2014年早稲田大社会科学部の質問

今日はなかなか難しい問題です。早慶上智を受験する人は次の問題を解いてみてください。

 ……日本も唐にならって律令制を採用し,国防,治安維持に関する制度を作り上げた。地方の国(編注:ここに下線)には軍団を置き,軍団兵士の中から衛士を選抜して,1年間中央に送った。……

問1 下線部(編注:地方の国)に関連する説明として,不適切なものはどれか。2つ選べ。
イ 国司の任期は6年(のち4年)であった。
ロ 国の下に郡があり,郡司は終身官であった。
ハ 郡司は租税の取り立てを担当した。
ニ 郡の下に里があり,里長は裁判などを担当した。
ホ 大和・山城・摂津・河内・和泉は,五畿内と呼ばれた。

この問題について質問をいただきました。

<Mさん>
夜分遅く失礼します。いつもお世話になっております。毎朝、出るとこブログを見て自分の気を引き締めてから始まる、そんな直前期です。
今回連絡させていただきましたのは、2014年早稲田社会科学部の問題で質問があり先生のご意見を伺いたかったためです。2点あります。
2014早稲田社会科学部大問1の問1(中略)という設問です。
①イとロは基礎事項かと思うので自明として、ニとハに関しては出題頻度の観点からすると覚えるべきか否か。
②実はリード文中に「7世紀初め〜」と記載されており、僕は山城の城の字がこの時はまだ背であると推測し、ホを跳ねたのですがどのように反省すべきかまた、僕が危惧したような山城と山背で設問中で引っ掛けてくることはあったのか。ということを伺いたいです。
お時間ある際、お返事していただければ幸いです。

<石黒>
これは悩む問題でしたね。ただ、先日のブログにも書いたとおり、「下線部に関連する」となっている場合は必ずしもリード文の条件に合致している必要はないのです。このため「山城」を「山背」とつっこむのはやりすぎでした。
いっぽう「ハ」は僕もいったんは正文と判断しましたが、三省堂の教科書に「郡司は終身官で民政や裁判を担当、里長は税の徴収がおもな職務。」という記述があったため、これをもとに作問したことが判明し、正解をハ・ニとしました。
これは正解できなくても致し方ないかもしれません。

早稲田大では平安京遷都の際に「山背国」を「山城国」と改めたことがよく出題されます。それを考えると「ホ」って解答してしまいそうなところがイジワルですね。どうにもしょうがない問題でした。

でる日講義-経済・外交史(前近代)-

関連記事

2010年早稲田大社会科学部の質問

以下の問題について質問がありました。

史料
太政官符す
 応に勅旨開田并びに諸院諸宮及び五位以上の,百姓の田地舎宅を買ひ取り,閑地荒田を占請するを停止すべきの事。右,案内を検するに,頃年,勅旨開田遍く諸国に在り。……出挙(編注:この「出挙」の部分に下線)の日,事を権門に託して正税を請けず。……

問8 下線(編注:出挙)に関して,不適切な記述はどれか。2つ選べ。
イ 出挙とは春に苗を貸し付け,秋の収穫時に利息とともに徴収することである。
ロ 出挙には豪族たちの行なう私出挙と,国衙や郡衙が行なう公出挙とがあった。
ハ 私出挙の利息は10割になるものもあった。
ニ 公出挙の利息は3割ほどであった。
ホ 公出挙は地方政府の重要な財源となっていた。

2つ選べ問題であることに注意してくださいね。
正解は……

イ(苗ではなく籾)・ニ(3割ではなく5割)です。
さて、この問題について質問をいただきました。

<Uさん>
南浦和で通年授業を受けていたものです。赤本の質問のことでメールさせていただきました!
早稲田2010年社会科学学部の大問1の問8なのですが…
勅旨田廃止の史料?の中の「出挙」に下線が引かれていて問題は5つある選択肢の不適切文を選ぶ問題だったのですが

ニ 公出挙の利息は約3割であった

という選択肢が不適切文という答えで実際に解いているときは選べたのですが
その後、ノートで確認していると
桓武天皇の欄の中に【出挙利稲軽減(5→3割)】という記述に気づき逆に分からなくなってしまいました。(同時にノート覚えの不完全さも気づきましたが…)
でるとこサイトの回答速報の答えも「ニ」を選ばれていたと思います。
お時間がありましたらご教授お願い致します!

