国書の差出人は、建文帝? それとも永楽帝?

河合塾の生徒から、史料について質問を受けました。河合では時間に余裕がなく説明する機会がありませんが、ワセヨビの夏期講習「早慶難関大の日本史」では、解説していた内容です。

<Yさん>
(前略)本日受けた代ゼミの早稲田模試で善隣国宝記の史料問題で義満からの国書の返書をした人を問う問題が出て、ぼくは永楽帝を答えたのですが正解は建文帝でした。しかし読むだけ日本史の105ページには永楽帝が返書をしたと書いてあります。どちらが正しいですか?

<石黒>
1402年の明からの返書の史料でしたら、正確な事情はこうです。
史料の時点では明の皇帝は建文帝でしたが、返書を持参した明使の日本滞在中に、明で永楽帝が即位しました。ゆえに、1403年に義満が「日本国王臣源」と書いた文書を送ると、翌年、永楽帝から「日本国王之印」と陽刻された金印と勘合100枚がもたらされました。こうして義満は、永楽帝によって日本国王に封ぜられました。

どの時点の皇帝が問われているかで、解答が変わってきます。通常授業や『読むだけ日本史(1)』では簡略化して説明していますが、早大入試の場合は細かい知識が必要になることもあります。実際の問題文を見ないと、正確な解答は何とも言えませんが、建文帝が正解の可能性が高そうですね。

<Yさん>
問題は「日本准三后」と書かれた国書の返書の史料の中の「朕」に線が引かれてこれは誰かという問題だったので建文帝だと納得しました。ありがとうございました。

こうした細かい内容について触れる機会のない河合塾生には、ぜひ12月の「日本史道場」で、難関大受験のための鍛錬を受けてもらいたいと思います。残席わずかとなってきましたので、検討されている方はお早めにお申し込みください。

石黒の日本史道場

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

受験勉強は、計画的かつ高速に

新しい仕事の話が舞い込んできたため、年内いっぱい追い立てられそうな気配がしてきました。計画的に、かつ、高速で作業をこなしていかないと、すべてが終わりきりません。受験と同じですね。みなさんは「計画的」と「高速」の二つを意識していますか? いっしょにがんばりましょう。

今日は高卒生からの質問を紹介します。

<Sさん>
去年、河合塾南浦和校で年間授業をとっていたのですが、今年第一志望の早稲田大学教育学部英語英文学科が受からず、再び受験にと奮闘している浪人生です。現在河合塾大宮校大学受験科に所属しています。長文になってしまうかもしれませんが最後まで目を通していただけると恐縮です。
1
先生の「受験生の本当に欲しかった問題集」を購入して近現代のほうは対策ができるのですが、自分は古代、中生代、近世代にまだ穴があるので、去年録音した講義をきいて、その後の定着したかの確認をするために先生がいつもおっしゃている受験問題を参考書の「○○」(編注:伏せさせていただきます)で解いています。自分としては様々な大学の受験問題を扱っていることは悪くないと思うのですが、難易度がバラバラで正誤問題が少ない気がします。(全体的に穴埋めが多い・・・)先生がこの教材をご存知かどうかは解りかねますが、これはいい教材だと思いますでしょうか?
自分がいいと思っているんならいいんじゃないか?とお思いになるかと思いますが、先生の視点からみての評価をお願いしたいです。

石黒先生の教材の購入を考えております。あるある正誤問題は購入しようと思っているのですが、第二志望の立教大学(去年度は文学部を受験しましたが落ちました。)は資料問題で大門1つなので「どこでも史料問題」も購入しようかと検討しています。資料編には演習問題はついているのでしょうか?これは資料に慣れるということと、空欄を埋めるための、またはそれを解くための基礎を固める第一歩としてのものとして考えていいのでしょうか?また、史料を重要視する大学は先生のブログでわかりますでしょうか。
3 (これは分からないと思いますので、読み飛ばしていただいても構いません)
河合塾からもうそろそろ夏期講習のガイダンスがあると聞きました。去年受験に失敗した身ですが、やはり先生の授業の刺激を受けたいのと、生の声で受験の厳しさを聞き再び奮い立てたいので(今でもやる気ありますが)先生の授業を受けたいと思っております。(あと、今受けている日本史の授業が石黒先生のものと比べると生ぬるく感じますので・・・)しかし、原則として大学受験科が現役館の夏期講習を受けるには原則には無理そうで・・・チューターを通して、現役館の許可次第で決まるそうです。去年の夏期講習に大学受験科の生徒はいたのでしょうか?やはり浪人生は現役館で受け・・・られるのでしょうか?
長文駄文で申し訳ありませんが、返答をよろしくお願いします。
ps これは携帯のメールアドレスを記入しても問題無いのでしょうか?(記載したのはPCのYahooメールアドレスです)

