日本史初心者向けのおすすめ参考書

入試が行われている一方で、来年受験する人も動き始めているようです。勉強法に関する質問を紹介します。

<Hさん>
質問です。来年日本史で受験するのですが、初学者が最初にやる参考書としては『読むだけ日本史』と『きめる!センター日本史』のどちらが良いでしょうか?私大だけを受験するつもりなのですが。

あと、『受験生が本当にほしかった問題集』は近現代のみを扱ったものですが、原始?近世を扱う市販の問題集ではどれがおすすめでしょうか?積極的に勧められる問題集はないのかもしれませんが、石黒先生が一番マシだと思う問題集を教えてください。

<石黒>
本当に初心者なら、より易しい『きめる! センター日本史』、少し知識があるのなら『読むだけ日本史』が良いでしょう。『読むだけ~』のほうが情報量が多いのですが、センターでしか日本史を使わなかったり、かみ砕いたわかりやすい説明を求めるのでしたら断然『きめる!~』です。読みくらべてみてから購入された方が良いのですが、『読むだけ日本史』の方は現在書店から撤退しつつあります。ネット通販をご利用ください。

日本史の概要をつかんだら、古代から近世については『日本史事始』で問題演習をするのがベストです。

これから受験勉強を始める人は、このブログで紹介している受験生とのやりとりを読むと、予行演習になるはずです。でるとこサイトには、受験日本史の概要をつかむためのコンテンツがありますので、こちらもどうぞ。

日本史事始

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

よくあるマチガイ勉強法

地方で僕の教材を使ってがんばっている方から、政治史の学習法について質問が届きました。都合により、質問の一部を編集して紹介します。

<Yさん>
通史をもう一度繰り返そうと思い普段から勉強の合間に読んでいる読むだけ日本史を使おうと思うのですが通史を勉強する上では先生の参考書では読むだけ日本史を使えばよいですか?
あと、塾の先生に一問一答は何回もするべきと言われ、(中略)実際一問一答はどういう捉え方をすればよいのでしょうか?私も去年使っていて、ただの暗記でしかないのかなと思うこともあるのですがどうなのでしょうか。
英語、国語に時間を割きたいのですが日本史も不安になりやりたくなります。
長々とすみません。時間のあるときでいいのでお返事よろしくお願いします。先生の参考書とてもわかりやすいです!

<石黒>
「日本史道場」では遠くから来てくださり、ありがとうございました。刺激を受けられたようでよかったです。

通史の勉強法についてですが、『読むだけ日本史』『難関大用語集解』で理解したことをノートに整理し、問題集や過去問で演習力をつける、というのが基本の流れです。覚えたものを忘れないようにするため、または問題が解けなかったときに、まとめたノートを定期的に見返してチェックする必要があります。ただし、ノートを見ただけでは思い出せなかったり、理解が足りないと気づくことがあるかと思います。そうした場合は、参考書に戻りましょう。毎回教科書や参考書を読み返していては、時間を浪費してしまいます。それを避けるために、ノートに整理しているのですから、できるだけ多くの情報をコンパクトにまとめておきたいのです。

通史を何度も回すという話はたまに聞きますが、それは1回の学習が浅いから繰り返さなければならないのです。当方の映像教材や『難関大用語集解』などを使って深く理解した部分については、その必要はありません。二度目は短時間復習で済むはずです。何も考えずにまったく同じ方法で繰り返すだけでは、意味がないかと思います。

それから一問一答を何回もやるというのは、これまた時間がかかるわりに成果の少ない学習法です。また難関大合格レベルに達するには、答えだけでなく設問文も覚える必要が出てきます。そもそも各用語の出題パターンは一つではありません。過去問をやればすぐにわかることだと思います。それゆえ、各用語を多面的に理解する必要があるのです。ただし、多面的といっても辞書や用語集に書いてあるすべての内容ではありません。あくまでも入試で問われるレベルまでの深さであるべきです。そこに達しているかどうかは、ふつうの受験生の場合、多くの過去問にあたって得点率をチェックするしか方法はないでしょう。模試の成績などで安易に判断しないことをお勧めします。

<Yさん>
ご返信ありがとうございます。まとめノートに書き加えたり、見返すことで短時間復習を心がけようと思います!本当にありがとうございます!(中略)社学絶対合格できるよう頑張ります!

