1学期の学習法まとめ−政治史編2(再)

昨日の学習法に続いて、さらにステップアップするための教材2つを紹介します。難関大受験生は、通常授業で扱った内容をすべて覚えるのは基本で、残されたハイレベル用語をどれだけ拾えるかが合格のカギとなります。もし、40面ノートの中から覚えるべきものを取捨選択しようとしている人がいるのなら、認識を改めてもっと上を目指してください。

1学期の学習法まとめ−政治史編2

でる日講義−経済・外交史(前近代)−

スマホ・パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

立教のテーマ史問題にチャレンジ!

政治史をある程度学習し終えたら、テーマ史対策をすることをおすすめしています。経済史や外交史は定番なので、過去問をやっていれば目にすると思いますが、交通史などとなると、軽視している受験生もいるようです。実際、先月、河合塾藤沢現役館でおこなった貨幣史・交通史の授業では、苦戦している姿も見られました。

今日はそんな人たちに目を覚ましてもらうべく、2012年立教大2月12日入試で出題された交通史の問題を紹介します。ちなみにもう1つの大問は、沖縄史からの出題でした。冬休みにはこうしたテーマ史にしっかり取り組んで、ぜひ試験会場でニヤリしてください。

derutoko.comでは、貨幣史・交通史は『でる日講義−経済・外交史(近現代)−』で、沖縄・北海道史は『でる日講義−アラカルト−』で講義しています。

(さらに…)


関連記事

格差が生まれる、出題データの有無

夏期講習でテーマ史の授業をしていると、通年授業の受講生が「その話、1学期に聞いた~」って余裕顔を見せるいっぽうで、目が点になっている講習生がいます。知らない単語がたくさん出てきて焦るのでしょうね。昨日のMさんがまさにそれです。
こちらとしては、出題回数が多い内容は「覚えてあたりまえ」ですから、いくらびっくりしている人がいようが容赦なくしゃべります。出題データにもとづく教材を使っていれば、たとえ講習生であっても驚くはずないのですが、なかなかそういう教材は市販されていないようです。今年は、ある講習生から某先生のプリントを見せられましたが、やはり出題率には沿っていないものでした。それでも人気講師というのが不思議です。いやむしろ、データなんて取らなくても生徒を引きつけられる授業力が、うらやましくなるほどです。

さて今日は、当方の教材と、他の先生の市販教材を併用している方からの相談メールを紹介します。

<Hさん>
こんにちは。僕は石黒先生の文化と史料の教材を使っていて、とても充実した勉強ができているのですが、政治経済外交史の方が独学なので不安になっています。ちなみに「○○」や「□□」(編注:伏せさせていただきます)を使っているのですが土地制度などのところが自信がなかったり、明治以降が厳しいとも聞くので、石黒先生の授業を受けたいと思っています。しかし全部は買えないので一番自分に必要なものがいいのですが、上記の参考書があるのでつながる近現代よりも苦手な外交史の方を買ったほうが良いでしょうか?

<石黒>
(前略)ある程度基礎的な学習が済んでいるのであれば、『でる日講義−経済・外交史−』の前近代編で土地制度を、近現代編で資本主義発達史・外交史を習得することをおすすめします。「○○」は存じ上げませんが、「□□」は情報の過不足がかなりあります。過去問を解いてみれば一目瞭然です。ご注意ください。

<Hさん>
(前略)すみませんがもう一つ質問させて下さい!近現代の問題集と読むだけ日本史(1)(2)もあるのですが、これらと経済・外交の教材2つで難関大レベルは大丈夫でしょうか?

<石黒>
『でる日講義−経済・外交史−』の2つの教材を加えて取り組めば、あらかた大丈夫だと思いますが、あとはH君の問題演習力や他教科の得点率で合否が決まるでしょう。
学習を進めながら、必ず志望校の過去問で習得率をはかってください。

<Hさん>
わかりました!今言われた事を肝に銘じて、もうブレずに勉強してきたいと思います。アドバイスありがとうございました!!

