授業の聞き漏らし対策ってありますか?

レギュラー授業も5週目に入ると、さすがに授業をしっかり聴こうとする人が増えてきます。そうすると「聞きそびれ」を心配する人も出て来るようです。こんな質問をいただきました。

<Sさん>
河合塾で石黒先生の講義を受講させていただいている者です。
先生は授業内容を漏らさず聴くことが重要とおっしゃっていましたが、河合塾の授業がハイペースということもあり いくらノートを素早くとっても少なからず聞き漏らしてしまう箇所があります。
遺言などには録音を聴いて復習する方法が書かれていましたが、河合塾の規約で録音は禁止されていたと記憶しています。
石黒先生の授業に限っては録音することも可能なのでしょうか。
また、録音以外に聞き漏らしの対策があれば教えてください。

<石黒>
いや、僕の授業だけ特別ということはありません。基本的に録音は禁止されています。聞き漏らし対策としては次のことをすると良いでしょう。
(1)予習をした上で授業を受ける。
(2)単純暗記の部分は『日本史でるとこ攻略法』を利用してあらかじめゴロで覚えてくる。
(3)『読むだけ日本史(1)』で赤字になっている用語を声に出して音に慣れ、漢字を書けるようにしてくる。
(4)メモは簡潔に素早く書く。
(5)聞き漏らしたところがあったら、授業中の下書きノートに☆マークをつけて授業後に質問する。

夏期講習でテーマ史をたどると聞きそびれを補うことができます。ちなみに総合日本史演習(発展)も早慶大日本史も、夏期講習と冬期講習とではあつかう範囲がちがうので気をつけてください。一度きりの内容です。ただし総合日本史演習(発展)は、『でる日講義-経済・外交史(前近代)-』で受講することもできます。

でる日講義-経済・外交史(前近代)-

関連記事

3年生になるまでに何をしたらいいですか?

石黒が海外旅行中につき、しばらく管理人が更新させていただきます。

2月初旬に、河合塾の新高3生からこんな質問をいただいていました。春から受験生になる方にとって、ちょうど今の時期に参考になる話ですので紹介します。

<Tさん>
(前略)苦手な英語により多く時間を使いたいので、効率よく勉強を進めたいです。因みに早稲田文化構想志望です。

【1】高校では古代から授業が始まり、現在室町あたりをやっています。3年生は織豊政権から入る予定らしいです。3年生になるまでに何をどうしていいかわかりません。古代から順に復習していけばよいですか?初歩的な質問申し訳ないです。

【2】3年次の石黒先生の通常授業を受けるかどうかはまだきめていないのですが(是非受けたいですが、金銭面など諸事情で。)どちらにせよ、読むだけ日本史を購入してみようと思っています。Dランク用語まで載っているが網羅していないということですが、受験生が本当に欲しかった~という問題集は網羅されているらしいので、そちらを購入して重要語をおさえる方がよいのでしょうか?それとも読むだけ~で流れや重要をおさえ、受験生が本当に欲しかった~で足りないところを埋めるという方が良いのでしょうか?

もしも、石黒先生の通常授業を受講出来なかったときは、ブログで紹介されていた市販のノートと石黒先生の教材を使ってでるとこをおさえていきたいと考えています。

<石黒>
2~3月は、『読むだけ日本史』で基礎固めをしておくのが良いでしょう。Tさんの習熟度にもよりますが、いずれにせよ、学校の授業が受験の出題傾向にそっていないことは多々ありますので、『読むだけ日本史』を使って受験に必要な知識をインプットしていきましょう。学習の順序としては、一番最初の原始から始めてください。

4月から予備校の授業を受けないのであれば、『読むだけ~』をある程度習得したところで市販のノートを導入して、覚えるものをうまく整理していきましょう。同時に、コンパクトな『読むだけ~』には盛り込まれていないDランク用語を、問題集・参考書・過去問などで補う必要があります。ちなみに、『受験生が本当にほしかった問題集』は近現代のみを扱ったものですので、原始~近世についてはまた別の問題集を使ってください。当方が出しているものとしては『難関大用語集解』があります。

<Tさん>
返信ありがとうございます。
早速、読むだけ日本史(1)を購入しました。コンパクト且つわかりやすくまとまっていて驚きました。学校からもらったセンター過去問のいくつかを読むだけ日本史(1)と照らし合わせると、書いてある書いてある。初めて(忘れてるだけかもしれませんが)見る単語もあって少し焦りましたが、読むだけ日本史を活用して勉強を進めていきます。

受験生が本当にほしかった問題集はともかく、難関大用語集解は少し値段が高めとも思いますが、感想を見てみると、値段以上のものが得られるようで(本当はむしろ安いくらいなのでしょうか)、期待大です。検討してみたいと思います。