<石黒>
1)
その問題集は中身をチェックしておりません。□□先生の参考書では、他のものになりますが、データにもとづいているというわりに、当方の分析データとはズレている問題が散見されたので、基本的にお勧めしておりません。なお、近世以前を扱った問題集としては、当方では『日本史事始』を用意しています。

2)
『どこでも史料問題−史料編−』は、あくまでも史料の基礎知識を習得するためのもので、演習問題は『どこでも史料問題−問題編−』に譲っています。史料編は、空欄穴埋めや意味聞き問題で問われる箇所をチェックする基礎的な教材です。史料を重要視する大学はいくつもありますが、早稲田を第一志望としている以上、躊躇なく挑んでください。その問いからは「甘さ」を感じましたが、大丈夫でしょうか。

3)
現役館での夏期講習は募集状況によって異なります。塾内生優先申し込みだけで締切となるような場合は、大学受験科の生徒を受け付けない場合もあるようです。ただし、今年は池袋校でも授業があるので、そちらでしたら受講できるかと思います。事務的な手続きに関してはこちらではわかりかねます。

お問い合わせは、携帯のメールアドレスでももちろん結構です。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

1学期の学習法まとめ−史料編

史料対策はとかくおろそかになりがちですが、政治史の学習と並行して進めていきましょう。

『どこでも史料問題』の「史料編」は、A~Cランク史料のうちA・Bランク史料について、入試で問われる史料の判別・語句の穴埋め・語句の意味・史料の出典を赤字でチェックできるようになっています。さらに、各史料のポイントを解説している音声CDが付属します。
「問題編」は、史料編で習得した知識の演習力を試す問題集です。34題すべてに、CDで音声解説をしています。
さらにステップアップしたい人は、「頻出史料でるとこチェック」でワンフレーズ史料判別やCランク史料に挑んでください。

以下で「史料編」のCDが試聴できます。

(携帯でごらんの方はこちらからサンプルをお聴きください。)

関連記事
「史料の勉強は、予備校のテキストで大丈夫ですか?」
「『どこでも史料問題』の改訂版」

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

史料の出題レベルについての2つの質問

先日の「日本史道場」では、ハイレベルな正誤問題や史料問題をたっぷり解説しました。『どこでも史料問題』にはA・Bランク史料しか掲載していないので、Cランク史料にはどんなものがあるか、その中のどの部分が問われるのかをつかんでもらったのです。早稲田予備校ではオプション講座でA~Cランク史料の解説をしていますが、実際にどう出されるのかをすべて紹介しきってはいません。そこで今回は、実際の問題で体験してもらいました。とりわけ史料の内容理解をふまえた正誤問題では、史料を読解しておくことの大切さをわかってもらえたはずです。何もかもを拾う必要はありませんが、出題されやすいポイントははずさないでもらいたいものです。

さて、その史料問題について2つの質問が届いています。

<Mさん>
いつも御世話になっております。河合塾南浦和校、鈴木先輩を尊敬するMです。07学習院の文学部の問題を昨日、手に入れたので解いてみると『御触書〇〇修成』[寛保]を選ばせる問題が出てきて即答できました!先生が何気なく話していた事も拾っていて良かったです!そして、質問なのですが『御触書寛保修成』は史料レベルAなのでしょうか?他大学での出題も気になりましたので質問させて頂きました。

<石黒>
『御触書寛保修成』ではなく、『御触書寛保集成』ですね。そして、その史料レベルというのはありません。というのは、それはさまざまな史料の出典にすぎないからです。たとえば、「田畑永代売買の禁令」の史料レベルはAですが、だからといって、「末期養子の禁緩和」もAというわけではありません。というわけで、史料の出典などはノートに書いていないものも多数あるので、史料の学習で習得していってください。