でる日講義−経済・外交史(前近代)−

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

人気講座「総合日本史演習(発展)」

河合塾藤沢現役館では、夏期講習の「総合日本史演習(発展)」が優先申し込みの段階で締切になったそうです。これは土地制度史や日中関係史・日朝関係史などのテーマ史を講義する講座で、例年人気が高いのですが、今年からはじまった池袋校では担当しないのが残念です。池袋校の通年授業を受けている人は、なんらかの方法でカバーしてください。

さて、その「発展」について、こんな質問をいただいていました。

<Tさん>
河合塾藤沢現役館で先生の授業を受講している、Tです。先週も授業後に夏期講習について質問した者です(先日はありがとうございました)。また夏期講習について質問があるので良かったら教えて頂きたいです。夏期講習ですが、近現代を取ることは自分の中で決めてあります。昨年学校で近現代をやりましたが、レベルが違いそうなのと間違って覚えていそうなので…夏の間に土台を作りたいと思っています。もう1つは早慶大日本史か総合日本史演習発展なのですが…やはり両方受講したほうが良いでしょうか?(金銭面では難しいかもしれないです)
早稲田商・社学志望なので早慶大日本史を受講する予定ですが、演習発展をとらないと支障はありますでしょうか?(演習量や知識の補いの面で…)夏休みはノート復習と先生の問題集や過去問をやろうと思っています。お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします!

<石黒>
総合日本史演習(発展)では、経済史や外交史などの頻出のテーマ史を扱います。つながりがわかりにくい土地制度史や日朝関係史を、プリントを使ってすっきり理解することができます。レギュラー授業は時間が足りなめなので、この講座でハイレベル用語をプラスしたりもします。早稲田を受けるのであれば、ぜひ受講してもらいたいところです。

ちなみに、でるとこ教材でしたら『でる日講義−経済・外交史(前近代)−』で、上記の内容を扱っています。講習では講義と演習問題の解説で450分になりますが、映像教材では540分かけて丁寧に講義しています。

金銭的に厳しいのであれば、自力で補うしかありません。過去問や問題集で新たに知った情報を貪欲に吸収してください。

その後、Tさんからはどちらも受講するとのメッセージをいただきました。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

予算の壁に悩む、早慶と発展

河合塾では夏期講習の申し込み受付が迫っているため、最近、講習についての質問をよく受けます。河合塾生の場合は、なんといっても文化史が弱点になりがちなので、必ず夏休みに対策するように願います。

先日も「細かい文字がびっしり書いてあるプリントで大丈夫じゃないんですか?」という質問を受けました。いやいや、あれはABランク用語「のみ」を説明したものなのですよ。C・Dランク用語がどれほどたくさんあるのかわかっていませんね。このあたりの勘違いは過去問を解いて実感しないかぎり、わからないのかもしれません。くれぐれも手遅れにならないようにお願いします。

こういう人には、夏休み前に行う「日本史道場」で目覚めてもらうのが一番です。

さて、夏期講習についての質問をいただきました。紹介します。

<Nさん>
藤沢現役館で石黒先生の通年授業を受けてる者です。夏期講習のことでお聞きしたいのですが予算と時間的に日本史を一講座しか受けれません。早慶を志望しています。近代史は学校でもやっています。なので早慶大日本史とテーマ史で迷ってます。私は土地制度がぐちゃぐちゃでちゃんと聞きたいなと思ってます。でも早慶大目指しているので早慶大日本史も捨てがたいです。どっちをとった方が良いのでしょうか?

<石黒>
悩ましいところですが、「早慶大日本史」でハイレベルな問題の解答プロセスを身につけることと、実際の合格者と自分とのギャップを知るべきでしょう。土地制度史は『でる日講義−経済・外交史(前近代)−』でも丁寧に講義をしていますが、予算的に難しいようであれば、何かしらフォローしてください。

<Nさん>
わかりました!お返事ありがとうございます!もう少し親と相談してみます。だめだったら早慶大日本史を受講することにします!土地制度は通年授業で流れを把握できる程度の説明はしていただけますか?

<石黒>
もちろん、土地制度史はレギュラー授業で十分説明します。ただし、何週にもわたって登場するため、つながりがわからなくなる人がいるわけです。
ちなみに、前回の6番ページで出てきた土地制度の話は、土地制度史のなかでもっとも簡単な部分です。そこを難しく感じたということは、この先が心配です。心してかかってください。

夏期講習についての定番質問は、以下のページでお答えしていますので、気になるかたはごらんください。
モバイル版夏期講習ページ
PC版夏期講習ページ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

1学期の学習法まとめ−政治史編2

早稲田・慶應・上智・明治・青学・立教・中央・法政・学習院大などの難関大をねらっている受験生は、既習範囲のハイレベル用語を補足していく必要があります。『難関大用語集解』は古代~近世のDランク用語を網羅した参考書です。「ここまで拾ってみてほしい」という用語を使ってかみくだきながらポイントを説明し、さらにそれがどういう形で入試で出されたかがわかるように、出題例を紹介しています。
(早稲田予備校の「でるとこ日本史プラス」とやや内容が重複しますが、用語的には授業でも扱わない細かいものも盛り込んでいます。受付に参考書の実物がありますので、気になる人はスタッフの方に見せてもらうと良いでしょう。)
関連記事「MARCH受験に『難関大用語集解』は必要ですか?」