難関大用語集解

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

冬期講習の準備

いよいよ冬休みが始まります。冬期講習の準備はできているでしょうか。各講座で必要なものをまとめますので、授業内容を最大限吸収できるよう、参考にしてください。

●全講座共通
チョークは白・赤・黄・青・緑の5色を使うので、色ペンを持参してください。当然ですが、講座ごとのテキストも忘れずに持ってきてください。

●早稲田予備校
・冬のでるとこ日本史コンプリート
授業で配布するプリントに書き込んでいく形の授業ですので、ノートはいりません。文化史の講義では美術作品の写真を見ますので、浜島書店の『新詳日本史図説』などの資料集を持ってきてください。テーマ史ではメモや図を書く必要が出てきますので、ルーズリーフなどの白い紙を持ってきた方が良いでしょう。テキストの予習はいりません。演習問題は受講後に解いてください。

・早慶難関大の日本史(近現代)
ひたすら問題解説の授業です。テキストの目次で指示してある問題を、必ず解いておいてください。3日間の授業ですべての問題を解説するので、同じタームに他教科の授業がつまっている場合は、もっと予習しておいた方がいいかもしれません。わからない場合は、ふだん学習に使っているノート(まずこれを見ましょう)や用語集などを見て解いてください。辞書や赤本を見る必要はありません。「MARCH学習院セレクション」については、授業では解説をせずに解答・解説冊子を後日配布しますので、予習は必要ありません。

●河合塾
・総合日本史演習(発展)
授業で配布するプリントに書き込んでいく形の授業ですので、ノートはいりません。ただし、メモや図を書く必要が出てきますので、ルーズリーフなどの白い紙を持ってきた方が良いでしょう。テキストの演習問題は、外交史と経済史(第3~5講)は受講後に解いてもらいたいのですが、第1~2講の問題は、先に解いておいてください。特に、同じタームに授業がつまっている人は、第1~2講の大問6題を必ず解いておいてください。

・早慶大日本史
ひたすら問題解説の授業です。最低限、第1~2講を必ず解いておいてください。初日に宿題をどっさり配りますので、テキスト以外にも予習すべき問題がたくさんあることを、覚悟しておいてください。

でる日講義−経済・外交史(近現代)−

携帯でごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

ひたすら唱えるだけじゃ受からない?(再)

受験に失敗した高卒生は、どうも苦行に走りがちです。自分の勉強法を見直すことが今一番大切なことなのに、とにかくがむしゃらにやればいいと思ってしまうようです。ひたすらにがんばることはもちろん大切ですが、受験は苦行をつめば必ず受かるというものでもありません。今までの学習法で失敗してしまったのなら、それのどこがいけなかったのかをよく考えて、もう一段高いステージに立つ必要があります。こちらの記事を読んで、もう一度自分の学習法を見つめ直してみましょう。

ひたすら唱えるだけじゃ受からない?

日本史事始

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

石黒の通年授業を受けるにあたって

河合塾で僕の担当する春期講習は、今日で4日間の最終日を迎えます。通年授業は何を取るか、まだ決めかねている人もいるでしょうか。先日も職員の方から、授業内容について生徒からよく質問されると聞き、お答えしました。今日はその内容を紹介します。迷っている人は講座選びの参考に、受講を決めた人は予習のために、目を通してみてください。

石黒拡親は、入試問題分析を20年続けてデータ化し、約2万件の用語の出題率を取っています。レギュラー授業では、このデータに基づいて「ウソはったりのない、入試に直結する講義」をおこないます。河合塾では授業のスピードが速いので、ある程度の予習が必要です。とくに学校で古代史をやっていない人は、1学期の授業はキツイでしょう。初学者や日本史に不安のある人は、歴史のあらましを知るために、次のどちらかの本を読むことをおすすめします。
『いっきに読める日本の歴史』
 初心者でも読みやすい
『読むだけ日本史(1)』
 必須用語を赤字で網羅している
読むときは、音読した方が単語に早く慣れて良いです。

授業では、講義しながら板書をしていきます。チョークは白赤黄青緑橙の6色を使うので、色ペンを持参してください。ちょっと太めの黒ペンもあるとなお良いです。ノートは40枚のものでB5判、もしくはそれより少し大きいA4判のものを用意してください。A4判を使えば余白に追加情報を書き込みやすくなります。また、講義を聞きながらノートを取るというのは大変忙しい作業なので、ワセヨビ生は授業を録音できる機械を持ってくるとよいでしょう。

そして何よりも、具体的な勉強を始める前に、受験に対する心構えを作るため、ブログやサイトを読みあさることをお勧めします。「日本史は夏からやればいいんじゃないの?」「用語集の数字と入試の出題率って違うの?」といった定番の質問から、意外な落とし穴まで、受験に役立つ情報を豊富に提供しています。正しいセオリーに基づいて、合格への最短コースを走りましょう!