<石黒>
史料は902年の延喜の荘園整理令なので、確かにその時点では公出挙の利息は3割じゃないかと言いたくなるかもしれませんが、設問文をよく読むと下線に「関して」とあって下線に「ついて」とはなっていません。この場合は必ずしも902年時点の出挙のことを問題にしているわけではないのです。また、3つの正文がいずれも正しいと判別できるので、消去法で考えても「ニ」は誤文として作問しているのだろうと推測できます。

一度覚えたものを忘れてしまっているのはもったいないです。この時期はスピードを上げてもう一度インプットし直すべきですね。過去問の質問を受けるたびによく思うことです。

難関大用語集解

関連記事

解答が割れた2007年早稲田大教育学部の問題

早稲田大学などのハイレベルな正誤問題には、各種辞書類を駆使しても正誤判別に苦しむものがあります。教育学部の問題のように「正しいものをすべて選べ」と問われてしまうと消去法を使うこともできず、受験生はもちろんプロの解答作成者もお手上げとなることもしばしばです。以前に即日解答速報をやっていた時は、作問者の独断ぶりを呪ったものです。

先日、まさにそうした問題について質問をいただきました。

<Iさん>
石黒先生こんにちは
過去問を解いていたら疑問に思う点があったので質問しました

2007年 早稲田教育学部
大問2
問4 資料(1)に関して、正しいものをすべてあげよ
ア 日親が『立正治国論』をもって、時の政府に諫言した。
イ これにより困窮した御家人たちの不満は増大した。
ウ 主として火器をともなった集団戦であった。
エ 主として火縄銃を用いた個人戦であった。
オ このあと中国産の生糸や朝鮮半島の木綿がもたらされた。
この資料は高麗使が日本に持ってきたフビライハンの朝貢要求の書だと思います(推測ですみません)
東進ではこの問題の答えが イ、ウ、オなのですが
オの答えに多少違和感がありましてこの選択肢は何を示しているのかさっぱりわかりません
室町時代の日明貿易 日朝貿易のことを指しているのか、はたまたただの民間貿易のことを指しているのかがわかりづらくその点において石黒先生に答えていただきたいです!

<石黒>
この選択肢オの判別は、かなり悩まされるものでした。解答は各社で割れていまして、河合塾と赤本ではこれを誤文、旺文社は正文と解答していました。僕自身はこれを正文として解答速報を発表しています。

史料は有名史料で、1268年に日本にもたらされたフビライの国書です。

僕が注目したのは「このあと」と「朝鮮半島の木綿」です。鎌倉時代には高麗の商人がさかんに来日して交易していましたが、その時の輸入品としては、「木綿」は強調されません。そして、高麗が元に侵略されてからは日本との交易も困難になりました。
その逆に朝鮮からの輸入品として「木綿」が強調されるのは、15世紀の李氏朝鮮との貿易です。ここでの「木綿」or「綿布」は頻出用語です。

こうしたことから考えて、僕はオを正文と考えました。しかし、早稲田入試における「すべて選べ」という問題では、解答個数が3つになることは少ないため、かなりためらったのも事実です。ただし、この大問には解答個数が3つとなる小問が他にもあります。問7です。それを考えると「この問4も解答が3つであってもおかしくないかもしれない……」とも考えました。ちなみに問7も解答が割れていて、河合塾だけは正解をア・ウとしていました。他社はみなア・ウ・オです。

早稲田、なかでも教育学部は判断に苦しむ正誤問題をよく出題しています。この問題などは作問ミスに近いと言えるでしょう。今後役に立ちそうな内容ならこだわるべきですが、そうでなければ割り切って無視してもかまわないんじゃないでしょうか。無駄な労力をかけるのもしゃくですから。

難関大用語集解

難関大受験に必要な「本当の」ハイレベル用語を網羅! 辞書とは違うわかりやすい説明に、豊富な出題例も。


関連記事

第一志望の慶應経済に行きます!

今日は早稲田・慶應に受かりまくった現役生女子からの合格報告を紹介します。

<Aさん>
二学期から先生の早慶大日本史でお世話になりました。おかげさまで、第一志望の慶應大学経済学部に進学が決定いたしました。他にも、慶應文学部、早稲田政治経済学部、早稲田商学部で合格を頂き、慶應商学部は補欠、慶應法学部は4日目の疲労で英語を少し失敗したため落ちてしまいましたが、日本史は7割超えました。