<Dさん>
河合塾の藤沢現役館でレギュラーの早慶大日本史を取っていたDと申します。まずは先生、一年間ありがとうございました。冬季、直前両方とも先生の講座を取っているので、最後までよろしくお願いします。質問があります。僕は早慶大は志望していないため、今のところ、受験の予定はありません。立教、明治、青山を中心に受験を考えています。そこで、普段、史料の勉強は先生の「どこでも史料問題」を使っているのですが、「どこでも史料問題」には史料レベルABまでしか掲載されていないため、以前、先生は授業中にCDレベルまでやれよとおっしゃっていましたが、いわゆるMARCHレベルもCDレベルまで手を出す必要はあるのでしょうか。ABレベルの「どこでも史料問題」を極めるのに時間を費やす方がいいのでしょうか。長々と駄文をすみません。お願いします。

<石黒>
まず史料レベルは、ABCの3ランクにしかわけていません。そして明治や青学では、Cランク史料および未見史料も出題されています。時間のある限り、それらの対策にも取り組みたいところです。

●管理人より●
冬休みのおすすめエントリーを公開しました。携帯でごらんの方は最下部の「注目記事」、パソコンでごらんの方はページ上部のタブ、スマートフォンでごらんの方は上部のメニューから、常にジャンプできます。

どこでも史料問題

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

一橋大志望のすごい人(2)

前回のM君とのやりとりには続きがありました。

<Mさん>
derutoko.comの史料集とでる日文化史と難関大用語集解を先日注文させていただきました。難関大用語集解も来年のことを考えて、一緒に買うことにしました。慶応の経済の日本史の史料対策としては、A,Bランクのものだけでも対応できるのでしょうか、それとも難関大用語集解にのっている意外と出る史料なるものにも目を通すべきでしょうか。また、derutoko.comの史料集には山川出版の資料集にのってない史料があるとのことですが、そういった史料の現代語訳などはなにに頼ればよいでしょうか。(後略)

<石黒>
慶應(経済)の史料問題は、Cランク史料が出ないわけではありませんが、むしろ未見史料が出てしまっています。そして『難関大用語集解』は近世までしか扱っていませんので、慶應(経済)対策になるのは、11章の江戸時代部分のみになります。それくらいならたいした量ではないので、学習しておくのは良いことでしょう。

問題は近現代のCランク史料・未見史料です。気になるようでしたら、市販の史料集を読むと良いでしょう。近現代ならそんなに量があるわけではないので、一橋対策としても理解を深めるために目を通しておいてもいいかと思います。山川の史料集にない史料の口語訳については、それほど堅くならずに独力で読解してください。(後略)

ところで、たまにはなごみ系の写真もアップしますね。井の頭自然文化園のリスです。

最大級のフクロウ「ワシミミズク」もいました。威風堂々とはこのことです。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

一橋大志望のすごい人(1)

今年はなぜか、一橋大を志望する生徒を見かけます。その一人のM君は、通年授業ではなく、derutoko.com の教材だけのおつきあいの現役生です。なんと「センター試験の日本史も5年分やってみたら全部満点」だったという強者で、スタッフともども目を丸くしているところです。

今日はそのM君とのやりとりを紹介します。

<Mさん>
でる日講義でお世話になっているMです。学校では通史が終わって全時代演習(再び原始からテストを中心に授業をしています)にはいり、ここでのテストも石黒先生の教材をベースに勉強して9割を超えられていて、(テストの問題は早慶・marchの過去問が中心です)順調にすすめられています。最近、自分なりにノート復元もやりはじめてみて(ノートは学校でもらった啓隆社のものです。結構細かいと思います)ますます日本史の定着と流れがわしずかめているのを感じています。(中略)
またひとつ質問で恐縮ですが、一橋の論述では教科書を超えるレベルの問題もそこそこでて、そういう問題が繰り返し出題される傾向にあるのはご存知かと思いますが、そういう問題にあたったときには、(赤本の解説を鵜呑みにしないで)なにか日本史の辞典などで調べるなどをしたほうがよいのでしょうか。また、お勧めの割と手軽で詳しい辞典も、もしあれば教えていただきたく思います。よろしくお願いします。