2時間でおさらいできる日本史

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

通年授業が始まる前にやるべきこと(再)

現役生にしても浪人生にしても、通年授業が始まる前のこの時期に、独学で基礎固めをしておきたいという人は結構いるようです。ただし、時間を有効に使おうという姿勢はすばらしいのですが、日本史を独学で進めることは、間違った思い込みをしてしまうなど、様々な危険をはらんでいます。では、予習として本当にやるべきことは何なのでしょうか。こちらの記事を読んでみてください。

通年授業が始まる前にやるべきこと

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

通年授業の開講までに何を勉強すればいいですか?

今週は、瀬戸内方面に旅行に出かけていました。その報告はまたの機会にゆずるとして、今日は、日本史初学者からの質問を紹介します。

<Mさん>
はじめまして。4月から早稲田予備校東京本校に通う浪人生です。これから通年授業で日本史を勉強していくのですが、質問があります。石黒先生のブログの質問大全集と内容が似通ってしまうのですが、すみません。
私は現役の時政治・経済を勉強していたのですが春から日本史にします。そこで何をすればよいか迷っていた時、無料講座で石黒先生が「読むだけ日本史」をおすすめしていたので早速取り組んでいるのですが、これ以外に通年授業までに、そして通年授業と並行してやった方がいいことはありますか?個人的には通販教材が気になっているのですが、通年授業をとっていてもやった方がいいですか?
ちなみに志望校は早稲田大学商学部です。

<石黒>
(前略)ワセヨビ生の場合は、まだ教材に手を出すのは早いので、今は『読むだけ日本史』を理解することと、赤字を覚えることに専念してください。暗記のためには『日本史でるとこ攻略法』というゴロあわせの本も利用することをお勧めします。万一、『読むだけ日本史』の内容が難しいという場合には、『いっきに読める日本の歴史』を先に読む手もあります。

<Mさん>
わかりました。「日本史でるとこ攻略法」も買ってあるので並行して頑張ります。あと、たしかに頭に入りにくい言葉も多いので「一気に読める日本史」も活用しようと思います。貴重なアドバイスありがとうございました。これから一年間よろしくお願いします!

ワセヨビ東京校では、4月14日(土)に無料体験講座を行うことになりました。今回は、奈良時代の後半を講義しつつ、40面ノートをどう復習するかをていねいに説明します。高卒生のみなさんは、授業開始に先だって、日本史の学習法をつかむ貴重な機会となります。必ず受講してください。

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください


関連記事

「早慶難関大の日本史」の予習について

授業の少ないこの3日間に体力を回復させつつ、最後のタームのための予習を進めています。夜、冷房をつける必要がないほど涼しいおかげでぐっすり眠ることができ、意外と早く元気を取り戻しています。まあ、気温の感じ方については、みなさんの感覚とは違うかもしれませんけどね。「今日、涼しいよね」って言って、よくスタッフに怒られています。

さて、8日から始まるワセヨビの「早慶難関大の日本史」について、こんな質問をいただきました。

<Oさん>
早稲田予備校で受講しているOと言います。いつもお世話になっております。明後日の授業に向けて問題を解いているところです。そこで質問なのですが、テキストにはわからなかったらノートを見て答えて構わないと書いてあったのですが、本当にいいんでしょうか?例えば、自力で解いた答えとノートを見て解いた答えとを別の色にするということなどはやらなくてよいのでしょうか?アドバイスよろしくお願いいたします。

<石黒>
用語集や教科書を見て解くくらいなら、ノートを見て解いてほしいという意味です。もちろん力を振り絞ってノートを思い出す努力はしてほしいところです。そして色分けまではめんどうかと思うので、ノートを見た場合は、(ノ)などの記号を付けておくと良いかもしれませんね。

正誤問題などは、どこを誤りと判断したのかを、テキストに書き込んでおくことをお勧めします。よく後でやり直しをするためだと言って、テキストに書き込まない人がいますが、実に本末転倒です。その意味がわからない方は、こちらをお読みください

難関大用語集解

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ


関連記事

近現代の予習は、去年のおさらいで大丈夫ですか?