後輩の方々へ何か言えることを考えました。二学期から受講し始めた方々にもアドバイスになれば、と思います。
私はそもそも、国立志望でした。私立に変えた理由としては、成績というより、国立に行く理由がわからなくなったことが大きいです。将来像が割と明確にあったので、1年次から細かく学ぼうと思えば学べる私立に変えました。
そう決めたのが6月の終わり。夏休みに早慶日本史を取って、そのまま二学期から受講しました。過去の方々を見習って市販の日本史ノートに実況中継と難関大用語集解の内容を書き込みました。近世をほぼ満点にすればよい!という思いで、古代にそこまで力は入れていませんでしたが、それでも2~3周はしたかな、という感じです。
授業のノートは、自分が見て気持ちよくなることに気をつけました。あとはメモをとにかくとること。いらないかなぁと思うようなこともフレーズだけでも書いてあると思い出しやすいですし、先生がおっしゃったことで出ないようなことはほぼありません!これは本番や赤本で痛感すると思います。復習は、次の授業までの間に3日ほど、ストーリーテラーになります。そしてそのあと、ノートをチラ見程度でストーリーテラーになって、白紙に復元します。私は一度復元したらもう一度書くのは面倒になってしまったのでトレーシングペーパーに枠だけ写し取って、ノートに貼って脳内でその枠だけ見て復元代わりにしていました。
私は英語に力を入れすぎて日本史がギリギリになり、上智の過去問をやりながら基礎を確認するような最低なパターンになっていました。英語はなんとかなりましたが、日本史は最後自分の甘いところを詰め込むような形に…私は問題を解く方が覚えが早かったのにそれに気づくのが遅く、全部覚えてから、と後回しにしていたので、本番の前日までの一週間ほどでだいたい全学部10年ずつやりました。もっと前から少しずつやればよかったと思います。あとは、本当に直前期、3日前とかから、過去問やっててわからなかったところなどをルーズリーフに書き出してました。単語と少しの説明とか、系図とか…中にはランクが低いのもあったと思いますが、それを家に帰ったあと2回くらい寝る前に眺めると翌朝半分くらいは覚えてたりします。あと年号が苦手だったので、自分や親を使って○○何歳!みたいな感じでやりました。慶應経済のグラフの読み取りはキーとなる年代(バブルとか、スミソニアンとか、石油危機とか)を中心に覚えるとやりやすいかと。資料集のグラフを親がチェックしておいてくれたので前日の夜と朝みたりしました。
並べ替えはストーリーテラーには余裕ですよね!?私はそれであまり間違えていません。日本史が常に八割!とはなりませんでしたが、七割~八割程度になったのは先生のおかげです。先生がくれる全てを駆使してください。そしたらきっと大丈夫です。二学期からでも、近世を愛せれば。

でる日講義-つながる近現代-

関連記事

早慶大の論述問題

今日は能の公開講座に行ってきました。字幕がないと何と謡っているのかさっぱりわかりませんね。言葉の意味を取ろうとせず、ただ感じれば良いとのことでしたが、どうも感性が鈍くていけません。何人も小学生が来ていましたが、彼らは感じ取ることができたのでしょうか。

能楽

ところで、昨日書いた「私大日本史論述テスト」という講座について、質問をいただきました。

<Kさん>
河合塾で私大日本史論述テストという講座のテキストに早稲田慶應の過去の論述の一覧が載っていましだが、それらは書けるようにするべきなのでしょうか?
自分は論述が出る大学は慶應経済・商や早稲田政経・商などを受けます

<石黒>
同じ問題がその大学で再び出題されることは、早慶大においてはほとんどありません。しかし、早稲田の過去問が慶應に役立ったり、その逆に慶應の過去問が早稲田に役立ったりすることはありえます。そうした意味では書けるようにしておいた方がいいかもしれませんが、それぞれ特殊なテーマの問題も入っているので、すべて書けるようにするのも労力のムダです。


関連記事

2012年早稲田政経の論述問題

1月22日に河合塾あざみ野館でめずらしい授業をしました。「私大日本史論述テスト」という講座です。論述の添削はかなりやりましたが、複数の生徒を対象とした授業をするのは初めてでした。大変少人数の講座だったので、受講生の受験校にあわせてその場で問題を追加するなど、僕自身は意外と楽しめました。

ところで、早稲田大学政治経済学部の論述問題について質問をいただいていました。こんな問題です。

問 1960年代から1970年代に生じた日本政治における「多党化現象」について,下記の語群から適切なものを用いて,120字以内にまとめ記述解答用紙に記せ。
(語群)
国民協同党 公明党 新自由クラブ 日本新党 新党さきがけ 新生党 西尾末広 田英夫 武村正義 細川護熙 美濃部亮吉 羽田孜