<石黒>
辞典は用語の説明にすぎないので、あまり効果がないのではないかと思います。教科書の副読本として史料集はありませんか?そこに書かれている解説部分は役立つはずです。

山川出版の『詳説 日本史研究』という本もありますが、手を広げ過ぎな気もします。山川の教科書を使っているのなら、三省堂の教科書を使うという手があります。メールから伺えるM君の処理能力の高さなら、「拾い読み+習得」くらいはできるかと思います。山川とは異なった説明がされている部分では、歴史の理解が深まるでしょう。健闘を祈ります。

<Mさん>
わざわざありがとうございます。学校では山川です。三省堂、使ってみたいと思います。すいません、最後にもうひとつだけ質問させてください。最近一橋の過去問を解いていて、史料問題にあたっていたとき、前までは「どうせ、未見史料だし、とくに対策しなくてもいいだろう」と思っていたのですが、いざやってみると史料独特の文体(?)に戸惑ったり、たまに超有名史料が出たりして、史料の勉強の必要性を感じています。私立は慶応商・経済、早稲田政経、上智経済を考えていて、どこでも史料問題を再び検討しているのですが、(どうせ史料をやるなら先生のもので、とも思っています。)上記の大学では史料問題の頻度はどれほどなのでしょうか。手元には4年分しか過去問がないので正直よくわからないんです。正直、暗記とかは得意な方で理解も早いほうだと思うので、ちょっと分量が多いくらいならやりきれる自信はあります。あと、さすがに今から難関大用語集解はいまからオーバーワークですかね(苦笑)弟がいる(明治大志望で日本史選択です。来年は先生のもとに行かせますよ(笑))のでもっててもいいかな、なんて思ったりもしています。(後略)

<石黒>
早稲田政経も上智も、史料対策はかかせません。早稲田の場合は、『どこでも史料問題』に載っていないCランク史料や未見史料も出てしまうほどです。

『難関大用語集解』はM君ならこなせるとは思いますが、第一志望のことを考えると、優先順位はやはり低いでしょう。早慶上智対策には有効ですが、一橋大に受かるほどの英語と国語の能力があれば、そこで点数を取らなくても受かるのではないかという気もします。もっとも、本書はしばらく改訂の予定がないこともあり、弟さんのためには役に立つかと思います。

M君とのやりとりは、また後日に続きます。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

‘雨男’がもたらした意外なできごと

まだ剱岳の余韻に浸っています。
僕が大きな縦走をしていたのは、もう20年近く前になります。その頃も山で出会った人とは話をしていたはずですが、今回はもっと多くの人とたくさん話をしました。雨の中を歩いた日も多かったので、同じ苦境にいる者どうし共感する部分があったからかもしれません。さんざん「雨男」と言われてきましたが、悪いことばかりでもないみたいです。下山後にもメールのやりとりがあったりして、当時とは違った楽しみも出てきました。

写真の左下から右上に向かって道が続いています。靴が濡れるのを覚悟して、渡らなければなりません。こんな沢が何本もありました。靴底が柔らかい「なんちゃって登山靴」では、滑って転んで当然です。値段で言うなら1万円台の靴では危険ということです。

さて、史料問題についての定番質問を受けました。

<Oさん>
でるとこプラステキストのことなんですけど..宋書が出典で倭国伝が書名であってますか..? また漢書が出典で地理志が書名で良いのでしょうか..? 授業や夏前の復習では理解してたと思ったのですが、いまやったらあやふやで..調べたら山川史料集には出典は一応書かれているのですが、書名は特に明記がありませんでした。用語集も同じく明記がなく..。お忙しい中すみません。

<石黒>
書名とは、本の題名のことなので、漢書とか宋書です。出典というのは、細かい出所を意味するので漢書地理志とか宋書倭国伝となります。

この話、すでにブログでも記事にしていました。「史料の出典は、宋書? 宋書倭国伝?」
教科書や用語集、辞典で調べるだけでなく、もっとこのブログやでるとこサイトの情報を利用してみてはいかがでしょうか。ブログの検索窓に気になる言葉を入力すれば、解決することも多いですよ。

