空気を読んで答える史料問題

入試問題を解くのに慣れてくるとあちこちに気が回って正解しやすくなるのですが、初めのうちはそれがなかなかできないものです。それをふまえて一つ史料問題を解いてみませんか?

問 次の資料は,近衛声明から抜粋したものである(適宜表現を改めた)。この資料に関する(1)に答えなさい。

国民政府は帝国の真意を解せず,漫りに抗戦を策し,内民人塗炭の苦みを察せず,外東亜全局の和平を顧みる所なし。よって帝国政府は爾後( ア ),帝国と真に提携するに足る新興支那政権の成立発展を期待し,是と両国国交を調整して更生新支那の建設に協力せんとす。

(1) 上の資料中の( ア )に入る語句を記述しなさい。

これは2015年慶應義塾大学経済学部の問題です。この問題について質問をいただきました。

<Aさん>
直前にすみません。慶應経済学部のグラフがなかなかうまく取れないので、15年なども軽く見直していた時に発覚したのですが、2015年の経済学部の大問2の問11、答えが国民政府を対手とせず、となっていました。河合の答えも同じでした。ここは、国民政府ヲ対手トセスではなくてよいのでしょうか?

<石黒>
史料文をよく見てみましょう。カタカナではなくひらがなで書かれていますね。なのであえてひらがなで解答したわけです。「国民政府ヲ対手トセス」と書いても不正解とはされないと思いますが、早慶クラスを狙う受験生でしたら、出題者に配慮する余裕もほしいものです。

よく見ると冒頭の設問文に「適宜表現を改めた」とありますね。また、原典が漢文の史料の場合は、書き下し方が自分が知っているものと異なっていることも多いです。本番であわあわしないようにしましょう。

どこでも史料問題

定番の穴埋め・意味聞き箇所を網羅 赤シートでもれなくチェックしよう!


関連記事

やっぱりキタ! あの史料問題

先ほど入試の最前線からのレポートがありました。

<Yさん>
先生、こんばんは
藤沢現役館でお世話になっておりますYです。
本日、東京女子大学を受験して来ました。
そこで日本史の大問のリード文がじわじわ来たので、引用させていただきます。

「次の史料は、2015年5月20日の国会で、安倍晋三首相が『つまびらかに承知しているわけではない』と発言して話題となったポツダム宣言の一部である。これを、つまびらかに読み、以下の問に答えよ。」

…先生が授業中に仰ってた内容でズバリ出たのと「つまびらかに読み」というフレーズで試験中かなりニヤけました笑
まだまだ最初の入試なので、これからより知識を詰めていきたいと思います。

<石黒>
これは、相当ジワる問題でしたね。僕なら声を出して笑ってしまいそうです。ポツダム宣言の史料は日本女子大でも出題されていましたから、やっぱり相当数の教授たちが「いいかげんにしろ」って思っていたのだと思います。

どこでも史料問題

定番の穴埋め・意味聞き箇所を網羅 赤シートでもれなくチェックしよう!


関連記事

友達が入試に出ないことを覚えてドヤ顔するので困ってます

先日、メルマガで「やたらと史料を暗記させる予備校講師がいるらしい」という話を書いたのですが、そのすぐ後にこんなメッセージをいただきました。

<Kさん>
夜分に失礼します。××(編注:校舎名が入ります)でお世話になっていますKです。
中央大学法学部(法律、政治)の配点についてメールさせていただきました。夏期講習の早慶大日本史で先生が「複数個答えを選ぶ問題は完答で1点(点数が入る)」と仰っていたので、早稲田の問題ではそのように採点しています。が、この中央の問題はどのように採点すればいいのでしょうか。複数個答えを選ぶ問題ではないですが、問の中にまた細々あるので一応先生に確認しようと思いました。
大問ごとに配点が示されていて、ちょうど10問で30点とかだと1問3点?と思ったものの、問の中の正誤が3つあっててやっと点が入るのか、それとも分けているのか…問題によっては単純に割り切れない(問の配点は3点でも正誤は2問しかない場合など) があり、採点方法が分かりません。折角配点が出ているのでうまく利用したいと思っているのですが、中央法の配点について先生はどのようにお考えでしょうか。
自分で勝手に判断して、違った!!と悔し涙流すよりプロに聞いた方が確実だと思いますのでお忙しいと思いますがメールさせていただきました。