通史の勉強や一問一答を何度も繰り返すというのは、効率的に得点につなげる学習法を確立できない受験生が、よく陥りがちな方法です。一問一答集については、過去にも何度か触れていますので、以下の記事を読めば、どのように使うべきかがわかるかと思います。
「誰が一番綿密に入試問題を分析していますか?」
「一問一答では合格ラインを超えられない?」
「一問一答で確認するのは良いことか?」
「一問一答集はやらなくていいんですか?」
また、一問一答集の性質をしっかりわかって合格していった卒業生の声は、こちらの記事で紹介しています。
「早稲田大現役合格体験記(2)」

難関大用語集解

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事

用語理解は『読むだけ日本史』だけで大丈夫ですか?

河合塾の通年授業は、南浦和も藤沢もどちらも締切になりました。受講できなかった方は、講習などでお会いしましょう。冬期講習のお知らせは、来週中にアップするつもりです。

さて、今日はそんな直接授業を受けていない方からの質問を紹介します。

<Iさん>
はじめまして。Iと申します。私は直接授業を受けていないのですが、河合塾で石黒先生の授業を受けているSさんの友人で石黒先生の受験日本史のすばらしさを知り、教材を使わせて頂いてます!山登り怪我されなくてほんとよかったですね。先生に何かあったらとても困るのでどうか気をつけてください!すごく「今頃かよ」と思われる質問だと思いお恥ずかしい限りなのですが失礼します。「読むだけ日本史?古代~近世」についてなのですが、載っている用語については詳しく内容を知らなければならないでしょうか?「読むだけ」だけを読んでその説明のみを知っていれば足りるのかと疑問に思いました。分かりにくくてすみませんm(_ _)m

<石黒>
『読むだけ日本史』に載っている用語に関しては、残念ながら違う方向から問われることもあります。入試で問われる単語はかなり網羅していますが、それがどう問われるかのポイントは、十分に書き切れているわけではありません。『でる日講義−経済・外交史(前近代)−』などを見ていただいたら、それがよくわかるかと思います。携帯からでも、こちらのページでサンプル映像を見ることができます。パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ。参考にしてみてください。

<Iさん>
お忙しい中返信ありがとうございます!先生から返信が来るなんて(泣)サンプル映像拝見しました。「(  )書東夷伝倭人条」衝撃でした(笑)確かに『読むだけ』には書ききれませんね(>_<)ただ『でる日講義−経済・外交史(前近代)−』は家計的に買えないのですがそういう場合はどうすれば良いのでしょうか?(そんな方法あったらみんな苦労しないよ!と思いますがすみません) 学校の受験対策はある程度頼れる先生もいますが、不安もあり、後で後悔する時間は無いので、石黒先生の教材を出来る限り使わせて頂こうと思います。 <石黒> 「三国志魏書東夷伝倭人条」は『読むだけ日本史(1)』にも書いてあります。そこが「衝撃」だとしたら、まだまだ『読むだけ日本史(1)』が吸収しきれていないということです。もしかしたらIさんは、単に文章を読むだけでは「盲点」や「ポイント」をつかむのが苦手なタイプなのかもしれません。そうなってくると映像教材の代替策も難しくなってきます。というのは、『読むだけ日本史(1)』や『日本史事始』を補う『難関大用語集解』も紙媒体の教材だからです。問題集を解きまくるという策もありますが、時間がかかって効率が悪いところが欠点です。与えられた環境の中で奮闘するしかないのも現実です。いろいろ工夫してみてください。

<Iさん>
はい、先生に返信したあとに気づきました…ダメですね。当たってます。一方通行な気がしてしまい紙は少し苦手です。あ、でも「読むだけ日本史」はまとまりがあって大好きです。「日本史事始」も解説が好きです。Sさんから石黒先生のことを知れてほんとに感謝しています。先生の自慢になれるような大学合格を手にしたいです!します!!愛を語りすぎてしまいました(笑)すみません。映像教材は近現代を購入することができたので、前半は自分で対策考えます!相談させて頂き本当にありがとうございました。

そういえばIさんに、山登りの心配をされてお礼を書きそびれました。お気遣いありがとうございます。ちなみに、山の話は書いたのですが、長くなりすぎたのでブログに載せるのは見送りました。あまりに受験と関係ないためです。Facebookの方で徐々にアップしているところです。卒業生のみなさんで、山登りに興味のある方はこちらをどうぞ。Facebookのアカウントを持っていれば誰でも見られます。

関連記事

『読むだけ日本史』って日本史入門書?

