多くの史料問題集とは穴埋め箇所が違ううえに、
使い勝手も格段と違うはずです。

……あ、一応、念のため付け足しますが、
『読むだけ日本史』の赤字は出題率に合わせて設定してありますよ。

追記 第一学習社のWebサイトを見たら史料集の紹介に
   「入試対策にも万全」とありました……。
   まあ入試って言ってもいろんな大学がありますからね。

関連記事