●管理人より●
2学期のおすすめエントリーを公開しました。携帯でごらんの方は最下部の「注目記事」、パソコンでごらんの方はページ上部のタブ、スマートフォンでごらんの方は上部のメニューから、常にジャンプできます。


関連記事

南浦和からのメッセージ2011(11)

今週は江戸初期の外交と文治政治を主にやりました。いよいよ来週は1学期最終回です。

<Tさん>
すごくわかりやすかったです。
<Sさん>
わかりやすいです(ハート)

<石黒>
ありがとうございます。

<Yさん>
徳川将軍サザエさんの歌と絵で覚えました!!

<石黒>
絵で? 将軍の顔ですか? 新しいやり方ですね。

<Mさん>
うへぇ。ここらへんは名前がおぼえづらいです。がんばります。家定ァァァァァァ!!

<石黒>
文治政治の政権担当者なら『日本史でるとこ攻略法』にゴロがありますよ。そして、じゅう「さんだい」将軍の家「さだ」って覚えやすいと思いませんか?

<Sさん>
末次平蔵、すぐに覚えました(笑)先生、お大事に。

<石黒>
だいぶ前にSさんのお名前を見た時から、僕も思っていました。長崎の代官になったことも覚えちゃったらどうでしょうか。

<Nさん>
今日は「慶」のつくことが多かったですね。

<石黒>
それは大学も含めてってことですね。
ちなみに、イラストは自分の似顔絵ですか? おかっぱ頭がおもしろいです。

<Tさん>
今日は、なんか学校の授業で教わってないのが多かったです。

<石黒>
それは驚きです。よく復習してください。

<Yさん>
今日のは内容が濃すぎて頭がぐしゃぐしゃです。テスト後まで復習ができないので恐ろしいです。

<石黒>
江戸初期の外交のところは年代をきちんと覚えることが鍵です。そしてテスト期間中なわけですね。それは危険です。終わったらまっさきに復習してください。

<Iさん>
学校のテストを明日にひかえているため身が入らなくなってしまうかも…と思いましたが、そんなことはなかったです。先生の教えが身についてきたなら幸いです

<石黒>
目の前の小石につまづくようでは、遠くのゴールに届きません。あっさりまたいで次に進んでください。

<Oさん>
あと1回で前期がおわりなんて早いですね。夏が勝負ですか?

<石黒>
こないだ春期講習をやったばかりなのに……です。夏を有意義に過ごせなければ、難関大合格は厳しいでしょう。

<Iさん>
「天地明察」の渋川春海ですね。かぜ大丈夫ですか??

<石黒>
冲方丁は大人気ですね。仕事の速さには頭が下がります。

<Aさん>
今日はいつもより、早く来た人が多かったので席が大変でした。

<石黒>
受講者数も徐々に増えているので、よけいに大変なんだと思います。もうこれから2学期いっぱいずっと厳しいと思います。

<Mさん>
文化史についてなのですが、先生が配ってくれているプリントだけでは不十分ですか?やはり、でる日講義を買った方がいいのでしょうか?

<石黒>
用語自体は「文化史プリント」で大丈夫なのですが、いかんせん中身がわからないかと思います。映像を見たらその深さに驚くと思います。

<Nさん>
第一学習社の史料集は、先生が重要だと言った史料がほとんど載っていると思うのですが、信用してよいのでしょうか?(学校で結構、前に配られたものです)何か情報ありませんか?※あと、「文治政治」の論述もう1度お願いします(泣)

<石黒>
確かにだいぶ載っていますよ。しかしギャグなのは赤字です。覚える必要のないところが大量に赤字になっているので、そのまま赤シート勉強をしたら撃沈コースです。まさかやってませんよね?
論述については、直接聞きに来てください。