昨日のW君から返信がありました。
そこにこんなことが書いてあったのです。

<Wさん>
はじめ読むだけ日本史を見たときに薄いから入門みたいな感じなのかなと思ってしまいました。でも、読んでるうちにめちゃくちゃ深いと実感しました。なぜなら赤本をやっていると、読むだけ日本史の中に該当箇所を見つけることができたからです。

どうも僕の本は、第一印象がイマイチなものが多いようです。
以前には『受験生が本当にほしかった問題集 日本近現代史』を、
「字が大きくてあまり厚くないんですけど、
 こんなもんで大丈夫なんですか?」
って言われたことがあります。
それも、通年授業を受けている生徒に、です。
かなりへこまされましたね。
まあ、中身の充実っぷりがわからない人ってのは、
結局のところはいろんなものが見通せない人ってことで、
受験もたいした結果を出せずに終わるんですが……。

その点、このW君はすごいですね。
すでにこの本が情報満載だってことを知ってるのですから。
今、ふと思ったのですが、世の受験生というのは、
先生の余談に慣れすぎてしまっているのかもしれません。
要するに「授業の全部なんて吸収する必要はない」
と思ってしまっているわけです。
その感覚で僕の授業や参考書を読むと損しますよ?
授業で受験に関係のない余談をすることはめったにないんです。
細かい話もおもしろい話も、99%は入試に出た話です。
この『読むだけ日本史(1)』なんて、
判型や文字数に大変な縛りがありましたから、
できるだけ多くの情報を詰め込みたくて、
冗長な言い回しを極力避けてるんです。
余分な言葉を削ぎ落としきった文章になっています。
それゆえ論述対策にも使えるわけですが……。

そんなわけで、通年授業を受けていない方は、
赤字になっていないからといって無視せず、
黒字部分も思いっきり拾ってください。
その努力は必ず報われますから。
ちなみに冒頭のW君はさらにこうも言ってくれました。

 今でも日本史の授業中は机の横に読むだけ日本史があります。
 ずーっと使ってるので愛着が湧いてきました。

ありがたいことです。結果が楽しみになってきました。
それにしても世の人々というのは、
実に外見で判断するものなんですね。
僕はどうも第一印象がイマイチみたいなので、
せめて出版物くらいは良い印象をもってもらいたいと思っています。
というわけで『難関大用語集解』は、
なんと表紙をプロの人に頼んでしまいました!
derutoko.com 史上初の挑戦です。
ほんとにエライ人に頼んでしまった上に、
3つも候補を作ってもらってしまったから大変です。
今、スタッフ総出で選定しているところです。
それぞれに良さがあって、意見が割れて割れて困るほどです。
さすがプロだな……と変なところで納得しました。
見習うべきですね。
自分に置きかえると、
「どの講座も良くて甲乙つけがたい!」とか、
「どの教材も魅力的で全部ほしくなる!」
と言ってもらえるようでないといけませんよね。

まだまだ奮闘していきたいと思います。

関連記事

『読むだけ日本史』にEランク用語はあるの?

地方でこのサイトを見ている人で、僕の受験に対する考え方や、
derutoko.com教材に共感していただける方には、
たとえお会いしたことがなくても応援したいと思っています。

今日はそんな地方の方からのメールを紹介します。

<Aさん>
初めまして。福井県で浪人をしているAと申します。早稲田の文学部を目指し、derutoko教材や、読むだけ日本史を使いながら独学で勉強しています。今、やっと読むだけ日本史の古代~近世編を読み終えたところです。
そこで質問なのですが、読むだけ日本史は、A~Cランクの用語は網羅しているが、Dランク用語は黒字になっていて網羅されていないとおっしゃっていましたよね?
自分でDランクらしき用語(例えば、徳政相論や中原是円・真恵…etc)に蛍光ペンでマークしているのですが、読むだけ日本史(1)にEランクの用語、または覚えなくてもいい用語はまざっているのでしょうか?また、古代~近世のDランク用語を網羅するにあたって、なにか良い方法はありますでしょうか?
赤本にでてくる用語の取捨選択も自分では判断つきかねますし(できるだけ覚えるようにはしますが)、マークした用語が正しいのかどうかもわからずマークするのも不安になり、質問をさせていただきました。
可能ならば、夏期講習の日程や金額等も教えていただけると幸いです。まだ、行けるかどうかはわからないのですが…
石黒師範をはじめ、derutokoblog、偉人の方々には大変お世話になっています!!!! 石黒師範や偉人の方々は、僕が早稲田を目指すにあたって、貴重な指標をたててくれました!!!!ありがとうございます!!!
お忙しい中申し訳ありません。。。