<Aさん>
夜分遅くにすみません。冬期講習もありがとうございました。まだまだ勉強の度合いが甘いと日々痛感し、焦り奮闘しています。
先生があざみ野にお見えになるのがまだ少しありそうな気がしたのでメールで失礼します。
2012年度の早稲田の政経の最後の論述についてなのですが、赤本の模範解答で使われている田英夫という人物がノートに見当たらないように思えました。それと、多党化についても授業でそれほど大きく取り上げていらっしゃった覚えがないのですが、これは自力でどこまでやるべきでしょうか?私の不注意で見落としていたり、聞き逃していたりしたら申し訳ありません。

<石黒>
「田英夫」はノートにありません。ふつうの用語として出題されたことがないからです。Fランク用語です。多党化については授業では扱いませんでした。早稲田では戦後の政党も出題されます。とは言いましたが。冬期講習の早慶大日本史でも少しだけ触れました。
そして「多党化」についてはなんとも言えません。同じ問題が出るとは思えませんし。また、早稲田の過去問の解答については、derutoko.comサイトの解答も参考にされると良いと思います。赤本の解答がベストとはかぎらない話も冬期講習で話したかと思います。


関連記事

花岡事件はおさえた方がいいですか?

今日、質問をくださった方にinfo@derutoko.comからメールを返信したのですが、エラーになってしまいました。受信設定の影響か届かないようです。仕方がないので、この場でお返事させていただきます。

<Nさん>
早稲田大学教育学部の2014年度大問5番に花岡事件を記述で書かせる問いがあったのですが、おさえた方がいいのですか?

<石黒>
実は早稲田教育学部ではその10年前にも出題されています。おさえる価値はあるでしょうね。秋田県・中国人・強制連行のキーワードとともにどうぞ。

教材のご注文への返信もときどき届かないことがあります。最近はGmailだとはじかれにくいので、derutoko@gmail.comからメールをお送りすることが多いのですが、それでも届かないことがあるようです。お問い合わせくださる方はお手数ですが、指定受信リストへ上記のアドレスをご登録ください。
詳しい設定方法は、こちらをごらんください。

ドコモ携帯
au携帯
SoftBank携帯


関連記事

早稲田政経の論述問題

そろそろ通年授業も大正時代に入りますから、もう近代部分の論述問題もだいぶ解けそうです。いよいよ誰もが論述対策を本格的に始められる時期になりました。

論述といえば国公立の二次試験が一番大変ですが、私立大では早稲田の政経と慶應の文学部・経済学部が大変です。このあたりを狙っている人はとうに問題を見ているでしょうが、こんな質問をいただきました。

<Kさん>
毎週楽しく授業に参戦させて頂いています。△△(編注:予備校の校舎名が入ります)のKです。
赤本で論述問題を解いていて疑問に思ったところがありメールしました。
2009年度早稲田大学政治経済学部の3B、不平等条約改正についての論述です。一応赤本の解答をもとに丸つけをしてみたのですが、駐英大使青木周蔵の重要性がよくわからなくなってしまいました。彼はあくまで陸奥宗光に「明日調印できます!」と電報を打っただけであって、論述の際は120字なら彼の名前はカットでいいですか?(青木さんになんか失礼かもしれませんが…)それよりも法権回復、関税率の一部引き上げ、相互最恵国待遇をきちんと明記して、発行が5年後であることを気をつけて言葉を選べばいいんでしょうか。
お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。
P.S.喉お大事になさってください!

<石黒>
まず、青木周蔵は「駐英大使」ではなく「駐英公使」です。また「発行」ではなく「発効」です。論述解答では事実と異なることを書くと減点の対象となるので気をつけましょう。
さて解答ですが、Kさんが考えたとおり、青木周蔵はこの場合重要ではありません。文字数が少ないからです。「5年後に発効」というのも重要ではありませんね。論述問題で高得点を取るためには、これらの歴史事項の重要度を把握している必要があります。自分が知っているからといって、歴史的意義の小さな事を書き連ねても加点対象にはなりませんから。単語暗記だけではダメってことです。
derutoko.comの解答速報でも、「青木周蔵」「発効」は書いておりません。

その後にいただいた返信にると、Kさんの学校では、なんとテストが論述問題なのだそうです。すごいですね。でも文字数制限がないそうで、そこに先生のやさしさが感じられますね。まるで綴り方教育です。「自由に書いていいんだよ(ニコっ)」って感じで。論述問題では、実は使う用語の取捨選択から戦いが始まるのです。以前はderutoko.comで早慶大向けの論述対策教材を販売していて、通信添削もやっていました。人によって得意不得意があるので、早めに自分の力を見極める必要がありますよ。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

あの早稲田大学が、出題ミスを発表!