<Mさん>
最近、上智の文化史と相変わらず立命館の問題が楽しいです。

<石黒>
上智のオニの文化史問題は見ましたか? 数年さかのぼるとすごいのが出てきますよ。「日本史道場」や「早慶上智プレミアム日本史」では、そんなのもやるんです。

<Tさん>
通訳が仕事だった人の多くは、鎖国後、どうなったのでしょうか。
指長いですね。

<石黒>
鎖国前に通訳の仕事をしてた人ということですか? 通訳だけで食べていけてた人なんていたんですかねえ? 他の仕事と兼ねてたら、そっちに軸足を移したのではないでしょうか。もっとも授業で紹介した通り、鎖国後も長崎通詞になった人はいますよ。
指はとくにそんな長くないですよ。長かったらもっとギターがうまく弾けます。

<Tさん>
学校の先生が高校生の時に、石黒先生に教わっていたらしく、その時の40面ノートを学校に持ってきて自慢していました。私も今、石黒先生に教わっていることを話したら、あの先生についていけば絶対大丈夫!私ももう一度教わりたい!!とおっしゃっていました。なので、先生の授業これからも、しっかりとものにしていきたいと思います。

<石黒>
日本史の先生じゃないですよね……? どなたなのでしょう。よろしくお伝えください。

<Mさん>
体調大丈夫ですか?お大事にして下さい。立教の10年度の問題に奉書船に関する論述がでてました。( ・∀・)ニヤリ

<石黒>
授業の後半は声が出にくくなっていましたが、帰宅後はだいぶ復活してきました。立教の論述は簡単なものが多いので正解してほしいですね。

<Mさん>
体調大丈夫ですか?先生の一番好きな歴史上の人物はだれですか?(*´`*)

<石黒>
昔は石田三成だったわけですが、今はとくに「この人物」っていうのはありません。入試問題の好き嫌いならありますけどね。

<Tさん>
先生は変な人には見えないです!私の学校の先生の方が変です…

<石黒>
いや世間的には変わってる人らしいんです。

<Kさん>
ツイッターフォローしました!風邪とのことだったので今日心配してました。

<石黒>
それはありがとうございます。咳が出て授業が進まないかと心配したのですが、意外と持ちました。

<Sさん>
・今日の授業は空腹との戦でした!
・髪切りましたか?サッパリしてて(涼しそうで)いいですね!

<石黒>
授業中にもぐもぐしてもかまいませんよ。髪は先週の水曜に切りました。

<Sさん>
髪切りましたか?今日ももりだくさんでつかれました。

<石黒>
先週はもさもさでスタッフからも怒られていました。クールビズだとよけいにもさもさ感が増していて、自分でも鏡を見て落ち込んでいました。

<Nさん>
先生今日もクールビズですね!風邪大丈夫ですか?

<石黒>
いやあ、いくらなんでも、風邪ひいたからと言ってもどすのもどうかと思って。このまま9月いっぱいくらいまでノーネクタイの予定です。

<Iさん>
風邪お大事にして下さい。何故か私の周りには体調不良の人が多く…。(私は元気なのですが)体調管理には気をつけます!因みに私の学校は見沼用水のすぐそばです。

<石黒>
ありがとうございます。気温が変わりすぎるのについていけない人が多いのかもしれませんね。まいりました。ちなみに、入試では見沼代用水と言うので注意してください。

<Nさん>
最近風邪がはやっている気がします。社会人は風邪をひくだけで大変そうです。がんばってください。

<石黒>
おいそれとは休めないですからね。来週には復活してるはずです。

<Oさん>
クールビズにしてカゼをひいてしまったのは残念ですね。早く元気になってください
<Oさん>
風邪大丈夫ですか?お大事に!!PS.髪、切りましたか?
<Tさん>
クールビズで風邪をひくなんて新しいですね。お大事に!

<石黒>
ありがとうございます。非常に情けない話です。


関連記事

ノート覚えきれないまま赤本やっちゃダメですか?