<石黒>
石黒師範とはまた恐縮です。
もう少し気楽に呼びかけてもらってかまいません。

さて『読むだけ日本史』ですが、
時々Eランク用語も出てきますが、
基本的に覚える必要のない話は書いていません。
あの本は判型とページ数が決まっていましたから、
そこに強引に必要情報を押し込んだ形になっています。
よけいな話を書くようなことはまったくできませんでした。

それから、Dランク用語の拾い方は何とも難しいところですね。
問題集や赤本をやりながら自分で取捨選択していくしかありません。
多少の無駄は覚悟でやるしかないと思います。
derutoko.com教材の場合は、
その取捨選択がはっきり示されているので、
それに沿って習得していってください。
たぶんもうおわかりだと思いますが、
近現代でしたら僕の書いた『受験生が本当にほしかった問題集』で
Dランクまで含めて相当網羅できています。
解答にはすべてランク表示がされているので、目安になるでしょう。

夏期講習の日程は、
5月半ばくらいにはサイトやブログで告知できるかと思いますので、
もうしばらくお待ちください。

<Aさん>
わかりました!!頑張ります!!石黒師範の『日本史事始』も買わせていただこうと思ってます!!本当に欲しかった問題集近現代はまだ着手できてませんが、バイブルにさせていただこうと思ってます!!
夏期講習のblogのチェックもかかしません!!
これから、独学での勉強は少々つらいものがあると思います(というか、違いないです)が、石黒師範や偉人の方の手をかりて、早稲田の首をとります!!

<石黒>
独学で勉強するのは、以前にブログでも何度か書いたように、
かなり大変だと思います。
日本史講師の僕が言うのもなんですが、日本史は8割程度に留めて、
英語・国語を伸ばしてください。前にこちらでもその話をしました。

どうも、僕は自分でつくる教材に「これでもか」って言うくらい、
いろんなものを詰め込むタチみたいです。
昨年からずーっとお知らせし続けている、一般向けの歴史本も、
初校を学校関係に勤めている古い友人に見てもらったところ、
「これも言いたい、あれも伝えたいって想いが入りすぎてるな」
と言われてしまいました。
学校関係者でさえもそう感じるのですから、
一般の人向けならもっと軽めに書かないといけないのかもしれません。
でもこれ逆に言えば、僕のこの「詰め込みたい」性格は、
受験生向けの教材作成には向いてるんじゃないかな……? と。

とりあえず最近は、
『日本史事始』の問題と問題のすき間に詰め込んだ、
全部で43個もある「事始雑記」を
ついついパラパラ見ては満足しています。
まあ、そもそも学生時代に月刊誌の編集をしていた時のクセが、
いまだに抜けてないだけって話もありますが。

関連記事

これでそろった、でるとこ日本史

『日本史事始』を出せたことで、ようやく受験日本史全体をフォローできました。今日は4冊の本の位置づけを紹介します。

まず、日本の歴史を二つの時期に分けてとらえてください。旧石器時代から江戸時代後半までの前近代と、開国から現代までの近現代です。

【前近代】古代~近世

(1)『読むだけ日本史(1)』(学研)
政治史を説明した参考書です。この時代のA~Cランク用語の95%が赤字で掲載されています。黒字の部分も貪欲に吸収していけば、Dランク用語もかなり拾えます。コンパクトな本ながらも、相当な密度の濃さに仕上がっています。

読むだけ日本史 1

(2)『日本史事始』(derutoko.com)=通信販売
くまなく完璧に網羅された問題集ではありませんが、一番最初に取り組むべき問題をセレクトしました。解説ではどこから解答を導き出すかが的確に書いてあります。また「事始雑記」のコーナーに、新ゴロや定番質問、地図問題、さらには学習アドバイスなどが満載です。ここから問題演習を始めて、過去問などにステップアップしてください。