開国後のおよそ150年間を近現代と言います。150という数字だけ見ると短く思えるのですが、政治・外交・経済・文化が複雑にからみあう大変密度の濃い時代となっています。一度授業を聴くだけでは、難関大の入試に通用するレベルの理解に達しないことも多々あります。このため夏期講習で近現代の講座を受講することをお勧めしているのですが、他の講座と日程が重複する方には、映像教材『でる日講義−つながる近現代−』で受講する道もあります。これならわかりにくいところを何度も見られるという利点があります。

ところで、その近現代についてだいぶ前に質問をいただいていました。

<Hさん>
初めまして、ワセヨビで授業を受けているHです。去年、日本史で受験をしました!なので一通り日本史は勉強しています。今、授業では7世紀頃をやっているのですが、近現代をやるのは2学期頃になりますよね?近現代を授業でやるまで、もし何もやらなかったら近現代を忘れてしまうので、今の時期に、今授業でやってる範囲の勉強と、予習(というか去年の復習?)をやろうと思うのですが…どんな風にやったらいいのでしょうか?問題集を解いたりでいいんでしょうか?それとも予習は必要ないですか?(さすがにやらないのはまずいかな…と思ってるのですが)忙しいなか申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

<石黒>
近現代を昨年の知識で予習する場合に心配なことがあります。それは「正しい理解なのか?」という点です。たとえば今おこなわれている授業で「自分が理解していたことと違ってた!」とか「そんなことがポイントだったのか!」とか、さらには「この用語とあの用語で迷った時は、そこで見分けるのか!」などと思ったことはありませんか? もしあったら、去年の教材を利用して記憶を上塗りするのは危険な面もあるのです。その理解のままで問題集を解くのはさらに悪影響を及ぼすでしょう。しかも近現代は考えて解く問題が多いですから、通年授業で頭を鍛えてから解いた方が、問題演習の効果が大きいのです。

というわけで、どうしても急ぎたいなら『読むだけ日本史(2)』『でる日講義−つながる近現代−』をお勧めします。確かにすでに『でる日講義−つながる近現代−』で予習しているワセヨビ生もいますから。いずれにせよ1学期の段階では英語に相当力を注ぐべきだと思います。

すでにどこかで日本史を学習したことがあると、「自分は知ってる」という過信のせいで、授業内容を100%吸収する気にならない落とし穴があるのです。鎌倉時代から簡単な例をあげてみましょう。

「文永の役の後に異国警固番役が……」と聴くと、「ハイハイ、防衛のための役職を設置したんでしょ?」などと早合点する人はいませんか?
異国警固番役は役職ではありませんよ? さらに早慶レベルなら、文永の役の「後」と単純にとらえるのもどうか……です。そして、番役を負担したのが誰でしょう?
こうしたポイントを聴き逃さないためには、それなりに予習はするものの、「授業で理解しきろう!」という姿勢が大切です。せっかく授業料を払っているのですから、貪欲に授業内容を吸い取ってください。


関連記事

この時期に何をすべきか(4)

先日、予備校の職員の方に、
開講前に何をしておくといいのか、
生徒からよく質問されると聞きました。
基本は受験日本史の概要を理解することなのですが、
やるべきことは大きく2つあります。

(1)受験に対する心構えを作るために、ブログ・サイトを読みあさる
  でるとこサイトは、
  こちらのページから読み進めることをお勧めします。
(2)日本史のあらましを知るために、次のどちらかの本を読む
  『いっきに読める日本の歴史』(初心者でも読みやすい)
  『読むだけ日本史(1)』(必須用語を赤字で網羅している)

本を読むときは、音読した方が単語に早く慣れて良いです。
音として慣れておかないと、授業の話についていくのが大変ですから。
授業では板書はもちろんしますが、
講義内容を聞き取ることが非常に重要なのです。
難関大に受かっている人は、
その聞き取りをする水準からして、凡人とは異なります。
過去に受けた別の先生のぬるい授業に浸りきっている人は、
授業内容を最初から最適なレベルで吸い取ることができません。
要領の良い人や天性の勘がある人は、
それを見事にやりこなしてしまえるようですが、
そうでない人は、戸惑っているうちに1学期が終わる……、
ということが多々あります。
それでは1学期の授業を棒に振ってしまいます。
そこで最近思っているのは、
僕の授業に慣れておくのが重要なんじゃないか? ということです。
はからずも、先日こんなメールをいただきました。

「高校時代から、コメッツで先生の文化史と、
 センター日本史の映像講義を何回も繰り返し見てました!
 石黒先生の日本史と過ごした日々は忘れません!
 ほんとにありがとうございました!」

これはどういうことかというと、
以前に某所で撮影した映像授業が2つあるのです。
一つは文化史、一つはセンター対策の日本史です。
それが彼の高校では試験的に導入されていたのです。
その後、浪人して僕の通年授業を受けてくれたのですが、
結果、早慶の政経・法・経済学部という最難関学部に、
すべて合格するという偉業を成し遂げたのです。
それができた理由はさまざまあるでしょうが、
通年授業が始まる前からすでに僕の授業を受けていた、
というのは大きなアドバンテージだったのではないでしょうか。
しかも映像授業というのは何度も見ることができるのが利点です。

これから受験する方には、いち早くスタートすることをお勧めします。


関連記事