前回のブログの史料問題の答えは、イ・カ です。

アは「此御時ヨリ院宣・庁御下文ヲオモクセラレ」から院政の始まりの史料だとわかります。出典は『神皇正統記』
イは「六波羅殿の……」ってあまりに簡単な『平家物語』
ウは「天地神明ニ誓ヒ,大ニ斯国是……」で、明治元年の五箇条の誓文です。これはまだ知らなかった人も多いでしょうね。頻出史料です。
エは「西京は人家漸くに稀らにして……」から、右京の衰退を記した『池亭記(ちていき)』です。Cランク史料なので『どこでも史料問題』には掲載されていませんが、慶滋保胤の著書です。これを機に覚えてみてください。そして慶滋保胤なら時期がわかりますね?
オは『梅松論』に出てくる後醍醐天皇の有名なセリフです。ワセヨビで「でるとこ日本史プラス」を受講していた人は気づいたでしょうか? ちょうど授業にあわせて、ブログ記事をアップしたのですよ。
カもワセヨビの人ならわかりましたよね? これまたちょうど先週の「でるとこ日本史プラス」で取りあげました。鳥羽上皇の没後を「ムサノ世」としている『愚管抄』です。

史料対策の学習の際には、有名なフレーズを意識するべきだってことがわかると思います。決まったフレーズなので、耳になじませるのがもっとも近道な学習法です。よろしかったら音声CDの付属する『どこでも史料問題−史料編−』をどうぞ。

さて、今日はワセヨビ生からの質問を紹介します。

<Aさん>
赤本の件で質問です。赤本を解くまえに一度ノートを全ページ見て解いているのですがこれだと早稲田の問題などが少し解きやすく感じるし正答率も結構いいです。今現時点ではこうすることで自分としては過去問に抵抗なく順調に取り組めてます。けれども先に赤本をといてそれで覚えていないところをノートで確認する人が自分の周りは多い気がしますどちらの方がいいのでしょうか?

<石黒>
もちろんベストなやり方は、ノート覚えを完成させた上で過去問を解くことです。ノート覚えをしないまま過去問を解き、間違えたところだけをノートで確認するやり方では、覚えきれていないところが見つからない危険性が高いです。そういう人は、過去問ではなく、全時代をカバーしている問題集を何冊も解く必要があります。同じような意味で、A君の「全ページ見て」から解くというのも、「全ページ覚えて」ではないところが心配ではあります。

ただし、ノート覚えどころか、そもそも授業を十分聴いていない人の場合は、過去問を解くことで本当の入試の難しさに触れることが、受験勉強への第一歩なわけです。そういう人なら、ノート覚えができてなくても「解かないよりはマシ」と言えるのです。

どちらにしても、自分のやっている勉強法が合理的でないことに気づきもせず、ただうわべだけ「勉強してるフリ」な人では、難関大合格は厳しいでしょう。早慶上智大生というなら、それくらいの頭の良さは持っていてもらいたいものです。

<Aさん>
やはり自分のは合理的ではなかったみたいですね。気づけて良かったです。過去問をしてノートで復習することで問題の問われ方や問われている部分の細かさは少し分かるようになりました。もっともっとノートを覚えることに重点を置こうと思います。ノートを覚えてからその覚えた所の問題をどんどん解けばいいんですよね?この解釈でよろしいでしょうか?

<石黒>
その通りです。ただし覚えきるのに時間がかかりすぎて、過去問演習に到達しないというのもまずいです。本来、次の授業までに覚えてくるべきです。

<Aさん>
次の授業までにというのはblogに書いてありましたね。こうやってメールですぐに軌道修正できて助かります。石黒さんのやり方に乗っかってるつもりで自分みたいな人なにかとはずれてるんですよね。今回はありがとうございました。

ところで、土曜日に二つプレゼントをいただきました。

「和賀江島」という名前のお菓子です。らくがん好きのスタッフが大喜びしていました。(まだあげるとは言ってないんだが……)。くださったのは、河合塾・早稲田予備校と2年間受講してくれたT君で、今は大手不動産会社に入社したそうで頼もしくなっていました。

そしてこちらは、親鸞聖人750回忌の記念グッズです。本願寺関係の男子が女の子にプレゼントしたものを、僕がもらってしまったという、ちょっと意味深なバッグです。本当にもらってしまって良かったのか……。何度も何度も遠慮したんですけどね。内部に細かいポケットがいくつかついていて、しかも外側のペットボトル用ポケットは保冷機能もついているのです。図書館用バッグに使うと便利そうです。

どうもありがとうございました。


関連記事

2010年夏の日本史道場のテキストから(3)