p.s.今日のメルマガの件について私も同じようなネタを持っていますので、先生の小耳に挟んでおきます。
私の学校の友達で都内の△△(編注:予備校名が入ります)に通っている友人がいるのですが、とにかく日本史の先生がアホの極みなんです。メルマガと全く同じですが史料暗記が宿題で、翌週に全員スラスラ言えるかテストするそうです。友人はやたら自慢げにその覚えたものを私に言うんですが、でるとこ史料問題には載ってないので私は完全にスルーしてます。40面やってても「この人って○○した人だよね」とか言ってくるんですが、難関大用語集解にも近現代の問題集にも載っていないので「それは入試に出るものなの?」と聞き返すと「さぁ?」と。極めつけは英語で日本国憲法を覚えてこいとかもう訳のわからないものでした。(訳わからなすぎてあまりその話自体も覚えてもいないのですが)正直時間の無駄としか思えないし、彼女の一問一答はかわいそうなほどボロボロだし、なんかもうよくわかりません。笑 ついでに授業中態度が悪い生徒は追い出して翌週から授業受けさせないそうです。片方の手でペン3本ぐらい持って置くともう退室、みたいな。そんな授業どこで理解するのって思いますよね。石黒先生に出会えてよかったと申し訳ないですが彼女と話してるとつくづく思います。長くなってしまいました。メルマガ読んで我慢できず打ってしまいました。駄文失礼いたしました。

<石黒>
すみません。中央大のそのタイプの正誤問題の配点はわからないのです。誰にもわからないことなので、細々と考えてもしかたないと思います。中央大はどの学部でもこのタイプの正誤問題が出ているわけではないので、合格ボーダーに達しているかを気にするなら、他学部の問題を解いて測ると良いでしょう。

メルマガの話はまさにその先生ですよ。もう何年も前の話です。まさかまだそんな授業をやっているとは思いませんでした。もう「催眠術授業」ですね(笑) 大事な友達でなければ、距離をおいた方が良いかもしれませんよ。たぶんその催眠術は解けないでしょうから。もう人のことはかまってられない時期です。

授業でいっぱいいっぱいだったり、人気や知名度にあぐらをかいてしまっている先生は、入試問題を解いてデータを蓄積するなんて面倒なことはしないのでしょう。
そうでなければ、これほど合理化が進んでいるこの時代に、そんなムダなことをやらせるわけがありません。
僕は相も変わらず今年もまた100学部をゆうに越す入試問題を解き、検証しています。
要領よく最短コースで史料学習をしたい方には『どこでも史料問題』をお薦めいたします。

どこでも史料問題

定番の穴埋め・意味聞き箇所を網羅 赤シートでもれなくチェックしよう!


関連記事

南浦和からのメッセージ2015(3)

『どこでも史料問題』の音声CDがようやく完成し、土曜日から発送を開始しました。先行申し込みいただいた方のお手元には、そろそろ届いたのではないでしょうか。さっそく学習を始めてください。学習の仕方はこちらをごらんください

先日、河合塾あざみ野館の高卒生が「この史料問題集どう思いますか?」と、ある史料問題集を持ってきました。そこで、『どこでも史料問題』と比較してみることにしました。既習範囲では磐井の乱が比較に向いています。というのは、磐井の乱の史料は意外な箇所が出題されるからです。ところがその高卒生の問題集には、そもそも磐井の乱の史料が載っていませんでした。「まさか!?」と思って何度も探しましたがありません。二人で口あんぐりとなってしまい、笑いました。2010年の早稲田大社会科学部では大問であちこち空欄になっていたのですが、大丈夫でしょうか。よく出る史料問題です。

さて、今日は南浦和からのメッセージにお答えします。

<Tさん>
マーク模試の前日に40面ノートを見ていたらそのまま出て驚きました!!

<石黒>
おー、それは良かったですね。まだ範囲が狭いので、前日でもなんとかなりますが、本番の入試は範囲が広くなることを想定してくださいね。つまり付け焼き刃的な記憶ではなく、長期記憶で試験にのぞむようにしましょう。

<Hさん>
模試を受けて自己採点をしたのですが、授業でやったところの出来がすごくよかったです!

<石黒>
良い分析ですね。その調子でどんどんやっていきましょう。授業内容をしっかり復習すれば、模試はもちろん、過去問でも高得点が取れますよ!

<Zさん>
(前略)を考慮して、夏期講習での日本史の講座を複数とった方が良いですか?

<石黒>
3講座とも取る人はふつうにいます。受験する大学や、学校での近現代の学習状況などを考えあわせて、講座を選んでください。ちなみに、夏の間に文化史に本格的に取り組まなきゃいけないことも忘れずに、お願いします。

でる日講義-とことん文化史-お試し版

関連記事

『どこでも史料問題』改訂版、出ます!

長らくお待たせしていました『どこでも史料問題』の改訂版が、もうすぐできあがります。旧版より収載史料を増やしたので、今回は音声を全編録音し直しました。今現在、音声編集の最終段階に来ています。早ければ今週末、遅くとも週明けには発送開始できそうです。先行申込みを受け付け致しますので、下のバナーからお申し込みください。

写真は先日登った白馬岳主稜です。いわゆるナイフリッジを歩いているところです。他の写真はFacebookに投稿しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どこでも史料問題

定番の穴埋め・意味聞き箇所を網羅 赤シートでもれなくチェックしよう!