今まで何度出題ミスを指摘しても、なかなか非を認めなかった早稲田大学ですが、今年は180度態度が豹変したようです。なんと、こんなにたくさんの出題ミスを発表しました。

法学部
2015早稲田(法)出題ミス

人間科学部
2015早稲田(人間科学)出題ミス

文学部
2015早稲田(文)出題ミス

商学部
2015早稲田(商)出題ミス

社会科学部
2015早稲田(社会科学)出題ミス

大学の公式サイトで見ることができますが、多くの大学はたいてい出題ミスの公示を一定期間で削除してしまいます。ま、恥ずかしいですからね。しかし、そうなると過去問を解く受験生が困ることになるので、こちらで再掲しておきます。

それにしても、僕が解答速報をやめたとたんにこれです。皮肉なものですね。今までずいぶん苦労させられました。こうなると残る「裸の王様」大学の姿勢が注目されますね。そのあたりのダークな話はブログでは書きづらいので、講習でお話しします。

先日紹介した、商学部を受験した彼も救われましたね。

聴くだけ日本史-内閣編-

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事

2015年早稲田大商学部(2/21)ちょっとだけ解答速報

<Sさん>
先生の講義を受講していたSと申します。昨日早稲田大学の商学部を受験しました。その日本史の問題の中で、これは作問ミスではないかと思うような問題がありました。教えて頂けますでしょうか。

<問題>
下線部トの分野で有名であり、第8代将軍徳川吉宗からの下問を受けたこともあった
長崎の商人の著作はどれか。(下線部トは史料の文中の天文地理です)
1.『都鄙問答』 2.『商人嚢』 3.『玉くしげ』 4.『広益国産考』 5.『稽古談』

答えは西川如見の『町人嚢』なのではないかと思ったのですが、選択肢が『町人嚢』ではなく、『商人嚢』になっていたので間違っていると思いました。予備校の解答速報では2が正しい答えとなっているのですが、いかがでしょうか。宜しくお願いします。

<石黒>
まず、設問にある「商人」とは西川如見と思われます。そして、選択肢2以外はいずれも「天文地理」「長崎商人」「吉宗時代」という条件に合わない人たちによる著作なため、どう考えても正解にはなりません。大学側が2を正解としていることは間違いないです。さて、Sさんにお尋ねしたいことがあります。西川如見の著作に『商人嚢』がないと言う根拠はありますか? 僕も主な辞書類を当たってみましたが、そんな本は見つけられませんでした。でもネット検索ではヒットしますね。もっとも、素人が『町人嚢』を誤記してしまっている可能性も高いのですが(苦笑)。
というわけで、西川如見の専門の研究者とかでないと、これを作問ミスと断言することはできません。ここは、他の選択肢の作者やその書かれた時期を考えて、消去法で2と解答すべきでした。

もしかしたら大学側から作問ミスと発表されるかもしれません。1点差で不合格だった場合には、調べまくって「こんな本ないじゃないか!」と突撃するのもアリですね。

<Sさん>
早速に有難うございました。早稲田なので、際どい問題が多いため、商人嚢を見て、これはひっかけだな・・と思って、すぐにこれは違うと判断してしまいました。他の選択肢も明らかに違うと思いましたが、商人嚢は絶対に違うと思い込んでしまいました。商人嚢が無いと言う根拠はありませんが、ネットで調べてみた限りでは、町人嚢と百姓嚢しか出てこない・・・くらいの裏付けしかありません。大学側から作問ミスが発表されることを願うばかりです。お忙しいところ、有難うございました。

残念ですが、早稲田の傾向を正しくつかんでいないと思います。早大入試では、1文字だけしか違わない造語でひっかけるという姑息な問題はほとんど出ないのです。そういうことをするのは上智大とかですよ。過去問をただ解くのではなく、各大学の特徴を知るために解くべきです。でもそれは、プロからのアドバイスがあって初めてわかることです。
だから夏期講習や冬期講習で演習講座があるわけです。早慶上智のための問題解説では、伝えたいことがたくさんあります。新受験生のみなさん、「うまく」受験勉強を進めましょう!

【2/26追記】
その後大学当局から、この設問は受験生全員に得点を与えるという発表がありました。

でる日講義

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

関連記事