先日、藤沢でおもしろい質問がありました。「過去問を解いてみたら、史料問題だらけで全然できなかったんですけど、どうすればいいですか?」というのです。もちろん史料問題に取り組むしかありません。通年授業は江戸時代に入ろうとしていますから、史料問題全体の半分くらいのツケがたまってしまっているという状態です。でもこれを放っておいたら、いつまで経っても過去問の正解率は上がりません。

ちなみに志望大学を聞いてみたら、早稲田の社学でした。そりゃ史料多いはずです。ただし、彼女はまだ未練があったのか、明治大学はどうですか?と言うのです。いやいや逃げてちゃいけません。早稲田同様、史料の多い大学です。

私大最高峰の早慶上智を視野に入れてるのに史料対策をしないでいること自体が、もう全然マチガイです。そういうことに早く気づくためにも過去問は6月からお願いします。出題内容を知らずに勉強するなんて、入試対策じゃなくて単なる自己満足な趣味にすぎませんから。

早慶上智MARCH学習院などを意識している「日本史道場」では、もちろん史料問題対策もします。たとえば、こんな問題がテキストには入っています。

問 12世紀後半の政治や社会の事情を示す史料はどれか,2つ選べ。
ア 此御時ヨリ院宣・庁御下文ヲオモクセラレシニヨリテ,在位ノ君又位ニソナハリ給ヘルバカリナリ。世ノ末ニナレルスガタナルベキニヤ。
イ 六波羅殿の御一家の君達といひてしかば,花族も英耀も面をむかへ肩をならぶる人なし。
ウ 我国未曾有ノ変革ヲ為ントシ,朕躬ヲ以テ衆ニ先ンシ,天地神明ニ誓ヒ,大ニ斯国是ヲ定メ,万民保全ノ道ヲ立ントス。
エ 予二十余年以来,東西の二京を歴く見るに,西京は人家漸くに稀らにして,殆に幽今日墟に幾し,人は去ること有りて来ること無く,屋は壊るること有りて造ること無し。
オ 今の例は昔の新儀也。朕が新儀は未来の先例たるべしとて,新なる勅裁漸く聞えけり。
カ 鳥羽院ウセサセ給ヒテ後,日本国ノ乱逆ト云コトハヲコリテ後,ムサノ世ニナリニケル也。

僕が「ワンフレーズ史料判別問題」と呼んでいるタイプの問題です。出典は2009年の早稲田大(人科)。こうした問題を解けるようにならないといけないわけです。答えは、次回のブログに持ち越します。じっくり解いてみてください。

一方で、順調に成績を伸ばしているワセヨビの現役生を紹介します。「ズームインDVD」の受講生です。

<Sさん>
お久しぶりです、川越校のSです。さっそくなんですが日本史のアチーブの答え合わせをした所....91点でした『自己採点』確かに前回よりは大幅に上がりましたが目標より9点たりませんでした。次は100をとれるようにもっともっともっとがんばりたいです。さて本題です。
日本史道場についてなんですが第二回はありますか?また行う内容はどのようなレベルなのでしょうか?もう一つは勉強とは関係ないのですが僕自身政治家を目指しています。今の政治家、いや政治について先生はどう思いますか?関係なくてすいません。

<石黒>
いっきに9割台に乗せるとは、やりますね。この学習水準をがんばって維持してください。日本史道場は12月にも行う予定でいます。レベルはMARCH学習院以上です。念のためお伝えしますと、7月17日の講座にはまだ若干空席があります。
それから政治についてですか。国政レベルだとがっかりすることばかりですね。「本気で国のことを考えて仕事をしている人がどれだけいるのだろう?」って思います。

採点し直したら89点だったとのこですが、どちらにしてもなかなかやりますね。今月のアチーブは成績が伸びた人が多かったようです。順位表が出るのが楽しみです。

そして、こんな質問もいただきました。

<Wさん>
河合塾に通っているWです。お忙しい中何度も質問してしまいすみません。早慶上智プレミアム、申し込まさせて頂きました!そこで質問なのですが、通常授業を取っていない人にはあまり向いていませんか? 違う塾に通っている友人に話したところ、すごく興味を示してくれたのでぜひ教えて頂きたいです。

<石黒>
通年授業を取っているかどうかは関係ありません。講習でも3分の1くらいは外部生と高卒生だったりします。お友達によろしくお伝えください。


関連記事