日本史事始

【近現代】開国~現代

(1)『読むだけ日本史(2)』(学研)
政治史を説明した参考書ですが、上記の(1)とは違ってA~Cランク用語でも抜けがあります。実は(1)よりも先に出版されたものであるため、一つのテーマを見開きで書ききることを優先し、どん欲に詰め込むことはしませんでした。

読むだけ日本史 2

(2)『受験生が本当にほしかった問題集 日本近現代史』(文英堂)
近現代についてくまなく、実にDランク用語まで網羅した問題集です。『読むだけ日本史(2)』の弱点を補うべく、あらゆる問題を合成して覚えるべき用語を拾い集めました。問題文中にも、解説中にも赤字を施す作戦を取ったのです。それでも足りない分は「ノーマーク用語」と題して、箇条書きで説明文が並べまくってあります。パソコンの検索機能がなければ到底できなかった問題集です。

受験生が本当にほしかった問題集日本近現代史—大学入試

これに文化史・史料・正誤問題の対策を、予備校での受講講座や自分の志望大学・弱点分野などにあわせて、進めていってください。

関連記事

石黒の授業を、受講できない方へ

でるとこサイトを見てくれている人が増えているようで、ありがたく感じているのですが、非常に悩ましい質問メールが来ました。

<Sさん>
僕は今年第1志望に失敗してしまい、もう1年勉強することにしました。来年は早稲田大学を目指そうと思っているのですが、関西に住んでいるので先生の授業を直接受けることがどうしてもできません。早稲田の日本史といえば先生についていきたいと思っているのですが、先生の出されている教材で40面ノートに代わるような、これをやればいいとゆうものを教えていただけたら幸いです。

<石黒>
残念ながら、40面ノートにかわるものはありません。そもそも40面ノートがあるだけでもだめなんです。よくノートのコピーをほしがる人がいますが、単語と単語の行間の説明は授業でやっているわけですから、それがなければ意味がないんです。

じゃあどうするのが「ベター」かというと、まず、文化史は「でる日講義」を使ってください。値段が高いと感じる人がいるようですが、一般入試の3割を占める文化史があの値段なら、安いものでしょう。演習問題までセットに入っています。

問題は政治史です。次のことをしてください。

<古代~近世>
(1)『読むだけ日本史(古代~近世)』の赤字で、A~Cランク用語すべてをGETできます。Dランク用語が黒字の中に含まれているので、できるだけ黒字部分も習得してください。

(2)その他のDランク用語は問題集・過去問などで補ってください。僕の教材としては、『日本史でるとこ攻略法』『あるある正誤問題』を使ってください(※)。

<近現代>
(1)『読むだけ日本史(近現代)』を使って、大まかな流れを理解してください。こちらはA~Cランク用語はすべて網羅されておりません。

(2)『受験生が本当にほしかった問題集 日本近現代史』を解いてください。問題文・解説文の赤字もA~Cランク用語なので、それも全部覚えてください。ほかにも黒字部分やノーマーク用語などに、Dランク用語を網羅しました。近現代部分のA~Dランク用語がすべて網羅されているのです。

(3)『聴くだけ日本史−内閣編−』で内閣ごとの整理をしてください。難しいできごとの解説が入っているので、習得してください。

最後に、直接授業を受けない人は、日本史では8割をめざし、時々過去問を解いてみては、自分のレベルを確認してください。そして、英語や国語で日本史の弱さを補うべく、そちらは8割5分をめざす勉強をしてください。独学で勉強しやすいのは、英国の方だと思います。用語集をすべて暗記しようなんて考えている人がいますが、ムダが多いのはもちろん、英語に時間を回せなくなって撃沈するのが定番です。

誤解しないように、付け足しますが、通年の授業を受講する人は、日本史では9割取ってください。

※追記
現在は古代~近世の問題集としては、『日本史事始』ができたので、最初にこちらをお勧めしています。

関連記事

日本史をやるのは初めてなんですが

またまた悩み相談メールが来ています。この悩みは、現役生も同じかもしれませんね。いよいよ、来週からはワセヨビの高3生の授業が始まりますから、ちょうどいいタイミングです。日本史初心者の方はぜひ読んでみてください。