関連記事

夏休みの勉強(再)

夏休みの間に一体何をどこまで進めるべきなのか、これを誤ると秋から大幅な遅れをとってしまいます。現役生はせっかく学校がなく、一日を自由に使える貴重な期間なのですから、しっかりと計画を練って進めましょう。今日はそんな夏休みの勉強法について書いた過去記事を紹介します。

夏休みの勉強

でる日講義−とことん文化史−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

近現代の予習は、学校の授業で補えますか?

2学期から扱う近現代史は流れが複雑なため、夏休みのうちに基礎固めしておくことをおすすめしています。夏期講習の近現代の講座を受講したり、都合が合わない方は映像教材『でる日講義−つながる近現代−』をお使いいただければと思います。

<Aさん>
こんにちは。いつも河合塾南浦和で受講している者です。夏期講習のことでお聞きしたいです。去年学校では近現代をやっていました。用語と流れはなんとなくは覚えているのですが、詳しい内容は忘れてしまっていて。。。夏期講習の近現代はどのくらい詳しくやりますか?2学期の通常授業だけでも大丈夫でしょうか?近現代をとらなけらばその分費用もかからないので、先生の史料問題や文化史などをやりたいと思っています。お返事いただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

<石黒>
近現代について、たしかに「なんとなくは覚えている」程度では不安がありますが、まったく触れていない史料や文化史のほうを優先した方が良いです。夏期講習の近現代では、結構詳しいことまでやりますので、学校で学んだ流れをベースに『読むだけ日本史(2)』で入試に必要な用語をおさえる、といった形で2学期に備えてみてはいかがでしょうか。

史料問題集には『どこでも史料問題』が、文化史対策教材には、映像教材『でる日講義−とことん文化史−』があります。それぞれの学習環境にあわせて、うまく取り入れていってください。

でる日講義−とことん文化史−

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

どこでも史料問題でシャドーイング(再)

過去のブログエントリーを読みあさって、受験勉強について俯瞰することを提唱していますが、今日は史料問題対策に関する記事を紹介します。1学期ももう終盤ですから、前近代の既習範囲は、史料の勉強もどんどん進めていってください。その勉強法について、工夫していた人とのやりとりです。

どこでも史料問題でシャドーイング

どこでも史料問題

スマホ・パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

2010年夏の日本史道場のテキストから(再)

7月21日(日曜)の「日本史道場」では、早慶上智をはじめとした最新の問題から難しめなものを集め、受講生にはあらかじめ自宅で解いてきてもらってから解説を行います。その中には、普段甘くなりがちな史料問題も多く入れてあります。これらの中から、一部の問題を公開します。未見史料や「日本史なのに計算問題!?」と焦らされる問題がありますので、解いてみてください。

2010年夏の日本史道場のテキストから(1)
2010年夏の日本史道場のテキストから(2)
2010年夏の日本史道場のテキストから(3)

これを機に、難関大受験に必須の史料問題対策に取り組みましょう。
受講のお申し込みは、5月11日(土)の午後10時より先着25名様限定で、でるとこサイトにて受け付けます!
モバイル版「日本史道場」
PC版「日本史道場」

また、GW限定のおすすめ教材パックの販売期間が終了間近となりました。『日本史事始』と『どこでも史料問題』に特典のつくセットです。この機会にぜひどうぞ。

石黒の日本史道場

スマホ・パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

青学で史料って出ますか?

過去問を見たがらない受験生(見せたがらない講師)はよくいるものですが、滑り止め大学ともなると、より顕著なようです。こんなギリギリ質問がありました。2月9日に届いたものです。

<Tさん>
こんばんは。石黒先生の通年授業をとっていたものです!というか、以前にも質問させていただきました。
今、本命としていた大学をいくつか終え、残すところ青山学院大の文、経営、国際政治経済だけとなりました。青山学院大対策は、以前から英語はやっていたのですが、日本史はまだ過去問にさらっと目を通している程度の状態です(>_<)割と概要は掴めたのですが、私がみる限りだと、あまり資料問題がないように思えました。青山学院大の場合、資料問題対策はどの程度力をいれたらよいのでしょうか。古代が大切なので、古代を重点的に、全体としては基本資料を抑えれば大丈夫なのでしょうか。本番では、英国で8割、日本史で7割とれるといいなと思っています。よろしくお願いします。 <石黒> 普通に史料問題出てますよ? しかも、空欄記述問題でやっかいなものも目立ちます。改新の詔にある「采女」なんて書かせるほどです。2011年文学部です。普通に対策すべきだと思いますが……。

経営学部の入試は翌10日でした。明日の文学部入試には間に合うでしょうか……。これを読んでいる高校1・2年生は、史料と文化史の落とし穴に早く気づいてくださいね。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事