一方『でる日講義−経済・外交史(前近代)−』は、近世初期までの外交史、古代~現代の土地制度史などをテーマ別に扱った映像教材です。全540分にわたる講義で、前近代の頻出テーマをレベルアップさせることができます。土地制度史は具体的にイメージしづらいですが、映像では絵を描きながら推移をたどっていますので、直感的に理解しやすいのではないかと自負しています。
内容は、早稲田予備校の夏期講習「でるとこ日本史コンプリート」や河合塾の「総合日本史演習(発展)」と内容が重複しますが、くり返し受講してみたい人には映像教材をおすすめします。とくに時間の短い河合塾では早口になったり端折りがちですが、こちらでは丁寧に講義しています。


(携帯でごらんの方はこちらからどうぞ。)

江戸時代中期くらいまでの政治史をある程度学習したら、難関大レベルにステップアップしましょう。

でる日講義−経済・外交史(前近代)−

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

地図問題が苦手です……

先日紹介していた吉野ヶ里遺跡のことを、ツイッターで「縄文時代」と勘違いしていた人がいました。さらに予備校では「縄文時代の神庭荒神谷遺跡って……」と質問してきた人がいました。二人とも時代を間違えています。縄文時代、大人気ですね。たしかに僕も好きですけど。もっと時期に注意しましょう。ノートの位置を思い出しながら語ってください。

通年授業の受講生だったら、「40面ノート検索」を使えば各用語がどこに書いてあるかがわかります。書いてないと思っても、意外と書いてあるものです。ノートにあったら「難問」とは言えません。第一、自分で書いたのに覚えてないというのは、もったいないと思いませんか?

さて、昨日のCさんから、もう一つ質問をいただきました。

<Cさん>
今頃こんな質問するのは恥ずかしい限りなんですが、地図の勉強が不安です。私はノート復元する際に地図チェックをしてるんですが、やはり問題集など買うべきでしょうか、そもそも地図の問題集というのをみたことがない気がしますが。。地図問題苦手なのでどうにかしたいです。お返事お願いします。

<石黒>
遺跡とか寺院とか、そもそも都道府県名をセットにして覚えていることが前提です。その上で次の4ステップをするべきです。
(1)旧国名と都道府県名を出題されやすいものから覚える。
(2)教科書や資料集(図説)に掲載されている重要な地図で、都市・港などの位置を確認する。
(3)中国・朝鮮の地図で出題されやすい地名の位置を覚える。
(4)問題集・過去問などで試す。
地図専用の問題集は市販されてはいますが、ちょっとやりすぎなマニアック問題集なのでお勧めしません。一番手っ取り早いのは『でる日講義−アラカルト−』を使ってもらうことなのですが……。

地図を出す大学ってありますよね……。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

沖縄・北海道史って出るんですか?

沖縄・北海道史を通年授業で扱わない理由は2つあります。一つは、各時代に沖縄・北海道の様子を挟んでいくと、話がぶつ切りになって、流れがたどりづらくなるためです。もう一つは、時間が足りないためです。文化史や史料と同じように、通史から外せるものは外して、講習などの別の機会に扱おうというわけです。

さて、その沖縄・北海道史についての質問をいただきました。

<Mさん>
(前略)早稲田では琉球の歴史が出ると先生はおっしゃっていましたが、蝦夷地の歴史などは出題されるのでしょうか?また、蝦夷地や琉球などの歴史に対する具体的な対策がありましたら、ご教示いただけると幸いです。(聞くだけ日本史のアラカルトの購入も考えましたが、値段が高く、なかなか手がだせません…)自分が未熟にも単に聞き逃しただけかもしれませんが、よろしくお願いいたします。ご多忙のところ大変申し訳ございません。

<石黒>
もちろん出ます。というより、沖縄・北海道史を特別視すること自体が間違っているのです。多数の大学で出題されていますから。念のために言うと、早稲田では女性史も出ますよ。
そして残念ながら手軽な対策はありません。教科書のあちこちに書かれている沖縄・北海道史ネタを、拾い読みするくらいでしょうか。もしかしたら××(編注:伏せさせていただきます)テキストのどこかに、まとめがあったかもしれませんが、例によって情報に過不足があるでしょうね。いろんな大学の赤本を片っ端からめくって、沖縄・北海道史が出ている問題を解きまくるのも手ですが、時間がかかるのが難点です。

<Mさん>
やはり、そうなのですか。過去問を解いていても法政などMARCHの問題などで沖縄の歴史がでている事がありました…。とりあえず時間の許す限り沖縄、北海道の問題を過去問から探しだし片っ端から解いていきたいと思います。その際に、出た問題を記録し覚えるというやり方は使わない方がよいでしょうか?