<Hさん>
石黒先生、はじめまして。先日高校を卒業しまして四月からは浪人生です。今、予備校選びに悩んでいます。日本史をやるなら早稲田予備校(西船橋)に行こうと考えています。そこで伺いたいことがあります。僕は現役の時、政治経済をやっていました。なので日本史については中学生の知識しかありません。早稲田予備校の授業についていくことができるでしょうか。くだらない質問ですみません。

<石黒>
メールありがとうございます。英語などとは違って、日本史は初心者であっても、それほど気にする必要はありません。たとえば、西船校の今年の卒業生でOさんという人がいましたが、彼女は、現役時代に数学をやっていたそうです。しかし、校内模試では常に上位をキープし、日本史がもっとも得意科目になっていました。英語が苦手なんだそうです。それでも、早稲田大学人間科学部に合格しました。でるとこサイトの「おめでとうなみなさん」のところに出てきます。

ただし、もちろん、逆の場合もあり得ます。なかなか日本史の用語になじめない人です。しかし、思うにそういう人は、他の選択科目を選んだとしても、うまくいったとはかぎらないんじゃないでしょうか。要領が悪かったり、やる気を持続できなかったり、「初めてだから」を口実に逃げている人が多いと思います。

そして言うまでもありませんが、千葉県の現役生のように、高校3年生から日本史が始まる場合は、誰もがH君と同じ条件です。学校で授業がある分だけ、現役生の方がトクだと言うかもしれませんが、実際の現役生から聞く言葉は、「学校の日本史なんて意味ないから、授業聞かずに内職してる」だったりします。無駄な時間を過ごす必要のない高卒生のことを、うらやましがる声は非常に多いです。

というわけで、大学受験日本史に初めて取り組む場合に、注意すべきは次の3点です。

1 授業の前に『読むだけ日本史』を音読しておく。
声に出すことで、その言葉を耳、口になじませてください。これだけでもだいぶ落差を縮められるはずです。

2 夏休みに近現代の部分を軽く下準備しておく。
夏期講習では近現代を扱った講座があります。それを使って要領よくやるのがお勧めです。こうすれば、もう2学期は他の生徒と同じスタートラインに立てます。

3 「初めてだから」をいいわけにしない。
もっとも大切なのはこれだと思います。なんでもそうですが、「自分はダメだから」なんて言った瞬間に、自分自身で超えられない壁を作ってしまっていると思います。だから、校内模試は、最初っから飛ばしていくべきです。普通に授業を聞いて、やるべきことをやれば、9割正解できる模試になっています。

4月下旬の授業開始までには時間がありますから、その間に、『読むだけ日本史(1)』を音読し、赤字を書けるようにしておくのがベストです。

あとは、通年授業を受けながらも、でるとこサイトにある、偉人たちのアドバイスや、ブログなどの質問とその答えを見て、常に自分の勉強法を見つめ直すことが大切です。受験というのは、実に、要領の良さが肝心なんだなあと、今さらながら僕が痛感しているところです。

関連記事

もう12月なのに「どうやって勉強したらいいの?」

今日は藤沢でセンター対策講座がありました。授業後、レギュラーの授業を取っていない数名の生徒から、質問を受けたのですが、「どうやって勉強したらいいですか?」って言うんです。で、某参考書を読んで勉強している人が多いのですが、それ、入試の出題状況とズレてるところがあるって知ってますか?それから、今から読み始めて、間に合いますか?長編のせいか、進み具合がすごい遅い生徒がいて、「今、縄文時代です」なんて言ってました。驚愕です。ただし、わかりやすいらしくて、「なるほど、そうだったのか!」ってうなずくことが多いらしいんです。しかし、それ、出ないことだったら意味ないんですけど……。新しい参考書をすすめるのもどうかと思って、『読むだけ日本史』は紹介しなかったんですけど、自分のブログなら、書いてもかまいませんよね?

深く理解することも必要ですが、「それなりに学習したことがある人」だったら、ゼロからスタートするようなことはやめた方がいいと思います。そして、理解につまずいたら、その部分だけ教科書や用語集を読んで簡単に処理してください。ここにも書かれているように、『読むだけ日本史』もおすすめです。とくに「古代~近世編」の方は、A~Cランク用語を全部赤字にしましたから、基本単語を落とすことがなくなるはずです。黒字も丁寧に拾っていけば、Dランク用語もそれなりにカバーできるんですよ。とりあえず、僕の通常授業を受けていた人だったら、ノート覚えに全力を注いでください。そして、通常授業を受けていない人で40面ノートを持ってない人は、ポイントをはずさないように心がけることをおすすめします。何が出るかは、過去問からしか推測できないのですから、お友達や先輩からの「素人アドバイス」や、自分の甘い考えから生まれた、「勝手な思い込み」などに頼るのは危険です。勉強の合間に過去問を解いて、自分のレベルの甘さを認識し続けましょう。7割5分が最低ラインだと思ってください。うまく学習した人は、9割取れるはずです。もうここまで来ると、過去の模試の結果など関係ありません。あくまでも自分のめざす大学の過去問で、何%正解できるかが肝心です。

そして、立教狙ってる人が多いですね。『MARCH学習院あるあるチェック』を、がんばって作ってるところですが、非常にやる気が出てきました。

抹茶

和菓子の差し入れをいただいたので、抹茶を点てて飲みました。コーヒーも好きですが、抹茶も好きです。そもそも緑好きって話もありますが。

関連記事

用語集の数字と入試出題率

最近、おもしろいメールがきました。笑ってしまうとKさんに失礼ですが、やっぱり用語集を信じてる受験生っているんだなあって思いました。

<Kさん>
でるとこ~ と 本当にほしかった~ 買いました!てか単語集によって頻出度が違うんですけど一番信頼できる単語集ってありませんか??あと勉強法なんですけど自分はひたすら出そうな単語覚えるだけでもっといい勉強の仕方ないですか?

<石黒>
単語集によって頻出度が違うというのはどういう意味でしょうか?一般的に、本気で出題率を調べている参考書はほとんど存在しないと思います。

<Kさん>
単語集によって出やすさがBだったりDだったり…ってかんじです(*_*)

<石黒>
単語集とは何のことなのでしょうか?複数のものを指してるんですよね?具体的にお教えください。市販の参考書の出題頻度なんてあてになりませんよ?まさか用語集の数字を出題頻度だと思ってませんよね?

<Kさん>
思ってました!違うんですか?

<石黒>
用語集の数字は教科書掲載数ですよ。それがどうして入試の出題率に合致するんですか?僕の方こそその根拠を聞きたいです。多くは説明しませんが、当然、まったく、違っています。だからこそ、入試問題を分析する必要があるんです。そして、それをしていない先生がほとんどだからこそ、本当の出題率を知っている僕の生徒が、「効率よく」高得点を取れるのです。ちなみに、『読むだけ日本史』の赤字は本当の頻出用語です。

うーん、最初のメールで「出そうな単語を覚える」ってありますが、すごいピントのずれた勉強になっていないでしょうか。今読み返してみると、Kさんは非常にまずい環境にいるような気がします。ちゃんと過去問に取り組んでいれば、
・教科書の太字があてにならないこと、
・用語集の数字は入試の出題率ではないこと
がわかるはずです。そして、きちんと出題データを取ってみれば、世にあふれる参考書群にハッタリがすごく多いってわかるんです。って言っても、データを取る受験生なんているわけないです。そこにつけ込んで、騙す側は平気で騙すんでしょうね。なーんてこと書いてると、いろんなところから嫌われちゃいますね。出版社から原稿を依頼されなくなっちゃったりして……。

でも、それならなおさら、derutoko.comで本気の教材を作っていきたいです。たとえ、「手紡」レベルでも! 「農村家内工業」レベルでも! そして渋沢栄一のようになれなくても!

……すみません。テンション高すぎましたね。いや、今日、『あるある正誤問題』を、塾・予備校の先生が買ってくださってるのを知って、「わかる人には、わかるはずだ!」と、うれしくなっちゃったんですよ。こんなことを言うと偉そうですが、生徒に対して、あてずっぽうに、ハッタリかまして、「これが出る!」なんて言うのは詐欺ですよ。自分で言うのもなんですが、『あるある正誤問題』だけでなく、『どこでも史料問題』『でる日講義』は、教師の方にも十分ご利用いただける教材に仕上がっていると思います。そして、これを励みにさらに精進して、質の高い教材を作っていきたいと考えています。

関連記事