<石黒>
いや、そうした方がいいと思いますが、そもそも沖縄史全体の整理ができていないと、その記録さえうまくできないように思います。教科書を拾い読みするのが先でしょうね。

冒頭にある話と似たようなことは、地図・グラフ問題にも言えます。そして、沖縄・北海道史は早稲田大や法政大はもちろん、○○大でも、△△大でも、□□大でも、とてもハズせません。地図問題なら、今年の立教大ではこんな感じで出されています。

2010年立教大(全学部)の問題

derutoko.com では、沖縄・北海道史・女性史、地図・グラフ問題は、『でる日講義−アラカルト−』で講義しています。


関連記事

立教大のテーマ史対策ってどうすればいい?

この時期に現れる定番の質問に、「赤本を見たらテーマ史ばっかり出てたんですけど、どうすればいいんですか?」という質問があって、今年もやっぱりありました。すでに2つのエントリーでお答えしています。

「テーマ史問題対策」
「赤本に出てきた単語はどこまで覚えるか?」

で、厳しい言い方ですが、このテの質問をしてくる人には、ノート覚えをやってない人が多いんです。今回質問してきたカレも同様でした。たぶん、テーマ史対策の問題集などを紹介してほしいのでしょう。しかし、出されるテーマなんて無数にあるので、問題集なんかじゃ、きちんとした対策なんてできないんですよ。

過去問をあまり見ていない人や、授業で話す入試出題状況を理解していない人は、どうしても「何か近道があるんじゃないか」って思うみたいです。こういう「ノート覚えからなんとか逃げたい」タイプの人は、第一志望の大学とはほど遠い結果に終わりがちです。ちなみに「受験アドバイスに潜むワナ」に出てくる人も、
このカレと非常に似たタイプでした。結局フェイドアウトしてしまったんですけどね。というわけで、テーマ史対策は前述のエントリーに書いたとおりです。

ところでこのカレは、僕が何か答えると、しょっちゅう「ほんとですか」って返してくるんです。たぶんカレの口癖だとは思うのですが、結構脱力します。当方、何千題も大問を解いているんですが、残念ながらなかなか信頼されないみたいです。

いつか「カリスマ講師」と言われるようになりたいものです。そうです。もちろん、こんなことでくじけたりしませんよ。逆にエネルギーがフツフツ湧いてきてますよ。みなぎるチカラの源泉はこんなところにもあります。


関連記事

年代って覚えないといけないんですか?

今日は、定番の質問にお答えします。大学受験の常識は早く知っちゃってください。変に細かいことにこだわりすぎるのも、撃沈への道ですが、てきとーすぎて、標準レベルに達しないのも撃沈まっしぐらです。なので、自分で要領が悪いと自覚している人は、このブログを読みあさってみてくださいね。もっとも、悲しいことに、要領の悪い人の方が、ここを読んでいないらしいですけどね。

ありがたいことに、華々しい合格を遂げた人から、アドバイスメールがまだまだ届いています。連日更新が続いていますが、もうしばらく続きそうです。

<Yさん>
河合の藤沢で早慶大日本史を受講してるYです。また質問なんですが年代って覚えないといけないんですか?あとテーマ史ってどうやって勉強するんですか?

<石黒>
年代、もちろんです。だからこそ覚えなくていいものに×をつけてるんです。テーマ史は夏・冬の講習で扱うのでそれまで放っておいてください。

<Yさん>
もう1つ聞きたいんですが先生のプリントに書いてあったオススメ問題集の入試精選問題集ってかなり古そうなんですが大丈夫ですか?

<石黒>
Z会の日本史100題よりは、はるかにマシです。もっとも絶版という話です。残念ながら前近代部分のベストな問題集は見つかっていません。※

<Yさん>
そうなんですか(;o;)じゃあ問題集は何をやればいいのでしょうか?あと正誤問題はいつ頃から始めればいいんですか?色々質問してすいませんm(__)m

<石黒>
問題集はなんとも言いようがありません。入試問題で、かつ解説がきちんとしているものがベターです。Z会のはそうではありません。正誤問題は5月くらいから始めると、その細かさがわかって授業を受ける姿勢が変わると思います。

※追記
2007年からderutoko.comで『日本史事始』を発売しておりますので、こちらをお薦めしています。


関連記事